C・ロナウドとは真逆!? ポグバの行動はまさかの1260億円の増益、会見で瓶を退けたハイネケンの株価上昇

2021.06.17 12:10 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランス代表MFポール・ポグバの行動が、まさかの増益に貢献しているようだ。フランス『sportune』が報じた。15日に行われたグループF第1節のフランス代表vsドイツ代表。フランスが1-0で勝利した中、マン・オブ・ザ・マッチに選出されたポグバが試合後の記者会見に出席した。

しかし、ポグバはその際に目の前に置かれていたハイネケンの瓶を手に取り、足元に置くことに。そのまま会見は進んだ。

ポグバは敬虔なイスラム教徒であるため、アルコールが禁止されており、自身の視界に入れたくなかったとみられている。

ただ、この行動はハンガリー代表戦前にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、試合前の記者会見で自身が嫌うコカ・コーラのペットボトルを目の前から退けたものと同じ行動となり、オマージュしたと大きな話題となっていた。

両者の行動に移したいとは違うものの、スポンサーの商品を退かしたという似たような行動だが、2人がもたらせた影響は大きく異なったようだ。

C・ロナウドが退けたコカ・コーラは、株価が暴落。40億ドル(約4400億円)の損失になったとスペイン『マルカ』が報じていた。

ポグバが瓶を退かしたハイネケンも同様の動きが市場で見られたかと思われたが、ハイネケンの株価は16日の市場が開いた時から1.65%上昇。9億5000万ユーロ(約1260億円)も増加し、C・ロナウドとは全く逆の影響があったとされている。

個人の好みと宗教上の理由と違いはあるものの、ここまで真逆の効果があることは説明が難しいものとなっている。

1 2
関連ニュース
thumb

「永遠のヒーロー」攻守に躍動、1ゴールのDF酒井宏樹が元相棒との再会を喜ぶ

U-24日本代表のDF酒井宏樹が、友人との再会を喜んだ。 U-24日本代表は28日に、東京オリンピックのグループステージ最終節でU-24フランス代表と対戦。酒井は右サイドバックとして3試合連続の先発出場を果たした。 引き分け以上でグループステじ突破が決まる日本と、2点差以上の勝利で自力でグループステージ突破を決められるフランスの一戦。しかし、日本が前半に2点を奪うと、後半も2点を奪い、4-0で勝利。16チーム中唯一の3連勝で決勝トーナメント進出を決めた。 酒井はこの試合も右サイドバックで先発。守備対応、攻撃参加とピッチで躍動すると、チームの2点目を豪快に決めて五輪初ゴールを記録。しかし、イエローカードをもらってしまい、準々決勝では出場停止となることが決まった。 試合後、酒井はマルセイユ時代の同僚であり、現在はメキシコのティグレスへと移籍したFWフロリアン・トヴァンとの2ショットをインスタグラムで掲載。さらに、この試合でゴールを決めたMF久保建英、MF三好康児、FW前田大然との4ショットを掲載して喜びに浸った。 酒井はフランス語で「日本でフランス代表に会えたことをとても嬉しく思います」とし、「フロ(フロリアン・トヴァン)、5年間本当にありがとうございました。何度もお世話になりました。あなたは永遠のヒーローです」と綴り、チームメイトであったトヴァンへの敬意を示した。 また日本語でもメッセージを掲載している。 「ここ日本でフランスと試合できてまさか自分が得点するとは思いませんでした。サッカーの神様に感謝します!」 ⁡ 「そして5年間一緒だった相棒との試合はとても運命的でした。彼のおかげで長い間マルセイユでプレーする事が出来たことを感謝しています。一生大切な友人です」 <span class="paragraph-title">【写真】元相棒との2ショット&得点者4名の仲良しショットも!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CR3_9TNJZdw/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CR3_9TNJZdw/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CR3_9TNJZdw/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Hiroki Sakai 酒井宏樹(@hiroki.sakai_19)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.07.29 18:26 Thu
twitterfacebook
thumb

3試合11失点で悲劇の敗退となったフランス、サッカー連盟会長が五輪の難しさを語る「行かないという選択肢すら…」

フランスサッカー連盟(FFF)のノエル・ル・グラエ会長が、東京オリンピッックで敗退したU-24フランス代表について語った。フランス『レキップ』が伝えた。 U-24フランス代表は28日、U-24日本代表とグループステージ最終戦で対戦。2点差で勝利すれば逆転でのグループステージ突破が決まる試合だったが、試合は4-0で日本が快勝。フランスはグループ3位で敗退となった。 大会前は下馬評が高かったフランスだったが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響、さらにユーロ2020が行われたことに加え、国際サッカー連盟(FIFA)のカレンダーに載っていない試合のため、派遣義務がないことから、多くのクラブが招集拒否の姿勢を示すこととなった。 その結果、ベストメンバーが組めず、多くの選手が急遽集められる事態となったが、それは大会にも影響が。初戦のU-24メキシコ代表戦で4-1と大敗すると、2戦目の南アフリカ代表戦でも後半アディショナルタイムのゴールで勝利したものの、4-3と壮絶な打ち合いに、そして日本戦では4-0と惨敗して大会を終えた。 厳しい結果に終わった東京オリンピックについて、ル・グラエ会長は振り返り、難しい状況での参加となったと語った。 「残念ながら、彼らは自分たちが持てるチームで戦った。このような状況下では、選手もスタッフもベストを尽くしたと思う。この敗退は厳しいものだ」 「メキシコ戦(1-4)と日本戦(0-4)の2つのネガティブな試合があった。南アフリカ戦(4-3)は2つの大きなリアクションがあった」 「この敗退は選手たちの価値を表しているとは思わない。簡単なことは1つもなかった」 「チームが準備できていなかった。それは確実だ。一部の選手は、最終的にオリンピックに行くことを数時間前に知らされた選手だっている」 前述の通り、多くの派遣拒否にあった中でチーム作りが難しかったフランス。出場しないことさえも考えたと明かした。 「状況を見て、どんなチームも派遣することは難しかった。ただ、これらの条件下において、このチームを送ることを決めた。我々は行かないという選択肢すらあった」 「だから、このグループを責めることはできない。シルヴァン(・リポル)は短期間でまとまったチームを作ることに最も苦労した。そこにいた人たちは全てを捧げた」 一方で、U-24スペイン代表は、ユーロ2020のメンバーを6名参加させるなどチームをしっかりと組み、ベスト8に進出。その点について問われると、同じく敗退したドイツの名前を挙げ、オリンピッックの難しさを主張した。 「ドイツもグループステージで敗退したが…他の国だって、ベストチームの派遣には消極的だった。ヨーロッパのレベルでは、主にクラブに問題がある」 「オリンピックの場合、全ての権利を持っているのはクラブだ。FIFAのカレンダーにはない。彼らは選手をトレーニングさせるために留めることを好むものだ」 ただ、3年後の2024年はパリでのオリンピック開催となり、今回のような体たらくは見せられない。ル・グラエ会長は、FIFAと話を進め、オリンピックをFIFAが認める大会にすべきだと主張した。 「9月以降、私はこの問題をFIFAのテーブルに乗せる。ジャンニ・インファンティーノ会長とも会うことになる」 「オリンピックのようなイベントを、もはやこのように運営することは不可能だ。特に、次の大会は2024年にパリで行われる。我々のチームは出場しなければならない」 「オリンピックが一刻も早くFIFAのイベントとして認められることが不可欠だ。将来的には、クラブは選抜された選手を派遣する義務を負わなければならなくなる」 2021.07.29 12:48 Thu
twitterfacebook
thumb

「言い訳はしたくない」東京五輪敗退のフランス代表FWジニャックが振り返る「相手が自分たちよりも強かった」

U-24フランス代表のFWアンドレ=ピエール・ジニャックが、東京オリンピックを振り返った。フランス『レキップ』が伝えた。 フランスは、逆転でのグループステージ突破をかけて、最終戦でU-24日本代表と対戦。2点差で勝てば自力で突破ができる状況で試合に臨んだ。 しかし、試合は前半にMF久保建英、DF酒井宏樹にゴールを許し、2点ビハインドで折り返すことに。4点が必要となったフランスだが、前掛かりになったところをMF三好康児、FW前田大然にもゴールを許し、0-4で敗戦。グループ3位で敗退となった。 ジニャックは敗退についてコメント。自国で開催される2024年のパリ・オリンピックに目を向けた。 「言い訳はしたくない。僕はこのグループと戦うつもりだと言った。そして、それは最後までやり通す。ただ、2024年はホームだ。彼らが必要なチームを限りなく上まで進ませてくれることを願っている。このような失敗で、国に迷惑をかけることはよくない」 今回のチームはクラブからの招集拒否が続き、ベストメンバーを組めない状況となっていた。しかし、その混乱に巻き込まれたとは考えていないとのこと。相手が強かったと認め、久々に代表としてプレーできたことを誇りに思うとした。 「そんなことはない、僕が逃した唯一の大会だ。もっと勝ち進みたかったし、それを信じていた。ただ、相手が自分たちよりも強い場合は何もできない。キャリアの中で、このシャツを着れたことは光栄だった」 「6年も離れていたのに、招集されたら特別な気分になる。この選手たちと一緒に冒険できたことを誇りに思う。本当に全力を尽くしたが、高いハードルだった」 「選手であれば、全てを壊してでも参加したいと思うものだ。失望することはいつでもある」 「最初の試合と最後の試合ではそうではなかった。僕たちは自分たちの場所にいる」 前述の通り、次の夏季オリンピックはパリで開催。その際には今回のような招集拒否などが多く起こらないはずだと語った。 「2024年は必要なチームと選手が揃っているはずだ。メッセージはない。ユーロ準決勝に進出したスペインから6人の選手が来ているのを見ると、愛国者…ひどいこととは思わない」 「ただ、言い訳ではなく、僕は一緒に火事場に行くと言った。このグループと最初から一緒にいて、ここまで経験したものを何かに変えることはできなかったけど、彼らが我々を少し困らせたとは言いたい。ただ、上層部は彼らをはじき出し、2024年は邪魔者はいないだろうね」 2021.07.29 11:05 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング: U-24フランス代表 0-4 U-24日本代表《東京オリンピック》

28日、東京オリンピック グループA第3節のU-24フランス代表vsU-24日本代表の一戦が横浜国際総合競技場で行われ、0-4で日本が勝利した。 超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽U-24日本代表採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/fom20210728u24fra_jpn_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©CWS Brains, LTD.<hr></div> ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価 ※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし GK 12 谷晃生 6.5 31分のCKのシーンではジニャック相手にしっかりと対応。FKからディフレクトしたボールも見事なセーブ。2試合目のクリーンシート。 DF 2 酒井宏樹 7 ジニャック対応、カバーリングも的確。機を見た攻撃参加で貴重な追加点。イエローカードは残念。 (→15 橋岡大樹 6) 投入早々に決定機を作るクロス。守備でもジニャック対応を酒井からしっかり引き継ぐ。 3 中山雄太 6.5 トヴァンにしっかりと対応。攻撃面でもアウトサイド、インサイドと旗手と連携して好プレー。終盤はボランチに入り落ち着いた対応。 5 吉田麻也 6.5 一番後ろで落ち着いた守備対応。ジニャックを見ながらも、酒井、遠藤との連携で危険な場所に顔を出す。 14 冨安健洋 6.5 ケガが癒えて初出場。五輪デビューもしっかりと安定したプレーを見せた。吉田とのコンビは安定感抜群。 MF 6 遠藤航 7 中盤の守備では相手との距離を詰めて自由にさせない。プレスが掛かる時は簡単に、プレスがない時は時間を作るプレー。 (→4 板倉滉 6) これまでのCBと違いボランチ起用。しっかりと試合に入ってプレーした。 7 久保建英 7 圧巻の3試合連続ゴール。こぼれ球をしっかりと蹴り込んだ。守備でもプレス、カバーリングとしっかりと貢献。 (→8 三好康児 6.5) なかなか攻撃で良い場面を作れない中、連動したパス交換から貴重な3点目を奪う。 10 堂安律 6 ポジション取りは良くも、ここ2試合に比べて攻撃時にはボールがあまり来ず。守備面では非常にチームに貢献した。 (→16 相馬勇紀 6) 右サイドに入ったがあまり効果的なプレーはできず。それでも最後に落ち着いて前田のゴールをアシスト。 13 旗手怜央 6.5 攻撃的なポジションで先発。外に内にとポジションをとり強度の高いプレーを見せる。後半のヘディングは決めたかった。 17 田中碧 6.5 先制点の起点となる縦パス。この試合でもしっかりとバランスを取るプレー。厳しい局面でもパスを受けるなど、高い判断力を見せつけた。 (→9 前田大然 -) 出場時間が短いため採点なしも、試合を締めくくったゴールは見事。 FW 18 上田綺世 6.5 初先発でしっかりと役割をこなす。久保の先制ゴールにつながるシュートもらしさを出した。コンディションが上がっている印象。 監督 森保一 6.5 コレクティブなサッカーを見せてフランス相手に圧巻のパフォーマンス。多くの選手を起用できたこと、複数ポジションで経験させることができたことはこの先に大きなプラス。 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! MF久保建英(日本) 圧巻の3戦連発。チームに勢いをもたらすゴールを決めるとともに、フランスを浮足立たせた。効果的なパスで2点目も起点に。 U-24フランス代表 0-4 U-24日本代表 【日本】 久保建英(前27) 酒井宏樹(前34) 三好康児(後25) 前田大然(後46) 2021.07.28 22:42 Wed
twitterfacebook
thumb

2点差勝利で逆転突破のフランス、指揮官が日本代表を語る「日本は完成度が高い」

U-24フランス代表のシルヴァン・リポル監督が、U-24日本代表戦に向けてコメントした。フランス『レキップ』が伝えた。 東京オリンピックに臨んでいるフランス。日本と同じグループAに属している。 初戦のU-24メキシコ代表戦で4-1と大敗を喫したものの、第2戦のU-24南アフリカ代表戦では、後半アディショナルタイムにテジ・サヴァニエが起死回生の勝ち越しゴールを決め、4-3と打ち合いを制した。 この結果、現時点ではグループ3位となっているものの、最終戦の日本戦でグループステージ突破の可能性を残した。 リポル監督は、その大事な日本戦に向けてコメント。日本を評価し、手強い相手だと認めた。 「日本は完成度が高く、守備と攻撃のやり方を理解している。南アフリカ戦(1-0)では試合の主導権を握り、メキシコ戦(2-1)では時速2000マイルのトランジションを見せていた」 フランスはただ勝つだけではグループステージ敗退となる。2点差をつけて日本に勝利すれば日本を上回ることができ、グループステージ突破が決定。引き分けた場合は、南アフリカvsメキシコで南アフリカが勝利することが条件となる。 1勝1敗のフランスだが、2試合で失点は「7」と守備が崩壊。得点も「5」と多いが、守備を立て直さなければ2点差勝利は難しい。 リポル監督は、ボランチの一角に入っているMFリュカ・トゥザールへの信頼を語り、ライン間の守備をしっかりとする必要があるために対策を練ったと語った。 「私はリュカ(・トゥザール)に全幅の信頼を寄せている」 「ライン間にスペースがあればあるほど、ボールを回収することは難しくなる。コンパクトなブロックに戻すため、ビデオでの分析を多く行った」 互いに勝利が欲しい一戦。U-24フランス代表vsU-24日本代表の一戦は、20時30分にキックオフを迎える。 2021.07.28 14:45 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly