サウール代理人がイングランドへ! 移籍先はユナイテッドorリバプール?

2021.08.01 13:20 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーからの移籍が囁かれるスペイン代表MFサウール・ニゲス(26)の代理人が選手の将来を早々に決着させようと、イングランドに飛ぶようだ。イギリス『ミラー』が報じた。

下部組織時代から過ごすアトレティコで公式戦300試合以上を誇るサウール。2017年7月に2026年までの9年という異例の超長期契約を結び、クラブに絶対なる忠誠を誓った中盤のプレーヤーだが、昨季に絶対的主力の地位が薄れ、今夏の退団が囁かれ始めている。

アトレティコにウディネーゼからアルゼンチン代表MFロドリゴ・デ・パウルが加入したことで、クラブの売却候補に挙がるサウールを巡っては当初こそバルセロナ行きが取り沙汰されたが、次第に沈静化。それに反して、イングランド行きの可能性が熱を帯びる。

そうしたなか、サウールの代理人を務めるジョナサン・バーネット氏はアトレティコから他クラブとの移籍交渉の許可を経て、2日にもイングランド入りへ。移籍先として現時点でマンチェスター・ユナイテッドが有力だが、リバプールも熱望しているとみられる。

そんなバーネット代理人はプレミアリーグとラ・リーガが開幕する8月中旬までの決着を希望。当初こそ1億2500万ポンドの売り値を設定したアトレティコだが、現在の市場価値も考慮して、3500万〜4000万ポンド(約53億3000万〜61億円)程で移籍を認めるという。

関連ニュース
thumb

ポルト戦で負傷交代のレマル、太ももの筋肉損傷でリーグ戦3試合欠場の可能性

アトレティコ・マドリーは16日、トマ・レマルが太もものケガで離脱したことを発表した。 15日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループB第1節のポルト戦に先発出場したレマルだが、36分に太ももを負傷。プレー続行不可能となり、そのままデ・パウルとの交代を余儀なくされた。 クラブによれば、精密検査を受けたレマルは太ももの筋肉の損傷と診断された、今後は個別の理学療法とリハビリを行いながら、経過観察を続けるという。 なお、スペイン『マルカ』は離脱期間について、10日前後になると伝えており、レマルは今後のラ・リーガ3試合を欠場。28日に行われるCLグループB第2節のミラン戦か、10月2日に行われるラ・リーガ第8節のバルセロナ戦での復帰を目指していると報じている。 2021.09.17 01:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ホームでゴールレスドローのアトレティコ、シメオネ監督は批判受けるグリーズマンの奮起を願う

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、ポルト戦を振り返った。スペイン『アス』が伝えた。 アトレティコは15日、チャンピオンズリーグ(CL)グループB第1節でポルトをホームに迎えた。 堅守を売りとする両者の対決は堅い試合に。泣かんかあ決定機が迎えられない中、後半にはバルセロナから復帰したフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが登場。場内は賛否が別れるものものしい雰囲気となった。 それでも攻撃が上手くいかないアトレティコ。80分にはバックパスを奪われ、メフディ・タレミがネットを揺らすが、これはVARの介入によりノーゴールに。結局、0-0のゴールレスドローに終わった。 試合を振り返ったシメオネ監督は、改善が必要だとし、グループが混沌とするだろうと語った。 「我々が改善し続けなければならない。複雑な状況となりそうで、ミランは勝っていたが負けた。全ての試合がとても競争が激しく、一貫性のあるチームが勝ち進むだろう」 「我々はプレーのスピードを上げなければならない。それを見つけるために努力する」 また、この試合の枠内シュート数はわずかに2本。シュートは6本だったがものの、攻撃面が上手くいかなかってんについては、選手たちがまだまだコンディションが上がっていないと語った。 「トレーニングしかない。ジョアン(・フェリックス)は4月以降先発でプレーしていなかったので、プレーを続けることで最高レベルに到達しなければなrな愛」 「(アンヘル・)コレアは、後半からプレーしなければならず、(ルイス・)スアレスは遅れてスタートしたし、グリーズマンも来たばかり。我々は冷静に仕事をし、自分たちがやっていることを信じるしかない」 その中で、一部ファンからは批判も受けているグリーズマンについては「彼が良くなり、批判している人たちに応えられるようになり、チャレンジができるようになることを願っている」と語り、かつての輝きを取り戻し、プレーで示してほしいと語った。 <span class="paragraph-title">【動画】これはファウルなのか?取り消されてしまったポルトのゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CT21FGCIz0m/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CT21FGCIz0m/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CT21FGCIz0m/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ELEVEN Portugal(@elevensportspt)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.09.16 12:55 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサからアトレティコ復帰のグリーズマン、本拠地初戦はブーイングと拍手入り混じる異様な雰囲気に

アトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが本拠地ワンダ・メトロポリターノに戻ってきた。 グリーズマンは、今夏の移籍市場最終日にバルセロナからの1年延長オプションが付随した1年間のレンタルで3年ぶりにアトレティコへ復帰。しかし、2019年のバルサ移籍時には契約解除金の金額を巡ってアトレティコとバルセロナが対立するなど円満な退団とはならず、グリーズマンはアトレティコファンの恨みを買っていたため、今回の移籍にも懐疑的な声があがっていた。 そんな中、グリーズマンは15日にホームで行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループB第1節のポルト戦にベンチ入りを果たす。 試合開始前にスタジアムのアナウンスでグリーズマンの名前が呼ばれると、スタンドからは強烈なブーイングが飛び交うこととなった。 また、56分にFWジョアン・フェリックスとの交代でピッチに入る際には、指笛と拍手が入り混じる異様な雰囲気で迎えられた。グリーズマンは後半アディショナルタイムに相手のレッドカードを誘発するドリブルがあったものの、それ以外は見せ場は特になく、試合は0-0で終了している。 復帰会見で「言葉よりも行動で全力を尽くす」語ったグリーズマンだが、再びアトレティコサポーターからの信頼を得ることができるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】アトレティコサポーターからグリーズマンに向けられたブーイングを聞く(0:48あたり~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr"> La pitada de la afición del <a href="https://twitter.com/Atleti?ref_src=twsrc%5Etfw">@Atleti</a> en el Wanda Metropolitano a Antoine Griezmann en la previa del <a href="https://twitter.com/hashtag/AtletiPorto?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AtletiPorto</a> de la <a href="https://twitter.com/hashtag/UCL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#UCL</a> <a href="https://t.co/BultQ2W7mo">pic.twitter.com/BultQ2W7mo</a></p>&mdash; Carrusel Deportivo (@carrusel) <a href="https://twitter.com/carrusel/status/1438215805599109121?ref_src=twsrc%5Etfw">September 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.16 12:36 Thu
twitterfacebook
thumb

アトレティコとポルトの堅守対決はゴールレスドロー、VARでポルトのゴールが無効に《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)グループB第1節、アトレティコ・マドリーvsポルトが15日に行われ、0-0の引き分けに終わった。 リバプールとミランが同居しているグループB。昨季は優勝したチェルシーの前にベスト16敗退に終わったラ・リーガ王者アトレティコは、スアレスとフェリックスの2トップで臨んだ。 一方、昨季はユベントスを撃破してベスト8に進出したポルトは、ペペらが先発となった中、セルジオ・コンセイソン監督お馴染みのフラットな[4-4-2]で臨んだ。 立ち上がりからボールを握ったのはアトレティコ。すると7分にスアレスが枠内シュートに持ち込んだが、GKジオゴ・コスタにセーブされた。ポルトは直後、タレミがゴールに迫るもシュートは枠を捉えきれない。 その後は拮抗した攻防が続いた中、27分にポルトがPKを獲得しかける。だが、ボックス左に抜け出したサヌシをコンドグビアが好タックルで阻止した。 36分にレマルの負傷を受けてデ・パウルを投入したアトレティコは、37分にスアレスの直接FKでゴールに迫るも、膠着した一戦はゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半開始5分、ポルトは右サイドから上げたクロスが左ポストに直撃。54分にペペが負傷交代となった中、アトレティコは56分に3枚替えを敢行。フェリックスやコケらに代えてグリーズマンやアンヘル・コレアを投入した。 すると68分にアトレティコに決定機。ボックス右からコレアのシュートが枠を捉えるも、GKジオゴ・コスタのセーブに阻まれた。 終盤の80分にはポルトがゴールをこじ開けかける。ロージのバックパスをカットしたボックス内のタレミがゴールにねじ込んだが、VARの末ノーゴールに。タレミにファウルがあったと判定されたようだ。 試合終了間際、スアレスが直接FKでゴールに迫るもわずかに枠の上に外れてタイムアップ。堅守が売りの両チームの一戦はゴールレスドローに終わった。 2021.09.16 06:23 Thu
twitterfacebook
thumb

【CLグループB展望】アトレティコ&リバプール優位も弱者不在の“死の組”!

2021-22シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージが9月14日に開幕する。グループBはミランが8シーズンぶりに欧州最高の舞台に戻ってきたことで、弱者不在という今グループステージ屈指の“死の組”が出来上がった。 ◆編集部予想 ◎本命:アトレティコ・マドリー ○対抗:リバプール △連下:ミラン ☆大穴:ポルト ◆ピンポイント補強で攻守に隙なし~アトレティコ・マドリー~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210910_101_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今グループステージ屈指の“死の組”の本命は昨シーズンのスペイン王者。昨季のCLでは優勝したチェルシーに完膚なきまでに叩きのめされてベスト16敗退となったが、チームとしての完成度は今大会出場チームで屈指だ。 今夏の移籍市場においては中盤のユーティリティープレーヤーのMFサウールがチェルシーに旅立ったものの、それ以外の主力の残留に成功。さらに、手薄な攻撃陣には東京五輪で金メダル獲得のブラジルの主力FWマテウス・クーニャに、元エースFWグリーズマンがバルセロナから電撃復帰。中盤に創造性とダイナミズムをもたらす指揮官意中のMFデ・パウルが加入した。 連覇を狙うラ・リーガではここまで3勝1分けの無敗をキープ。FWスアレスや新加入組のコンディションが上がり切らない前線に関しては大いに改善の余地があるものの、持ち味の堅守に加えて勝負強さは健在。闘将仕込みのハードワークと、強烈な個性を持つ多士済々のタレントの持ち味をうまく融合できれば、悲願のビッグイヤー獲得も十分に可能なはずだ。 ◆守備安定で浮沈のカギは自慢のアタッカー陣~リバプール~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210910_101_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> リバプールはアトレティコと実力伯仲の対抗馬だ。昨シーズンはプレミアリーグ連覇を逃すと共に、CLでも準々決勝でレアル・マドリー相手に敗退。ただ、ディフェンスリーダーのDFファン・ダイクを始め、最終ラインに多数の離脱者が出たという、ハッキリした理由があり、改善は容易だ。今夏の移籍市場では純粋な補強が逸材DFコナテのみと継続路線を選択したが、負傷者の復帰がすでに大きな補強となっている。 今季のプレミアリーグでは難敵チェルシー戦との1-1のドローを除き、3試合で複数得点とクリーンシートと一昨季の安定感を取り戻している。後方の安定によって、よりリスクを冒して攻撃に出られるようになったことが得点力の向上に繋がっているが、エースFWサラーを除きFWマネやFWフィルミノ、FWジョタのパフォーマンスは今一つ。 チェルシー戦同様に実力伯仲のアトレティコやミランを撃破し、グループステージ突破を決めるためには自慢のアタッカー陣の更なる奮起が求められるところ。また、今大会唯一日本人選手として参戦しているFW南野拓実には何とか爪痕を残してほしいところだ。 ◆8季ぶりの大舞台で躍進なるか~ミラン~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210910_101_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季のセリエAを2位で終えて8シーズンぶりに夢の舞台に戻ってきたイタリア屈指の名門は“死の組”突破を目指す。堅実な指揮官ピオリの下、経験豊富なベテランと次代を担う若手タレントの力をうまく融合させ、ナポリやローマ勢を抑えてCL出場権獲得に成功したロッソネリ。今夏の移籍市場では守護神ドンナルンマ、司令塔チャルハノールという昨季の躍進の立役者2人をフリーで失ったが、FWジルーやMFフロレンツィ、MFバカヨコといった経験豊富な実力者に、FWペッレグリ、新守護神メニャンらを積極補強。セリエAとCLの二足の草鞋に耐え得るだけのスカッドを構築した。 セリエAでは難敵ラツィオに完勝するなど、開幕3連勝と最高の滑り出しを見せており、ドンナルンマとチャルハノールの後継を担うメニャンやMFブラヒム・ディアスも抜群の存在感を発揮。さらに、FWイブラヒモビッチの戦列復帰によって、ジルーと共にけん引する攻撃陣も爆発の予感を漂わせている。 とはいえ、前述の本命2チームとは経験、スカッドの質で見劣りは否めなく、まずはリバプールとの初戦で現在の立ち位置を図ることになる。その初戦をモノにして欧州の舞台で躍動するアタランタとなるか、あるいは欧州の舞台で苦戦するお隣インテルのようにCLの厳しさを味わうことになるか…。 ◆堅守速攻を武器に昨季再現狙う~ポルト~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210910_101_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季のベスト8チームだが、現時点での評価はグループ4番手だ。昨季は組み合わせに恵まれたグループステージをマンチェスター・シティに次ぐ2位で通過。ラウンド16では優勝候補の一角に挙がっていたユベントスを延長戦の末に撃破する番狂わせを起こし、準々決勝でも王者チェルシーを追い詰めた。 ただ、今季に向けてはFWルイス・ディアスやMFセルジオ・オリベイラといった主力の残留に成功した一方、新戦力補強は停滞。加えて、コンセイソン監督の堅守速攻スタイルへの分析も進んでおり、格上3チームとの対戦では苦戦必至だ。DFペペを中心に失点を最小限に凌ぎつつ、少ないチャンスをFWタレミやルイス・ディアスらがいかに決め切れるか。また、自慢のアカデミーから新たなスター候補の誕生にも期待したい。 2021.09.15 17:01 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly