「残酷だったのは…」スウェーデンに逆転負けで首位を明け渡したスペイン、ルイス・エンリケ監督がコメント「デュエルの数ではかなり負けていた」

2021.09.03 13:20 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スペイン代表のルイス・エンリケ監督が、スウェーデン代表戦を振り返った。スペインサッカー連盟(RFEF)が伝えた。スペインは2日、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選のグループB第4節でスウェーデン代表と対戦した。

アウェイでの一戦に臨んだスペイン。消化試合数が異なるものの、勝てば首位に立てるスウェーデンとの大事な一戦となった。
試合は開始4分に東京オリンピックにも出場していたカルロス・ソレールが先制点を記録。しかし、その直後にアレクサンダー・イサクにゴールを許し、同点に追いつかれる。

なかなか苦しい戦いを強いられたスペインだったが、57分にビクトル・クラーソンにゴールを許し逆転されると、そのまま2-1で敗戦。グループ首位の座を明け渡してしまった。

試合後、ルイス・エンリケ監督がスウェーデン戦についてコメント。難しい試合だったと語った。

「難しい試合だったが、序盤は上手くいった。ゴールも決めることができたが、同点になってからは全てが変わってしまった。もう1度試合を見て、様々な状況を分析したいと思う」

「特にカウンターを多く与えてしまったことが気になる。スウェーデンの戦い方は驚きではなかった。これを受け入れて改善しなければいけない。次の試合で勝たなければいけない」

グループのライバルであるスウェーデンに敗れたものの、両者の対戦はまだ残されており、しっかりと勝つことが大事だと語った。

「スウェーデンは最低でも1試合を引き分け、我々は残りの試合で勝たなければいけない。ただ、それは実現可能なことだ」

アレクサンダー・イサクやデヤン・クルゼフスキは素晴らしい選手であり、素晴らしい試合をしてきたことも知っていた。彼らは我々を難しくした」

一方で、選手たちの戦い方に不満はないとしたルイス・エンリケ監督。デュエルに負けすぎたことは認めた。

「選手の姿勢に対して批判することはない。試合を見直さなければ分からないが、確かにデュエルの数ではかなり負けていた。もっと多くのゴールを決めるチャンスもあったが、多くのトランジションを許してしまった」

「この試合で残酷だったのは、先制点の10秒後に同点にされてしまったことだ」

スペインは5日にホームでジョージア代表と対戦する。

1 2

関連ニュース
thumb

経験と反省を生かして掴んだスペイン撃破、同じベクトルを加速させた指揮官の決断

「自分たちができるということを信じ続けてチーム一丸となって最後まで戦ってくれたことが良かった」 試合後にそう語ったのは森保一監督。日本代表がスペイン代表に逆転勝利し、世界中を驚かせた試合の直後だった。 カタール・ワールドカップ(W杯)は日本にとって、7大会連続7度目の出場となった大会。1993年にアメリカW杯予選を戦う日本の一員として森保監督はピッチに立ち、「ドーハの悲劇」と呼ばれる苦い経験をしている。 それから29年。厳密にはドーハではないが、近郊のライヤーンにあるスタジアムで2度の歓喜を味わうこととなった。 4月1日、カタールW杯の組み合わせ抽選会が行われ、2014年のW杯王者ドイツ代表、2010年のW杯王者スペイン代表との対戦が決定した。その後、大陸間プレーオフを勝ち上がったコスタリカ代表とも同居することが決定。コスタリカは2014年のブラジル大会でベスト8に入っており、日本よりも良い結果を残している。 誰もが非常に苦しいグループに入ったと感じ、世界の風潮もドイツとスペインの勝ち上がりを信じて止まない声が多数。“新しい景色”としてベスト8以上の結果を残すと4年間言い続けて来た中、戦前から日本国民には暗いムードがどこかに漂っていたのは事実だろう。 さらにメンバー発表がされた11月1日、長年エースとして支えたFW大迫勇也(ヴィッセル神戸)やMF原口元気(ウニオン・ベルリン)の名前はなし。メンバー選考に関しても、様々な議論が起きていた。加えて、9月にDF板倉滉(ボルシアMG)、FW浅野拓磨(ボーフム)が重傷を負ったかと思えば、メンバー発表後にDF中山雄太(ハダースフィールド・タウン)がアキレス腱断裂の重傷でプレー不可能になるなど、多くの困難が大会前に待ち受けていた。 しかし、その苦難を乗り越えたのが日本。世界を驚かせたが、日本人の多くも驚いたに違いない。その驚きを2度も与えたのは、国民が無理だと諦めかけた“新しい景色”を選手と監督、スタッフは諦めていなかったからに他ならない。 <span class="paragraph-subtitle">◆同じ過ちを繰り返さなかった指揮官の判断</span> では、スペイン代表にいかにして勝利したのか。もちろん、選手たちのメンタリティは重要であり、第2戦のコスタリカ戦で敗れたことが、良い方向に転んだとも言える。やるべきことがハッキリしたこと、余計なことを考えずに選手、スタッフ全てが同じ意識を持って戦えたことは何よりも大きいはずだ。 一方でスペインも負ければ敗退の危機さえある状況。1位通過を避けたという憶測も出ているが、そんな悠長なことは言っていられるはずがない。結果的に、もし同時開催の試合でコスタリカがドイツに勝っていたとしたら、スペインも敗退だったのだ。 ただ、前半の戦いを見て、スペインの選手たちにはどこか余裕があったとは思える。先制に成功し、日本には立ち上がりこそゴールに迫られたが、ほとんどの時間を自分たちが支配していた。ハーフタイムに気を引き締められたとは言え、ドイツに勝った日本はまぐれだったのではないかという思いが、無意識のうちに1ミリでもあったのかもしれない。 一方で、勝利しか目指していない日本としては、2点を取るという明確な目的が生まれた。そして、指揮官は堂安律(フライブルク)と三笘薫(ブライトン&ホーヴ・アルビオン)を後半頭から投入。結果として、この交代策がハマり、堂安の同点ゴール、堂安のパスをラインギリギリで三笘が折り返し、田中碧(デュッセルドルフ)が詰めるというゴールに繋がった。 焦ったスペインはその後は前半同様に支配していくが、日本の勢いに面食らった部分が大きく、効果的な攻撃は出せていなかった。選手交代で流れを変えに行ったが、それでもこじ開けられなかったのだ。 森保監督はこの試合で2つの大きな決断を過去の失敗から学んで行ったように思う。1つは後半頭の堂安と三笘の投入だ。 その反省というのは第2戦のコスタリカ戦。日本はこの日のスペインのように押し込み続けていたが、ゴールを奪えず。後半に伊藤洋輝(シュツットガルト)、浅野を投入し、その後に三笘、伊東純也(スタッド・ランス)、南野拓実(モナコ)と攻撃のカードを切った。 ゴールをこじ開けに行きたいが故に、個人で突破できる三笘と伊東、前線でボールを終える浅野、そして3バックに変更することも考慮して伊藤を入れた。ただ、伊藤は同サイドの三笘をうまく使うことができず、またゲームを組み立てる選手がいないことで、攻撃の形を作れなかった。三笘や伊東の仕掛けはあったが、単発に終わることが多く、結果としてミスから失点して敗れていた。 一方で、スペイン戦は、前半なんとか耐えた中、久保建英(レアル・ソシエダ)に代えて堂安、長友佑都(FC東京)に代えて三笘を選択。システムを変えず、ゴールを奪わなければいけない展開で、よりゴールに直結できる選手を投入した。それが後半立ち上がりの連続ゴールに繋がったと言える。 加えて、スペインが攻撃に出るためにアンス・ファティとジョルディ・アルバのバルセロナコンビを入れたタイミングで、鎌田大地(フランクフルト)を下げ、冨安健洋(アーセナル)を投入。その冨安は、期待に応えスペインの左サイドを完璧に封じ、最後の手として打ったルイス・エンリケ監督の策を潰すこととなった。極め付けは、田中に代えて遠藤航(シュツットガルト)を投入し試合をクローズしに行く冷静な判断。全ての交代カードが、ポジティブに働いた。 強豪国との真剣勝負という点では、森保監督は4年前のロシアW杯のラウンド16・ベルギー代表戦もコーチとして経験しており、流れを選手交代で変えるというものを目の当たりにし、悔しい思いを味わった。その経験も、しっかりと生かしているような気がしてならない。 <span class="paragraph-subtitle">◆1年半前の苦い記憶を払拭</span> そしてもう1つが、スペインというチームに対する準備だ。 記憶に新しいところではあるが、2021年の東京オリンピックで、日本代表は準決勝まで駒を進め、メダル獲得に近づいたことで大いに湧いた。その相手はスペイン。このW杯にも多くの選手が出場しているが、そのチームを率いていたのは森保監督であり、吉田麻也(シャルケ)、遠藤、酒井宏樹(浦和レッズ)はオーバーエイジとして戦った。 この試合と同様にスペインの攻撃にさらされながらも耐えていた日本。そして90分をゴールレスで終え、延長戦に入っても粘っていたが、マルコ・アセンシオの一撃に沈んだ。結果、3位決定戦ではメキシコに敗れてメダルを逃すことになり、あと一歩のところでどん底に落とされることとなっていた。 ちなみに、その大会前にもスペインと親善試合を行なっており、世代別のチームであったとはいえ、1年半で3度目の対戦となったのだ。 まさかW杯で同じグループになるとは想像していなかったが、組み合わせが決定してからのスペイン対策は長い間練っていたはずだ。そして、吉田が試合後に明かしたように、「3バック、5バックでしっかりハメに行って、後ろは我慢するというプランでした」とコメント。それまでの2試合とは異なり、3バックのシステムで最初から戦えたことは、大きな一手だったと言える。 [4-3-3]というスペインのシステムに対し、今大会で採用していた[4-2-3-1]はシステムの噛み合わせが悪い。前線の3枚に対して4枚で守るといえば1人多くなりそうだが、実際には5人を4人で守るという形に変わる。そのため、どうしても選手が足らず、攻撃の選手が下がり、6枚にして守る形になってしまうことが多い。 一方で、3バックにすれば、前の3枚に対して3バックがつき、サイドの選手をウイングバックが見て、インサイドをボランチの2枚が見ると言う形に。そうすることで、ボール奪取から攻撃に転じる時に前線に3枚残る可能性があり、ウイングバックも高い位置にいるために、攻撃参加しやすいと言うことがある。 堂安のゴールもそれが生きた形であり、前線からのプレスに対してスペインが繋いだところを伊東が競り合うと、こぼれ球を堂安が拾ってシュートした。2点目も堂安のパスを折り返した三笘はウイングバックの選手であり、後ろにポジションを取っていたら、あそこにはいなかっただろう。準備はしていたものの、これまで実戦ではほとんどやってきていない3バックのシステムを決断して採用し、それまでの準備に選手が応えた結果が、2つ目の金星となったと言える。 <span class="paragraph-subtitle">◆クロアチアにはどう戦うべきか?</span> ではクロアチア戦はどう戦うのか。クロアチアは[4-3-3]のシステムで、中盤のボール奪取力が高い上に、攻撃時には非凡なパスセンスを持つルカ・モドリッチ、マテオ・コバチッチ、マルセロ・ブロゾビッチが揃っている。加えて、イバン・ペリシッチのように、サイドから切れ味鋭い個人技を見せる選手もいるだけに、ドイツともスペインとも全く違う難しさが生まれるはずだ。 システムで考えれば、スペイン戦と同じような形をとることも考えられる。ただ、アジア最終予選を戦ったより守備を意識した[4-1-4-1]というシステムにすることも考えられるだろう。中盤を3枚同士で戦わせ、遠藤、守田、田中を並べる形。ウイングに伊東を置き、中でもプレーできる鎌田、南野、久保の誰かが左に入る形になるだろう。 ただ、4バックといえど、3バックにできるメンバーを選択することになるはず。板倉が出場停止となるため、吉田と谷口彰悟(川崎フロンターレ)がセンターバックに。左が長友、そして右サイドバックに冨安を置きたいところだ。 冨安は右サイドバックをやりながらも、3バックの右としてプレー。守備時と攻撃時でシステムを変える形が出せれば、プレスをかけながら、ボールを握って試合を支配していくという戦い方もできるはずだ。 クロアチアとの対戦経験は過去3回。うち2回は1998年のフランス大会、2006年のドイツ大会とW杯で戦ったのみ。もう1回は1997年のフレンドリーマッチと、今に生かせる情報はほとんどないと見て良い。 ただ、4年前には決勝にまで進んだ実績があり、その経験値がある選手が大量にいる。決して楽な相手とは言えないクロアチア。森保監督は何を用意するだろうか。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2022.12.04 22:45 Sun
twitterfacebook
thumb

「日本に敗れたとはいえ…」オランダ代表やバルセロナを指揮したクーマン、スペイン代表を推す「未だに優勝候補の一角」

ロナルド・クーマン氏は、スペイン代表を優勝候補に推した。 カタール・ワールドカップ(W杯)はグループステージを終え、すでにラウンド16の戦いがスタート。日本代表や韓国代表などアップセットを成し遂げたチームが生き残っている一方で、ドイツ代表やウルグアイ代表といった優勝経験のある強豪国の敗退も起こっている。 かつてオランダ代表やバルセロナを指揮していたクーマン氏はスペイン『マルカ』のインタビューで、今後の決勝トーナメントではハイレベルな戦いが観戦できることを心待ちにしていると語った。 「ほとんどいつもそうだが、グループステージでは通常、面白い試合を見られることは少ない。これからのトーナメントでは、非常に良い勝負が見られると思う」 また、優勝候補として挙げたのはスペイン代表。1日のグループE第3節では日本に1-2で敗れたものの、ルイス・エンリケ監督率いるチームには高いクオリティがあると評価した。 「スペインはグループステージの最終戦まで最も良いプレーをしていたチームである。コスタリカ代表戦ではベストな状態ではなかったが、素晴らしい結果を残した。彼らから7ゴールを奪うこと、そして95分間、あれほど高いレベルでプレーすることは簡単なことではないだろう」 「ドイツ戦でも非常に良かった。強弱をつけたスペインのプレー、インテンシティ、プレスのかけ方などは、これまで見た中で一番良いものだと思いう。しかし、日本との試合では悪いパフォーマンスをすれば、簡単に敗退が決まるということが証明された」 「日本に敗れたとはいえ、未だに優勝候補の一角であることに変わりはない。フランス代表とブラジル代表も有力だと思う。あとはイングランド代表や、オランダ代表、アルゼンチン代表なども可能性があるチームだろう。しかし、私はスペインがこのW杯で好成績を残すと思っている」 「ルイス・エンリケは批判を受けながらも、若手選手へのこだわりを貫いた。彼は自分のスタイルでチームをマネジメントしており、これまで素晴らしい仕事をしてきた」 2022.12.04 13:36 Sun
twitterfacebook
thumb

「本当に泣ける…」スペイン相手に劇的勝利、日本代表選手たちが勝利後のロッカー&バスで歌った曲は?久保建英がスピーカー持ってファンの前に

スペイン代表を劇的な逆転勝利で下し、ラウンド16に駒を進めた日本代表。日本サッカー協会(JFA)が、公式YouTubeチャンネルでスペイン戦の「Team Cam」を公開した。 1日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)グループE最終節の日本vsスペイン。日本は勝てば自力でグループステージ突破を決められる試合となった。 初戦でドイツ代表を下す大金星を挙げ、世界中の注目を集めることとなった日本。スペインも撃破することは難しいとの見方が強かった中、試合は前半にアルバロ・モラタにヘディングを決められて失点。その後も支配されるが、1点ビハインドで前半を終えた。 1失点はプラン通りだという言葉が試合後には語られたが、ハーフタイムに投入された途中出場の堂安律が豪快な左足ミドルを決めて追いつくと、三笘薫の執念の折り返しを田中碧が押し込み逆転。その後、スペインに押し込まれ続けるが、集中して守り切り、2-1で逆転勝利。ドイツに続きスペインも撃破した。 試合前とハーフタイムにはキャプテンの吉田麻也が選手たちに気合いを入れる声をかけ、森保一監督も声を懸けた中、選手たちの頑張りで見事に勝利。そして、グループ首位でラウンド16に駒を進めた。 試合後のドレッシングルームでは選手たちがそれぞれ勝利を噛み締めると、ケツメイシの「仲間」を流し、板倉滉と川島永嗣がタオルを振って喜ぶ姿が。選手たちも抱き合って喜びを露わにしていた。 そしてスタジアムからホテルに戻る道中のバスでもケツメイシの曲が。久保建英がスピーカーを抱えて流れていたのは「涙」。選手たちは歌いながらバスを降り、ファンが出迎えるホテルに入って行った。 ホテルの外、ホテテルの中でも多くのファンが日本代表を歓迎。そして、日本以外のファンもしっかりと祝福してくれる事態となった。 <span class="paragraph-title">【動画】日本代表選手たち、勝利を祝いみんなで歌った曲は?</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="G5XuGhH4wYU";var video_start = 1071;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.12.03 23:05 Sat
twitterfacebook
thumb

「ここで負けるために4年間頑張ってきたわけじゃない」吉田麻也がスペイン戦前にチームに檄、舞台裏にファン感動「今だに夢を見ているかのよう」「日本人ということが誇らしい」

スペイン代表を劇的な逆転勝利で下し、ラウンド16に駒を進めた日本代表。日本サッカー協会(JFA)が、公式YouTubeチャンネルでスペイン戦の「Team Cam」を公開した。 1日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)グループE最終節の日本vsスペイン。日本は勝てば自力でグループステージ突破を決められる試合となった。 初戦でドイツ代表を下す大金星を挙げ、世界中の注目を集めることとなった日本。スペインも撃破することは難しいとの見方が強かった中、試合前にはキャプテンの吉田麻也が選手たちに気合を注入した。 「ここで負けるために4年間頑張ってきたわけじゃないぞ。26人とスタッフとチーム一丸となって、絶対勝とう!」 その言葉で気合を入れた日本だったが、試合は前半にアルバロ・モラタにヘディングを決められて失点。その後も支配されるが、1点ビハインドで前半を終えた。 1失点はプラン通りだという言葉が試合後には語られたが、森保一監督はハーフタイムに「もう1回走るよ。もう1回戦うよ」と選手たちに声を掛ける。 また、吉田も「出し切れよ。絶対出し切れよ。絶対俺らの方が勝ちたい気持強いからな。全員で行こう!」と声を掛け後半へ。すると、途中出場の堂安律が豪快な左足ミドルを決めて追いつくと、三笘薫の執念の折り返しを田中碧が押し込み逆転。その後、スペインに押し込まれ続けるが、集中して守り切り、2-1で逆転勝利。ドイツに続きスペインも撃破したのだ。 試合後のロッカーでは3試合連続フル出場の板倉滉が「ドイツ、スペインに勝って1位突破だよ俺ら」と山根視来に伝え驚きを隠せない様子。また、ここまで出番はないもののチームを支える川島永嗣は「まだ行くよー!」と、新しい景色であるベスト8に向けてまだまだ勝ち進むと声をかけた。 3試合連続で先発し、この日も途中交代の長友佑都は話題になっている「ブラボー、ブラボー、ブラボー!」と連発。また、それに応じて先制ゴールの堂安が「ブラボー!」と返すと、長友は「お前すげーな。次も取れよ」と、ドイツ、スペインに追いつくゴールを決めた堂安を讃えた。 この動画には「日本をこんなに盛り上げてくれてありがとう」、「本当に感動した」、「感動をありがとう」、「今だに夢を見ているかのよう」、「久しぶりに日本人ということが誇らしいと思った」、「本当にかっこいい」とコメントが集まり、日本代表の躍進が諦めかけていた日本のファンの心を揺さぶったようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】スペイン戦の舞台裏、吉田麻也が選手ヘ発破をかける</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="G5XuGhH4wYU";var video_start = 977;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.12.03 22:43 Sat
twitterfacebook
thumb

「ちょ、やばいてこれ笑」「すごい技術力」スペイン撃破の決勝ゴールをナイツ・土屋が再現! 堂安の豪快ミドルも細部にこだわる

世界中が注目した日本代表のスペイン代表戦の決勝ゴール。それを見事な技術で再現した人物が現れた。 1日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループE最終節で日本はスペインと対戦。グループステージ突破に向けて勝利をしたい日本は、前半に1失点し、ビハインドのまま後半に入る。 すると後半頭から出場した堂安律が豪快な左足シュートを決めて追いつくと、その5分後には田中碧がネットを揺らしてスペインを逆転。その後はスペインの猛攻を凌いで2-1で勝利を収めグループ首位でラウンド16に進んだ。 この快挙は世界中を驚かせた一方で、田中のゴールが大きな注目の的に。ゴールをアシストした三笘薫だが、ゴールラインギリギリでの折り返しの際にボールが外に出ていたと物議を醸すこととなった。 これにはW杯を主催する国際サッカー連盟(FIFA)も公式の見解を示し、VARによるチェックも正当だったとした。 そんな中、この劇的ゴールを再現した人物が。それが、お笑いコンビ・ナイツの土屋伸之さんだ。 「ヤホー」のネタなどが有名なナイツだが、土屋さんはキン肉マン消しゴム(キン消し)を使った「消しゴムサッカー(消しサカ)」を趣味にしており、自身のYouTubeチャンネル『つちやのぶゆき 世界消しサカ協会 Nobuyuki Tsuchiya WEFA』では「消しサカ」の動画をアップしていた。 その中で、この三笘の折り返しからの田中のゴールを再現。ラインギリギリからのクロスを触って入れるという一連の流れを見事に再現した。 YouTubeチャンネルではそのセッティングシーンから投稿されているが、この再現には「すごい技術力」、「ちょ、やばいてこれ笑」、「多くの人の目に留まってほしい!」、「テイクいくつで決まったのか気になる!」とコメントが集まっている。 動画では細かくVARのチェックも行うなどしており、忠実に再現。ちなみに、同点ゴールの堂安律のミドルシュートも再現し、こちらはGKウナイ・シモンがわずかに触れているところも再現している徹底ぶりだ。 <span class="paragraph-title">【動画】消しサカで三笘のクロスから田中が合わせるゴールの高い再現度</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="VTocGRSRMRw";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】堂安律の豪快ミドルシュートも再現!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="jG3wO5xvRIU";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay_shorts.js"></script> 2022.12.03 21:53 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly