スパーズがデレ・アリの古巣MKドンズに快勝! 2戦連続全く同じ名前がスコアシートに並ぶ

2021.07.29 17:37 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムは28日、フットボールリーグ1(イングランド3部)のMKドンズとプレシーズンマッチを戦い、3-1で快勝した。

先日、フットボールリーグ2(イングランド4部)に属するコルチェスター・ユナイテッド戦で新体制初勝利を収めたトッテナムは、MFデレ・アリの古巣であるMKドンズ相手に連勝を狙った。

MFデレ・アリやFWルーカス・モウラ、FWソン・フンミン、FWステーフェン・ベルフワインに加え、プレシーズン初出場のDFセルヒオ・レギロン、DFマット・ドハーティがスタメンを飾ったトッテナム。

開始5分にはいきなり最終ラインの背後を取られてGKアルフィー・ホワイトマンのファウルでPKを献上。しかし、ここはMFマット・オリリーのPKをホワイトマンが見事なセーブで阻止した。

若手GKの好守で流れを掴んだトッテナムは、個で優位性をもたらす3トップを起点に再三の決定機を作り出すが、決定力を課題とするベルフワインは最後のところだけうまくいかない。

それでも、35分にはルーカスからの絶妙なスルーパスにオフサイドラインぎりぎりで抜け出したソン・フンミンが冷静にGKとの一対一を制し、先制に成功した。

1点リードで折り返した後半も試合の主導権を握るトッテナムは、57分に見事な仕掛けで中央を突破したルーカスからのスルーパスに抜け出したソン・フンミンがGKとDFを引き付けて中央でフリーのデレ・アリにプレゼントパス。これをデレ・アリが古巣のゴールへ難なく流し込んだ。

その後、メンバーを入れ替えながらもMFオリヴァー・スキップ、ルーカス、ベルフワインらが輝きを放つトッテナムは、81分に相手のビルドアップのミスを突いたルーカスが一人ショートカウンターの形からトドメの3点目を奪取した。

その直後にはセットプレーの流れから1失点を喫したものの、2戦連続全く同じ名前がスコアシートに並んだトッテナムが3-1の快勝を収めた。

同試合後、クラブ公式チャンネルのインタビューに応じたヌーノ・エスピリト・サント監督もチーム全体のパフォーマンスに満足感を示している。

「良い内容だったね。とりわけ、少年たち(アカデミーのプレーヤー)はハードワークを見せてくれた。今日も、彼らはよくやってくれたよ。ボールの動かし方、ラインの速さ、ポゼッションなど、良い動きをしていた」

「ただ、我々はより多くのゴールを奪う必要があった。より多くのゴールを決めることができれば、より良い気分になり、より自信を持つことができるからだ。とにかく、チャンスがあれば、それをモノにしなければならない」

格下相手にきっちり連勝を飾ったトッテナムは来月初めにチェルシー、アーセナルとのプレシーズントーナメントを戦った後、8月16日に昨シーズンの王者であるマンチェスター・シティとのプレミアリーグ開幕戦に臨む。

MKドンズ 1-3 トッテナム
【MKドンズ】
フリーマン(84分)
【トッテナム】
ソン・フンミン(35分)
デレ・アリ(57分)
ルーカス・モウラ(81分)



1 2

関連ニュース
thumb

試合中止の豪雪の中、白いワイシャツ1枚で登場し笑顔を振りまく超人監督がイングランドで大注目

ヨーロッパの広範囲を襲った豪雪は週末の試合にも大きく影響を与えたが、この男には通用しないようだ。 28日、スターティングメンバーまで発表されていた中、プレミアリーグ第13節のバーンリーvsトッテナムは急遽中止となった。 イングランドのみならず、多くの地域で降り注いだ雪。しかし、ターフ・ムーアではピッチに大雪が積もっていた。 懸命にスタッフが雪かきをしていたが、それを無意味なものとするほど激しく振り続ける雪。マッチオフィシャルや審判団がピッチに出て試合の開催可否を確認する中、1人の男がトンネルを抜けて出てきた。 その人物は、バーンリーのショーン・ダイチ監督だ。 他のスタッフらはコートを着込み、手袋をするなど防寒対策をしている中、ダイチ監督の出立ちは、まさかのワイシャツ一枚だったのだ。 コートを着るわけでもなく、ジャケットを羽織るでもなく、ましてや帽子なども被らずに、スラックスにワイシャツ、ネクタイといういつもの出立ち。いや、普段もジャケットや上着を着ることが多く、この時期にはピッチサイドでもワイシャツ1枚はあまり見ない。あまりにも場違いなのだが、寒さを感じさせるどころか、笑顔を振りまいているというからさらに驚きだ。 冬場でもイングランドの選手は半袖でプレーしていることも多く見られるが、流石の雪でワイシャツ1枚とは驚くべき状況。間違っても試してはいけない行為だろう。 <span class="paragraph-title">【動画】降り頻る雪の中、白いワイシャツの男登場</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Sean Dyche admiring the snowy Turf Moor pitch in just a white shirt <a href="https://t.co/iSkhzJ3jGo">pic.twitter.com/iSkhzJ3jGo</a></p>&mdash; Football Daily (@footballdaily) <a href="https://twitter.com/footballdaily/status/1464941560559194115?ref_src=twsrc%5Etfw">November 28, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.29 19:58 Mon
twitterfacebook
thumb

バーンリーvsトッテナムが大雪の影響で急遽開催延期に

プレミアリーグは28日、現地時間同日14時開催予定だったプレミアリーグ第13節のバーンリーvsトッテナムの開催延期を決定した。イギリス『BBC』が伝えている。 現在、イギリスのランカシャー州は寒気による大雪に見舞われており、バーンリーの本拠地ターフ・ムーアも試合前から積雪していた。 バーンリーは試合開催に向け、スタッフを総動員して懸命に除雪作業を行っていたが、今後の天候などを考慮して安全な試合運営が困難と判断。対戦相手のトッテナム、プレミアリーグとの協議の結果、現地時間13時10分の時点で開催延期を決断した。 ピーター・バンクス主審は今回の決定に関して、「彼ら(バーンリーの運営スタッフ)は全力で働いたが、10分もしないうちにピッチは再び雪に覆われてしまった」と、積雪の勢いを考慮したことを明かした。 また、バーンリーのショーン・ダイチ監督は、「これほど早く、重く降ってきたのだからしょうがない。今でも十分に強い」と開催延期致し方なしとの見解を示した。 さらに、トッテナムのアントニオ・コンテ監督は、「プレーする準備ができていたので少しがっかりしたが、同時にプレミアリーグはプレーヤーとファンのために状況を救うために正しい状況を作ったと思う。このような状況ではフットボールにはならない。この状況では不可能であり、プレーヤーにとって深刻なリスクがある」と、スタジアム到着後の開催中止決定にも理解を示している。 なお、現時点で代替日程は決まっておらず、今後改めてアナウンスされる予定だ。 <span class="paragraph-title">【動画】スタメンまで発表も衝撃的な豪雪で試合が急遽中止に</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Premier League game between Burnley and Tottenham postponed due to heavy snow at Turf Moor <a href="https://t.co/lEF6pEoo0d">pic.twitter.com/lEF6pEoo0d</a></p>&mdash; Sky Sports Premier League (@SkySportsPL) <a href="https://twitter.com/SkySportsPL/status/1464946254140649473?ref_src=twsrc%5Etfw">November 28, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.28 23:07 Sun
twitterfacebook
thumb

ECL敗戦のトッテナムをOBが猛批判 「十分な能力も体力も、シャツを着るだけの決意と意欲もない」

かつてトッテナムでプレーしたジェイミー・オハラ氏が古巣を酷評した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 トッテナムは25日に行われたヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)でグループ全敗中だったスロベニアのムラに敗戦。アントニオ・コンテ監督が就任してから初黒星を喫したチームはこの結果、最終節に決勝トーナメント進出をかける状況となってしまった。 この試合後、『スカイ・スポーツ』に出演していたオハラ氏は古巣の選手たちに対して激怒。チームに相応しくない選手が多すぎると酷評している。 「恥ずかしいパフォーマンスだった。すべてのレベルで衝撃的だったね。スパーズは試合から何かを得ようとするため、ソン・フンミン、ルーカス・モウラ、ピエール=エミール・ホイビュルクなどの選手を投入しなければならなかった。だが、彼らを投入すること自体が恥ずべきことだろう」 「マット・ドハーティ、タンギ・エンドンベレ、デレ・アリ、ダビンソン・サンチェスのプレーは本当にショックだった。彼らは今夜のパフォーマンスを恥じるべきだ。私の意見では、彼らの何人かは二度とスパーズのシャツを着るべきではないね。これはECLの試合であり、突破するためには勝つ必要があり、コンテという新しい監督に印象を与えなければならなかったのに、このパフォーマンスだったのだから」 「ピッチにいた選手で、称賛に値する選手は一人もいない。選手たちは、まるでこの試合を否定するかのように、この試合でプレーするのはもったいかのように、公園を散歩しているようだった。これは絶対に不名誉なことだ」 「コンテが彼らに大きな変化をもたらせないのであれば、選手たちをクラブから追い出して欲しいね。哀れなものさ。十分な能力も体力もなく、スパーズのシャツを着るだけの決意と意欲もない」 「エンドンベレには6000万ポンド、ダビンソン・サンチェスには4000万ポンド、セセニョンには3000万ポンド、ドハーティには1500万ポンドも払った。計1億ポンドの価値がある選手たちがムラに対してあのようなパフォーマンスをしているのだから、恥ずかしいことだ。コンテは何かを、できるだけ早くしなければならない」 「選手たちはこれまで何人の監督を見送ってきた? ポチェッティーノ、モウリーニョ、ヌーノ・エスピリト・サント…コンテはそれに耐えられるだろうか。彼らをクラブから追い出すなり、ローンに出すなり、必要なことは何でもやって欲しい。彼らでは到底足りていない」 「ハーフタイムにコンテが何を言っても効果はなかった。毎回のトレーニング、正しい食事、正しい行動が大切だが、あの選手たちはそれをちゃんとやっていない。正しいことをしていれば、あんなパフォーマンスは出ないはずだ。ショックだよ」 2021.11.26 16:04 Fri
twitterfacebook
thumb

スロベニアクラブに不覚…ケインも肩落とす 「痛い」

トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインが肩を落とした。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)のグループG4試合を消化して2勝1分け1敗で2位につけるトッテナム。25日の第5節では4戦全敗で最下位に沈むムラのホームに乗り込んだが、11分に先制点を献上した挙句、31分にMFライアン・セセニョンが退場と悪い流れが続き、1-2の敗北を喫した。 スロベニアのクラブに今大会初勝利を献上したトッテナムだが、2位の座をキープ。ただ、今節の他会場で首位スタッド・レンヌと引き分けたフィテッセに勝ち点で並ばれ、最終節の結果次第で敗退の可能性が浮上している。主将のケインも試合後、イギリス『BT Sport』で落胆の思いを吐露した。 「本当に受け入れ難い。1点ビハインドでのスタートも、10人での戦いも僕らにとって難しいことだった」 「後半の僕らは闘志やスピリットを示して試合に入り、ゴールを決めそうな感じがあったが、未熟なミスで失点してしまった。受け入れ難いが、この厳しい夜から学ぶ必要がある。仕事をやり遂げられなかったし、アウェイでの夜はうまくいかないと辛いものだ」 「僕らは落ち着いて、自分たちの戦いをしたが、それだけだと足りず、試合のラスト数秒で勝ち越しを許してしまった。痛いよね。試合に出て勝つのは選手の責任。だが、今日はそれができなかった。彼らから学ぶ必要があるが、埃も払わないといけない」 また、ドレッシングルーム内の様子を尋ねられると、「当然だが、怒りや失望の感情に包まれている。僕らはこの試合で勝利が期待されたが、いくつか未熟なミスをおかして、その罰を受けた。遠征したファンや、地元に残っているファンに申し訳ない」と返している。 2021.11.26 11:55 Fri
twitterfacebook
thumb

トッテナム監督就任後初黒星のコンテ「今のチームレベルはそれほど高くない」

トッテナムのアントニオ・コンテ監督がチームの現状について語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 トッテナムは25日に行われたヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL) グループG第5節でスロベニアのムラと対戦した。ここまでグループ全敗中の相手に確実に勝利を収めたいところだったが、11分に先制点を許すと、32分にはMFライアン・セセニョンが2枚目のカードをもらい、退場する苦しい展開に。それでも後半、FWハリー・ケインのゴールで1度は同点としたものの、後半アディショナルタイムに再び失点を喫し、1-2で敗れた。 この結果、トッテナムはグループ2位こそキープしたものの、勝ち点でフィテッセと並ばれ、最終節に決勝トーナメント進出をかける状況となっている。 試合後のインタビューに応じたコンテ監督はトップチームからほど遠いチーム状況と分析。ここから成長していくまでには時間がかかることを強調しつつ、今後に向けて強い意気込みを示した。 「正直に言って、(就任から)3週間半が経ち、私は状況を理解し始めている。この状況は単純ではない。なぜなら現在、トッテナムのレベルがそれほど高くないのは確かだからだ」 「イングランドのトップチームとの間には大きなギャップがある。だが、このことを怖がってはいけない。私はここで仕事し、状況を改善するためにいるのだ。今の状況では忍耐と時間が必要であることは理解しており、解決すべき問題があると知っているからこそ、私はここにいる」 「状況を改善するためにはたくさんの作業が必要だ。将来的にどうなるかはわからないが、私が今、ここにいるのはトッテナムのために働くことができて幸せだからだよ」 「我々には働く意欲があるが、よりそうである必要がある。とはいえ、車を最大レベルで走らせることができたとしても、競争力を高めるには不十分な場合もある。この道が1メートルでも100メートルでも私は恐れず、準備はできているよ。同時に、とても正直に言うことになるが、我々はたくさんの仕事をして、たくさんの面で改善する必要がある」 「サッカーではビジョンを持つことが重要だ。今、自分はどこにいるのか、そして将来的に何をしたいのか、というね。私はこの面で、クラブを助けるためにここにいる」 「私は魔法使いではないから、このことを知っておいてもらうことは重要だ。3週間で仕事をしたいと思っている選手や、素晴らしいコミットメントを持っている選手を見つけることはできた。だが、それだけでは十分ではないこともある」 2021.11.26 10:33 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly