フェイエノールト退団のアドフォカート、イラク代表監督に就任! 7カ国目の代表指揮

2021.08.01 09:15 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イラクサッカー協会は7月31日、オランダ人指導者のディック・アドフォカート氏(73)を新監督に招へいしたと発表した。

今年9月の誕生日で74歳になるアドフォカート氏は過去、PSVやレンジャーズ、ボルシアMG、ゼニト、サンダーランドなどのクラブのほか、オランダや韓国、ベルギー、セルビアなどの各国代表の監督も歴任。2019年10月からフェイエノールトを率い、昨季限りで退任した。

今回のフェイエノールト退団時を含め、これまで何度か引退も口にしたアドフォカート氏だが、先月7月にスロベニア人指導者のスレチコ・カタネッツ氏が退任して監督の座が空席状態だったイラクが新たな活躍先に。アドフォカート氏にとって、7カ国目の代表指揮となる。

イラクは2022年のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のグループCを勝ち点17で2位通過。9月からスタートする最終予選ではグループAに入り、イラン、韓国、UAE、シリア、レバノンと対戦する。

関連ニュース
thumb

攻め手欠いた韓国がイラクとドロー…イランが白星発進《カタールW杯アジア最終予選》

カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のグループA第1節が2日に行われた。 グループ大本命の韓国代表は、イラク代表と対戦し、0-0のドロースタートとなった。 韓国はGKキム・スンギュ、キム・ヨングォンというJリーグ勢と、ソン・フンミン、イ・ジェソン、ファン・ウィジョとヨーロッパで活躍する選手たちがスタメンに名を連ねた。 過去にチームを率いた経験もあるディック・アドフォカート監督を新指揮官に据えたイラクをホームで迎え撃った韓国。立ち上がりから圧倒的にボールを握って相手を押し込んでいく中、ソン・フンミンとファン・ウィジョの個の打開力を武器に、イラクの堅牢な守備ブロック攻略を図る。 26分には左CKの場面でショートコーナーからゴール前に上がったクロスをキム・ムンファンがドンピシャのヘディングで合わす。これは相手DFのゴールカバーに遭うが、そのこぼれがゴール前でフリーのイ・ジェソンの足元へ。だが、イ・ジェソンはこの絶好機でシュートを枠の上に外してしまった。 その後も70%近いボール支配率でボールの主導権を握った韓国はセットプレーや縦に速い仕掛けで幾度かゴールに迫ったものの、前述の決定機を除き、相手の堅守を前に停滞感漂う前半45分となった。 後半に入ってもなかなか攻め手を見いだせない韓国は、ナム・テヒ、ファン・ヒチャン、クォン・チャンフンと積極的に交代カードを切って攻撃の活性化を狙う。しかし、前半同様に押し込むものの、クロスの精度や最後の連携がうまくいかない。 72分には左サイド深くに抜け出したホン・チョルからの絶妙なクロスを、ゴール前でフリーのファン・ヒチャンが頭で合わすが、これはGK正面を突く。さらに、試合終盤の83分には再びホン・チョルからのクロスのこぼれ球がボックス中央に流れると、ソン・フンミンが胸トラップから左足ボレーシュートを放つが、相手DFの決死のブロックに阻まれた。 イラクを枠内シュート0に抑えるなど、終始試合を支配したものの、最後までゴールが遠かった韓国は今回の最終予選をドローでスタートすることになった。 その他の試合ではイラン代表vsシリア代表は、ジャハンバクシュのゴールを最後まで守り切ったイランが1-0で勝利。UAE代表vsレバノン代表はゴールレスドローに終わっている。 韓国代表 0-0 イラク代表 イラン代表 1-0 シリア代表 【イラン】 ジャハンバクシュ(56分) UAE代表 0-0 レバノン代表 2021.09.03 03:50 Fri
twitterfacebook
thumb

イラク代表のレジェンド、アーメド・ラディ氏が新型コロナで逝去…“ドーハの悲劇”でゴール

イラク代表のレジェンドであるアーメド・ラディ氏(享年56)が21日に逝去したことがわかった。イギリス『BBC』など複数メディアが伝えている。 ラディ氏は先週、首都バクダッドの病院で新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応が確認されていたという。その後、容態が悪化し、21日に新型コロナウイルスによる合併症で逝去した。 1982年から1990年代後半に母国のアル・ザウラーやアル・ラシードに在籍したストライカーのラディ氏は、イラク代表として歴代3位となる121試合に出場し、歴代2位の62ゴールを記録。1986年のメキシコ・ワールドカップ(W杯)では同国代表唯一のゴールを挙げた。また、個人としては1988年にAFC年間最優秀選手賞も獲得している。 さらに、1993年のアメリカW杯アジア予選では日本で“ドーハの悲劇”として語り継がれる一戦において、1ゴールを挙げていた。 現役引退後は指導者や政治家としての活動をしていた。 なお、イラクのスポーツ省大臣のアドナン・ダルハル氏は、「大きな悲しみの中、私たちは生涯の仲間であり、スーパースター、比類のないアスリート、イラクの息子であるアーメド・ラディの死を悼みます」と、母国の英雄に追悼のコメントを寄せている。 2020.06.21 21:23 Sun
twitterfacebook
thumb

アラウィの直接FK弾で逃げ切ったカタールが8強に駒を進める!《AFCアジアカップ2019》

AFCアジアカップUAE 2019決勝トーナメント・ラウンド16のカタール代表vsイラク代表が22日に行われ、1-0でカタールが勝利した。 グループEを3連勝で首位通過したカタールと、グループDを2位で通過したイラクの一戦。立ち上がりからボールを保持したカタールは4分に決定機。左サイドで獲得したFKからクロスを供給すると、ファーサイドのブアーラームがダイレクトで折り返したボールをアブデルカリム・ハッサンが右足で合わせたが、これはクロスバーを直撃した。 対するイラクは、23分にチャンス。自陣でコントロールミスを冒したアクラム・アフィフからボールを奪ったアリ・カディムがドリブルでボックス右から侵入。しかし、コントロールが大きくなったボールは飛び出したGKアル・シーブのセーブに防がれた。 膠着状態が続く中、カタールは前半アデショナルタイム4分にアフィフの左CKからゴール前のバサム・アラウィがヘディングシュートを合わせたが、これはゴール右に外れた。 ゴールレスで迎えた後半も立ち上がりから一進一退の攻防が続いたが、カタールは62分にセットプレーから試合を動かす。バイタルエリア左から仕掛けたアフィフが倒されFKを獲得すると、バサム・アラウィの直接FKがゴール左に突き刺さった。 先制に成功したカタールは68分にも、アフィフのスルーパスでゴールエリア左付近まで抜け出したハッサンが決定機を迎えたが、シュートはGKジャラル・ハッサンに阻まれた。 試合終盤にかけてイラクの猛攻を受けたカタールだが、バサム・アラウィの決勝ゴールを守り切り1-0で勝利。この結果、カタールが韓国の待つ準々決勝に駒を進めた。 2019.01.23 02:57 Wed
twitterfacebook
thumb

首位通過を懸けたイランvsイラクの“隣国対決”はゴールレス決着…《AFCアジアカップ2019》

AFCアジアカップUAE2019のグループD最終節のイラン代表vsイラク代表が16日に行われ、0-0の引き分けに終わった。この結果、イランの首位通過およびイラクの2位通過が決定した。 共にグループステージを連勝した同士のイラン(勝ち点6)とイラク(勝ち点6)グループ首位通過を懸けた一戦。引き分け以上で首位通過の決まるイランは、前節のベトナム代表戦から先発を4人変更。一方で首位通過には勝利が必要なイラクは、前節のイエメン戦から先発を2人変更して試合に臨んだ。 隣国同士の一戦ということもあり、立ち上がりから激しい攻防が繰り広げられる。そんな中、先にチャンスを迎えたのはイラン。12分、FKのセカンドボールを繋ぐと左サイドでパスを受けたアミリのクロスからゴール前に走り込んだアズムーンが頭で叩きつけたが、これはゴール右に外れた。 その後はしばらく膠着状態が続く。互いに中盤での集中した守りを見せる試合は、取っては奪われ奪われては取り返しての拮抗した展開に。そんな中、ゴールに迫ったのはイラク。35分、フセインのパスをボックス左手前で受けたアハメド・ヤシーンが素早く左足を振り抜くも、このシュートはゴール右に逸れた。 イランは42分、アミリのロングスローが流れると、ファーサイドで拾ったアズムーンが反転からシュート。さらに相手DFに当たったこぼれ球をA・ジャハンバクシュがダイレクトシュートで狙ったが、これは枠の上に外れた。 ゴールレスで迎えた後半も後半も膠着状態が続く。するとイランは、77分にカウンターからタレクの右クロスを途中出場のアラー・アッバスがバックヘッドで合わせたが、このシュートはGKベイランヴァンドのファインセーブに阻まれた。 試合終盤もややイラクが攻め気を見せたものの、試合はゴールレスのままタイムアップ。 また、同日開催に行われたグループD最終節もう一試合のベトナムvsイエメンは、2-0でベトナムが勝利した。この結果、グループ3位に入ったベトナムは決勝トーナメント進出の可能性を残している。 2019.01.17 03:05 Thu
twitterfacebook
thumb

共に完勝のイラン&イラクがGS連勝で決勝T進出を決める!《AFCアジアカップ2019》

AFCアジアカップUAE2019のグループD第2節のベトナム代表vsイラン代表が12日に行われ、0-2でイランが勝利した。 初戦のイエメン代表戦を5-0と大勝したグループ首位のイランと、イラク代表との打ち合いの末に2-3で惜敗したベトナムの一戦。試合は地力で勝るイランが立ち上がりから攻勢に試合を進めると38分、味方のスルーパスでボックス右深くまで侵入したゴッドスのクロスをアズムーンが頭で流し込み、先制に成功。 後半に入っても主導権を握るイランは、69分にもメフディ・トラビのパスをペナルティアーク手前で受けたアズムーンが巧みなトラップから相手DF2人をかわしシュート。これが右隅に突き刺さった。 結局、試合はそのまま終了。アズムーンの2ゴールでグループステージ連勝のイランが決勝トーナメント進出を決めた。 また、同日開催となったグループD第2節もう一試合のイエメンvsイラクは0-3でイラクが勝利した。試合は早い時間にスコアが動く。11分、相手のバックパスを奪ったアリ・カディムがペナルティアーク右まで切り込み右足一閃。このシュートがゴール右に突き刺さった。 先制点で勢いづくイラクは、19分にも右クロスの流れたボールを逆サイドのアリ・アドナンが繋ぐと、ボックス手前で受けたバシャル・レサンがミドルシュート。相手DFにディフレクトしたボールはそのままゴール右に吸い込まれた。 2点をリードするイラクは、後半に入っても試合の主導権を掌握。なかなか追加点が奪えなかったイラクだが、試合終了間際の92分に再びスコアを動かす。右サイド深くまで切り込んだレサンのクロスをゴール左のアハメド・ヤシーンが頭で落とすと、最後は途中出場のアラー・アッバスが流し込み、試合を決定づける3点目。イランと共に2連勝でラウンド16入りを確定させた。 なお、決勝トーナメント進出を決めたイランとイラクは、17日に行われる第3節で首位通過を懸けて対戦する。 2019.01.13 00:50 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly