ブラントの去就は来季CL出場権の行方次第か 本人はプレミア<ドルトムント希望!?2019.05.17 16:35 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レバークーゼンに所属するドイツ代表MFユリアン・ブラント(23)の去就は、ブンデスリーガ最終節の結果で左右されるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。ヴォルフスブルク下部組織出身のブラントは、2014年1月にレバークーゼンに加入。今シーズンは、左ウイングが主戦場でありながら、途中からはアタッキングMFを務め、ここまで公式戦42試合9ゴール17アシストを記録している。

今回伝えられるところによると、ブラントには現在、トッテナムやリバプール、ドルトムントが関心を寄せている模様。ただ、レバークーゼンがチャンピオンズリーグ(CL)への出場権を獲得できた場合は、来シーズンも同クラブに留まる意向のようだ。

現在、レバークーゼンはブンデスリーガで勝ち点55を積み重ね、来シーズンのヨーロッパリーグ(EL)でグループリーグからの出場となる5位に位置。CL出場圏内の4位・ボルシアMGとは同勝ち点で並んでいる一方、EL予選に回る6位のフランクフルト(勝ち点54)には勝ち点1差で迫られている状況だ。

同メディアによると、ブラントはレバークーゼンがCL出場権を逃した場合にも、残留を検討するとのこと。ただ、移籍を決断した場合、本人はプレミアリーグよりも、ドルトムントへの移籍を希望しているようだ。ブラントには、2150万ポンド(約30億1000万円)のリリース条項が契約に盛り込まれているようだが、同選手の去就はいかに…。
コメント
関連ニュース
thumb

レバークーゼン、指揮官古巣アヤックスからDFシンクラーフェンを獲得!

レバークーゼンは17日、アヤックスからオランダ人DFダレイ・シンクフラーフェン(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「22」に決定。契約期間は2023年6月30日までの4年となる。 ヘーレンフェーンの下部組織出身のシンクフラーフェンは、左サイドバックを主戦場に左サイドハーフやセントラルMFでもプレー可能なユーティリティープレーヤー。2014年にマンチェスター・ユナイテッドに移籍した同じファーストネームのオランダ代表DFダレイ・ブリントの後釜として期待された中、在籍4年半で公式戦86試合に出場し1ゴールを記録した。 今シーズンはヒザのケガに加え、前述のブリントの復帰、昨季途中加入のアルゼンチン代表DFニコラス・タグリアフィコとのポジション争いに敗れて、公式戦11試合の出場にとどまっていた。 ペーター・ボス監督のアヤックス時代の教え子の獲得に成功したレバークーゼンのシモン・ロルフェスSD(スポーツ・ディレクター)は、「ダレイ・シンクフラーフェンは技術的に成熟したプレーヤーだ。彼のゲームインテリジェンス、フットボールのクオリティは我々に完璧にマッチしていると思う。さらに、彼はすでに我々の指揮官ペーター・ボスのアプローチを理解している。彼らはアヤックスで共に成功を収めた」と、クラブに適した補強であることを強調している。 一方、国外初挑戦となるシンクフラーフェンは新天地での意気込みを語っている。 「アヤックスでの時間を経て、ドイツのトップクラブでプレーするチャンスを得られたことにとても興奮しているし、高いモチベーションを感じているよ。レバークーゼンは長年に渡ってブンデスリーガのトップクラブの一角を担ってきた素晴らしいクラブだよ。新しいリーグ、チャンピオンズリーグでの挑戦をとても楽しみにしているよ」 2019.06.18 01:30 Tue
twitterfacebook
thumb

レバークーゼン、PSGのU-20フランス代表FWディアビを獲得!

レバークーゼンは14日、パリ・サンジェルマン(PSG)のU-20フランス代表FWムサ・ディアビ(19)を獲得したことを発表した。契約期間は2024年までの5年間で、移籍金はフランス『レキップ』によれば1500万ユーロ(約18億2000万円)とのことだ。 2013年からPSGの下部組織に在籍するウインガーのディアビは、昨季後半はセリエAのクロトーネにレンタル移籍。今季はPSGに復帰し、リーグ・アンで25試合に出場して2ゴール6アシストを記録するなど、公式戦34試合に出場した。 また、U-20フランス代表では10番を背負い、U-20ワールドカップ2019にも出場。4試合の出場で1ゴール2アシストを記録していた。 レバークーゼンは今夏、ホッフェンハイムからドイツ代表MFケレム・デミルバイを獲得しているが、ディアビは2人目の補強選手となった。 2019.06.15 02:33 Sat
twitterfacebook
thumb

レバークーゼン、ブラント後釜はオランダで復活のウーデゴール?

レバークーゼンが、レアル・マドリーからフィテッセにレンタル移籍をしているノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール(20)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン方面の情報をもとにドイツ『SportBild』が報じた。 今シーズンの公式戦43試合で10ゴール17アシストを記録したドイツ代表MFユリアン・ブラント(23)をドルトムントへ放出したレバークーゼン。同選手の後釜として、アヤックスも注視しているというウーデゴールに白羽の矢を立てているようだ。 記事によれば、レバークーゼンはノルウェー代表MFの獲得に向けて、既にマドリーにオファーを打診。マドリーは完全移籍での売却を望んではいないものの、経験を積ませたいと考えていることからレンタル移籍なら応じる気があるようだ。 かつて"神童"と呼ばれたウーデゴールは、2015年1月に16歳でマドリーと6年契約を締結。しかし、各国のスターが揃うトップチームでは出場機会が得られず、レンタル移籍を繰り返すと今シーズンはフィテッセへ加入。すると、公式戦39試合で11ゴール12アシストを記録した。 2019.06.13 17:09 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシー、昨夏に続きベイリーに関心か

チェルシーが、レバークーゼンに所属するジャマイカ代表FWレオン・ベイリー(21)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 7日にMFエデン・アザールのレアル・マドリー移籍が決まったチェルシー。さらに、FWペドロとMFウィリアンは30歳を越えており、若返りを考慮する時期になっている。 そのため、チェルシーは若いアタッカーの獲得を目指しており、昨夏にも関心を寄せたベイリーに白羽の矢を立てているようだ。だが、レバークーゼンも簡単に手放す気はなく8000万ポンド(約110億2000万円)を要求する模様だ。 また、チェルシーはFIFAから今後2度(2019年夏、2020年冬)の移籍期間での選手登録が禁止に。現在はスポーツ仲裁裁判所(CAS)に上訴しているが、最終決定が下される時期は未定となっているため、決定まで待たなければならない状況となっている。 高い身体能力と足下のテクニックを武器とするベイリーは2017年冬にレバークーゼンへ加入。昨シーズンはブンデスリーガ30試合で9ゴール6アシストを記録したが、今シーズンは29試合で5ゴール2アシストと期待されているような数字は残せなかった。 2019.06.09 20:13 Sun
twitterfacebook
thumb

ブラント流出のレバークーゼン、D・ザグレブのダニ・オルモに関心

レバークーゼンがディナモ・ザグレブに所属するU-21スペイン代表MFダニ・オルモ(21)の獲得に関心を示しているようだ。ドイツ『キッカー』が伝えている。 バルセロナのラ・マシア出身の攻撃的MFであるオルモは、同クラブのトップチームでプレーするU-21スペイン代表MFカルレス・アレーニャと鎬を削ってきた逸材MFだ。しかし、2014年には将来的なトップレベルでの出場機会を求めてクロアチア屈指の名門ディナモ・ザグレブに完全移籍。今シーズンは公式戦44試合に出場し、12ゴール9アシストの数字を残している。 その逸材MFには古巣バルセロナを始め、以前からレアル・マドリー、バイエルン、マンチェスター・ユナイテッド、リバプール、ミランなど錚々たるビッグクラブが関心を集めてきた。 だが、今回『キッカー』が伝えるところによれば、先日にドイツ代表MFユリアン・ブラントをドルトムントに引き抜かれたレバークーゼンがその後釜としてリストアップしているという。その一方、同じくドルトムントにベルギー代表MFトルガン・アザールを引き抜かれたボルシアMGも獲得に動いているようだ。 なお、ディナモ・ザグレブはオルモの移籍金を2500万ユーロ(約30億6000万円)前後に設定している。 2019.06.08 15:09 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース