ライプツィヒがバルセロナMFイライクス・モリバを獲得! 移籍金は最大28億円に

2021.09.01 01:28 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
RBライプツィヒは8月31日、バルセロナからスペイン人MFイライクス・モリバ(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの5年となる。

バルセロナの発表によると、移籍金は1600万ユーロ(約20億8000万円)+ボーナス600万ユーロ(約7億8000万円)になるという。さらに、バルセロナは将来的なリセール時の移籍金10%を受け取る権利を有している。

昨シーズンにバルセロナでトップチームデビューを飾り、フランス代表MFポール・ポグバを彷彿とさせるダイナミックなプレーで評価を高めたイライクス。

その逸材MFはバルセロナとの契約が来夏に失効を迎える中、クラブとの間で幾度も新契約に向けた交渉を行っていたが、深刻な財政難に陥っているクラブは、代理人が求める高額なサラリーやコミッションを受け入れるつもりはなく、交渉が難航。

そういった選手側の姿勢に憤るクラブサイドは、トップチームへの参加を拒絶し、現在はBチームでトレーニングさせていた。

バルセロナで飼い殺し状態のイライクスに関しては中盤の補強を目指すトッテナムへの移籍が取り沙汰され、クラブ間の交渉が大筋で合意に至ったとの報道も出ていた。

一方で、イライクスと代理人はライプツィヒと2022年夏のフリートランスファーでの5年契約という条件で合意に至っていた。

ライプツィヒは当初、今夏に移籍金を支払ってまでイライクスを獲得する意思はなかったものの、オーストリア代表MFマルセル・ザビッツァー(27)のバイエルン移籍が決定したことで、急遽方針を転換。イライクスをザビッツァーの後釜とみなし、今夏の獲得に漕ぎつけた。


関連ニュース
thumb

ジェシー・マーシュ解任のライプツィヒ、元シャルケのテデスコ氏を招へいか

新指揮官を探すライプツィヒだが、ドメニコ・テデスコ氏(36)の就任が迫っているようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。 今月5日にジェシー・マーシュ監督を解任したライプツィヒ。バイエルンに引き抜かれたユリアン・ナーゲルスマン監督の後任として今夏に2年契約を結んだが、ブンデスリーガでは現在11位、チャンピオンズリーグでもグループステージ敗退となったため、両者合意の下で契約を解除した。 そして、その後任が決まろうとしている。テデスコ氏は、ドイツではエルツゲビルゲ・アウエとシャルケを指揮した経歴を持ち、最近では2019年10月にスパルタク・モスクワの監督に就任。昨季のロシア・プレミアリーグでは2位に導いた。 だが、新型コロナウイルスの影響で家族との時間が減ってしまうことに懸念を抱いたイタリア人指揮官は、契約を更新せず退任。現在までフリーの状態が続いている。 『スカイ』によれば、ライプツィヒはテデスコ氏の招へいに伴い、コーチのアンドレアス・ヒンケル氏と、GKトレーナーのマックス・ウルワンツキー氏もチームスタッフに加わるとのことだ。 2021.12.08 19:56 Wed
twitterfacebook
thumb

最終節黒星も、グアルディオラ監督はCLでの戦いに満足「我々にとって素晴らしいグループステージだった」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)での戦いに満足感を示した。クラブ公式サイトが伝えている。 シティは7日にホームで行われたCLグループA最終節でRBライプツィヒと対戦。すでにグループステージ首位通過を決めていることから、数人の主力選手を温存しての一戦となった。 試合では、グループ3位を目指しモチベーションの高かった相手チームの勢いを受け前半に失点を許すと、後半にも追加点を奪われる展開に。FWリヤド・マフレズのゴールで1点を返したものの、83分にDFカイル・ウォーカーが一発退場となったこともあり、そのまま1-2で敗れた。 この結果、シティの公式戦連勝は「7」でストップ。消化試合でありながらDFナタン・アケやMFフィル・フォーデンが負傷交代、退場処分を受けたウォーカーはラウンド16での出場停止となるなど、後味の悪い試合となっている。 試合後グアルディオラ監督は、この試合では満足できるパフォーマンスができなかったと認めつつ、グループステージ全体を見れば素晴らしい戦いができたと強調。CLでの戦いを振り返り、予想以上に厳しい戦いだったことを認めた。 「後半の我々はより良いプレーができたと思う。積極的に、試合に勝つためプレーしたが、負けてしまったのだからライプツィヒにはおめでとうと言いたい」 「前半はリズムを欠き、コンタクトにも問題があったと思う。相手は本当に良いチームであり、それはグループステージで戦う前から理解していた。とはいえ、我々の後半はずっと良くなった。残念ながら、1つ、2つのミスで罰せられてしまった」 「我々は信じられないようなグループステージを戦ってきた。トップグループで1試合を残してグループステージ通過となったのだから、すべての試合のパフォーマンスに満足している。2月には、可能な限り最高のコンディションで臨めることを願いたい」 「ゴールを許すこともあるが、それ以上に得点することもある。もちろん、失点しないに越したことはないが、今日の前半を除けばすべての試合で相手よりはるかに良いプレーができた。全体的に見れば、我々にとって素晴らしいグループステージだっただろう」 2021.12.08 11:49 Wed
twitterfacebook
thumb

指揮官解任ライプツィヒが意地の3位フィニッシュ! ウォーカー愚行退場で敗戦のシティは公式戦連勝が「7」でストップ《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)のグループA最終節、RBライプツィヒvsマンチェスター・シティが7日にRBアレーナで行われ、ホームのライプツィヒが2-1で勝利した。 ライプツィヒは前節、ホームでの初戦で1-2の敗戦を喫したクラブ・ブルージュとのアウェイゲームで5-0の圧勝。今グループステージ初勝利を挙げると共に、当該成績で優位に立ち3位で最終節を迎えることに。そして、ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント進出が懸かる最終節では前回対戦で大敗したイングランド王者と対戦した。 ブンデスリーガで3連敗中のチームは成績不振を理由に、今季から就任したマーシュ監督を解任。アシスタントコーチのバイアロルツァー氏を暫定指揮官に据えた一戦では、敗れたウニオン・ベルリン戦から先発2人を変更。アダムスとヘンリクスに代えてフォルスベリ、カンプルを起用した。 一方、パリ・サンジェルマンとの首位攻防戦をきっちり勝利して最終節を前に首位通過を決定したシティ。週末に曲者ウォルバーハンプトンとのリーグ戦を控える中、公式戦8連勝を目指したアウェイゲームでは、GKエデルソン、ルベン・ディアス、カンセロ、ベルナルド・シウバら一部主力を温存も、コンディション向上を図るデ・ブライネ、フォーデン、グリーリッシュをスタートから起用した。 ドイツ国内での新型コロナウイルス感染拡大を受け、無観客での開催となったこの試合。グリーリッシュを最前線に配置したシティが立ち上がりからボールを握る展開となるが、より勝利へのモチベーションが高いライプツィヒがカウンターの形から良い形で応戦を見せる。 15分にはボックス右に抜け出したライナーがこぼれ球を受け直してニア下を狙ったシュートを放つが、これはGKシュテッフェンの好守に遭う。その後はシティが右サイドのウォーカーの攻め上がりを起点に続けてチャンスを作り出すが、決め切るまでには至らない。 すると、前半20分過ぎにホームチームが一瞬の隙を突いて先制に成功する。アンドレ・シウバを狙ったロングボールのこぼれ球をハーフウェイライン付近で回収したライナーが右足アウトを使った絶妙なスルーパスをハイラインの背後へ供給。これに抜け出したショボスライがボックス内まで運んで冷静にGKとの一対一を制した。 幸先よく先制に成功したライプツィヒはややバタつくアウェイチームの隙を突いて畳みかける攻めを見せると、26分にはボックス内でフォルスベリの右足シュート、39分には同じくボックス内でアンドレ・シウバがゴール至近距離からヘディングシュートを放つが、いずれもGKステッフェンのビッグセーブに阻まれる。 一方、なかなか相手を押し込んだ形から決定機まで至らないシティだったが、セットプレーの場面で制空権を握ったアケのヘディングなどでゴールチャンスを窺うと、42分に最大の決定機が訪れる。カウンターからデ・ブライネのスルーパスに抜け出したフォーデンがボックス左から得意の左足を振るが、GKグラーチに触られてコースが変わったボールは右ポストを叩く。さらに、直後にもデ・ブライネの直接FKでグラーチを脅かしたが、前半のうちに追いつくことはできなかった。 迎えた後半、ビハインドを追うシティはフォーデンを下げてスターリングをハーフタイム明けに投入。対するライプツィヒはコンディションの問題か、クロステルマンを下げてシマカンを同じタイミングで投入した。 前半同様に後半も押し込む展開を作り出すシティだったが、より重心を後ろに置くライプツィヒの粘りの守備に遭い、ボックス付近までは比較的容易にボールを運ぶが、その後がうまくいかず。完全に攻めあぐねる。 一方、やや疲労が出始めたライマーに代えて63分にアダムスを投入したライプツィヒは、後半最初の決定機を確実にゴールへ結びつける。71分、ハーフウェイライン付近の左サイドでのボール奪取からフォルスベリが鋭い縦への仕掛けでボックス内に侵入。ボックス中央でDFと駆け引きしたアンドレ・シウバに横パスが繋がると、ポルトガル代表FWがゴール右下隅へ冷静に右足のシュートを流し込んだ。 耐え切れずに痛恨の2失点目を喫したシティだがすぐさま反撃に転じる。すると、76分には左サイドのスペースに飛び出したジンチェンコからの完璧なアーリークロスに大外で反応したマフレズが見事なダイビングヘッドを叩き込み、ようやく1点を返す。さらに、畳みかけるアウェイチームは80分、ボックス左で細かい仕掛けを見せたグリーリッシュが右足のシュートを放つが、これは惜しくもDFに触られて枠の右に外れる。 だが、この追い上げムードに水を差す事件が発生。83分、縦に仕掛けたアンドレ・シウバを追走したDFウォーカーが故意に後ろから足を蹴る愚行を犯すと、レッドカードが掲示される。この退場によってウォーカーはラウンド16初戦に加え、追加処分によっては2、3試合の出場停止の可能性も出てきた。 この退場で敗色濃厚となったシティは負傷したアケに代えてルベン・ディアス、デ・ブライネに代えてパーマーを最後の交代カードとして切るが、試合はこのままホームチームが逃げ切りに成功した。 この結果、シティにリベンジを果たしたライプツィヒが3位でのEL決勝トーナメント進出を決めた。一方、敗れたシティは公式戦連勝が「7」でストップしている。 2021.12.08 04:36 Wed
twitterfacebook
thumb

監督解任のライプツィヒ、堂安所属のPSV指揮官を招へいか

RBライプツィヒの新指揮官候補に日本代表MF堂安律も所属するPSVのロジャー・シュミット監督(54)が挙がっているようだ。 ライプツィヒは5日、今季招へいしたジェシー・マーシュ監督(48)の解任を発表。チャンピンズリーグ(CL)は1試合を残してグループステージ敗退が決定したなか、ブンデスリーガでも14試合を消化して5勝3分け6敗の11位と低迷しており、クラブは両者合意による契約解消で監督交代を決行した。 今後はアシスタントコーチのアヒム・バイアロルツァー氏(54)が暫定的に指揮。正式な後任は近日中に発表される見込みと伝えられたが、ドイツ『キッカー』によれば、その候補にシュミット監督がリストアップされているようだ。 ドイツの下部クラブで指導者キャリアをスタートさせたシュミット監督は2012年にライプツィヒと同じ『レッドブル・グループ』のザルツブルクを2シーズンにわたって指揮。国内2冠を達成するなど大きな成功を収めると、レバークーゼンや北京国安を経て、2020年からPSVの監督を務めている。 2021.12.06 15:27 Mon
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒ、マーシュ監督を解任…ナーゲルスマン後任として今季招へいも不振

RBライプツィヒが5日、ジェシー・マーシュ監督(48)の解任を発表した。 アメリカ人指導者であるマーシュ監督はレッドブル・ザルツブルクでの指揮を経て、同じくレッドブル傘下のライプツィヒを今季から率いることに。今夏からバイエルンに活躍の場を移したユリアン・ナーゲルスマン監督の後任として2年契約を結んだ。 だが、チャンピンズリーグ(CL)のグループステージで1試合を残して敗退が決定。主戦場のブンデスリーガでも14試合を消化して5勝3分け6敗の11位と大きく遅れ、解任論も加熱しつつあったなか、クラブは両者合意による契約解消で監督交代を決行した。 そんなライプツィヒは7日に行われるCLでマンチェスター・シティとのホーム戦を控えるが、過去にケルンなどで監督歴を持つアシスタントコーチのアヒム・バイアロルツァー氏(54)が暫定的に指揮。正式な後任は近日中に発表される見込みだという。 ライプツィヒのCEO(最高経営責任者)を務めるオリバー・ミンツラフ氏はクラブを通じて、「マーシュとの別れは簡単な決断じゃなかった。人としても、指導者としても、彼に感謝しているからだ」とコメント。「公私にわたる活躍を祈っている」と続けた。 2021.12.05 19:44 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly