横浜FM、8月6G3Aのレオ・セアラがJ1月間MVPに 「これからもチームの力に」

2021.09.10 16:40 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
Jリーグは10日、8月度の「明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP」を発表した。各カテゴリーから横浜F・マリノスのFWレオ・セアラ、SC相模原のMF藤本淳吾、福島ユナイテッドFCのDF堂鼻起暉がそれぞれ初の栄誉に輝いた。

8月の横浜FMは7試合を戦うタイトな日程だったが、5勝1分け1敗と大きく勝ち越し。レオ・セアラはその全試合に出場して、第25節のベガルタ仙台戦でハットトリックをやってのけるなど、6得点3アシストの大活躍を披露した。

FW前田大然やFWマルコス・ジュニオールらとともに横浜FMの強力な攻撃陣を牽引するレオ・セアラはJリーグを通じて喜びの心境とともに、決意を新たにした。

「この賞を受賞できたことをチームメイト、ファン・サポーター、横浜F・マリノスに関わるすべての皆さんに感謝いたします。これまでのサッカー人生を振り返っても、個人で賞をいただいたことはありませんから、とてもうれしいです」

「これからも、チームの力になれるようプレーをし続けます。そして、皆さんと一緒に目指している優勝に向かって、チームが一つとなり残りの試合を戦っていきます。引き続き応援をよろしくお願いします!」

J2リーグからは相模原でプレーする藤本がノミネート。8月のチームは4試合で1勝2分け1敗に終わり、最下位に沈むが、元日本代表のレフティは第25節のヴァンフォーレ甲府から3戦連発をマークするなど、存在感を示した。

J3リーグからは堂鼻が選出。8月の福島は1試合だけだったが、FC岐阜との上位対決で価値ある勝利を手にした。そのなかで、堂鼻はセンターバックとして無失点に抑え込みつつ、チームの2点目を記録するなどした。


関連ニュース
thumb

広島指揮官スキッベが4月度の月間優秀監督賞に! 「この賞の大半はチームの活躍があってこそ」

Jリーグは17日、4月度の月間優秀監督賞を発表した。 J1リーグからは4月の5試合を3勝2分で乗り切ったサンフレッチェ広島のミヒャエル・スキッベ監督。13試合を消化した現時点で4勝6分け3敗の6位につけている。 初受賞のドイツ人指揮官は「このたび、明治安田生命J1リーグ4月度月間優秀監督賞に選出いただき、ありがとうございます」と喜び、今後に意気込みを語った。 「チームのパフォーマンスの象徴としての受賞であり、この賞の大半はチームの活躍があってこそだと思っています。支えてくれている選手、チームスタッフ、ファン・サポーターに感謝したいです。ただし、戦いはまだまだこれからです。今後もチーム一丸となって戦い、順位を一つでも上げられるように頑張っていきたいと思います」 なお、J2リーグからは4月に5勝を積み上げたベガルタ仙台の原崎政人監督が選ばれ、J3リーグからは3勝1分けの成績を収めた松本山雅FCの名波浩監督が選出。両監督とも初の受賞となる。 2022.05.17 17:45 Tue
twitterfacebook
thumb

「年齢というのはただの数字」 J1リーグの4月MVPに京都FWピーター・ウタカが輝く

Jリーグは17日、4月度の明治安田生命JリーグKONAMI月間MVPを発表した。 J1リーグからは京都サンガF.C.のFWピーター・ウタカが選ばれ、4月の5試合で4ゴールをマーク。ここまで鹿島アントラーズのFW上田綺世と並ぶ8ゴールを決め、得点ランキングのトップに立つ。 38歳という年齢を感じさせない活躍で久々のJ1リーグとなるチームを牽引する2016年のJ1得点王は自身初の月間MVP受賞にあたり、喜びの思いとともに決意を新たにしている。 「今回、このような賞を受賞できたことを本当に光栄に思います。この賞は自分だけでは受賞できなかったものでした。コーチングスタッフやチームメイト、ファン・サポーターの皆さま、そして一番は奥さんに感謝したいです」 「皆さんがいたからこそ、受賞できたと思いますので、本当に皆さんのことを誇りに思います。自分にリミットはないということ、年齢というのはただの数字で、自分が何ができるかということを魅せていきたいと思いますので、これからも熱いサポートをよろしくお願いします」 なお、J2リーグからは4月に3ゴールを記録したベガルタ仙台のMF氣田亮真が初受賞。J3リーグからは4ゴールをマークした松本山雅FCのFW横山歩夢がこちらも初受賞を果たしている。 2022.05.17 17:20 Tue
twitterfacebook
thumb

2・3月度の月間優秀監督賞発表! 川崎Fの鬼木達監督が5度目の載冠 「自分達らしく熱く戦う姿を」

Jリーグは12日、2・3月度の月間優秀監督賞を発表した。 J1リーグからは3連覇を目指す川崎フロンターレの鬼木達監督。今季はFUJIFILM SUPER 2022で浦和レッズに敗れ、黒星発進を強いられたが、J1リーグではAFCチャンピオンズリーグ2022参戦に伴う先行試合を含む7試合を5勝1分け1敗で切り抜けた。 4月に入ってからの3試合でこそ1勝1分け1敗という状況だが、チームを暫定首位に導く鬼木監督は自身5度目の受賞に際して、Jリーグ公式サイトで喜びの心境とともに、決意を新たにした。 「明治安田生命J1リーグ2・3月度月間優秀監督賞に選んでいただきありがとうございます。今シーズンも新型コロナウイルスの影響などもあり、サッカー界全体が非常に厳しい状況の中でスタートしています」 「そういう環境の中でもスタジアムに足を運んで頂いたり、DAZN視聴を通じて応援して頂いている全てのファン、サポーターの皆さんには本当に感謝しています。今、チームとしては我慢の時期ですが、選手、スタッフ、クラブみんなで一体感をもってやれているので常に努力を続けて成長していきたいと思います」 「スタジアムには多くのファン、サポーターの方々が戻って来てくれているので、自分達らしく熱く戦う姿を見せていきたいと思います。4月はACLもあるのでより総力戦で頑張っていきたいと思います」 なお、J2リーグからは横浜FCの四方田修平監督が輝き、J3リーグからは福島ユナイテッドFCの服部年宏監督が選出。両監督とも初受賞となる。 2022.04.12 17:15 Tue
twitterfacebook
thumb

鹿島FW上田綺世が開幕5戦3発で初の月間MVP! 「これからも結束して戦っていきたい」

Jリーグは12日、2・3月度の明治安田生命JリーグKONAMI月間MVPを発表した。 J1リーグからは鹿島アントラーズのFW上田綺世が選出され、2月から3月にかけて開幕戦での2発を含む3ゴールをマーク。第5節から第7節にかけては3戦連発とここまで5ゴールで得点ランキング2位につけている。 チームも開幕から6勝2敗の3位とトップを見渡せる位置につけ、そのなかでゴールゲッターとしての存在感を高める上田は初受賞に際して、Jリーグ公式サイトで心境を語った。 「月間MVPを受賞することができ、ともに戦うチームメート、スタッフ、ファン・サポーター、すべてのアントラーズファミリーに感謝したいと思います。チームとして今季は例年よりも良いシーズンのスタートを切ることができ、その中で自分が勝利に貢献できたことを素直に喜びたいです」 「今年のアントラーズは若い選手が多いので、シーズンを通して継続して勝っていくためには、チーム全体がレベルアップし、自分自身ももっと成長していく必要があります。常に挑戦する姿勢を忘れず、タイトル獲得という最終的な目標に向け、これからも結束して戦っていきたいと思います」 なお、J2リーグからは横浜FCのFW小川航基が初受賞。J3リーグからも初受賞となる福島ユナイテッドFCのFW樋口寛規が輝いている。 2022.04.12 16:35 Tue
twitterfacebook
thumb

今季のJリーグは月間MVPに加え、月間ベストゴール、月間優秀監督を表彰

Jリーグは17日、2022シーズンの月間表彰について発表した。 18日に開幕する明治安田生命Jリーグ。今シーズンは、J1、J2、J3から月間MVP、月間ベストゴール、月間優秀監督賞を表彰する。 月間MVPは昨シーズンに引き続き、株式会社コナミデジタルエンタテインメントのご協力を得て「明治安田生命JリーグKONAMI月間MVP」として選出。さらに、今シーズンは、月間ベストゴールを「明治安田生命JリーグKONAMI月間ベストゴール」として選出することとなった。 表彰は、2月と3月、4月、5月、6月、7月、8月、9月、10月と11月の全8回行われる。 また、J1月間ベストゴールは「2022Jリーグ最優秀ゴール賞」のノミネートゴールとし、月間優秀監督賞の選考結果を参考に「2022Jリーグ優秀監督賞(J1・J2・J3)」が選出される。 2022.02.17 16:49 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly