原口元気がPSMで衝撃ゴール! 強烈ボレー叩き込みビルバオに勝利

2021.08.03 11:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウニオン・ベルリンの日本代表MF原口元気が好調ぶりを見せている。

ウニオン・ベルリンは7月31日にアスレティック・ビルバオと対戦。2-1で勝利を収めた。

遠藤渓太が先発したこの試合。ホームに観客を入れた中行われた。

試合は互いに攻め込みチャンスを作るもののなかなかゴールは生まれない。それでも31分、アスレティックはカウンターを仕掛けると、最後はアレックス・ベレンゲルがボックス右から落ち着いて決める。

アスレティックがリードして迎えた後半も、ウニオン・ベルリンは押し込まれる展開が続き何度も決定機を迎えられる。

原口は60分から途中出場。すると74分に圧巻のゴールを見せる。

ウニオン・ベルリンはボックス手前でFKを獲得。これを直接狙うが壁に当たりボールが跳ね上がる。しかし、これをボックス手前で待っていた原口が胸トラップから豪快ボレー。ゴール左隅に強烈なシュートが突き刺さり、同点に追いつく。

さらに81分には、左からのクロスに対してティモ・バウムガルトルが豪快ヘッド。これで逆転したウニオン・ベルリンが2-1で勝利を収めた。

ウニオン・ベルリン 2-1 アスレティック・ビルバオ
【ウニオン】
原口元気(74分)
ティモ・バウムガルトル(81分)
【アスレティック】
アレックス・ベレンゲル(31分)



1 2
関連ニュース
thumb

原口が前半に緊急出場のウニオン、アウグスブルクにゴールレスドロー《ブンデスリーガ》

ウニオン・ベルリンは11日、ブンデスリーガ第4節でアウグスブルクをホームに迎え、0-0で引き分けた。ウニオンのMF原口元気は22分から出場し、MF遠藤渓太はベンチ入りも出場機会はなかった。 代表ウィーク前の前節ボルシアMG戦で先制点をアシストして今季初勝利に貢献した原口がベンチスタートとなり、遠藤が今季初めてベンチ入りした一戦。 1分け2敗スタートのアウグスブルクに対し、ウニオンが押し込む流れで立ち上がった中、アクシデント。メーヴァルトの負傷を受けて22分、原口が[3-5-2]の右インサイドの位置に入った。 前半唯一の決定機はアウグスブルク。33分、CKの流れからオックスフォードのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKルセが好守で凌ぎ、前半をゴールレスで終えた。 後半は一進一退の攻防が続いた中、ウニオンは56分にジーベルマンのボレーシュートが枠を捉えるも、GKのセーブに阻まれた。 さらに74分、原口のパスを受けたアウォニー、ボグルサマーが立て続けにGK強襲のシュートを浴びせれば、続く79分にはボグルサマーのコントロールシュートでゴールに迫ったが、ウニオンはゴールをこじ開けられずに0-0で決着。勝ち点1を分け合っている。 2021.09.12 08:05 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルンから若手2選手がサンダーランドへ移籍

バイエルンは9月1日、ドイツ人GKロン・トルベン・ホフマン(22)の2023年までの契約延長とサンダーランドへのレンタル移籍を併せて発表した。 ホフマンはヘルタ・ベルリンやRBライプツィヒの下部組織を経て2015年夏にバイエルンに入団。U-17、U-19と着実にステップアップを重ね、2017年12月にはトップチームのベンチ入りも果たした。 しかし、ここまで肝心の出場はなく、今季はリーグ1(イングランド3部)のサンダーランドへ武者修行に出かけることになった。 バイエルンはまた、同時にU-20ドイツ代表FWレオン・ダヤク(20)のウニオン・ベルリン移籍も発表。シュツットガルトの下部組織出身の同選手は2019年夏にバイエルンに加入。同年12月にトップチームデビューを果たしたが、今年1月からはウニオン・ベルリンへレンタルしていた。 そして、ウニオンは推定100万ユーロのオプションを行使しダヤクを買い取り。さらに今季はホフマン同様にサンダーランドへレンタルされることになった。 2021.09.01 17:19 Wed
twitterfacebook
thumb

原口元気と遠藤渓太擁するウニオン・ベルリン、ブレーメンからドイツ人アタッカーを獲得!

ウニオン・ベルリンは31日、ブレーメンからドイツ人MFケビン・メーヴァルト(28)を獲得したことを発表した。『transfermarkt』によると、移籍金は100万ユーロ(約1億3000万円)とのことだ。 ブンデスリーガ3部のエアフルトでプロデビューしたメーヴァルトは、足下の技術と得点力に優れた攻撃的MF。2015年に加入したニュルンベルクで頭角を現すと、2018-19シーズンにはブレーメンに移籍して日本代表FW大迫勇也と同僚に。その後3年間で公式戦に60試合出場し、9ゴール2アシストを記録した。 昨シーズンはクラブにとって41年ぶりの2部降格を味わったものの、個人的に1部残留となったメーヴァルトは喜びの心境を語っている。 「ブンデスリーガでプレーを続けられることを嬉しく思う。ウニオンは近年、その潜在能力の高さを示している特別なクラブだ」 「ニュルンベルク時代に味わったアルテ・フェルステライの雰囲気は今でも覚えているし、ベルリンでの仕事を楽しみにしているよ」 また、クラブの競技部門取締役を務めるオリバー・ルーネルト氏も、ブンデスリーガでプレー経験が豊富な点について期待をしているようだ。 「ケビン・メーヴァルトは、すでにブンデスリーガでそのプレーの質の高さを示している。ブンデスリーガを熟知している彼には、高いスキルでチームに貢献し、すぐに溶け込んでくれると期待している」 今夏のウニオン・ベルリンは日本代表MF原口元気と元ポーランド代表MFパヴェウ・ヴショウェクの獲得を発表しており、日本代表MF遠藤渓太を含めた攻撃的MFの層は、厚みを持つつともにポジション争いも激しくなりそうだ。 2021.08.31 14:53 Tue
twitterfacebook
thumb

ウニオン・ベルリンがシャルケ退団のオチプカをフリーで獲得!

ウニオン・ベルリンは30日、シャルケを退団したドイツ人DFバスティアン・オチプカ(32)をフリートランスファーで獲得した。 昨シーズンにブンデスリーガ2部に降格したシャルケを離れ、ウニオン・ベルリンを新天地に選択したベテランDFは、クラブ公式サイトを通じて喜びを語っている。 「近年ウニオン・ベルリンの歩んできた道のりは本当に素晴らしいもので、このクラブの一員になれたことを嬉しく思っている」 レバークーゼンの下部組織で育ったオチプカは、2012年に加入したフランクフルトでで台頭。2017年1月にシャルケにステップアップを果たすと、頼れる左サイドバックとしてブンデスリーガ通算111試合に出場し1ゴール16アシストの数字を残していた。 2021.08.31 01:40 Tue
twitterfacebook
thumb

原口が先制点アシスト、ボルシアMGに逃げ切り勝利のウニオンが今季初白星《ブンデスリーガ》

ウニオン・ベルリンは29日、ブンデスリーガ第3節でボルシアMGをホームに迎え、2-1で逃げ切った。ウニオンのMF原口元気は61分までプレー、MF遠藤渓太はベンチ入りしなかった。 前節ホッフェンハイムに引き分けたウニオンは2試合連続ドロースタートとなった中、原口が[3-5-2]のインサイドMFの位置で先発となった。 1分け1敗スタートのボルシアMGに対し、鋭いボールホルダーへの寄せでショートカウンターを狙うウニオンは開始3分、トリメルのボレーシュートでゴールに迫ると、22分に先制する。 思惑通りのショートカウンターの形から、クルーゼのパスを受けた原口がボックス右から正確なクロスを送ると、ファーサイドのジーベルマンがヘッドで押し込んだ。 続く34分にアウォニーがボックス内に進入して決定的なシュートに持ち込んだウニオンだったが、GKゾンマーにセーブされる。 直後の36分にはピンチを迎えたが、こちらもヴォルフの決定的なシュートをGKルセが好守で凌ぎ、リードを保った。 すると41分、2トップの連係で加点する。アウォニーが持ち上がってクルーゼにパス。クルーゼがリターンスルーパスを通すと、ディフェンスライン裏を取ったアウォニーがGKとの一対一を制してシュートを決めきった。 アウォニーの3戦連発弾でリードを広げたウニオンは、43分に再びピンチを迎えるも、ノイハウスのシュートミスに救われ、2-0で前半を終えた。 迎えた後半、ヘアマンとザカリアを投入してきたボルシアMGに対し、ウニオンが集中した守備ではね返す流れで推移していく。 61分に原口がピッチを後にした中、66分にFKからジーベルマンが際どいヘディングシュートに持ち込むと、直後にもエツナリが決定的なシュートを放っていった。 終盤にかけてもウニオンが隙を見せずに時間を消化していたが、追加タイムにJ・ホフマンにゴールを許してしまう。それでも2-1で逃げ切ったウニオンが今季初白星を飾っている。 2021.08.30 00:25 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly