マクトミネイ、存在感高まるも背番号変わらず 「39番は…」

2021.06.15 18:05 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのスコットランド代表MFスコット・マクトミネイがデビュー当時から同じ背番号を背負い続ける理由を説明した。クラブ公式サイトが伝えている。ユナイテッドのアカデミー育ちで、2017年5月に1stチームデビューのマクトミネイ。守備的な役割が主なタスクだが、公式戦49試合に出場した今季はボックス・トゥ・ボックスの動き出しにも磨きをかけ、キャリアハイの7得点(2アシスト)を記録するなど、存在感は高まるばかりだ。

そんな身長193cmの大型MFはデビュー当時から背番号「39」のまま。イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードや同代表FWメイソン・グリーンウッドを典型例にアカデミー出身者はチームでの重要性が高まるにつれ、背番号も変わっていく傾向だが、マクトミネイは違う。

それは何故なのか。マクトミネイはファンとのQ&Aでその件を問う質問を受けると、背番号の変更を願い出るどころか、検討すらもしたことがないと述べ、39番に対する愛着を口にした。

「39番は初めてもらった番号だし、特別なんだ。誰からも背番号の変更を求められておらず、そういう話も一切ない。3年前も、2年前も、そして去年もね。何も言われないし、僕も満足だ」

「(背番号について)自問したり、変更の考えを巡らせたり、会話の話題にしたこともない。39番で全く問題なし。今やどこでも39番を目にする。頭から離れなくなってしまっているぐらいさ!」
関連ニュース
thumb

マンU加入目前のヴァランにファーディナンド氏が太鼓判 「マグワイアの良いパートナーになる」

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるリオ・ファーディナンド氏が、加入目前となっているレアル・マドリーのフランス代表DFラファエル・ヴァランを絶賛した。スペイン『マルカ』が伝えている。 マドリーとの契約を1年残しながらも、新たな挑戦を求めて移籍をリクエストしたというヴァラン。いくつか候補が上がった中、現在は移籍金5000万ユーロ(約65億1000万円)でのユナイテッド入りが決定的となっている。 これまで4度のチャンピオンズリーグ優勝や、その同数となるクラブ・ワールドカップ優勝など、多くのタイトルを獲得してきた2018年の世界王者にファーディナンド氏も大きな期待を寄せている。加入前ながら、早くもDFハリー・マグワイアとのコンビに胸を躍らせているようだ。 「彼はマンチェスター・ユナイテッドの一員になりたかったに違いない」 「これまで14回の決勝戦に出場し、そのすべてで優勝している。素晴らしい血筋の持ち主だ」 「勝利へのメンタリティもあるかって? そうだね。フランス代表でもレアル・マドリーでも成功を収めてきた」 「彼はスピードや勝ち方のノウハウをチームにもたらすだろう。また、ビッグゲームで勝つ方法を知っている。どんな試合でも動じることはないのだ」 「間違いないクオリティを持っていて、とても速く、味方をうまくカバーすることができる。マグワイアの良いパートナーになるはずだ」 2021.07.27 15:57 Tue
twitterfacebook
thumb

補強着々のPSG、近くポグバ獲得の動きを正式化へ!

パリ・サンジェルマン(PSG)がマンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバ(28)に対する関心を正式化させようとしているようだ。 昨季にリーグ・アンのタイトルとともに、悲願のチャンピオンズリーグ(CL)制覇も叶わなかったPSG。その悔しさを晴らそうと、新シーズンに向けた補強の動きを強め、ここまでイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ、スペイン代表DFセルヒオ・ラモス、オランダMF代表ジョルジニオ・ワイナルドゥム、モロッコ代表DFアクラフ・ハキミを獲得した。 そして、新たなターゲットに浮上しているのがユナイテッドとの契約が最終年に突入したなかで、延長オファーを拒否したといわれるポグバ。今夏のユナイテッドはイングランド代表MFジェイドン・サンチョに続いて、フランス代表DFラファエル・ヴァランの獲得も決定的なものとするが、ポグバの売却に乗り出す可能性が取り沙汰されているところだ。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、PSGはユーロ終了後の休暇を経て、8月2日からユナイテッドのプレシーズンに合流が見込まれるポグバの代理人とすでに接触。まだ正式な獲得オファーの打診に至っていないが、関心を具体的なものにしようと、近くユナイテッドにアプローチを図るという。 そんなPSGはポグバの獲得資金を調達しようと、現有戦力の数選手売却も視野。現時点で候補として、かつてユナイテッドでプレーした元スペイン代表MFアンデル・エレーラのほか、元スペイン代表GKセルヒオ・リコ、フランス代表GKアルフォンス・アレオラの名前が挙がっている模様だ。 なお、ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督は24日に行われたQPRとのプレシーズンマッチ後、ポグバについても訊かれ、「ポールの代理人とクラブの代理人は話し合いを続けている。私がポールから聞いているのは新シーズンを楽しみにしているということだけだ」と述べている。 2021.07.27 13:35 Tue
twitterfacebook
thumb

「待ってて」…負傷離脱のテレスが強くなってのカムバックを約束!

マンチェスター・ユナイテッドのブラジル代表DFアレックス・テレスがさらにより強くなってのカムバックを誓った。 昨季にポルトから加入して、ユナイテッド在籍2年目のテレス。イングランド代表DFルーク・ショーからのレギュラー奪取を目指す新シーズンだが、プレシーズン中に足首を痛め、先日に離脱した。 オーレ・グンナー・スールシャール監督から数週間の離脱見通しが明らかにされ、出遅れの様相を呈するテレスだが、26日に自身のインスタグラムを通じて、力強いメッセージを発信した。 「何事も偶然じゃなければ、貶めるためでもなく、進化させ、成熟させるために起こる。みんなからのメッセージに感謝する。もっと強くなり、より集中して戻ってくる。自分のなかの変化は大きなものになる。待っててね」 なお、クラブによると、テレスはプレシーズン中の残る3試合のテストマッチだけでなく、14日に本拠地で行われるプレミアリーグ開幕節のリーズ・ユナイテッド戦も間に合いそうにない模様だ。 2021.07.27 11:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ヴァラン手中のユナイテッド、トゥアンゼベが恩師のニューカッスルへ?

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド人DFアクセル・トゥアンゼベ(23)に対して、ニューカッスルの関心があるようだ。イギリス『テレグラフ』が報じた。 トゥアンゼベは世代別のイングランド代表歴を持つユナイテッド下部組織育ちのセンターバック。昨季はトップチームに昇格してから最多の公式戦19試合に出場した。 だが、ユナイテッドは今夏、レアル・マドリーからフランス代表DFラファエル・ヴァランの獲得が決定的に。実現すれば、トゥアンゼベは序列が下がるものとみられる。 そうしたなか、過去2度にわたった武者修行先のアストン・ビラで共闘したスティーブ・ブルース監督が率いるニューカッスルが獲得に名乗りを上げているという。 両クラブの話し合いはレンタルだけでなく、完全移籍の可能性も検討しながらのものに。ただ、ニューカッスルの財政事情を鑑みると、レンタルの可能性が高い模様だ。 2021.07.27 11:20 Tue
twitterfacebook
thumb

左肩のケガに悩むラッシュフォード、ユナイテッドと手術有無の協議へ

イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードが左肩の手術有無について、所属先のマンチェスター・ユナイテッドと話し合うようだ。 昨年11月あたりから左肩のケガに悩まされるラッシュフォード。先のユーロ2020にも痛みをおして参戦したが、出場した5試合すべてが途中出場で、ゴールやアシストもなく、チームが準優勝という結果を残した大会で不完全燃焼に終わった。 イギリス『デイリー・メール』によると、ユナイテッドは3週間の休暇中にラッシュフォードが手術を受けなくても良い状態まで戻るのを期待。だが、手術を強く希望する選手本人は休暇先から戻り、やはりその必要性があると感じているという。 そんなユナイテッドの背番号「10」は8月1日からチームのプレシーズントレーニングに合流する見込みだが、それに先駆けて、27日にオーレ・グンナー・スールシャール監督と顔を合わせ、手術有無の最終決断を下すことになる模様だ。 新シーズンでも活躍が期待されるラッシュフォードだが、手術の場合は10月まで離脱を余儀なくされる見込み。2週間前の検査でこれ以上の悪化が見込めないとの結果も受けたが、痛み止めの注射を必要とする状況を解決したい思いが強いようだ。 2021.07.27 10:50 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly