ドルトムントMFブラント、負傷で2週間ほど離脱に

2021.09.18 00:15 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドルトムントのドイツ代表MFユリアン・ブラントが2週間ほど離脱するようだ。ドルトムントを率いるマルコ・ローゼ監督が明かしている。

ブラントは15日に行われたチャンピオンズリーグ第1節ベシクタシュ戦に先発するも、ハーフタイムで交代となっていた。ローゼ監督によれば筋肉系の問題を抱えたとのことだ。

ブラントは今季のブンデスリーガで3試合に出場して1ゴールを挙げていた。

一方で公式戦ここ4試合を足首の負傷で欠場していたベルギー代表MFトルガン・アザールが19日に行われるウニオン・ベルリン戦で復帰できる見込みとのことだ。

関連ニュース
thumb

ドルトムント、元恋人からDV疑惑で訴えられたシュルツに関する声明発表 現時点では懲戒処分は取らず

ドルトムントは7日、元恋人から暴行容疑で刑事告訴された元ドイツ代表DFニコ・シュルツ(29)に関する声明を発表した。 シュルツは2020年に当時妊娠中だった元恋人が出産する2週間前にお腹を蹴ったという疑惑が浮上。さらに、それ以外にも度重なるDV行為があったとして元恋人から刑事告訴されたことが、地元メディアで報じられていた。 この報道を受け、ドルトムントはシュルツ本人と代理人と話し合いを行い、状況を確認。刑事告訴の事実は確認されたものの、同選手が告訴の内容を完全に否定し、弁護士の助けを借りてこれらの申し立てから身を守ることを主張していることを明らかにした。 「ドルトムントは、ニコ・シュルツの私生活に関する刑事告訴に関する昨日のメディア報道を、プレーヤーと彼の代理人とすぐに会話する機会として捉えました。プレーヤーは自身に対する刑事告訴を否定しています。シュルツは、弁護士の助けを借りてこれらの申し立てから身を守ること、そして無罪の推定も主張することを私たちに知らせました」 「メディアが報道するまでドルトムントがこの一件に気づかなかったという主張は、非常に重く、BVBにとって衝撃的なものでした。ドルトムントはそれを非常に真剣に受け止めており、あらゆる形態の暴力から距離を置いています。ただし、クラブは訴訟の当事者ではなく、調査ファイルまたは明らかに提出された刑事告訴にアクセスすることはできません」 さらに、クラブはシュルツが無罪を訴えていること、捜査が初期段階であることを理由に、現時点では同選手に対して、懲戒処分などを行う考えはないことを伝えている。 「これは捜査の初期段階で保留中の手続きであり、ドルトムントの事実上および法的状況は今日の時点で非常に不明確であるため、現在、労働法および懲戒処分に関して信頼できる法的に確実な決定を下すことができません。ただし、クラブは、客観的に詳細を把握している時点で、いつでもそうする権利を留保します」 「ドルトムントは、現時点ではこれ以上のコメントは行いません」 シュルツはこれまでヘルタ・ベルリン、ボルシアMG、ホッフェンハイムを渡り歩き、2019年にドルトムントへ加入。加入以降は左サイドバックのバックアップを担っている。また、2018年にデビューを飾ったドイツ代表では通算12試合に出場しているが、2020年以降は招集から遠ざかっている。 2022.08.08 01:31 Mon
twitterfacebook
thumb

ドルトムントがケルン主砲モデスト獲得に成功! 週明けに移籍完了へ

ドルトムントがケルンのフランス人FWアントニー・モデスト(34)の獲得に成功したようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。 今夏、FWアーリング・ハーランドの後釜としてFWセバスティアン・アラーを獲得したドルトムント。しかし、その新エースストライカー候補は悪性の精巣腫瘍が見つかり、数カ月以上の戦線離脱を余儀なくされている。 これを受け、クラブはアラーの穴を埋める新ストライカーの獲得に着手していた。 一時はFWルイス・スアレスやFWエディンソン・カバーニといったフリーの大物、パリ・サンジェルマンのFWマウロ・イカルディらビッグネームとの接触も報じられたが、財政面で余裕がないドルトムントは国内で実績十分のベテランストライカーの獲得に至った模様だ。 『スカイ』によると、ドルトムントはケルンに移籍金500万ユーロ(約6億8700万円)を支払い、モデストとは年俸600万ユーロ(約8億2400万円)の1年契約を結ぶことになるという。 7日に行われたブンデスリーガ開幕節のシャルケ戦のメンバーを外れた同選手は、すでにチームメイトに別れの挨拶を済ませており、週明けにもドルトムント移籍が完了する見込みだ。 ニースでプロデビューを果たしたモデストは、その後アンジェ、ボルドー、バスティア、ホッフェンハイム、天津権健足球倶楽部など数多くのクラブでプレー。昨シーズンはケルンでリーグ戦32試合に出場して、20ゴールを記録していた。 2022.08.08 00:49 Mon
twitterfacebook
thumb

開幕節最注目カード、ドルトムントがレバークーゼンにシャットアウト勝利《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ開幕節、ドルトムントvsレバークーゼンが6日に行われ、1-0でドルトムントが競り勝った。 昨季2位のドルトムントと3位レバークーゼンによる開幕節最注目カード。 ドルトムントは先週行われたDFBポカールで負傷したジューレが欠場。代役にフンメルスが起用され、前線は1860ミュンヘン戦同様にムココ、マレン、アデイェミが3トップを形成した。 一方、レバークーゼンは昨季から主力が変わらず、最前線はシック、2列目に右からベララビ、デミルバイ、ディアビと並べた。 立ち上がりから攻勢に出たドルトムントが10分に先制する。ベリンガムが敵陣でボールを奪った流れからボックス左のムココがクロスを送ると、ファーサイドのアデイェミがプッシュ。GKフラデツキーにセーブされるも、詰めたロイスが押し込んだ。 続く21分にロイスが追加点に迫った中、23分にアクシデント。アデイェミが足を負傷し、T・アザールが投入された。 前半半ば以降は一進一退の攻防が続いた中、ドルトムントの1点リードで終了した。迎えた後半、レバークーゼンはベララビに代えてフロウシェクを左サイドに投入。 そのレバークーゼンに対し、ドルトムントは開始5分に決定機。ボックス左でマレンが縦に仕掛けてクロス。T・アザールが合わせたが、シュートはGKフラデツキーのファインセーブに阻まれた。 助かったレバークーゼン53分、シックのミドルシュートのルーズボールに詰めたパラシオスがネットを揺らすも、オフサイドに阻まれた中、68分にもビッグチャンス。ボックス左に侵入したアズムンのクロスをシックが合わせたが、こちらもGKコベルの好守に阻止された。 終盤にかけてはレバークーゼンの攻勢が強まったが、追加タイムにGKフラデツキーがボックス外でのハンドで退場となり、万事休す。ドルトムントが強豪対決を制して白星スタートとした。 2022.08.07 03:32 Sun
twitterfacebook
thumb

【ブンデス・シーズンプレビュー】大エース流出もバイエルンの11連覇揺るぎなし

2022-23シーズンのブンデスリーガが5日に開幕する。昨季も絶対王者バイエルンが、対抗と目されたドルトムントを寄せ付けず節目の10連覇を達成した。大エースのFWレヴァンドフスキがバルセロナに旅立ったが、それでもライバルチームとの戦力差を考えれば11連覇は揺るぎないものと思われる。 ◆レヴィ流出も11連覇へ抜かりなし~バイエルン~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220802_8_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> シーズン30ゴール以上を確約してくれていたレヴァンドフスキがバルセロナに移籍し、例年に比べれば得点力にやや不安を抱えるかもしれない。それでもリバプールから万能FWマネを加え、機動力に長けた前線の選手たちを組み合わせればリーグ最強の攻撃陣を十分に形成できる。実際、ナーゲルスマン監督もマネを軸に2トップを採用することでFWニャブリやFWサネら、走力に長けた選手たちの流動的な動きで打開を狙っている様子がプレシーズンで窺えた。 守備陣に関しては要となっていたDFジューレの移籍が痛いが、DFデ・リフトを獲得している上、DFマズラウィを右サイドバック起用することでDFパヴァールをセンターバックに回すことも可能と、駒は十分。移籍2季目のDFウパメカノもチームに馴染むことが予想され、ジューレ移籍による戦力ダウンは微々たるものとなることが予想される。11連覇へ今季も死角は見当たらない。 ◆好補強もハーランド流出でバイエルンの背中は遠く…~ドルトムント~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220802_8_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今季ももしバイエルンの連覇を止めるチームが現れるとすればドルトムントになるだろう。前述したようにDFジューレの加入は不安定な守備陣に安定をもたらす可能性が高く、そのジューレの相棒となることが予想されるDFシュロッターベックも将来性豊かなセンターバックで例年のような安い失点が減少することが予想される。 攻撃陣に関してはFWアデイェミの加入が大きそうだ。個で打開できる能力を持っている上に得点力もあり、良いアクセントになることが想像できる。ただ、流出したFWハーランドの穴を埋めるべく獲得したFWアラーがまさかの悪性腫瘍発覚で長期離脱確定と痛恨。まずはアラーの無事を祈るばかりだが、貴重なセンターフォワードタイプを失ったのは痛い。代役の確保が先決だ。 ◆テデスコ・マジック再現なるか~ライプツィヒ~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220802_8_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ドルトムントに次いで優勝争いに絡める可能性があるとしたらライプツィヒか。昨季はテデスコ監督の就任によって後半戦、急浮上したライプツィヒは4位に滑り込んでCL出場権を獲得するとともにクラブ史上初タイトルとなるDFBポカール優勝を果たした。そのライプツィヒは主力ではDFムキエレが移籍したが、大半の主力が残留。加えてMFラウムの加入が決まり、左サイドの選手層に厚みが増した。新シーズンもテデスコ監督の采配が冴え渡ればサプライスを起こす可能性もありか。 ◆戦力維持でCL出場権確保へ~レバークーゼン~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220802_8_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季3位フィニッシュのレバークーゼンは新シーズンもCL出場権確保が目標となるだろう。ライプツィヒ同様に主力を引き抜かれることなく戦力を維持したレバークーゼンは、新たに次世代ストライカーのFWフロウシェクを獲得。FWシックとのチェコ代表コンビでゴールを量産できれば、4位以内の確保は難しくないタスクになるだろう。 ◆遠藤航、伊藤、鎌田、長谷部、吉田、板倉、浅野、原口、堂安~9人の日本人~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220802_8_tw10.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今季は実に9人もの日本人選手がドイツ1部リーグを戦場とすることになった。11月にカタール・ワールドカップを控える中、いずれの選手も日本代表の主軸となる存在なだけに動向が注目されるところだ。 まずは日本代表で正に心臓の役割を果たしているシュツットガルトのMF遠藤航。昨季はチームを残留に導く働きを見せた中、今季も主将としてシュツットガルトを牽引する働きが求められる。2年連続デュエル王の座を手にし、正真正銘のトップ・オブ・ブンデスリーガーとなった遠藤の一挙手一投足に注目だ。 昨季、Bチームでの加入となった中、守備陣の離脱により出番を得たDF伊藤洋輝は瞬く間にレギュラーポジションの座を掴んで見せた。今や遠藤と共にシュツットガルトにとって欠かせない存在となった伊藤だが、確保したセンターバックのポジションを明け渡さないことが、W杯メンバー選出への最低条件となりそうだ。 ヨーロッパリーグ(EL)優勝の立役者となったフランクフルトMF鎌田大地。クラブの歴史に名を刻む偉業に貢献した鎌田は今夏、プレミアリーグ方面からの強い関心があった中、残留が濃厚となっている。慣れ親しんだドイツの地で爪を研ぎ澄まし、W杯に向かう。 その鎌田のチームメートであり、フランクフルトのレジェンドとなっているDF長谷部誠。38歳となり、流石に出場機会は減っているが、それでも昨季EL決勝では緊急出場ながら冷静なプレーで優勝に貢献と、まだまだ健在であることを証明した。今季も縁の下の力持ちとしてフランクフルトを支える。 日本代表キャプテンを務めるDF吉田麻也は活躍の場をイタリアからドイツへと移した。サンプドリアでは出場機会を失っていた中、昇格組のシャルケへ移籍を果たした。心機一転、ドイツの地で本来のパフォーマンスを取り戻し、W杯を迎えたい。 そのシャルケの1部昇格に貢献したMF板倉滉はボルシアMGに完全移籍した。ボランチ、センターバックの両ポジションでハイレベルなプレーが可能となっている板倉。日本代表の常連になりつつある中、その器用さ、堅実さを生かしてまずはボルシアMGでポジションを掴み、W杯メンバー入りとしたい。 昨季後半、レギュラーとしてボーフムの残留に貢献したFW浅野拓磨。3季ぶりにドイツに戻り、成長した姿を披露した。自慢のスピードはドイツでも十分に通用しており、チャンスメークの面ではしっかり貢献している。あとはゴールをどれだけ重ねられるか、W杯で活躍できるかの指標になりそうだ。 ウニオン・ベルリンに個人昇格した昨季、MF原口元気はクラブのEL出場に大きく貢献した。かつてのドリブルからハードワークが売りの選手となった31歳の原口は泥臭いプレーを厭わずチームの勝利を最優先する姿が印象的だ。今季もその献身性でウニオンの勝利に貢献するはずだ。 そして2季ぶりにドイツに戻ってきたMF堂安律。昨季はPSVに不本意ながらも残留したものの、しっかりと結果を残し、フライブルクへの完全移籍を勝ち取った。クラブはELに出場するため、堂安の出場機会は増えそうだ。ビーレフェルト在籍時同様、ゴールに直結する働きを続けてW杯メンバー入りとしたい。 2022.08.05 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ドルトムントがカバーニと交渉! 離脱アラーの穴埋め候補

ドルトムントがウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(35)の獲得に動いているようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。 ドルトムントは今夏の移籍市場でアヤックスからコートジボワール代表FWセバスティアン・アラーを獲得。しかし、同選手は先日に精巣腫瘍が見つかり、後の精密検査でその腫瘍が悪性であることが判明。今後の化学療法により、少なくとも数カ月単位の戦線離脱が見込まれる。 この緊急事態を受け、クラブはアラーの穴埋め補強に動いており、フリートランスファーやレンタル移籍など、低コストでの補強を目指している。 現時点ではケルンのフランス人FWアントニー・モデスト(34)への関心が伝えられているが、同時にマンチェスター・ユナイテッドを退団して以降、去就が決定していないウルグアイ代表FWの獲得にも動いているようだ。 『ビルト』によれば、ドルトムントとカバーニサイドはすでに最初のコンタクトを取っており、今後さらなる話し合いの場もすでに設定されているという。 スペインでのプレー希望も現時点で具体的な交渉に発展していないカバーニは、カタール・ワールドカップに向けできるだけ早い段階で所属クラブを見つけたいところ。また、チャンピオンズリーグでのプレーも大きな魅力のひとつだ。 一方、ドルトムントとしても百戦錬磨のストライカーの加入は、ピッチ内外で有益に働く可能性が高い魅力的なプランだ。 ただ、財政面である程度の制限が設けられていることもあり、カバーニが求める高額なサラリーが交渉成立のカギを握ることになるはずだ。 これまでナポリ、パリ・サンジェルマンで世界屈指のストライカーとしての評価を確立したエル・マタドールは、イタリア、フランス、イングランドに続きドイツでプレーすることになるのか。 2022.08.03 13:38 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly