マルディーニTDが今季のミランに自信 「私がここに来て以来最強」

2021.08.24 14:23 Tue
Getty Images
ミランのテクニカルディレクター(TD)を務めるパオロ・マルディーニ氏は、今季のチームに絶対的な自信を持っているようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。
PR
ミランは23日に行われたセリエA開幕節でサンプドリアと対戦。9分にイタリア代表DFダビデ・カラブリアのクロスにU-21スペイン代表MFブラヒム・ディアスが右足で合わせて先制すると、最後までこの1点を守り切って勝利を収めた。
スクデット獲得に向けて幸先の良いスタートを切ったチームに対して、マルディーニ氏は自信を覗かせた。今夏に主力選手の流出や負傷に見舞われながらも、2位に終わった昨季の基盤は残っていると、強気のコメントを残している。

「去年のベースからスタートしているので、私がここに来て以来、最も強いミランだ」

「チームを見ると、昨シーズンから5人の柱が抜けている。(ジャンルイジ・)ドンナルンマ、(ハカン・)チャルハノール、(フランク・)ケシエ、(イスマエル・)ベナセル、(ズラタン・)イブラヒモビッチだ」
「しかし、このチームは昨年よりも絶対に強いと感じている」

「移籍市場が閉まる前にラストスパートをかけなければならない。そうして準備が整う」

また、新加入のフランス代表FWオリヴィエ・ジルーと、エースのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチとの同時起用についても言及。上手くいけばピッチ上で共演することも可能だと発言した。

「我々の意志は、常に最高の選手をプレーさせることであり、ズラタンとオリヴィエもその中の一人だ」

「もし彼らが上手くやってくれれば、一緒にプレーすることも可能だ」

「彼ら2人の特徴は非常に似ているように見えるかもしれない。しかし、ズラタンは後ろに下がってプレーすることができ、ピッチ上で監督のような存在になる可能性があると思う」

PR
関連ニュース

ミラン、アタランタとの上位対決を優勢に進めるもPKの一撃でドロー【セリエA】

ミランは25日、セリエA第26節でアタランタをホームに迎え、1-1で引き分けた。 前節はヨビッチが退場してモンツァに2-4と敗戦した3位ミラン(勝ち点52)は、3日前に行われたヨーロッパリーグでは1stレグのアドバンテージを生かしてレンヌを退けた中、3選手を変更。ジルーやロフタス=チークがスタメンに戻り、アドリをアンカーとする[4-3-3]で臨んだ。 5連勝中の5位アタランタ(勝ち点45/1試合未消化)に対し、ミランは開始3分に先制する。左サイドで仕掛けたレオンがDF2人の間を割って突破しボックス内へ。見事にシュートを決めきった。 良いスタートを切ったミランがボールを持つ中、20分にはフロレンツィの右クロスからロフタス=チークが際どいヘディングシュートを浴びせた。 前半半ば以降もミランが敵陣でボールを持つ展開としていたが、39分にPKを献上。CKをクリアにかかったジルーの足がホルンの頭に接触すると、VARの末にPKとなった。これをコープマイネルスに決められ、試合を振り出しに戻された。 迎えた後半、前がかるアタランタに対し、ミランは61分に勝ち越しの好機。4分前に投入されていたカラブリアがボックス右からシュートに持ち込んだが、GKカルネセッキの好守に阻まれた。 さらに69分、レオンのフィードを受けたボックス右のプリシックがシュートに持ち込むもわずかに枠を捉えきれなかった。 攻勢のミランは77分、ロフタス=チークの強烈なミドルがGKを強襲すれば、80分にはレオン、ジルーと立て続けに決定的なシュートを放つもGKカルネセッキとザッパコスタの好守に阻まれ、1-1でタイムアップ。優勢に試合を進めたが勝ち切るには至らなかった。 2024.02.26 06:48 Mon

ミランが若き才能の宝庫・ボローニャから“看板3枚抜き”?

ボローニャは、言わば若き才能の宝庫だ。 24日現在、セリエAでチャンピオンズリーグ(CL)圏内の暫定4位につけるボローニャ。資金力に乏しいプロヴィンチャだが、その安定感はインテルら強豪に勝るとも劣らない。 率いるは就任2年目のチアゴ・モッタ監督(41)。現役時代にバルセロナとインテルでCL制覇を経験し、キャリア晩年はパリ・サンジェルマン(PSG)でプレー。地味ながらもチームに欠かせぬリンクマンだった名役者だ。 そんな男はボローニャでの舵取りも高く評価され、古巣バルセロナが次期指揮官にリストアップしているとも。また、それ以上に有力視されているのは、古巣インテルの宿敵・ミランの次期指揮官職だ。 モッタ監督の下で大きく成長した選手も多数。 バイエルンでの伸び悩みはもはや過去、U-21オランダ代表FWジョシュア・ザークツィー(22)。自国の偉大な指揮官と同じ姓を持つスコットランド代表MFルイス・ファーガソン(24)。2人は揃ってモッタ監督と共にミラン行きが噂されている人気銘柄だ。 イタリア『カルチョメルカート』によると、ザークツィーは前所属バイエルンが4000万ユーロ(約65億2000万円)の買い戻しオプションを保有。ファーガソンも2027年6月までの契約+1年延長オプションがあり、2500万ユーロ(約40億7000万円)程度で獲得できる選手ではない。 ミランとしては、モッタ監督をポスト・ピオリの筆頭に据えるなか、カギを握りそうなのがボローニャへ貸し出し中のベルギー代表MFアレクシス・サーレマーケルス(24)。この男を交渉に含めることにより、“最大操作”=モッタ+ザークツィー+ファーガソンの3者同時獲得へ、というプランがあるとみられている。 3者同時獲得…もちろん現段階ではミランにとってアイデアのひとつに過ぎないようだが、実現なら素晴らしい補強に。優秀な青年指揮官、若き攻撃的タレント2枚…その腕に疑いの余地はない。 2024.02.24 17:50 Sat

バイエルンは今夏のデイビス退団を覚悟? 後釜として狙うはミランのフランス代表DFか

バイエルンがカナダ代表DFアルフォンソ・デイビス(23)の退団に備え、左サイドバックの補強を計画しているようだ。 2019年1月にバイエルンへ加入して以来、左サイドバックの主力としてチームに貢献してきたデイビス。今シーズンも公式戦27試合に出場する同選手だが、クラブとの契約は2025年6月までとなっている。 バイエルンはデイビスとの契約延長を望むも、選手側が要求する大幅な昇給に応じるつもりはなし。今夏に契約が残り1年となるカナダ代表DFに対しては、かねてより関心を示してきたレアル・マドリーがオファーする可能性が高いと報じられている。 ドイツ『スカイ・スポーツ』によると、バイエルンのクラブ関係者も夏にデイビスが去るのを覚悟しているとのこと。すでに後釜のリストアップが始まっており、ミランのフランス代表DFテオ・エルナンデス(26)が有力な候補になっている模様だ。 テオ・エルナンデスはミランの絶対的な左サイドバックであり、今シーズンも公式戦32試合4ゴール8アシストを記録。オファーするとなればミランの徹底抗戦も予想される中、バイエルンがどのような決断を下すかが注目される。 2024.02.24 17:40 Sat

【セリエA第26節プレビュー】3位ミランvs5位アタランタの上位対決

前節はインテルが最下位サレルニターナに4発快勝とした一方、ユベントスがヴェローナに引き分け、両チームの勝ち点差は9に広がった。スクデットの行方がほぼ決着した中、迎える第26節は3位ミラン(勝ち点52)vs5位アタランタ(勝ち点45)の上位対決が開催される。 ミランは前節、モンツァに2-4で敗戦。FWヨビッチが2点ビハインドの後半序盤に退場した中、2点差を追いつく意地を見せたが、終盤の2失点で力尽きた。木曜に行われたヨーロッパリーグ(EL)では主力を投入した中、1stレグのアドバンテージを生かしてレンヌを退けたが、勝利を取り戻せるか。 一方、前節サッスオーロに3発快勝として5連勝のアタランタは、休養十分。ここ5試合で17ゴールと爆発している攻撃陣がミラン戦でも躍動となるか。 主力を投入してサレルニターナを一蹴し、火曜に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではアトレティコ・マドリーをウノゼロ先勝とした首位インテル(勝ち点63/1試合未消化)は、13位レッチェ(勝ち点24)と対戦。アトレティコ戦では負傷交代したFWテュラムに代わって出場のFWアルナウトビッチにゴールが生まれたインテル。公式戦7連勝と隙のない安定感ある戦いを継続できている中、連勝をさらに伸ばしてユベントスに引導を渡せるか。 インテルの勢いとは対照的に4戦勝ちなしでジリ貧の2位ユベントス(勝ち点54)は15位フロジノーネ(勝ち点23)と対戦。ヴェローナ戦では2度リードを許す展開の中で引き分けたユベントス。スクデットは厳しくなったが、5戦ぶりの勝利を手にできるか。 マッツァーリ監督を解任し、現スロバキア代表指揮官のカルツォーナ監督を招へいした9位ナポリ(勝ち点36)は19位カリアリ(勝ち点19)と対戦。前節ジェノアに辛くもドローとしたナポリはついにマッツァーリ監督を解任。チーム状態を好転できなかった中、カルツォーナ監督を招へいした。そして迎えた水曜のCLバルセロナ戦ではドローに持ち込んだ。アフリカネーションズカップから帰還のFWオシムヘンが同点弾を挙げる大仕事を果たした中、リーグ戦3試合ぶりの勝利となるか。 フロジノーネに快勝とした6位ローマ(勝ち点41)は10位トリノ(勝ち点36)と対戦。木曜のELではフェイエノールトとのPK戦までもつれ込んだ大激闘を制し、ラウンド16に進出した。疲労が心配されるが、勢いでトリノをねじ伏せられるか。 前節ボローニャとの上位対決に敗れたものの、木曜に行われた延期分のトリノ戦を制した8位ラツィオ(勝ち点40)は、7位フィオレンティーナ(勝ち点38)と対戦。トリノ戦も苦しい内容だった中、後半序盤の2発で効率良く勝利したラツィオ。フィオレンティーナ戦も難しい戦いが予想されるが、粘り強く対応できるか。 ◆セリエA第26節 ▽2/23(金) ボローニャ 2-0 ヴェローナ ▽2/24(土) 《23:00》 サッスオーロvsエンポリ 《26:00》 サレルニターナvsモンツァ 《28:45》 ジェノアvsウディネーゼ ▽2/25(日) 《20:30》 ユベントスvsフロジノーネ 《23:00》 カリアリvsナポリ 《26:00》 レッチェvsインテル 《28:45》 ミランvsアタランタ ▽2/26(月) 《26:30》 ローマvsトリノ 《28:45》 フィオレンティーナvsラツィオ 2024.02.24 07:30 Sat

日本人5人出場のELラウンド16組み合わせ決定! 三笘ブライトンはローマ、堂安フライブルクはウェストハム、遠藤リバプールはスパルタ・プラハと対戦

23日、UEFAヨーロッパリーグ(EL)のラウンド16組み合わせ抽選会がスイスのニヨンで行われた。 22日にプレーオフが終了し、ベスト16のチームが決定。日本人所属クラブでは、日本代表MF遠藤航のリバプール、MF三笘薫のブライトン&ホーブ・アルビオンが1位通過。プレーオフでは、MF堂安律のフライブルク、MF守田英正のスポルティングCP、GK小久保玲央ブライアンのベンフィカが勝ち上がり、5名が出場する。 遠藤のリバプールはスパルタ・プラハと、三笘のブライトンはFW上田綺世が所属するフェイエノールトをプレーオフで下した強豪・ローマと対戦が決定。堂安のフライブルクは、昨シーズンのヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)王者のウェストハムと、守田のスポルティングはアタランタ、小久保のベンフィカはレンジャーズと強豪との組み合わせが決まった。 また、優勝候補のミランはスラビア・プラハと対戦する。 1stレグは3月7日、2ndレグは3月14日にt開催される予定となっている。なお、スポルティングの1stレグは、ベンフィカと同じ街での開催となるため、3月5日に1試合だけ前倒してやられる。 スパルタ・プラハ vs リバプール(遠藤航) ローマ vs ブライトン&ホーヴ・アルビオン(三笘薫) フライブルク(堂安律) vs ウェストハム ミラン vs スラビア・プラハ マルセイユ vs ビジャレアル ベンフィカ(小久保玲央ブライアン) vs レンジャーズ スポルティングCP(守田英正) vs アタランタ カラバフ vs レバークーゼン 2024.02.23 20:35 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly