レスターがPSVの逸材マドゥエケに関心! スパーズ育ちのU-21イングランド代表FW

2021.07.26 15:56 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レスター・シティがPSVに所属するU-21イングランド代表FWノニ・マドゥエケ(19)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『レスター・マーキュリー』が伝えている。

トッテナムのアカデミー出身で2018年にPSVのユースチームに加入したマドゥエケは、左利きのアタッカー。利き足は異なるものの、クリスタル・パレスのコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハ、ニューカッスルのフランス人FWアラン・サン=マクシマンらを彷彿とさせる、爆発的なスピードとトリッキーな仕掛けを特長とする右ウイングは2019–20シーズンにエールディビジデビューを飾った。

そして、昨シーズンは右ウイングを主戦場に公式戦32試合9ゴール8アシストの数字を残し、飛躍の1年を過ごした。

また、182cmとサイズにも恵まれるマドゥエケは、U-19チームで監督を務めていた元オランダ代表FWのルート・ファン・ニステルローイ氏からストライカーとしての英才教育を受けており、現チームのエースでドルトムント移籍が迫るオランダ代表FWドニエル・マレン同様に将来的にはストライカーへの本格コンバートも期待されている逸材だ。

そのマドゥエケに関してはレスター、クリスタル・パレスといったプレミア勢が関心を示しているという。ただ、移籍金に関しては現時点で2000万ポンド(約30億3000万円)程度が必要ということもあり、両クラブはまだ具体的な動きを見せていないようだ。

関連ニュース
thumb

EL初戦に自信を覗かせるレスター、ロジャーズ監督「良い結果が得られると思う」

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督がナポリ戦への意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 16日にヨーロッパリーグ(EL)を控えるレスター・シティは、グループCの初戦でナポリとホームで対戦する。 戦力としては現在、イングランド人DFジェームズ・ジャスティン(22)が右ヒザ前十字じん帯の断裂、U-21フランス代表DFヴェスレイ・フォファナが腓骨骨折の重傷と最終ラインの2人が長期離脱を余儀なくされている状況だ。 ただ、その他に大きなケガ人はいないことから、ロジャーズ監督は「ケガの面では非常によく見えている」とコメントしている。 さらに、今年からレギュレーションが変更となり、グループステージの首位がラウンド16へストレートイン、2位となった場合はチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ3位とのプレーオフに回ることとなっている。 この点に関しても指揮官は昨年の結果(ELグループGで首位)を踏まえて問題ないと考えているようだ。『touch wood』という幸運を呼び込むおまじないを使って次にように述べた。 「昨年の私の考えは、グループをトップで終えることだった。そして、それを達成した。(ナポリ戦は)どのチームで試合をすることになっても自信がある。選手たちがフィットネスに戻ってきたので、深みを作るために何人かのプレーヤーを連れてきた。うまくいけば、今からクリスマスまでの間に見ることができる」 「試合が近いのでとても重要な時期だ。選手が必要になります。どのメンバーを送り出しても、良い結果が得られると思う。ここ数シーズンは残念だったけれど、木に触れてみて、うまくいけば、我々は必要なフィットネスと少しの幸運を手に入れられる」 2021.09.16 21:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ベルナルド・シウバが決勝弾! シティがレスター撃破で3戦連続完封勝利《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第4節、レスター・シティvsマンチェスター・シティが11日にキング・パワー・スタジアムで行われ、アウェイのシティが0-1で勝利した。 レスターはインターナショナルマッチウィーク前に行われた前節のノリッジ戦を2-1で競り勝ち、2勝1敗とまずまずの滑り出しを見せている。前節からはソユンクを除く最終ライン3枚を変更し、カスターニュと共にヴェステルゴーア、バートランドの元サウサンプトンコンビが起用された。 一方、トッテナムとの開幕戦を落としたシティは、以降ノリッジ、アーセナルにいずれも5-0の圧勝を収めてバウンスバックに成功。昨季の序盤戦で大敗するなど、やや相性が悪い難敵とのアウェイゲームでは、アーセナル戦と全く同じスタメンを採用。ブラジル代表派遣を拒否したことで、FIFAからの出場停止の可能性が報じられたGKエデルソンやガブリエウ・ジェズスもお咎めなしで無事起用された。 開幕前のコミュニティ・シールドで対峙した両者による今季3勝目を懸けた強豪対決。試合はホームのレスターがシティを意識した堅守速攻スタイルを採用したことで、序盤からアウェイチームがボールの主導権を握る。 開始6分にはボックス内でジェズス、ベルナルド・シウバ、ギュンドアンとシティが連続で3本のシュートを放つが、これはレスター守備陣の身体を張った対応に遭う。 一方、レスターもヴァーディら前線のスピードを生かしたカウンターで応戦。8分にはヴァーディが右サイド深くに侵攻し、逆サイドに走り込むバーンズを狙った高精度のクロスを供給するが、バーンズが相手と交錯しながらも放ったシュートはGKエデルソンの好守に遭う。 その後は圧倒的にボールを握るシティがグリーリッシュの仕掛けや、前線で積極的に駆け引きを見せるフェラン・トーレスを起点にチャンスを創出。だが、最後の場面で粘るレスターの守備をこじ開けられず。ただ、レスターもヴェステルゴーアをターゲットにしたセットプレー、カウンターから幾度か見せ場を作るが、こちらもシティの堅守をこじ開けるまでには至らず。 コミュニティ・シールド同様に拮抗した攻防が続く中、試合はゴールレスで後半に突入。立ち上がりの48分にはヴァーディの右クロスからバーンズに決定機も、ヘディングシュートはクロスバーを掠めて枠を越える。さらに、直後には相手最終ラインの背後を取ったヴァーディがボックス内でGKエデルソンをかわして無人のゴールへシュートを流し込むが、これは惜しくもオフサイドの判定となった。 後半に入ってやや守勢を強いられるシティだったが、粘りの守備でピンチを凌ぐと、60分過ぎにゴールをこじ開ける。62分、相手を押し込んでカンセロがボックス外から果敢にミドルシュートを放つ。このこぼれ球をゴール左で回収したベルナルド・シウバが角度のないところから左足のシュートをゴール右隅に突き刺した。 先手を奪ったシティは66分、フェラン・トーレスを下げてスターリングを投入。攻撃のアプローチを変えながら追加点を狙う。対するレスターはマディソン、バーンズを下げて、イヘアナチョとこれがデビュー戦となるルックマンを試合終盤に同時投入した。 すると76分、カウンターから前線でキープしたイヘアナチョのスルーパスに、抜け出したルックマンに決定機。だが、ここはGKエデルソンにうまくシュートコースを消されてデビュー戦ゴールとはならず。 その後は代表戦明けという状況もあり、やや消耗戦が色濃い展開となった中、ホームチームがより優勢に試合を運んだものの、要所を締めるシティの堅守を前にゴールが遠い。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、コミュニティ・シールドのリベンジを果たしたシティが3試合連続のクリーンシートで3連勝を飾った。 2021.09.12 02:10 Sun
twitterfacebook
thumb

ここ3戦苦戦続きのレスターに敬意を表すペップ「私は彼らの大ファン」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督に敬意を表した。クラブ公式サイトが伝えている。 11日に行われるプレミアリーグ第4節でレスターとのアウェイ戦に臨むシティ。0-1で敗れた今季のコミュニティ・シールドのリベンジマッチとなる。また、昨シーズンの第3節ではホームで2-5の大敗を喫しており、ここ3戦は1勝2敗と苦杯をなめている相手だ。 そんなレスターをペグアルディオラ監督は紛れもない優勝候補のひとつと見ており、敵将であるブレンダン・ロジャーズ監督からは多くを学んでいると敬意を示した。 「レスターは、ここ数年はトップを狙えるクラブのひとつであり、トップクラスのチームだ。私は彼らの監督の大ファンで、彼のチームを見て多くのことを学んでいる」 「また、彼らには一流のスポーツディレクターがいて、必要とする選手ともれなく契約まで結びつけている。レスターとのアウェイ戦は常にタフな試合となる。だが、我々はチャレンジする準備ができているよ」 また、グアルディオラ監督は新戦力のMFジャック・グリーリッシュについても言及。先のインターナショナルマッチウィークではイングランド代表に招集され、ポーランド代表戦ではプレースタイルがら多くのファウルを受けることになった。昨季にプレミアリーグでは最も被ファウルの多い選手だったが、指揮官はあまり気にしていないようだ。 「私が気にしているのは、彼がどうやって自分自身を向上させるかということだ。彼のボール捌きが(ファウルを誘う)原因なのかはわからない。彼がプレーする時、彼は自分とチームのためにアクションを起こす。それによって相手が彼をファウルで止めることがある。時にはノーファウルと言われることもあるが、夜中に眠れなくなるほど頭を悩ませるようなことではない」 2021.09.11 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

マン・シティ、レスター戦GKに36歳カーソン抜擢か エデルソン&ステッフェン欠場で

マンチェスター・シティがGK受難に陥り、再開を迎えるようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 今季もシティの正守護神を務めるブラジル代表GKエデルソンは今月の代表ウィークでも代表から声がかかったが、現在のイギリス政府は新型コロナウイルス感染の高い地域をレッドリストに定め、そこからの帰国者に10日間の隔離措置を義務化。プレミアリーグ20クラブは該当国への派遣拒否で合意した。 そういうわけで、シティからエデルソンだけでなく、FWガブリエウ・ジェズスも今回の代表合流を拒否する形に。だが、プレミアリーグから計8選手も参加させられなかったブラジルサッカー連盟(CBF)はその対応を快く思わず、いわば報復措置として、国際サッカー連盟(FIFA)に当該選手を処すルールの適応を求めたという。 そのルールとはFIFAが代表からの招集に応じなかった選手に対して、代表ウィーク終了が終わってから5日間にわたり、出場禁止にできるというもの。これが実行されれば、エデルソンはガブリエウ・ジェズスとともに、11日に敵地で行われるプレミアリーグ第4節のレスター・シティ戦に出場できなくなる。 そうなれば、出番が巡ってきそうなのがシティの第2GKであるアメリカ代表GKザック・ステッフェンだが、残念ながら代表活動中に新型コロナウイルスに感染。再開初戦のレスター戦をはじめ、15日にホームで行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループA第1節のRBライプツィヒも欠場を余儀なくされる見通しだ。 この状況を受けて、第3GKである36歳の元イングランド代表GKスコット・カーソンがレスター戦でゴールマウスを守る模様。カーソンはダービー・カウンティからの2年レンタルを経て、今夏にフリー加入。今年5月14日に行われた昨季プレミアリーグ第36節のニューカッスル戦がシティの一員として唯一の出場試合だ。 2021.09.09 18:35 Thu
twitterfacebook
thumb

レスターMFメンディがガラタサライ移籍か? クラブ間合意も締め切りまでに間に合うか…

レスター・シティのセネガル代表MFナンパリイズ・メンディ(29)がガラタサライにレンタル移籍する見込みだ。フランス『フット・メルカート』など複数メディアが報じている。 メンディは、モナコやニースでプレーした後、2016年7月にレスターに完全移籍。その後ニースへのレンタル移籍を経験していた。昨シーズンは公式戦29試合に出場するなど、中盤の準主力として活躍していた。 しかし、今シーズンはフランス人MFブバカリ・スマレの加入に加え、イングランド人MFキアナン・デューズバリー=ホールの台頭によって出場機会減が見込まれる。 そういった中、今夏中盤の補強に難航するガラタサライがレンタルでの獲得を打診している模様。トルコ屈指の名門はここ最近、ローマのギニア代表MFアマドゥ・ディアワラ、アーセナルのエジプト代表MFモハメド・エルネニー、ベンフィカのポルトガル代表MFジェジソン・フェルナンデスらの獲得に動いていたものの、クラブや選手サイドからの拒否によって交渉がまとまらず。 なお、メンディに関してはクラブ間で合意に至っているものの、トルコの移籍市場閉幕が現地時間8日夜までとなっている中、同選手が現地入りして契約にサインできるか、時間との勝負になるようだ。 2021.09.08 22:36 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly