ヴェローナがユベントスからフラボッタをレンタル! 共に買取、買戻しOPを持つ

2021.07.31 15:51 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エラス・ヴェローナは30日、ユベントスからイタリア人DFジャンルカ・フラボッタ(22)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。

なお、今回の契約ではヴェローナが買い取りオプションを有している一方、そのオプションを行使した場合、ユベントス側に買い戻しオプションが与えられる条項が盛り込まれている。

ボローニャの下部組織育ちのフラボッタは、レナーテ、ポルデノーネへの武者修行を経て2019年にU-23ユベントスに完全移籍で加入。そして、2020年8月のセリエAのローマ戦ではトップチームデビューを飾った。

昨シーズンはアンドレア・ピルロ前監督の信頼を獲得し、シーズン序盤戦は左サイドバック、サイドハーフを主戦場に準主力として起用され、公式戦16試合に出場。今年1月末に行われたコッパ・イタリア準々決勝のSPAL戦では待望のトップチーム初ゴールを挙げていた。

U-21イタリア代表にも招集歴のある187cmの大型サイドバックは、エウゼビオ・ディ・フランチェスコ新監督の下で横一線のポジション争いに挑む。

関連ニュース
thumb

ヴェローナ、トゥドール氏を新指揮官に招へい! 昨季はユーベでピルロの副官務める

エラス・ヴェローナは14日、クロアチア人指揮官のイゴール・トゥドール氏(43)の新監督就任を発表した。契約期間は今シーズン終了までとなるが、セリエA残留などの条件を満たした場合、契約が更新されるオプションが含まれているようだ。 ヴェローナは今夏、トリノの新監督に就任したイバン・ユリッチ前監督の後任として、かつてサッスオーロやローマなどを率いたエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督(51)を2年契約で招へい。 初陣となったコッパ・イタリア1回戦ではカタンザーロに3-0の快勝を収めたものの、セリエAではサッスオーロ、インテル、ボローニャを相手に開幕3連敗を喫していた。 この成績不振を受け、クラブは開幕直後のこのタイミングで解任を決断した。 これまでハイドゥク・スプリト、ガラタサライ、ウディネーゼなどの指揮官を歴任してきたトゥドール氏は、昨シーズンまでユベントスでアンドレア・ピルロ監督の副官を務めていた。ユベントスとの契約は今シーズンも残っていたが、ヴェローナの指揮官就任に向けて契約を解除した。 2021.09.15 07:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ヴェローナがディ・フランチェスコ監督を解任! 今季就任もリーグ開幕3連敗…

エラス・ヴェローナは14日、エウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督(51)の解任を発表した。 ヴェローナは今夏、トリノの新監督に就任したイバン・ユリッチ前監督の後任として、かつてサッスオーロやローマなどを率いたディ・フランチェスコ監督を2年契約で招へい。 初陣となったコッパ・イタリア1回戦ではカタンザーロに3-0の快勝を収めたものの、セリエAではサッスオーロ、インテル、ボローニャを相手に開幕3連敗を喫していた。 ボローニャ以外の対戦相手を考えれば、連敗止む無しかに思われたが、同監督は今年2月に解任された前所属先のカリアリ時代から数えてセリエA19戦未勝利という状況もあり、このタイミングでの解任となった。 なお、イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が伝えるところによれば、ディ・フランチェスコ監督の後任は、これまでハイドゥク・スプリト、ガラタサライ、ウディネーゼなどの指揮官を歴任してきたクロアチア人指揮官のイゴール・トゥドール氏(43)となる見込みだ。 同氏は昨シーズンまでアンドレア・ピルロ監督の副官を務めており、ユベントスの契約が残っていたが、ヴェローナの指揮官就任に向けて契約を解除した模様だ。 2021.09.14 22:26 Tue
twitterfacebook
thumb

リベリにセリエA昇格組サレルニターナ加入の可能性! 近日中に去就決定へ

元フランス代表FWフランク・リベリ(38)にサレルニターナ加入の可能性が浮上しているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのニコロ・スキラ氏が報じている。 これまでガラタサライ、マルセイユ、バイエルンで輝かしいキャリアを築いてきたリベリは、2019年夏にフリーでフィオレンティーナへ移籍。度重なる負傷に悩まされながらも2シーズンに渡って主力として活躍した。 しかし、ヴィンチェンツォ・イタリアーノ新監督の構想から外れたベテランFWは、フィレンツェ残留を希望しながらも昨シーズン限りで退団を余儀なくされた。 今夏の移籍市場ではイタリア残留を最優先にしつつ、世界中のクラブから届いたオファーを吟味してきたが、現時点でもフリーの状態が続いている。 そういった中、現在はセリエA昇格組のサレルニターナ行きの可能性が強まっているようだ。 リベリには先日エラス・ヴェローナから公式なオファーが届き、トルコのファティ・カラギュムリュクからも2年契約という好条件のオファーが届いている。 これに対して、サレルニターナは年俸150万ユーロ(約1億9500万円)+ボーナスの1年契約を掲示し、現時点では最も好感触を得ているようだ。 リベリは前述の3つのオファーを含め、去就を熟慮している段階だが、今後数日以内にも新天地を決断する構えだ。 2021.09.03 23:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ラツィオ、ヴェローナの主力MFザッカーニを獲得!

ラツィオがエラス・ヴェローナからイタリア代表MFマッティア・ザッカーニ(26)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得した。保有元のヴェローナが8月31日に発表した。 なお、今回の契約では出場試合数など、一定の条件を満たした場合、買い取り義務が生じる。 イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』などが伝えるところによれば、買い取りの金額は700万ユーロ(約9億1000万円)となり、200万~300万ユーロ(約2億6000万~3億9000万円)のボーナスも付くようだ。 ベッラーリアでキャリアをスタートしたザッカーニは2013年にヴェローナへレンタルで加入。その後、完全移籍に切り替わると、2016–17シーズンから主力に定着した。 トップ下を主戦場にセントラルMFや左ウイングでもプレー可能な攻撃的MFは、ボールのオン・オフに関わらず、チームの攻撃にリズムと創造性をもたらせる玄人好みのプレーヤーだ。昨シーズンのセリエAでは36試合に出場し、5ゴール7アシストの数字を残したほか、前指揮官のイヴァン・ユリッチ仕込みのプレー強度にも定評がある。 2021.09.01 04:35 Wed
twitterfacebook
thumb

新戦力のコレアが2発、逆転勝利のインテルが2連勝スタート《セリエA》

インテルは27日、セリエA第2節でヴェローナとのアウェイ戦に臨み、3-1で逆転勝利した。 開幕戦のジェノア戦を新戦力のチャルハノールとジェコにゴールが生まれた中、4-0と圧勝した王者インテルは、出場停止明けのラウタロ・マルティネスが先発。ジェコと2トップを組んだ。 開幕節のサッスオーロ戦を2-3と敗れたヴェローナに対し、インテルがボールを保持する展開で立ち上がっていくと、12分に好機。ルーズボールに反応したボックス左のラウタロがGK強襲のシュートを浴びせた。 しかし15分、GKハンダノビッチのパスがブロゾビッチに繋がらずショートカウンターを受けると、そのままイリッチにシュートを決められてしまった。 1点ビハインドのまま迎えた後半、開始2分にインテルが追いつく。ペリシッチのロングスローからラウタロがヘディングシュートを押し込んだ。 さらに55分にもペリシッチのロングスローからラウタロが決定的なボレーシュートを浴びせたインテルが攻勢を続けていく。 そんな中73分、ラウタロに代えて新戦力のホアキン・コレアを投入したインテルは、そのコレアが逆転弾。84分、右サイドからのダルミアンのクロスにコレアがヘディングシュートでゴールにねじ込んだ。 さらに追加タイム4分、ペナルティアーク左からコレアが左足ミドルをゴール右に突き刺してインテルが3-1で勝利。逆転で2連勝スタートとしている。 2021.08.28 05:46 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly