ケガ人多数のボルシアMG、FWプレアもフレンドリーマッチでヒザを負傷

2021.07.27 11:25 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボルシアMGは26日、元フランス代表FWアラサン・プレアの負傷を発表した。クラブの発表によると、プレアは24日に行われたメスとのプレシーズンマッチで負傷したとのことだ。

プレアは試合序盤にシュートを試みた時、右ヒザの関節胞を損傷したとのこと。離脱期間は明かされていない。
プレアは2018年7月にニースから完全移籍で加入。これまで公式戦107試合で37ゴール20アシストを記録。2020-21シーズンはブンデスリーガで29試合6ゴール1アシスト、チャンピオンズリーグで8試合5ゴール4アシストと活躍を見せていた。

なお、ボルシアMGは昨シーズンまでフランクフルトで指揮を執っていたアディ・ヒュッター監督が今シーズンから指揮。しかし、MFクアディオ・コネ、FWブリール・エンボロ、DFラミ・ベンセバイニが負傷離脱中となっており、ここにプレアも加わることとなった。


1 2

関連ニュース
thumb

ボルシアMGvsシャルケの日本代表センターバック対決はゴールレス決着《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第19節、ボルシアMGvsシャルケが4日に行われ、0-0で引き分けた。ボルシアMGのDF板倉滉とシャルケのDF吉田麻也はフル出場、MF上月壮一郎は66分までプレーしている。 前節ホッフェンハイムに4-1と快勝した8位ボルシアMG(勝ち点25)は板倉がセンターバックでスタメンとなった。 一方、ケルンにゴールレスドローとした最下位シャルケ(勝ち点10)は吉田がセンターバックで、上月が右MFで引き続きスタメンとなった。 共に[4-2-3-1]で臨んだ一戦。ボルシアMGが押し込む流れで推移すると27分、板倉が持ち上がってボックス手前からミドルシュート。枠を捉えていたが、GKにセーブされた。 続く44分、CKの流れから板倉の放ったボレーが枠を捉えるも、GKフェールマンのセーブに阻まれた。さらにルーズボールをクラマーがシュートしたが、吉田のブロックに阻止された。 ゴールレスで迎えた後半、開始5分にシャルケはCKからクラウスのヘディングシュートでゴールに迫ると、52分にもテローデがボックス内からシュートを放ってボルシアMGを牽制。 シャルケが良い入りを見せる中、ボルシアMGは72分に好機。ホフマンがボックス右深くまでえぐってクロス。シュティンドルが合わせたが、シュートは枠の上に外れた。 終盤にかけては互いに決め手を欠いてゴールレス決着。日本代表センターバック対決は引き分けに終わった。 2023.02.05 04:34 Sun
twitterfacebook
thumb

「既にリーダー的な存在」板倉滉をボルシアMG監督が絶賛、後半戦のさらなる活躍に期待「ここまではとても嬉しい」

ボルシアMGのダニエル・ファルケ監督が、日本代表DF板倉滉を絶賛した。ドイツ『ビルト』が伝えた。 板倉は昨シーズンはシャルケでプレー。自身初のドイツでのプレーとなり、2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)での優勝の原動力となった。 マンチェスター・シティからのレンタル移籍でプレーしており、シャルケは昇格と共に買い取るかと思われたが移籍金の影響で断念。板倉はボルシアMGへと完全移籍。ここまでリーグ戦9試合に出場し2アシストを記録している。 一方で、9月12日のトレーニング中に負傷。左ヒザ内側じん帯の部分断裂と診断され、11月まで負傷離脱。カタール・ワールドカップ(W杯)前になんとか復帰し、その後日本代表としてW杯で活躍。ブンデスリーガ再開ごは3試合連続でフル出場している。 ファルケ監督は初のブンデスリーガ挑戦となった板倉について言及。第5節を最後に離脱してからチームの守備が悪くなったのも板倉不在が影響していたと語った。 「コウはトップクラスのキャラクターを示し、入団して間もないのに既にリーダー的な存在になっている。試合をオープンにしてくれる彼の資質は、我々にとって良いものだ」 「また、第5節でコウが負傷するまで、リーグで最高の守備力を誇っていたことも偶然ではないだろう。その後は失点が多すぎた」 また、板倉の加入が必ずしも成功するという保証はなかったとしながら、加入後も成長を見せていると語った。 「コウが上手くやれるという保証はなかった。彼は2部から来た。彼が契約した時、我々は既に大きなイマジネーションを持っていた。日に日に成長しているのがわかる」 とはいえ、チームには良いDFがいることも強調。板倉も常に自身のパフォーマンスを高めて実力を示し続けなければいけないとした。 「マーヴィン・フリードリヒとトニー・ヤンチュケも今はとても良い状態でトレーニングをしている。彼らにも絶対的な信頼がある。コウもまた、常にスタメンに入る権利があることを証明していかなければいけない」 そのボルシアMGは4日にシャルケと対戦。最下位に苦しむ相手だが、板倉にとっては古巣対決でもある。ファルケ監督は久々に無失点で終えたいとし、より良い守備を見せていってほしいと期待を込めた。 「久々にクリーンシートでプレーしたい。そこにはコウの影響力も大きいだろう。ただ、それは批判ということではない」 「むしろすぐに満足せず、加速し続けようという要求だ。彼はこれまでのところ素晴らしい成績を収めており、このような状況が続いていることをとても嬉しく思っている」 2023.02.04 13:25 Sat
twitterfacebook
thumb

板倉滉の同僚MFがピッチ侵入者を華麗に股抜き、しかし直後に追いかけてきた警備員が…「お前が取るんかい」「この警備員とサインを」

ボルシアMGに所属する元U-19フランス代表MFクアディオ・コネが持ち前のスキルを発揮した。 セントラルミッドフィルダーを本職とするコネ。昨シーズン途中から不動のレギュラーに定着すると、今シーズンもここまでブンデスリーガ17試合に出場して1ゴール1アシストをマーク。日本代表DF板倉滉とともにチームを支えている。 そんなコネのスキルが発揮されたのは、1月28日に行われたブンデスリーガ第18節ホッフェンハイム戦。正確にはホッフェンハイム戦の試合直後だった。 4-1で大勝を収めたボルシアMGだが、興奮した観客がピッチに侵入。勝利を喜んでいたコネたちの方へと向かってきた。 すると、ボールを持っていたコネは咄嗟に股抜き。しかし、すぐ後を追いかけてきた警備員がインターセプトするようにボールをカットしていた。 中々見られないシーンにファンは「お前が取るんかい」、「この警備員とサインを」、「何度も見ちゃう」、「面白い」と反応し、驚いていた。 <span class="paragraph-title">【動画】マヌが侵入者を股抜きした直後に…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/kne_manu?ref_src=twsrc%5Etfw">@kne_manu</a> <a href="https://t.co/TitJYCXguh">pic.twitter.com/TitJYCXguh</a></p>&mdash; Borussia (@borussia) <a href="https://twitter.com/borussia/status/1619990054482636801?ref_src=twsrc%5Etfw">January 30, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.01 21:15 Wed
twitterfacebook
thumb

【ブンデス日本人選手】鎌田アシストの同点弾でフランクフルトがバイエルンとドロー

ブンデスリーガ第18節が週末にドイツ各所で行われた。 今シーズンのブンデスリーガにはフランクフルトのMF鎌田大地、DF長谷部誠、シュツットガルトのMF遠藤航、DF伊藤洋輝らに加え、ボルシアMG、フライブルク、シャルケに加入したMF板倉滉、MF堂安律、DF吉田麻也3選手が新たに参戦。 新シーズンも多くの選手が活躍する中、今回の第18節では板倉、伊藤、遠藤、長谷部、堂安、吉田、上月が先発出場、鎌田、原口、浅野が途中出場した。 長谷部が先発したフランクフルトは、アウェイで首位バイエルンと対戦。試合は34分に右サイドからミュラーの上げたクロスをサネがボレーで蹴り込 み、バイエルンが先制。 1点のビハンドで迎えた後半、攻め手を欠くフランクフルトは64分に鎌田を投入。すると69分、ロングカウンターに転じた流れから鎌田とコロ・ムアニが連係。鎌田のシュートフェイクからのラストパスをボックス左で受けたコロ・ムアニが左足でシュートを決めきった。 結局、試合はそのまま1-1でタイムアップ。途中出場の鎌田のアシストでフランクフルトが、バイエルンとの上位対決をドローに持ち込んだ。 ★板倉滉[ボルシアMG] ▽1/28 ホッフェンハイム 1-4 ボルシアMG ◆フル出場 ★鎌田大地[フランクフルト] ▽1/28 バイエルン 1-1 フランクフルト ◆64分からプレー ★長谷部誠[フランクフルト] ▽1/28 バイエルン 1-1 フランクフルト ◆フル出場 ★堂安律[フライブルク] ▽1/28 フライブルク 3-1 アウグスブルク ◆82分までプレー ★原口元気[ウニオン・ベルリン] ▽1/28 ヘルタ・ベルリン 0-2 ウニオン・ベルリン ◆89分からプレー ★吉田麻也[シャルケ] ▽1/29 シャルケ 0-0 ケルン ◆フル出場 ★上月壮一郎[シャルケ] ▽1/29 シャルケ 0-0 ケルン ◆フル出場 ★伊藤洋輝[シュツットガルト] ▽1/27 ライプツィヒ 2-1 シュツットガルト ◆フル出場 ★遠藤航[シュツットガルト] ▽1/27 ライプツィヒ 2-1 シュツットガルト ◆フル出場 ★浅野拓磨[ボーフム] ▽1/28 マインツ 5-2 ボーフム ◆後半からプレー 2023.01.30 07:20 Mon
twitterfacebook
thumb

板倉フル出場のボルシアMGがホッフェンハイムに4発快勝!《ブンデスリーガ》

板倉滉の所属するボルシアMGは28日、ブンデスリーガ第18節でホッフェンハイムと対戦し4-1で勝利した。板倉はフル出場している。 ミッドウィークに行われたアウグスブルク戦を惜敗した9位ボルシアMGが、7試合勝利のない13位ホッフェンハイムのホームに乗り込んだ一戦。板倉はセンターバックの一角で3試合連続の先発出場となった。 ボルシアMGは12分、GKオムリンの素早いスローからカウンターを仕掛けると、左サイドでボールを受けたシュティンドルのロングパスでDFの裏に抜け出した反応したホフマンがボックス右からシュートをニアサイドに突き刺した。 先制したボルシアMGだが、直後にピンチを迎える。13分、ビショーフのパスでボックス内に侵入したバウムガルトナーが飛び出したGKをかわしシュート。しかし、これはカバーに戻った板倉がライン手前でクリアした。 その後は一進一退の展開が続く中、ボルシアMGが再びネットを揺らす。37分、シュティンドルのふわりと浮かせたロングパスで抜け出したホフマンがボックス内まで侵入。一度はDFブルックスにボールをカットされたが、DFエンソキに当たってこぼれたボールを再び拾ったホフマンがゴール右隅へシュートを流し込んだ。 迎えた後半は立ち上がりから膠着状態が続く中、ボルシアMGは66分にホフマンの右クロスをファーサイドで受けたシュティンドルがチャンスを迎えたが、シュートは相手GKが右足で弾き出した。 追加点のチャンスを逃したボルシアMGは、80分に失点する。ボックス左から侵入したベッカーのクロスをゴールエリア右のバウムガルトナーが頭で折り返すと、最後はゴール前のベブに押し込まれた。 1点を返されたボルシアMGだったが、すぐに反撃。すると83分、ボックス右から侵入したスカリーの折り返しをニアで収めたホフマンが素早いターンからマイナスに落とすと、最後はシュティンドルがゴール右隅へ冷静に流し込んだ。 試合を決定づける3点目を奪ったボルシアMGは、試合終了間際にも途中出場のヴォルフがゴールネットを揺らすなど、4-1で快勝した。 2023.01.29 01:38 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly