GK4人のサバイバル、大迫敬介は「自分の存在感を発揮していければ」

2021.06.12 11:55 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
U-24日本代表のGK大迫敬介(サンフレッチェ広島)がジャマイカ代表戦に向けて意気込んだ。

東京オリンピックに向けて最後のメンバー選考となるジャマイカ戦。5日に行われたU-24ガーナ代表戦では起用されていなかったが、3日に行われたA代表戦は前半のみプレーした。

今回の活動にはGKが4名選ばれており、サバイバルになっている状況。期待が懸かる中、最終選考前のラストマッチでアピールしたいところだ。

大迫は現在の心境について「直前の合宿がラスト1日ということで、ここまで自分も悔いなくやってきましたし、明日のゲームはキーパー4人いる中で誰が出るか分からないですけど、与えられたところで自分の存在感を発揮していければいいなと思います」とコメント。ここまで悔いはないと語った。

自身の強みについては「僕自身の強みとしてはシュートストップであったり、守備範囲の広さが自分の強みだと思っているので、それが自チームで発揮できているってところで今回呼ばれていると思いますし、これまでもこの年代の代表でずっと積み上げてきたものというのがあるので、そこはしっかりと自信を持ちながらピッチの上で表現していければと思います」とコメント。ピッチ上で表現していきたいと語った。

一方でトライしたい部分については「このチームはキーパーを含めたビルドアップというところを1つテーマにしているので、後ろから繋ぐ部分と、後ろで繋ぎながら相手を引き込んで1発のキックでチャンスに繋げていくというのは、自分自身もすごくトライしてる部分なので、そこはトライしながらチームに上手く落とし込んでいければなと思ってます」と攻撃面でも貢献したい意欲があるようだ。

Jリーグでも出場を重ねる大迫。海外組もいる中での活動となるが「今回は海外の選手も集まっての合宿なので、海外と日本の違いも感じますし、自分自身もGKとしてシュートを止めてもっともっとチームを救いたいという気持ちはありますし、海外でやってる選手のシュートを受けるにしてもJリーグの中でやるのとではシュートの威力であったりスピードだったり質というのは違いを感じるので、そういう意味では毎試合毎試合刺激を貰いながらできてると思います」とコメント。改めてチームメイトからも刺激を受けていると語った。

昨シーズンはGK林卓人にポジションを奪われたが、今シーズンはチームでもポジションを掴んでいる。そのことについては「オリンピックに出るには自チームでの出場機会というのが必要になると思ってましたし、昨年の悔しさというものを試合にぶつけられていると思ってますけど、僕自身としてはもっともっとできると思っていますしやらないといけない感覚はあるので、現状に満足はしていないですしもっともっとチームを救えるようなプレーを増やしていきたいなと思ってます」とコメント。まだまだ自分はできると考えているようだ。

東京オリンピックについては「オリンピックに関して言えばずっと目標にしたやってきましたし、その最終選考の段階に自分がいるっていうのは嬉しく思いますけど、ちゃんと最後まで選ばれて日本を代表してオリンピックを戦いたい気持ちはあるので、自分自身を応援してくださってる方々のためにも何としてもメンバーに入ってオリンピックに出て活躍したいなと思ってます」とコメント。メンバー入りへの熱い思いを語った。

今回の活動からオーバーエイジのDF吉田麻也(サンプドリア)やDF酒井宏樹(浦和レッズ)が入っているが、その辺の変化については「やはり吉田麻也選手であったり酒井宏樹選手であったりはディフェンスラインの選手なので、そういう意味では見ていてもやっていてもすごく信頼できる選手ですし、プレーも1つ1つがクオリティが高いなと思ってます。そういう意味でもチームの頼れる存在であることは間違いないので、そこにみんなついていきながら本番まで1つにまとまっていければと思います」とコメント。頼りになると語った。

関連ニュース
thumb

またも越えられなかった世界の壁、得点前に日本代表に仕掛けられたオヤルサバルの“ワナ”と判断/日本代表コラム

あと一歩だが、その一歩が遠いということを今回も味わうこととなってしまった日本。それが世界との間にある、まだ埋められない差なのだろう。 3日、東京オリンピック男子サッカー準決勝。53年ぶりのメダル獲得を目指すU-24日本代表は、金メダル候補筆頭のU-24スペイン代表との一戦に臨んだ。 下馬評は完全にスペイン有利。ユーロ2020にも出場した6選手や、ヨーロッパの高いレベルでレギュラーを張る選手ばかり。市場価値で見ても7倍もの差がある相手だった。 正直なところ、日本に関係する人以外は、スペインが勝利するものだと思っていただろう。日本が善戦するとすら思われていなかったかもしれない。延長戦に行ったことすら予想外と思う人も多いだろう。 共に準々決勝は120分間の戦いを強いられた。スペインはスコアこそ5-2となったが、90分の戦いではほぼ負けていた。そこから奇跡を起こし延長戦へ持ち込み、相手のミスに乗じて得点を重ねた。 一方の日本は、U-24ニュージーランド代表の堅い守備の前にゴールを奪えず。しっかりと相手の攻撃に対応して戦ったが、延長戦ではあわやというシーンを作られるなど、なんとか凌ぎ、PK戦で準決勝に駒を進めた。この時点で両者には差があったとも言え、そこが決勝への道を逃した差とも言えるだろう。 <span class="paragraph-title">◆スペインを苦しめたという事実</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/jpn20210804_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 準決勝の日本の戦いぶりは世界を驚かせたと言えるだろう。試合は終始スペインがボールを握り、主導権を掴んだまま推移した。日本は基本的に自陣でのプレーが続き、スペインの攻撃を耐え忍んだという状況だ。 この日は、DF吉田麻也、DF板倉滉、GK谷晃生と中央を守る3名が集中したプレーを継続。その他の選手たちも、ボールを奪いに行くチャレンジとカバーリングを的確にこなし、スペインに決定機をほとんど作らせない試合運びを見せた。 攻撃と守備。両者の構図がこうなることは予想でき、それが今の実力。いかに耐えて、少ないチャンスをモノにできるかしか、日本の勝機がなかったのは織り込み済みだった。 そういった点では、失点した115分まで守り抜いたことは評価すべきだろう。一度はPKの判定となった吉田のファウルも、正当なタックルだったが、VARがなければPKだった。ミスからFWラファ・ミルが決定機を数回迎えたが、GK谷の素晴らしい判断でゴールを許さなかった。 一方で、攻撃面ではゴールが生まれそうなチャンスは120分を通して数える程。特に後半と、延長戦でカウンターから何度かチャンスを作りかけたが、簡単には割らせてくれなかった。ゴールを決められるかどうかという部分では、やはりスペインが一枚手。そこが埋め切れない差となったことは紛れも無い事実となった。 <span class="paragraph-title">◆思い出される3年前</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/jpn20210804_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> あと少しでPK戦に突入するかと思われたタイミングでのFWマルコ・アセンシオのゴール。あのシーンを見て思い出されるのは、2018年のロシア・ワールドカップ、ラウンド16のベルギー代表戦だろう。 原口元気、乾貴士のゴールで2点を先行した日本だったが、高さを生かしたプレーに切り替えたベルギーの前に2失点。それでも粘り強く戦い、3点目を許さずに戦っていた。 誰もが延長戦にもつれ込むと思った中、試合の最後に悲劇が。日本のCKを相手GKティボー・クルトワにキャッチされると、そこからベルギーはカウンターを発動。そのままナセル・シャドゥリが決め、3-2でベルギーが逆転勝利した。まさに、似たような展開が、東京五輪の準決勝でも起こってしまった。 あの悔しさを3年越しにまた経験してしまった日本。決して成長していないということを言いたい訳ではない。しかし、それが世界との差であり、3年が経過して90分ではやらせなかったが、120分ではやられてしまったというのが事実だ。 ただ、この試合の審判はあまりプレーを流さないというジャッジングだった。吉田が一度はPKを取られたシーンも、こぼれ球をラファ・ミルが拾っており、そのまま流されていたらゴールだった可能性はある。 一方で日本もやり返すチャンスがあり、後半終了前のラストプレーではMF堂安律がドリブルで中央突破。完全に相手のMFマルティン・スビメンディが後ろから両手で掴んで止めたシーンがあった。 このシーン、堂安が倒された場合でも、MF久保建英、FW上田綺世がおり、日本の人数は足りていた。プレーが流されれば、もしかしたら日本がカウンターを完結させられていたかもしれない。タラレバにはなるが、ジャッジを流そうというプレーを選択できていればというシーンだった。スビメンディの必死な止め方を見れば、スペインも追い込まれたという感覚を持ったプレーだっただろう。 <span class="paragraph-title">◆一瞬の隙を仕留めるスペインの真の力</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/jpn20210804_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 「全て出し切った」と試合後に久保はコメントした。それは本心だろう。互角に渡りあえたというよりは、なんとかスペインについていったという形。日本は無理をしなければ、同等レベルでは戦えないということだろう。 もちろん、スペインの選手に余裕があったとは思わない。ただ、攻め続ける側と守り続ける側では、やはりかかる負荷は異なる。そこから日本が押し出して、攻撃に転じられなかったというところもまだまだ力の差があるということだ。 では、あの失点はなぜ起こったのか。ゴールを決めたアセンシオのシュートも褒められるべきだが、ポイントはその前のプレー。FWミケル・オヤルサバルの仕掛けだろう。 失点シーンを振り返ると、スローインを受けたオヤルサバルが縦に仕掛けると、DF中山雄太とMF田中碧が寄せに行く。その中山がマークしていたアセンシオは中山が前に出ようとしたことを受けて後ろに下がると、オヤルサバルが間を通してパス。アセンシオはターンしたまま左足を振り抜いた。 これにはMF遠藤航も慌てて寄せに行くが間に合わず、DF板倉滉もアセンシオに寄せに行けなかった結果がゴールとなった。 このゴール。集中していた日本のDFが気を抜いたのかと言われればそういうわけではないだろう。カバーリングが遅れたが、それには布石があった。 ゴールが決まる1つ前のプレーでオヤルサバルが右サイドを突破したことがカギだと考えられる。 スローインになる前、オヤルサバルが右サイドを突破した。中央へ折り返したが、これは通らず。日本がクリアした。このシーンが印象づいた結果、得点シーンではオヤルサバルがスローインを受けた後、縦への突破からのクロスを警戒したはずだ。 その結果、アセンシオについていた中山がオヤルサバルの縦を切りに行こうとしたが、その間を通されてアセンシオにパスを通されたのだ。 もちろん、中山の判断が間違ったとは言えない。オヤルサバルについていってもパスは出されていただろう。田中がついていっ多としても、間に合った可能性は低い。オヤルサバルがボールを持った時にアセンシオがマークを外し、自身がシュートを打てるポジションを取った。それを見たオヤルサバルが冷静にパスを通した。個人の技量もあるが、チームとしてオートマチックに動け、それを共有したプレー判断の結果だと言える。 日本はチームとして戦い抜いて、粘りを見せて115分間は耐えた。しかし、それを上回るチームプレーを見せ続けたのはスペイン。さらに、局面での個の能力でも上回った。まだまだ世界との差はあるというのが事実だろう。 オリンピックはあくまでも世代別の戦い。メダルを目指して戦うことは当然だが、サッカー界で言えばワールドカップこそ頂点。1年半後の戦いで日本は何を見せられるのか。2018年、2021年と世界との差を土壇場で味わった選手たちのここからの奮起に期待するとともに、9年前のロンドン・オリンピックのようにならず、しっかりと銅メダル獲得を果たしてくれることを願うばかりだ。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2021.08.04 18:15 Wed
twitterfacebook
thumb

「スペインが勝利し、誰も日本のことは覚えていない」久保建英が準決勝敗退をスペインメディアに語る

U-24日本代表MF久保建英が、U-24スペイン代表戦を振り返った。スペイン『アス』が伝えた。 3日、東京オリンピック男子サッカーの準決勝が行われ、日本は53年ぶりのメダルを懸けて、そして目標の金メダルを懸けてスペインと対戦した。 金メダル候補のスペインを相手に、終始押し込まれる時間帯が続いた日本。しかし、集中した全員守備でゴールを割らせず。守護神・谷晃生の好セーブもあり得点を許さない。 なかなか攻め手のなかった日本も少ないチャンスでスペインゴールに迫るが、決定力を欠いてしまう。 2試合連続での延長戦となったが、そこでもスペインが主導権。疲労もあったのか、徐々に攻める形を日本が作ったが、115分に一瞬の隙をついたFWマルコ・アセンシオが得意の形からゴールを奪い、スペインが1-0で勝利を収めた。 90分でピッチを去った久保。目標だった金メダルに届かなかったが、スペインが優っていたと語った。 「僕たちは負けました。続けなければいけないですが、今はとてもショックを受けています」 「今日の試合は難しくなるとわかっていました。僕たちの時間がありましたが、僕は失敗し、彼らは得点した。これが現実です」 「彼らは優れていましたが、僕たちにも「もしかしたら…」という気持ちが少しありました」 これにより3位決定戦に回りU-24メキシコ代表と対戦する日本。久保は、勝利してなんとかメダルを獲得したいと語った。 「オーバーエイジの2人は2012年(ロンドン五輪)で4位になっているので、せめてメダルを獲りたいと思っています。それが僕たちの義務だと思います」 「3人が助けに来てくれたので、今度は僕たちがそれに応えなければいけないです」 「僕たちはスペインやブラジルでは無いので、金メダルを獲らなければいけないというプレッシャーはありません。でも、この世代は素晴らしいことを成し遂げられると思っていました。だから今度はメキシコと戦います」 また、自身のパフォーマンスについて聞かれた久保は、個人ではなくチームスポーツだと語りながらも、負けたことが全てだと語った。 「これはチームスポーツであり、個人には何も価値はないです。交代で入ったマルコ(・アセンシオ)がゴールを決めたので、明日は彼が表舞台に立つと思います」 「スペインが勝利し、誰も日本のことは覚えていない。これが現実です」 2021.08.04 09:52 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング: U-24日本代表 0-1 U-24スペイン代表《東京オリンピック》

3日、東京オリンピック準決勝のU-24日本代表vsU-24スペイン代表の一戦が埼玉スタジアム2002で行われ、0-0で90分を終了。延長戦の末、0-1でスペインが勝利した。 超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽U-24日本代表採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/fom20210803u24jpn_esp_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©CWS Brains, LTD.<hr></div> ※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価 ※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし GK 12 谷晃生 6.5 バックパスの際には上手く時間を作るなど冷静なプレー。しっかりと判断して飛び出しセーブも見せる。失点はノーチャンス。 DF 2 酒井宏樹 6.5 ダニ・オルモ相手に安定した守備を見せ続ける。相手との守備の駆け引きでも勝利し巧みなプレー。 3 中山雄太 6.5 安定したプレー。絞るプレーやサイドでの対応も冷静。相手に囲まれても落ち着いて運ぶなど良さを見せた。 4 板倉滉 6.5 空中戦ではしっかりとラファ・ミルの対応。シュートブロックも含めて粘りの守備を見せた。最後アセンシオに寄せられなかったことだけが悔やまれる。 5 吉田麻也 6.5 冷静に対応しシュートブロック。落ち着いたプレーを見せ続けた。後半には大ピンチを救う難しいタックル。最後は最前線でおゴールを目指すも実らず。 MF 6 遠藤航 6.5 しっかりと危険な瞬間を予測してピンチの芽を摘む。攻撃でも機を見て前線に攻め上がる。 7 久保建英 6.5 チャンスと見るや積極的な仕掛け。周りが見えている。堂安とのコンビで崩しを見せた。 (→8 三好康児 6) フレッシュなことを生かしてしっかりと守備対応からの攻撃参加。 10 堂安律 6.5 体の強さを生かしてキープ。判断に優れたプレーで攻撃を牽引。ドリブルで運ぶ姿も負けていなかった。 (→9 前田大然 6) スピードを生かしてスペインを押し込む。もう少しスペースへのボールを呼び込みたかった。 13 旗手怜央 6 前半はあまりボールに関与できていなかったが、後半は積極的にボールに絡む。守備でも1列前で貢献。 (→16 相馬勇紀 6) 判断遅くボールロストからピンチに。その後は落ち着いてプレー。延長戦では積極的に仕掛けてチャンスメイク。 17 田中碧 6 今日もしっかりとバランスを取る。ビルドアップに参加し、守備でも強度高くプレー。ボール奪取後も落ち着いていた。 FW 19 林大地 6 前線で身体を張ったプレー。最終ラインへの果敢なプレスでリズムを崩すシーンも。 (→18 上田綺世 5.5) オフ・ザ・ボールの動きを見せるもなかなか良い形でボールが来ず。シュートシーンもなかった。 監督 森保一 6.5 勝負を決したのはワンプレー。それ以外の部分は選手たちがしっかりとファイト。我慢して戦ったが、またしても決勝には進めず。 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! FWマルコ・アセンシオ(スペイン) 後半途中から出場。右に左にポジションを移しながら日本の守備を崩しに。一振りで試合を決めてしまう力はさすが。 U-24日本代表 0-1 U-24スペイン代表 【スペイン】 マルコ・アセンシオ(延後10) 2021.08.03 22:50 Tue
twitterfacebook
thumb

運命の準決勝、スペイン戦の日本代表スタメン発表! 久保&堂安のコンビに1トップはFW林大地

3日、東京オリンピックの準決勝でU-24スペイン代表と対戦するU-24日本代表のスターティングメンバーが発表された。 グループステージを唯一の3連勝で勝ち上がった日本は、準々決勝では延長戦、そしてPK戦までもつれ込み、U-24ニュージーランド代表を下して準決勝進出した。 日本のスターティングメンバーは、出場停止のDF冨安健洋(ボローニャ)の代役にDF板倉滉(フローニンヘン)を起用。1トップにはFW林大地(サガン鳥栖)が入った。また2列目の左はDF旗手怜央(川崎フロンターレ)が起用された。 ◆スタメン[4-2-3-1] GK:谷晃生 DF:酒井宏樹、吉田麻也、板倉滉、中山雄太 MF:遠藤航、田中碧 MF:堂安律、久保建英、旗手怜央 FW:林大地 監督:森保一 ◆サブ GK:大迫敬介 DF:橋岡大樹、瀬古歩夢 MF:三好康児、相馬勇紀 FW:前田大然、上田綺世 2021.08.03 19:02 Tue
twitterfacebook
thumb

【U-24日本代表プレビュー|準決勝】金メダルまであと2つ、初の決勝進出へ/vsU-24スペイン代表【東京五輪】

3日、東京オリンピックの男子サッカー準決勝が開催される。ここまで勝ち上がってきたU-24日本代表は2012年のロンドン・オリンピック以来の準決勝進出。ここで勝利すれば、史上最高の銀メダル以上が確定する。 相手は、金メダル候補のU-24スペイン代表。実力者が揃うチームだが、五輪本番前の試合では1-1のドローに終わった。半月ぶりの再戦でどのような戦いを見せるのか。目標に向けて互いに落とせない一戦だ。 <span class="paragraph-title">◆予想通りの準決勝スペイン戦</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/japan20210803_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 大会前の親善試合でU-24スペイン代表と対戦した日本。その試合後に森保一監督は「多くの選手が厳しい戦いを、レベルの高い相手との戦いを経験できたことは、東京オリンピックに向けて非常に良い試合をさせてもらったと思います」とコメント。一定の手応えを語っていた。 一方でピッチで対峙したDF吉田麻也(サンプドリア)は「勝ち上がれば、またこういう相手と戦うことになるので、次やるときはより質の高いプレーが求められると思います」とコメント。その時がついに訪れたということだ。 ニュージーランド戦では、遠藤航、上田綺世がそれぞれ決定機を迎えたが、遠藤は枠を外し、上田はGKの好セーブに阻まれた。攻めていてもゴールを奪えなかった結果が、120分を戦いPK戦に委ねられるという状況にもつれ込むこととなった。 しかしながら、これまでであればそのまま敗れてきたような展開もしっかりと勝利。そこに今回のチームの強さを見ることができたようにも思う。 延長後半にはセットプレーからあわやというシーンを作られたが、吉田がブロックしことなきを得た。決まっていれば、そのまま敗れていただろう。そこを凌ぎ、PKでは守護神が躍動し、ベスト4にまでこぎつけた。まだ運もある中で、しっかりとここを勝ちきりたい。 <span class="paragraph-title">◆金メダル候補にも不安材料はあり</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/japan20210803_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> 対するスペインは、グループステージの初戦でDFオスカル・ミンゲサとMFダニ・セバージョスが負傷。チームも1勝2分けと苦しみながらもグループステージを突破した。 そして迎えた準々決勝ではU-24コートジボワール代表と対戦。この試合でミンゲサが復帰したが、開始10分で負傷交代するアクシデントに見舞われてしまった。 さらに後半アディショナルタイムに相手に勝ち越されるという大ピンチに。しかし、そこで投入されたラファ・ミルが起死回生の同点ゴールを決めると、延長に入ってラファ・ミルの2ゴールなど3ゴールを奪い、5-3で勝利した。 中2日の連戦により選手たちのコンディションは徐々に落ちている状況。試合勘が取り戻せていながらも、主導権を握り続けられているわけではないという状態だ。日本にも付け入る隙がないわけではない。 とはいえ、クオリティの高い選手は多く、得点を奪いに行くとパワーをかけた時の破壊力は凄まじい。会心の試合をここまで見せていないことも末恐ろしい状況ではある。初戦で負傷したセバージョスも復帰のほどは定かではないが、トレーニングには復帰した。 日本と大会前に戦っているために互いに分析が進んでいることは事実。スペインは主力を投じた後半に主導権を握っていたこともあり、攻略法は見出しているいかもしれない。どのような形で臨んでくるかに注目だ。 <span class="paragraph-title">◆予想スタメン[4-2-3-1]</span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/japan20210803_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> GK:谷晃生 DF:酒井宏樹、吉田麻也、板倉滉、中山雄太 MF:遠藤航、田中碧 MF:堂安律、久保建英、三好康児 FW:前田大然 監督:森保一 出場停止:冨安健洋 当初の目標であった6試合を戦うというミッションは達成した日本。その6試合目が金メダルを争う戦いなのか、銅メダルを争う戦いなのかが今夜決まる。 5試合目となったスペイン戦。ゴールを守るのはGK谷晃生(湘南ベルマーレ)だ。U-24ニュージーランド代表との準々決勝では、空中戦の強い相手にしっかりと対応。さらにPK戦では1本のシュートをセーブし、チームに勝利を呼び込んだ。試合を重ねるごとに安定感は増す状況。多くのシュートを浴びる可能性があるが、谷がゴールを割らせなければ負けはない。 最終ラインは右サイドバックにDF酒井宏樹(浦和レッズ)が復帰。センターバックは吉田とDF板倉滉(フローニンヘン)がコンビを組むだろう。冨安健洋(ボローニャ)がニュージーランド戦で2枚目のイエローカードをもらったことで出場停止に。しかし、初戦と2戦目でCBとして板倉が出場していたことがプラスに働きそうだ。なお、左サイドバックはDF中山雄太(ズヴォレ)が入るだろう。スペインのサイドアタックにしっかりと対応してもらいたい。 ボランチコンビは_MF遠藤航(シュツットガルト)とMF田中碧(デュッセルドルフ)の盤石のコンビだろう。準々決勝でイエローカードも清算。よりアグレッシブなプレーをここ一番で発揮できるはずだ。スペインを凌ぐゲームコントロールを見せてもらいたい。 2列目もMF堂安律(PSV)、MF久保建英(レアル・マドリー)は変わらないだろう。2人のコンビネーションが試合のカギを握る。いかにコンビネーションでスペイン守備陣を崩すか。そこがポイントだ。そして左サイドにはMF三好康児(アントワープ)が入ると予想する。2列目の3人のコンビネーションという点を考えると、左利きトリオが最も良い連携を見せていた印象だ。お互いを感じ、それぞれを補完できる関係を作るには三好が最適解か。守備面を含めても期待を寄せたい選手の1人だ。 そして1トップだが、満を持してFW前田大然(横浜F・マリノス)を推したい。ここまでの戦いではFW林大地(サガン鳥栖)の最前線で体を張ったプレーは日本を大きく支えた。守備面でも前からしっかりと追いかけるプレーは守備のスイッチ役にもなっていたが、スペインが後方からのビルドアップを得意とすることを考えると、よりスプリント回数が計算できる前田が良いと考える。 世界にも通用するスピード、それによる相手のミスを誘発させることや2列目がボール奪取をするシーンを作り、ショートカウンターで仕留めるという作戦はスペインには効果的と言えるだろう。金メダルに向けた総力戦となる一戦。森保一監督のベンチワークを含めた采配にも注目だ。 互いに金メダルを目指す運命の一戦。U-24日本代表vsU-24スペイン代表は埼玉スタジアム2002で8月3日(火)の20時にキックオフを迎える。 2021.08.03 18:15 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly