ドルトムント、サンチョの後釜にマレンをリストアップか?

2021.06.15 07:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドルトムントがPSVに所属するオランダ代表FWドニエル・マレン(22)の獲得に関心を示しているようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。ドルトムントでは、主力を務めるイングランド代表FWジェイドン・サンチョ(21)の去就が不透明となっており、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が盛んに取り沙汰されている。

そのため、サンチョの流出に備えて後釜のリストアップに動いている。そういった中、『ビルト』は有力な候補の一人としてマレンの名前を挙げている。

アヤックスのアカデミーで育ったマレンは、アーセナルのユースチームを経て2017年に母国のPSVに完全移籍。179cmと上背はないものの爆発的なスピードとドリブルテクニックに加え、ストライカー特有のポジショニングセンス、シュートテクニックも併せ持つ万能型FWは、これまで左ウイングを主戦場としていたが、昨シーズンからセンターフォワードに本格コンバート。ヒザの手術を行い、シーズン後半戦を棒に振った中、公式戦25試合17ゴール9アシストの数字を残した。

また、今シーズンはロジャー・シュミット監督の下、[4-2-2-2]の布陣の2トップの一角を務め、エールディビジ32試合で19ゴール8アシストの数字を残している。

なお、PSV側は移籍金を3000万ユーロ(約40億円)に設定している模様。また、ドルトムントとマレンの最終的な交渉は現在行われているユーロ2020終了後に行われるとのことだ。
関連ニュース
thumb

ミラン、レオンとドルトムントMFブラントのトレードを画策か

ミランがポルトガル人FWラファエウ・レオン(22)と、ドルトムントのドイツ代表MFユリアン・ブラント(25)のトレードを画策しているようだ。イタリア『メディアセット』が報じている。 同メディアによれば両者の移籍金の評価額は2500万ユーロ(約32億5000万円)で、等価トレードが可能と目論んでいるとのことだ。なお、レオンにはウォルバーハンプトンなどプレミアリーグの方面から獲得の関心があるとも言われている。 ブラントは2019年夏にレバークーゼンから2500万ユーロの移籍金でドルトムントに加入。しかし絶対的な主力には定着できておらず、マウリツィオ・サッリ監督が就任したラツィオなどからも獲得の関心を示されていると報じられている。 2021.07.28 00:00 Wed
twitterfacebook
thumb

“ガラスの天才“払拭のロイス、今季へ意気込み「より高みを目指している」

ドルトムントのドイツ代表MFマルコ・ロイスが、開幕が迫る新シーズンに向けて意気込んだ。ドイツ『キッカー』が伝えている。 実力は確かなものの、負傷を度々繰り返していたことから、“ガラスの天才“と称されることも少なくなかったロイス。しかし、昨季は公式戦49試合に出場と、シーズンを通してブンデスリーガのプレーヤーのなかで最も多くの試合に出場した選手となり、イメージを払拭して見せた。 チームの4シーズンぶりとなるDFBポカール制覇にも大きく貢献したロイスだったが、今夏に開催されたユーロ2020については、昨シーズンのフル稼働による疲労状態を理由に欠場。その決断については「長い時間をかけて(シーズンに向けて)準備ができたのは、単純に自分にとって良かったよ。試合に向けては必要だったね」とポジティブに振り返った。 また、今夏は複数の国際大会の開催が重なったことから、プレシーズンへの合流が遅れる選手が多いことについても言及。「(マルコ・)ローゼからしても、選手が少ないというのは簡単な状況じゃない。彼がチームとその特徴を知るのは重要なことだよ」と、今夏に就任した新指揮官にとっても苦しい状況であることを認めた。 さらに、来たるシーズンに向けては昨季を超える成績を残したいとしたうえで、そのためには国内最強のライバルを上回らなければならないと意気込んだ。 「昨季は最終的には良いシーズンだったが、僕らはより高みを目指している。 また、ポカールの決勝に進出するというのも良いね」 「結局は、バイエルンを避けて通ることはできない。多くの要素がかみ合わなければならないけど、倒せる可能性はあるよ。僕たちは、シーズンを通してそれを示さなければならない」 「ある試合では運も必要だけど、それは情熱と心で勝ち取るものだ。ファンもそういったところを見たいだろうね」 2021.07.26 18:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ロイスが退団のサンチョに言及「移籍は悲しい」、獲得噂のマレンは「見たことがないから…」

ドルトムントのドイツ代表MFマルコ・ロイスが、新シーズンに向けた意気込みを語った。ドイツ『キッカー』が伝えている。 ドルトムントは昨シーズン、一時はブンデスリーガ7位に沈むなど低迷しルシアン・ファブレ監督が解任に追い込まれたものの、後任のエディン・テルジッチ監督がチームの立て直しに成功。最終的にブンデスリーガ3位でフィニッシュしたほか、DFBポカール優勝も果たした。 現在は新たに就任したマルコ・ローゼ監督の下で新シーズンに向けた準備を進めているドルトムントだが、ユーロ2020の影響で多くの選手のチーム合流が遅れることに。さらに、昨季は公式戦38試合で16ゴール20アシストとチームを支えていたイングランド代表MFジェイドン・サンチョがマンチェスター・ユナイテッドへと移籍。新たな形で再出発することとなった。 『キッカー』のインタビューに応じたロイスは、そのサンチョについて言及。移籍を惜しんだ。 「ジェイドンの移籍は悲しいね。彼はチームに多大な貢献を果たしてくれた選手であり、そんな人物が去ってしまったんだ。でも、彼が子供の頃の夢を実現できたことは、僕にとっても嬉しいことさ」 また、加入が間近となっているPSVのオランダ代表FWドニエル・マレンについての期待感もコメント。新シーズンへの期待も語った。 「僕はまだ彼(マレン)を見たことがないから何とも言えない。ただ、もし彼が加入するのであれば、僕たちはとても楽しみにしているよ」 「昨季はシーズンを通して一貫性に大きな課題があった。昨季の終わりに見せたパフォーマンスを基準にしたいね。最終的には良いシーズンになったと思うが、僕たちはそれ以上を望んでいるんだ」 2021.07.26 17:51 Mon
twitterfacebook
thumb

ドルトムントがデミラル獲得レースに参戦! 今夏CB補強は優先事項

ドルトムントがユベントスに所属するトルコ代表DFメリフ・デミラル(23)の獲得に乗り出しているようだ。移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 2019年にサッスオーロからユベントスに加入したデミラルは、クラブOBである元ウルグアイ代表DFパオロ・モンテーロを彷彿とするファイタータイプのセンターバックとして大きな期待を集めていた。しかし、昨年1月に左ヒザ前十字じん帯損傷の重傷を負った影響もあり、ポジション争いで苦戦。昨シーズンは公式戦24試合に出場したものの、イタリア代表の重鎮コンビ、オランダ代表DFマタイス・デ・リフトの後塵を拝している。 そういった状況もあり、余剰人員の整理を進めるユベントス、出場機会を求める選手本人の双方は今夏のタイミングでの移籍を画策している。 これまではエバートンやレスター・シティといったプレミアリーグ勢、国内のアタランタが関心を示していると言われる。 そして、今回新たに獲得レースに参戦してきたのが、ドルトムントだ。 ドルトムントは今夏の移籍市場でセンターバックの獲得を目指しており、これまではフィオレンティーナのセルビア代表DFニコラ・ミレンコビッチ、ヴォルフスブルクのフランス人DFマクサンス・ラクロワらが候補に挙がっている。 そういった中、前述の2選手とはややタイプが異なるものの、ブンデスリーガのプレー強度に問題なく対応可能な若きトルコ代表への関心を強めているようだ。 なお、ユベントスはデミラルの評価額を3500万ユーロ(約45億5000万円)程度に見積もっているが、マンチェスター・ユナイテッドに売却したイングランド代表MFジェイドン・サンチョの売却資金を充てれば、十分に手が届く金額と言えるはずだ。 2021.07.26 13:29 Mon
twitterfacebook
thumb

オランダ代表FWマレンのドルトムント移籍が間近に!メディカルチェックのためにキャンプ地入り

PSVのオランダ代表FWドニエル・マレン(22)の移籍が間近に迫っているようだ。 ドイツ『キッカー』によれば、昨季のエールディビジで19ゴールを記録したオランダ代表FWは移籍金3000万ユーロ(約39億円)の5年契約でドルトムント入り間近。 そして、ドイツ紙『デア・ヴェステン』の取材を受けたセバスティアン・ケールSD(スポーツ・ディレクター)は、マレンについて「彼はメディカルチェックを受けるため、キャンプ地へと到着した。ただ、まだはっきりとさせなくてはいけない最終的な課題も残されている」とコメントしていた。 マンチェスター・ユナイテッドへ移籍したイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(21)の後釜として期待されるマレンは、爆発的なスピードとドリブルテクニックに加え、ポジショニングセンス、シュートテクニックも併せ持つ万能型FW。 これまで左ウイングが主戦場だったが、2019-20シーズンからはストライカーにコンバートされ、昨季は公式戦45試合の出場で27ゴール10アシストという堂々の数字を残した。 なお、ドルトムントは今季からマルコ・ローゼ監督が指揮。ボルシアMG時代に中盤ダイヤモンド型の[4-4-2]など、2トップで構成されたシステムを用いており、ノルウェー代表FWアーリング・ハーランドと組めば、強力トップとしてチームの新たな武器になり得るかもしれない。 2021.07.26 02:15 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly