元オランダ代表FWファン・ペルシが古巣へ帰還! フェイエノールトでFW指導をスタート

2020.08.07 22:25 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元オランダ代表FWロビン・ファン・ペルシ(37)氏が、古巣であるフェイエノールトに復帰した。ファン・ペルシはファーストチームのスタッフとなり、ストライカーの指導に当たることになるという。

ファン・ペルシは、ユース時代にフェイエノールトに加入。2001年7月にファーストチームへ昇格すると、小野伸二らとともに2001-02シーズンのUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)で優勝を経験した。

2004年7月にはアーセナルへ完全移籍するとエースとして活躍。2012年8月にマンチェスター・ユナイテッドへと完全移籍し、ゴールを量産。その後フェネルバフチェを経て、2018年1月にフェイエノールトへと帰還し、2019年5月に現役を引退していた。

クラブキャリアを通じてはプレミアリーグで144ゴールを記録するなど、公式戦594試合274ゴール100アシストを記録。また、オランダ代表としても102試合で50ゴールを記録するなど、指折りの点取り屋として活躍していた。

引退後も、正式なコーチには就任しないものの、フェイエノールトでストライカーを指導。そして、新シーズンに向けて正式にクラブに復帰した。

ファン・ペルシはクラブを通じて、「これは公式の立場ではない。だから、名前をつけるのは難しいと思う」とコメント。「例えば、私は自分をストライカーのコーチとは皆していない。でも、これは双方にとってメリットのある状況だと思う」と語り、「自分にとって好ましいかどうかを確認し、スタッフを少し手助けすることになる」と協力することを語りながらも、正式なコーチ就任ではないと強調した。

前述の通り、これまでもオファーを受けていたとし、「実は昨シーズンも参加するつもりだったけど、それは限られたものだった」と新型コロナウイルスの感染拡大によりシーズンが突如打ち切りになったことに言及。しかし、ディック・アドフォカート監督からの要請に対して「ディックから電話があり、来たいかどうかを尋ねられた。私はディックにノーと言うことはできない」と、恩師の誘いを断れなかったと明かした。

引退後はイギリスでコメンテーターなどを務めていたファン・ペルシ。自身はコーチではなく選手のようだと心境を語った。

「私はトレーナーというよりも、プレーヤーだと感じている。選手として、すでに対話に参加しているし、この役割でも美しいこととともに、楽しいエクササイズを実現したいと思う」

「私には1つだけの哲学はない。より多くの道がローマに通ずると思っている」
コメント
関連ニュース
thumb

リーズがフェイエノールト育ちのU-19オランダ代表FWサマーフィルを完全移籍で獲得

リーズ・ユナイテッドは16日、フェイエノールトのU-19オランダ代表FWクリセンシオ・サマーフィル(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。 移籍金は非公開となっており、3年契約を締結したとのこと。当面はU-23チームに所属することになるようだ。 サマーフィルは、フェイエノールトの下部組織出身。2019-20シーズンはADOデン・ハーグへとレンタル移籍し、エールディビジで21試合に出場し2ゴール3アシストを記録していた。 世代別のオランダ代表を経験しているサマーフィルは、U-17オランダ代表として2018年のU-17ユーロで優勝を経験している。 2020.09.17 10:05 Thu
twitterfacebook
thumb

セルタ、ペルー代表MFタピアを完全移籍で獲得

セルタは21日、フェイエノールトを退団していたペルー代表MFレナト・タピア(24)をフリーで獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月までとなっている。 ペルー代表として50試合の出場歴を持つタピアは、これまでトゥベンテやフェイエノールト、ヴィレムIIと、オランダでキャリアを築いてきたセントラルMF兼センターバック。 2019-20シーズンはフェイエノールトでエールディビジ15試合に出場、ヨーロッパリーグで4試合に出場していた。 2020.07.22 01:00 Wed
twitterfacebook
thumb

フェイエノールトが今季復帰した元オランダ代表MFフェルと2年間の契約延長

フェイエノールトは6月30日、元オランダ代表MFリロイ・フェル(30)との契約延長を発表した。新たな契約期間は2022年6月30日までとなる。 フェルはフェイエノールトの下部組織で育ち、17歳でファーストチームデビュー。2008年1月にファーストチームに昇格。2011年8月にトゥベンテへと完全移籍すると、ノリッジ、QPR、スウォンジーと渡り歩き、2019年7月に復帰していた。 <div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " id="cws_ad"><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJoakwxYktjdSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div> 今シーズンはエールディビジで23試合に出場し2ゴール2アシストを記録。ヨーロッパリーグでも5試合に出場していた。現行契約は2020年6月30日までとなっていたが、2年間の延長となった。 テクニカルディレクター(TD)を務めるフランク・アルネセン氏は、「昨シーズンリロイがフェイエノールトに戻った後、間違いなく価値を証明した。ディック・アドフォカート監督にとって、中盤で重要なリンクマンとなった。全ての期待に応えるだけでなく、ピッチ内外での経験を生かし、この選択に大きな価値を与えている」とフェルとの契約延長にコメントした。 2020.07.01 11:40 Wed
twitterfacebook
thumb

元オランダ代表FWカイト氏、家庭の事情によりフェイエノールトU-19監督を辞任へ

元オランダ代表FWのディルク・カイト氏がフェイエノールトU-19の監督を辞任したという。イギリス『ミラー』が報じている。 現役時代はフェイエノールトやリバプールで活躍したカイト氏。常に献身的なプレーで、どのクラブでも監督やチームメイト、サポーターに愛されてきた存在だ。 2016-17シーズンのフェイエノールトでのリーグ優勝を最後に現役を引退。その後はオランダのアマチュアクラブであるクイック・ボーイズでアシスタント・マネージャーを務めたが、ストライカー不足に陥っていた同チームで3試合のみ出場した経験もある。 そして2018年4月、フェイエノールトU-19の監督に就任。最近はトップチームの監督就任の噂もささやかれたが、この度現職を辞任する意向を示したという。『ミラー』によると、理由は2003年に結婚した妻カートゥルードさんとの離婚。 2人の間には3人の息子と1人の娘がおり、カイト氏は自身の指導者としてのキャリアよりも子供たちのことを優先させるべく、一度身を引く決断をしたようだ。 「今は子供たちの方を優先すべきだと思う。私がフェイエノールトで監督になることよりも、彼らのことの方が大事なんだ」 「彼らには妻とは別の道に進むことを伝えなければならなかった。私は子供たちの近くに居続けたいと思っている」 「僕たちはいつも仲が良かった。リバプールにいたときは、いつも家族と素晴らしい時間を過ごしていたよ」 「現役を引退して数年しか経っていないのに夫婦関係が終わったこと、それが今とても辛いことだ」 なお、フェイエノールトはU-21チームのコーチとして、カイト氏にオファーしたものの、今のところは完全に身を引く決断をしており辞退されたという。また、息子の1人、アイダン君は同クラブのアカデミーに所属しているとのことだ。 2020.06.07 22:10 Sun
twitterfacebook
thumb

元リバプールのカイト、フェイエノールト監督就任か…副官にはヘンリク・ラーション氏の名も

現役時代にリバプールやオランダ代表で活躍したディルク・カイト氏が、フェイエノールトの指揮官就任を打診されているようだ。オランダ『テレグラフ』が報じている。 2016-17シーズンを最後に現役生活に幕を下ろしたカイト氏。最後のクラブとなったフェイエノールトは、現役時代に2度も移籍したクラブで、16-17シーズンはリーグ優勝を果たし、引退に花を添えた。 その後、2018年4月に同クラブのU-19チームの監督に就任。UEFA(欧州サッカー連盟)の監督ライセンスを取得しながら指導者としてのキャリアをスタートさせた。 そのカイト氏が今度はトップチームでの指揮を任されることになるかもしれない。現在は昨年10月に就任したディック・アドフォカート監督が務めているが、アシスタントのサイード・バッカティ氏が先日にヤープ・スタム監督が就任したFCシンシナティに移籍したことで、クラブはチームの再編成を企てているようだ。 『テレグラフ』によれば、カイト氏を監督として、その副官に元スウェーデン代表で現役時代はセルティックやバルセロナで活躍したヘンリク・ラーション氏を据えることを目指しているという。 ラーション氏は昨年6月に母国のヘルシンボリの監督に2年半ぶりに再任。しかし、国内カップ戦で3部クラブに敗れSNSで非難されると、就任から2カ月余りで辞任していた。同年9月にはイングランドのサウスエンド・ユナイテッドとの交渉も行っていたようだ。 なお、今季のフェイエノールトは、新型コロナウイルスによって打ち切りとなったエールディビジにおいて、来季のヨーロッパリーグ出場権が得られる3位で終えていた。 2020.05.26 18:30 Tue
twitterfacebook