カルピンがロシア代表監督に就任、現役時代にラ・リーガで活躍

2021.07.24 07:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ロシアサッカー連合(RFU)は23日、ロストフを率いるヴァレリー・カルピン監督(52)をロシア代表監督に任命したことを発表した。契約期間は2021年末までとのことだ。

ロシア代表では8日、スタニスラフ・チェルチェソフ前監督(57)が、ユーロ2020でのグループステージ最下位での敗退を受けて双方合意の下、契約解除に至っていた。

カルピン監督は現役時代にラ・リーガで活躍。レアル・ソシエダやセルタで中心選手として活躍した。

現役引退後はスパルタク・モスクワやマジョルカ、アルマヴィルと歴任し、2017年12月からロストフの監督に就任していた。


関連ニュース
thumb

ロシア代表がチェルチェソフ監督との契約解除を発表…ユーロ2020ではGS最下位で敗退

ロシアサッカー連合(RFU)は8日、代表チームを率いていたスタニスラフ・チェルチェソフ監督(57)と双方合意で契約解除したことを発表した。 RFUのアレクサンダー・デュコフ会長は、今回の契約解除について公式サイトで以下のように語っている。 「スタニスラフ・チェルチェソフと双方合意の下で契約を終了することを決めた。ロシアサッカー連合は、カタール・ワールドカップ欧州予選に向けて後任の監督探しを始めているところだ」 スパルタク・モスクワやディナモ・モスクワなど、母国ロシアで監督キャリアを積んだチェルチェソフ監督は、2016年にロシア代表監督に就任。親善試合では結果を残せず、史上最弱の代表と言われた中、ロシア・ワールドカップでは戦前の予想に反してスペイン代表をPK戦の末に撃破するなどベスト8まで導いていた。 この手腕が評価されW杯後に2年間の延長オプションが付随した2020年まで契約を更新したが、現在行われているユーロ2020では初戦のフィンランド代表戦に勝利するも、2戦目のベルギー代表戦、3戦目のデンマーク代表戦で連敗を喫しグループ最下位で早々に敗退していた。 2021.07.09 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

連敗スタートのデンマークが最下位から大逆転の2位通過! エリクセン離脱乗り越えてウェールズ待つラウンド16へ《ユーロ2020》

ユーロ2020グループB最終節、ロシア代表vsデンマーク代表が21日にパルケン・スタディオンで行われ、デンマークが1-4で勝利した。 フィンランド代表との第2節を1-0で勝利して2位に浮上したロシアは、勝利で自力突破が決まる状況。この重要な最終節ではバリノフに代えてクドリャショフを3バックの一角で起用した以外、同じメンバーを採用した。 一方、フィンランド、ベルギー代表に惜敗して連敗の最下位デンマークだが、同時刻開催の試合でフィンランドが敗戦且つ、この試合で2点差以上で勝利できれば、逆転での2位通過が可能。その運命の一戦では1-2で敗れたベルギー戦と全く同じスタメンで臨んだ。 共に[3-4-2-1]の布陣で臨んだ一戦は地の利、サポーターの後押しを受けるデンマークが押し込む入りを見せる。しかし、[5-4-1]の堅固なブロックを敷くロシアの守備を前になかなか効果的な攻めを見せることができない。 一方、堅守速攻のスタイルを強調するロシアは18分に最初の決定機を創出。ハーフウェイライン付近でのボール奪取からカウンターに転じると、ゾブニンからパスを受けたゴロビンが鮮やかな仕掛けからボックス右に持ち込んで右足を振り抜くが、これはGKシュマイケルが冷静に足ではじき出した。 守護神の好守でピンチを凌いだデンマークは再び相手を押し込んでいくが、なかなか攻め手を見いだせない。それでも、29分にはボックス手前でヴァスから足元にパスを受けたホイビュルクが右足を一閃。強烈なシュートが枠の左に向かうが、これはわずかに外れる。 それでも、初めてホームサポーターを沸かせる攻撃で流れを掴んだデンマークは38分、相手陣内右のハーフスペースでボールを引き出したホイビュルクからの鋭い斜めのパスを足元に受けたダムスゴーアが右足を振る。インサイドで強く蹴り上げたドライブ回転のかかったシュートがゴール右上隅を射抜き、20歳の新鋭の鮮烈な一撃で待望の先制点を奪った。 これで勢いづく北欧の雄は41分にもヴァスの左CKからヴェステルゴーアに決定機が訪れるが、打点の高いヘディングシュートはわずかに枠の右に外れた。 1点リードで試合を折り返したデンマークは後半も優勢に試合を進めていく。前半同様に決定機まであと一歩という状況が続いた中、相手のミスから追加点を奪う。 59分、ホイビュルクのプレッシャーを受けた左ウイングバックのゾブニンがGKサファノフへやや長い距離の斜めのバックパスを出すと、これを抜け目なく狙っていたユスフ・ポウルセンがまんまとボールをかっさらい無人のゴールへ冷静に流し込んだ。 この2点目によって逆転突破に近づいたデンマークはヴァスと殊勲のポウルセンを下げてストリガー・ラーセン、ドルべりを投入。対するロシアはソボレフやジェマレディノフ、ムキンといったアタッカータイプの選手を続けてピッチに送り出す。 すると、後半に入ってなかなか決定機を作れずにいたロシアが1点を返す。ゴール前の競り合いでDFヴェステルゴーアの前に入ったソボレフが引き倒されてPKを獲得。これをキッカーのジューバがゴール中央に突き刺した。 このゴールによってロシアが息を吹き返したことで、試合は徐々に拮抗した展開となる。デンマークは序盤から飛ばしてきたツケか、やや動きに重さが出始める。しかし、0-0で推移していたフィンランドvsベルギーでベルギー先制の報を自国サポーターの盛り上がりで実感したデンマークはここから底力を見せる。 まずは79分、セットプレーの波状攻撃からペナルティアーク付近で短いクリアに反応したクリステンセンがストライカーさながらの見事なミドルシュートをゴールに突き刺す。さらに、直後の82分には相手FKをはじき返してのロングカウンターから長い距離を持ち上がったホイビュルクのラストパスを受けたメーレがボックス手前から冷静に右足のシュートをゴール左下隅に突き刺した。 この連続得点で勝利を大きく手繰り寄せたデンマークはこのまま4-1のスコアで逃げ切り、今大会初勝利を手にした。さらに、同時刻開催の試合でフィンランドが0-2で敗れたことにより、3チームが勝ち点3で並ぶも得失点差で上回ったデンマークの2位通過およびロシアの最下位敗退が決定した。 そして、絶対的司令塔エリクセンの離脱という大きな困難を乗り越えたデンマークは、26日に行われるラウンド16でグループA2位のウェールズと対戦することになった。 ロシア 1-4 デンマーク 【ロシア】 ジューバ(後25[PK]) 【デンマーク】 ダムスゴーア(前38) Y・ポウルセン(後14) クリステンセン(後34) メーレ(後37) 2021.06.22 05:58 Tue
twitterfacebook
thumb

ロシアがフィンランドに競り勝ち今大会初勝利《ユーロ2020》

ユーロ2020グループB第2節、フィンランド代表vsロシア代表が16日にサンクトペテルブルクで行われ、0-1でロシアが勝利した。 ユーロ初出場のフィンランドは、4日前に行われた初戦のデンマーク代表戦を1-0と勝利。勝利すればグループステージ突破が決まる中、PKストップを見せた守護神のフラデツキーがゴールマウスを守り、決勝点を挙げたポヒャンパロがプッキと2トップを形成した。 一方、ベルギー代表に0-3と完敗したロシアは3選手を変更。ジルコフが負傷離脱となった中、ミランチュクがスタメンとなり、最前線は引き続きジューバが構えた。 ロシアが攻勢をかける入りとなった中、開始3分にポヒャンパロがダイビングヘッドでネットを揺らしたフィンランドだったが、VARの末にオフサイドに阻まれる。 助かったロシアがその後も前がかる中10分、ミランチュクのラストパスからオズドイエフに決定機が訪れるもシュートは枠を捉えきれない。 引き続きロシアの攻勢が続く中、23分にアクシデント。マリオ・フェルナンデスがピッチに頭を打ち付けてプレー続行不可能となり、カラヴァイエフが投入された。 前半半ば以降もロシアが前がかる展開となったものの、フィンランドの集中した守備の前に苦戦を強いられる。それでも追加タイム2分にゴールを割る。ジューバとのパス交換でボックス右に侵入したミランチュクがDFに対応されながらもコントールシュートを決めきった。 ロシアが1点をリードして迎えた後半、オープンな展開で立ち上がった中、ロシアはゴロビンがミドルシュートで、フィンランドはプッキが枠内シュートを放って牽制した。 主導権争いが続く中、前がかるロシアは66分に追加点のチャンス。だが、ボックス左に侵入してシェマレディノフが放ったシュートはわずかに枠の右に外れた。 それでも、後半半ば以降はロシアがフィンランドの反撃を許さずに時間を進めていく。そして1-0のままシャットアウト勝利。今大会初勝利を飾り、最終節のデンマーク戦に勝ち抜けの可能性を残している。 2021.06.16 23:59 Wed
twitterfacebook
thumb

ルカク2発の優勝候補ベルギーがロシアに快勝で白星発進《ユーロ2020》

ユーロ2020グループB第1節、ベルギー代表vsロシア代表が12日にロシアのサンクトペテルブルクで行われ、3-0でベルギーが快勝した。 直前のデンマーク代表vsフィンランド代表でエリクセンが倒れるアクシデントのあったグループB。 3年前のロシア・ワールドカップで3位となった、初の国際大会優勝を目指すベルギーは、チャンピオンズリーグ決勝で負傷したデ・ブライネが欠場となった中、ルカクやGKクルトワ、メルテンスらが先発となり、3トップに右からメルテンス、ルカク、カラスコと並べる[3-4-3]で臨んだ。 一方、5大会連続出場のロシアは、ゴロビンやジューバ、ジルコフらが先発となった。 立ち上がりからボールを握ったベルギーが10分、先制に成功する。相手DFがクロスボールの処理を誤った隙を突いて、ボックス中央のルカクがゴールに蹴り込んだ。 あっさり先制したベルギーは14分、CKからマリオ・フェルナンデスのヘディングシュートでGKクルトワを強襲された中、26分にアクシデント。カスターニュがクジャイエフと激しく接触して頭部を痛め、ムニエとの交代を強いられた。 それでも34分、ベルギーがムニエのゴールでリードを広げる。左サイドからのT・アザールのクロスをGKが弾くと、ルーズボールをムニエが押し込んだ。 ケガの功名でムニエがゴールを挙げた中、ハーフタイムにかけてもベルギーが危なげなく時間を消化。2点をリードして前半を終えた。 迎えた後半もベルギーが押し込む展開とする中、流れを変えられないロシアは63分に途中出場のチェリシェフを諦めてミランチュクを投入。 それでもベルギーがボールを持って試合をコントロール。72分にはアザールを投入したベルギーが余裕の試合運びを見せると、88分にはムニエのアシストからルカクが2ゴール目を決めて3-0で快勝し、白星発進としている。 2021.06.13 05:53 Sun
twitterfacebook
thumb

ロシア代表、モストヴォイがコロナ陽性で代表離脱…その他陰性確認でベルギー戦開催は問題なし

ロシアサッカー連合(RFU)は11日、新型コロナウイルスの陽性判定が出たゼニトFWアンドレイ・モストヴォイのロシア代表離脱を発表した。 また、代替選手としてディナモ・モスクワDFロマン・エフゲニエフの追加招集を発表している。 なお、モストヴォイは今回の陽性判定を受け、すでに代表キャンプから離れており、11日午前に実施された最新のPCR検査では選手、スタッフ共に全員の陰性が確認されている。 そのため、12日に開催されるユーロ2020グループB初戦のベルギー代表戦は予定通り開催される。 2021.06.11 23:16 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly