幼少期を過ごした“裏庭”ウェンブリーでゴールのスターリング「物語がどこから始まったか決して忘れない」

2021.06.14 19:20 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イングランド代表FWのラヒーム・スターリングがクロアチア代表戦のゴールを振り返った。イギリス『アスレティック』が伝えている。

イングランドは13日にユーロ2020グループD第1節でクロアチアと対戦し、先発したスターリングは57分にMFカルヴァン・フィリップスのスルーパスに反応。ボックス中央に抜け出してシュートを決めきり、決勝点をマークした。

ジャマイカ生まれのスターリングだが、幼少期にロンドンのブレントに移住。クロアチア戦が行われたウェンブリー・スタジアムは“裏庭”と呼ぶほど近所だった。スターリングは試合後、ゴールについて次のように語っている。

「気分がいいよ。僕は大きな大会でウェンブリーでプレーした時、裏庭でゴールしているようなものだといつも言ってきた。僕にはゴールが求められていて、実際のそれができたことは素晴らしいことだ」

「長いシーズンだった。ここに来るのが待ちきれなかったし、イングランド代表がポジティブなものになると分かっていたので、イングランド代表としてプレーするのを待ちきれなかった」

また、スターリングは自身のツイッターを更新。幼少期の写真とともに「物語がどこから始まったのか決して忘れることはない。#BoyfromBrent」と投稿し、ブレントに住んでいた頃を思い返していた。



1 2
関連ニュース
thumb

ミドルズブラやリバプールで活躍した元イングランド代表ウインガーのダウニングが現役引退

元イングランド代表MFスチュワート・ダウニング(37)が現役引退を発表した。 ダウニングはミドルズブラの下部組織出身で、2003年7月にファーストチームへ昇格すると10月にサンダーランドへと短期レンタル移籍。12月に復帰していた。 2009年7月にアストン・ビラへと移籍すると、2011年7月にはリバプールへと完全移籍。その後、ウェストハムを経て2015年7月にミドルズブラへと復帰した。 2019年7月にはブラックバーンへと完全移籍すると、2020年7月に一度退団。11月に再契約するも、2021年6月をもって退団していた。 キャリアを通じてはプレミアリーグで408試合に出場し37ゴール48アシスト、チャンピオンシップ(イングランド2部)で182試合に出場し10ゴール23アシストを記録していた。 左サイドを主戦場に、右サイドや中央、ウイングでもプレーしたダウニング。クロス精度には定評があり、多くのアシストを創出。やリア終盤はトップ下でもプレーしていた。 世代別のイングランド代表を経験すると、A代表でも35試合に出場。2006年のドイツ・ワールドカップでは途中出場ながら3試合でプレーした。そこからしばらくのブランクがありながらも再び代表に復帰すると、2012年のユーロでもメンバー入り。再び代表から離れたが2014年11月に1試合出場したのが最後だった。 ダウニングが育ったミドルズブラは引退のコメントを発表している。 「夏の間、家族とリラックスして塾考した結果、プロサッカー選手を辞める時が来たと思った」 「何よりもまず、キャリアを通してサポートしてくれた、母と父、姉妹、そして妻と2人の子供達に大いに感謝したい」 「僕のキャリアに最も大きな影響を与えた父には特別にメッセージを送りたい。彼が僕にしてくれたことの全てに対して感謝している」 「僕のキャリアでプレーした全てのクラブとその素晴らしいファン、スタッフの全てに感謝したい。また、プレーした全ての素晴らしい監督にも感謝したい」 「子供の頃、僕は自分がプレーしたチームのためにプレーすること、そしてピッチを共にした選手たちと共に戦うことを夢にしか見ていなかった。何年にもわたり、信じられない選手たちと対戦した」 「イングランド代表として35試合プレーしたことを誇りに思って振り返り、一生続く素晴らしい思い出を作った。自分のキャリアを積めたことは、とても幸運なことだ」 「それがメディアであれ、指導者であれ、クラブのフロントであれ、将来にはワクワクしかない。長年にわたって試合から多くのことを学び、他の人に伝えられることを願って、多くの経験を積んできたんだ」 「全てに感謝する」 2021.08.02 21:35 Mon
twitterfacebook
thumb

イングランド代表DFミングス、ユーロで極度のプレッシャーにさらされていたことを明かす 「初戦の前はあまり眠れなかった」

アストン・ビラのイングランド代表DFタイロン・ミングスは、ユーロ2020でかなり大きな精神的負担がかかっていたようだ。イギリス『サン』が伝えている。 負傷していたDFハリー・マグワイアの代役として、ユーロ2020グループDの第1節と第2節にフル出場したミングス。最終節ではマグワイアが復帰したために終盤の守備固め要員としての途中出場に留まり、決勝トーナメントでは1度も出番がなかったが、出場時には高パフォーマンスを見せてチームの準優勝に貢献した。 しかし、大会期間中は自身の実力に対するサポーターからの懐疑的な見方に悪影響を受けたと告白。心理学者に相談してなんとか乗り越えていったようだ。 「クロアチアとの開幕戦に至るまでは、苦しい時間を過ごしたよ。今は外部からの影響を受けにくくなっていると思うけど、あの時は精神的にかなり落ち込んだ。恥じる必要はないけどね」 「チームの中で 『あの選手はふさわしいのか』と思われていたのは、おそらく僕だけだろう。それを克服しなければならなかったよ」 「サポーターの90~95%の人が自分の実力に疑問を持っているとしたら、それに影響を受けないようにするのはとても難しいことだ」 「だから僕は、心理学者と一緒にその問題に取り組んだ。呼吸法や瞑想、今この瞬間に身を任せる方法など、さまざまな対処法を教えてもらったよ。潜在意識に支配されないようにするためにね」 「それでも辛かった。初戦の前はあまり眠れなかったよ」 一方で、クロアチア戦の無失点勝利に貢献したことに対して、代表のレジェンドであるリオ・ファーディナンド氏から嬉しい連絡があったことも明かしている。 「大会後、リオからDMが来たんだ。彼は番組で『ミングスが代表の弱点であり、クロアチアは彼をターゲットにすべきだ』と言っていた」 「でも、メッセージには『最高の回答を見せた。ピッチ上でのパフォーマンスは素晴らしかったよ』と書かれてあったんだ。とても素敵な人だね」 「メンタルヘルスや自分の気持ちについて話すことができる時代になったことは素晴らしいことだと思うよ」 2021.08.02 15:09 Mon
twitterfacebook
thumb

アシュリー・コール氏がU-21イングランド代表のアシスタントコーチに! チェルシーでの仕事も兼任

元イングランド代表のアシュリー・コール氏が、U-21イングランド代表でアシスタントコーチを務めることになった。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 現役時代にはアーセナルやチェルシーで活躍し、通算3度のプレミアリーグ優勝や7度のFAカップ優勝、さらにはチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグ制覇などあらゆるタイトルを獲得したアシュリー・コール氏。イングランド代表としても107キャップを数え、同国のレジェンドとして認知されている。 2019年夏の引退後は、解説を務める傍ら、UEFAのA級ライセンス取得を目指しながらチェルシーのU-15チームの監督を続けている。 そんなアシュリー・コール氏にオファーをかけたのが、27日にイングランドU-21代表監督に着任したリー・カーズリー氏だ。現役時代にダービー・カウンティやエバートンで活躍し、アイルランド代表で40試合に出場した同氏は昨年9月からU-20の監督を務めていたが、候補のソル・キャンベル氏との一騎討ちを制し、昇格を果たした。 『デイリー・メール』によると今回の任命は、FA(イングランドサッカー協会)がBAMEの指導者に機会を与えることに力を入れているという背景があるという。また、将来的に同氏がA代表に携わるための準備とも捉えられている。 なお、アシュリー・コール氏はチェルシーでの仕事と兼任となるようだ。 2021.07.28 17:45 Wed
twitterfacebook
thumb

東京五輪の女子開幕戦はホワイトの2発でイギリスが快勝!初出場のチリは奮闘するも攻撃の形を作れず…《東京オリンピック》

21日、東京オリンピック(女子)グループE第1節のイギリス代表vsチリ代表が札幌ドームで行われ、2-0でイギリスが勝利を収めた。 FIFAランキング6位のイングランド代表を中心に編成されたイギリス代表。ホワイトを頂点とし、インサイドハーフにスコットランド勢の2名を置いた[4-3-3]の布陣で臨んだ。 一方、オリンピック初出場となるFIFAランキング37位のチリは、パリ・サンジェルマン(PSG)からリヨンに移籍したGKエンドレルを中心に[4-4-2]を敷いた。 下馬評ではイギリスが有利と見られていた中、序盤は比較的チリがボールを握る展開に。積極的な入りを見せ、立ち上がりにはセットプレーのこぼれ球をウルティアが狙うも枠の左へ外れた。 その中でミドルパスと縦に速い攻撃でチリゴールに迫るイギリスは11分、スタンウェイのシュートをGKエンドレルがはじいたところにホワイトが詰めてネットを揺らす。だが、ここはオフサイドを取られて先制とはならず。 さらに攻勢をかけるイギリスは7分後に試合を動かす。右サイドの高い位置からブロンズから柔らかいクロスをファーへ送ると、これをヘンプが頭で折り返す。ゴール前でホワイトが体を倒しながら左足のボレーで沈め、先制点を奪った。 これで勢いに乗ったイギリスは23分にカットインからヘンプが狙う。その後はチリが敷くコンパクトな守備陣形の外側を両ウイングが攻略し始め、高い位置でのボール奪取も増えたことでゲームの主導権を握っていく。 押し込まれる時間が増えたチリは29分にアラヤがミドルで牽制するも、流れを取り戻すことができない。イギリスは終了間際にもチャンスを創出。スルーパスに反応したホワイトが一対一を迎えるも、GKエンドレルが右手一本でファインセーブを見せる。その直後にオフサイドディレイの笛が鳴った。 両チームとにメンバー交代なしで迎えた後半も、立ち上がりからイギリスが仕掛ける。スタンウェイと左右を入れ替えたヘンプが続けざまにゴールを狙う。55分には前半と同じようにスタンウェイのミドルのこぼれにホワイトが詰めるも、辛うじてチリがクリアした。 68分にはイギリスベンチが動く。ヘンプとウォルシュを下げてパリスとイングルを投入。イングルはウェールズの選手として初めてオリンピックの舞台に立った選手となった。一方のチリも、Y・ロペスに代えてマルドネスを送り込み、反撃を試みる。 イギリス優位の展開は変わらぬまま、73分に再びゴールを奪う。左サイド高い位置でのスローインから中央を経由して右に展開。ブロンズがボックス右に侵入してクロスを送ると、ホワイトが今度は右足のボレーで合わせてリードを広げた。 一矢報いようとするチリに対してイギリスは最後まで集中を切らさずに対応。危なげなくタイムアップを迎え、イギリスが白星発進となった。対するチリは、序盤こそボールを持てたものの惜敗。オリンピック最初のゲームは黒星で終わった。 イギリス女子代表 2-0 チリ女子代表 【イギリス女子代表】 ホワイト(前18、後28) 2021.07.21 18:36 Wed
twitterfacebook
thumb

「クラスは永続的」元イングランド代表スコールズがトレーニング風景を披露!戦友のベルバトフも賛辞を贈る!

元イングランド代表MFポール・スコールズが精力的に汗を流した。 スコールズはマンチェスター・ユナイテッドの黄金期を支えた1人で、ユナイテッドでは公式戦で650試合以上に出場し、歴代4位の出場記録数を誇っている。 そのスコールズが、先日息子のアロンのインスタグラムに登場。パーソナルトレーニングビジネスの宣伝のためにトレーニングに参加した様子が公開された。 コーンを使ったステップワークからのパス交換や、タイヤをまたぐモモ上げからのボールタッチなどに励むスコールズ。46歳になった今でも、衰えない技術の高さをうかがわせた。 この映像には元ブルガリア代表FWディミタール・ベルバトフらが反応。「クラスは永続的」だと元チームメイトに賞賛を贈っていた。 ただ、さすがに年齢には勝てなかったのか、最後には膝に手をついてお疲れの様子を見せた。 なかなかにハードなトレーニングメニューであるため、むしろアロンが取り組むべきではと思わなくもないが、さすがのレベルを見せたスコールズ。時が経っても技術は錆び付かないようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】ハードなトレーニングに汗を流すスコールズ!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CRjJFDLrX8L/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CRjJFDLrX8L/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CRjJFDLrX8L/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Arron Scholes(@azscholes.pt)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.07.21 16:25 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly