ホームでの6発勝利を評価するグアルディオラ監督、相手のライプツィヒを称える「ドイツで最高のチームの1つ」

2021.09.16 10:02 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェススター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、ゴールラッシュとなったRBライプツィヒ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。

シティは15日、チャンピオンズリーグ(CL)グループA第1節でライプツィヒをホームに迎えた。

難敵であるライプツィヒとの試合は難しいものになると予想されたが、試合はホームのシティが完全に支配する。

16分にナタン・アケのゴールで先制すると28分にはオウンゴールで追加点。42分にクリストファー・エンクンクのゴールで1点差に詰め寄られるが、47分に得たPKをリヤド・マフレズが決め、3-1で試合を折り返す。

後半立ち上がりの51分にエンクンクに2点目を許し、再び1点差となるが、56分にジャック・グリーリッシュがCL初ゴール。74分にエンクンクにハットトリックを許し3度1点差となるが、ジョアン・カンセロガブリエウ・ジェズスが突き放し、6-3で勝利を収めた。

ホームで壮絶な打ち合いを演じたグアルディオラ監督。勝利を喜ぶとともに、合計9ゴールが生まれたことは良い試合だとした。

「もちろん、嬉しくて幸せだ。そして我々の素晴らしい選手たちに感謝する。本当にタフな試合だった」

「ホームでの最初の試合は勝つことが重要であり、6ゴールを決めた」

「過去4試合の17ゴールは、とても嬉しい。休んで、サウサンプトン戦の準備をしよう」

「1試合で9ゴールが生まれた。観ている全ての人にとって素晴らしいことだと思う」

また、6ゴールを奪って勝利したものの、ライプツィヒを評価。チームとして素晴らしいと語った。

「RBライプツィヒのようなチームは決して諦めない。彼らは明確な考えを持っている。インサイドを攻め、多くの選手を中に配置する」

「ボールを失うとすぐにトランジションするため、ボールを失うという問題はない」

「我々がボールを持っている時、彼らはプレスをかけてくる。それと同時に、ボール奪い返し、パスを回し、プレーを少しでも切り替えられれば、常に走ってゴールを決めるチャンスを作る」

「試合はタイトだった。彼らがゴールした時、我々がすぐにゴールできたことは幸運だった」

「バイエルンとの試合も観た。彼らは1-2で勝利し、バイエルンはカウンターに苦しんでいた。面白いチームだ」

ラルフ・ラングニックが到着して以降、彼らはこういったプレーをしてきた。本当にプレーする。ドイツで最高のチームの1つだ」

「だからこそ、グループステージでの初勝利をあげた選手たちにとても満足している」

今夏はトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインや、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの獲得が浮上し、ストライカー獲得を目指していた中で、最終的には補強しなかった。

その点について問われたグアルディオラ監督は、自分たちが勝っているから問題ないと語り、チームで得点を奪えると自信を見せた。

「我々が勝っているからだ。負けるとなぜストライカーと契約しなかったのかと人々は言うだろう」

「優れたチームがある。初日から今まで、彼らは私にとても良いメンタリティを持った優れた選手だと示している」

「昨シーズンと同じ選手で、セルヒオ(・アグエロ)をジャック(・グリーリッシュ)に変えただけだ。25ゴールを決めることができる選手はいないが、昨シーズンはゴールを決めることができた」

「先週、ボックスには多くの選手がいて、それがゴールを決めるのに貢献していた」

関連ニュース
thumb

ヒザ手術のラポルテが練習復帰! マンチェスター・ダービーで今季初出場へ

マンチェスター・シティがスペイン代表DFアイメリク・ラポルテの復帰を報告した。 ラポルテは優勝した昨シーズン終了後にヒザの手術を実施。その際にジョゼップ・グアルディオラ監督から「戻って来られるのは9月になるだろう」と伝えられていた。 そして、その言葉より多少遅れることになったが、クラブは29日に同選手がトレーニングに復帰したことを報告。2日のマンチェスター・ユナイテッド戦を皮切りに9試合が控える10月の過密日程に向けて、追い風となる頼もしい男が帰ってきた。 2022.09.30 15:25 Fri
twitterfacebook
thumb

レアルがシティから2選手の獲得を画策か、今後2年で主軸引き抜きの計画

選手の世代交代を着々と進め、有望な選手を獲得し続けているレアル・マドリー。その中ですでに次のターゲットは決まっているようだ。スペイン『アス』が報じた。 マドリーは、ブラジル代表DFエデル・ミリトン(24)、フランス代表MFエドゥアルド・カマヴィンガ(19)、ウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデ(24)、フランス代表MFオーレリアン・チュアメニ(22)、ブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオール(22)、ブラジル代表FWロドリゴ・ゴエス(21)など、チームの主軸に25歳以下の選手を揃えている。 その中で、次のターゲットはマンチェスター・シティの2人。ポルトガル代表DFジョアン・カンセロ(28)とノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(22)だという。 カンセロに関しては、シティ移籍前のバレンシア時代から興味を持っていたとのこと。カルロ・アンチェロッティ監督も、エバートン時代にその能力の高さに惚れており、現在は左サイドバックとして高い能力を発揮しているものの、従来の右サイドでのプレーに期待しているという。 移籍金は4000万〜5000万ユーロ(約56億8500万〜71億円)と見られているが、2027年までシティと契約しており、ジョゼップ・グアルディオラ監督にとってのキーマンになっていることから、簡単ではないと見られている。ただ、カンセロ自身は好意的に受け取っているようだ。 マドリーは左サイドバックをフランス代表DFフェルラン・メンディが務めているが、2025年に契約が終了し、契約延長に関してはマドリーが考える額以上のものを求めてきていることから、退団する可能性もあるという。 また、ハーランドに関しては、今夏の移籍市場でも獲得に動いたが、フランス代表FWカリム・ベンゼマとの競争を好まず、父の古巣であるシティに移籍。ただ、マドリーでプレーするという夢を持っている。 さらに、2024年夏には1億8000万ユーロ(約255億8500万円)の契約解除条項が設定されており、2年で移籍が可能に。ベンゼマの年齢を考えても、そのタイミングでマドリーが動く可能性は十分にあると見られている。 2022.09.30 10:30 Fri
twitterfacebook
thumb

打倒シティのヴァラン「ファンをハッピーにしたい」

マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表DFラファエル・ヴァランが打倒マンチェスター・シティに闘志を燃やした。 カタール・ワールドカップ(W杯)前最後のインターナショナルマッチウィークを経て、今週末の第9節から再開するプレミアリーグ。ユナイテッドは2日に宿敵シティとのアウェイゲームに臨む。 いきなりのビッグマッチとなるが、ユナイテッドは目下4連勝中で、シティも開幕から5勝2分けの負け知らず。下馬評では連覇中のシティ優勢と見る向きが強いだが、好ゲームが期待される。 昨季はシティが2戦2勝で飾ったマンチェスター・ダービーだが、ユナイテッド在籍2年目となる29歳のフランス代表センターバックは必勝を期す。イギリス『メトロ』が意気込みを伝えている。 「ライバル意識はサポーターから生まれるもので、彼らにとって重要だし、僕らもそれを尊重している。彼らをハッピーにしたいから、シティやリバプールのようなチームと戦って勝ちたい。ファンが何を望み、何を求めているのかを感じないといけないし、それはすごく大切だ」 2022.09.30 08:55 Fri
twitterfacebook
thumb

代表帰りのマグワイア、マンチェスター・ダービーを負傷欠場か

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表DFハリー・マグワイアが今週末に迫るマンチェスター・ダービーを欠場する模様だ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 近年は個人のミスがフォーカスされ、非難の的となるマグワイア。ユナイテッドでポジションを失うなか、先のイングランド代表に賛否がありながらも呼ばれたが、ドイツ代表戦ではPK献上に失点直結のボールロストとさらに暗い影を落とす。 代表先でも厳しい目に晒され、28日に所属先のユナイテッドに戻ったマグワイアだが、筋肉系のトラブルを抱えており、代表ウィーク明けの2日に敵地で予定するプレミアリーグ第9節のマンチェスター・シティ戦でのメンバー入りが微妙だという。 ケガをしていなかったとしても、DFラファエル・ヴァランとDFリサンドロ・マルティネスのサブ扱いが濃厚だが、カタール・ワールドカップのイングランド代表メンバー入りに向けてここからが踏ん張りどころの本人からしてみれば痛恨となる。 幸いにも、10月のユナイテッドは公式戦9試合を予定。そのスケジュール的にも、万全の状態であれば出番が見込めそうなマグワイアだが、いかに。 2022.09.29 12:55 Thu
twitterfacebook
thumb

シティ退団望むベルナルド・シウバ、今後の去就について話し合いへ

過去2度の移籍市場でスペインへの移籍を希望していたマンチェスター・シティのポルトガル代表MFベルナルド・シウバ(28)だが、クラブは将来についての話し合いをするようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 2017年7月にモナコからシティに加入したシウバは、チームに欠かせない存在に。これまで公式戦261試合で50ゴール54アシストを記録している。 今シーズンもチームの力となっているシウバだが、バルセロナからの興味を持たれ続けている状況。本人もスペインへの移籍を希望し、ジョゼップ・グアルディオラ監督も選手のキャリアの邪魔はしないと語り、移籍が容認されていたが、財政難に苦しむバルセロナに獲得する資金は存在せず、オファーも届かずに終わっていた。 シティとシウバの契約は2025年6月30日までの残り約2年半。グアルディオラ監督は移籍を容認する一方で、自身の希望としては残留して欲しいと明言している。ただ、8000万ポンド(約124億6000万円)を超えるオファーであれば手放すことになると見られている。 シティは、来夏の補強戦略を立てるためにシウバとの話し合いを進めていく予定とのこと。退団を希望するのであれば後任を探す必要があり、スポーツ・ディレクター(SD)のチキ・ベギリスタイン氏はそのリストを作成しているとのことだ。 また、ドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンも契約が満了を迎えるため、契約を延長するかどうかも含め検討が必要となり、その中でシウバの去就についてハッキリさせたいと考えているという。 2022.09.29 12:16 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly