ウディネーゼがゴッティ監督の来季続投を発表!

2021.06.12 05:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウディネーゼは11日、ルカ・ゴッティ監督(53)と2021-2022シーズンの契約を更新したことを発表した。

かつてロベルト・ドナドーニ氏やマウリツィオ・サッリ氏のアシスタントコーチを務めた経歴を持つゴッティ監督は、2019年11月にイゴール・トゥドール前監督の後任として、アシスタントコーチからウディネーゼの監督に就任。

チームは一時残留争いに巻き込まれかけたものの、就任1年目は最終的にはセリエA13位でシーズンを終えていた。
初めてフルシーズンを指揮した今季は昨季を下回る14位でシーズンを終えることになり、一部では今季限りでの退任の可能性が報じられていたが、来シーズンもフリウリの地でチームを指揮することになった。

関連ニュース
thumb

伊東在籍のS・ランスが元リヨンFWマオリダ獲得! 一方でグラヴィジョンら3選手が移籍

スタッド・ランスは31日、ヘルタ・ベルリンからフランス人FWミザンヌ・マオリダ(23)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 リヨンの下部組織出身でリヨンでトップチームデビューを飾ったマオリダは、2018年にニースへ完全移籍で加入。左ウイングを主戦場にスピードとテクニックに優れるアタッカーとして公式戦63試合の出場し、5ゴールと7アシストの数字を残していた。 その後、2021年夏にヘルタへ完全移籍するも、在籍1年半で22試合2ゴール1アシストと思うような数字を残せずにいた。 ランスでは日本代表FW伊東純也とは逆サイドの左ウイングでのプレーが見込まれている。 一方、ランスは同日、グアドループ代表DFアンドリュー・グラヴィジョン(24)のトリノへのレンタル移籍を発表。さらに、フランス人DFブラッドレイ・ロコ(20)、同MFマルタン・アデリーヌ(19)がそれぞれスタッド・ブレスト、ロデズにレンタル移籍したことも併せて伝えている。 2023.02.01 08:39 Wed
twitterfacebook
thumb

C・パレスが中盤補強! サンビ・ロコンガに遠藤航の相棒アーマダを獲得

クリスタル・パレスは31日、アーセナルからベルギー代表MFアルベール・サンビ・ロコンガ(23)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 2021年夏、アンデルレヒトから期待の若手としてノースロンドン入りしたサンビ・ロコンガ。加入1年目の昨シーズンは公式戦24試合に出場。攻撃面での特徴を出していた一方で、ボランチとしての守備の強度の低さが課題とされていた。 今シーズンはヨーロッパリーグ(EL)ではグループステージの全6試合に出場。しかし、プレミアリーグでは出番が限られ、公式戦では15試合でプレーするにとどまっていた。 アーセナルはチェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョの獲得に成功したものの、エジプト代表MFモハメド・エルネニーがヒザの負傷で長期離脱、ガーナ代表MFトーマス・パルティも負傷と、19年ぶりのプレミアリーグ優勝に向けてセントラルMFが手薄な状況。それでも、クラブは23歳の若武者をクラブOBでもあるパトリック・ヴィエラ監督が率いるパレスに預ける選択をした。 また、パレスは同日、シュツットガルトからフランス人MFナウィル・アーマダ(20)を完全移籍で獲得したことを発表。契約期間は2026年6月30日までの3年半となる。 ユベントスの下部組織出身のアーマダは、リザーブチームにあたるユベントスNextGenから2020年10月にシュツットガルトへレンタル加入。翌年夏にクラブが買い取りオプションを行使し、正式にドイツの名門の一員となった。 以降はボックス・トゥ・ボックス型のMFとして日本代表MF遠藤航と中盤でコンビを組み、今季ここまではブンデスリーガ17試合に出場し、2ゴール2アシストの数字を残していた。 2023.02.01 08:26 Wed
twitterfacebook
thumb

スパーズがペドロ・ポロ獲得を公式発表! 今夏買取義務の半年レンタル

トッテナムは31日、スポルティングCPからスペイン代表DFペドロ・ポロ(23)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「23」に決定している。 なお、今回の契約には今夏の買い取り義務が発生する条項が盛り込まれており、契約解除金として設定されていた4500万ユーロ(約63億7000万円)を支払うことになる模様。また、同じタイミングでポロとは2028年6月30日までの5年契約を結ぶ予定だ。 ラージョ・バジェカーノやジローナの下部組織に在籍歴のあるポロは、2019年8月にマンチェスター・シティに加入。だが、トップチームで出場機会はなくバジャドリー、スポルティングにレンタルに出されていた。 その後、2年のレンタル期間に目覚ましい活躍を披露したスペイン代表DFは、今年5月にスポルティングが完全移籍で買い取っていた。 173cmとサイズには恵まれていないものの、スピードと運動力に優れるポロは積極的な持ち上がりと、高精度の右足のキックを最大の特長とする。また、タッチライン際に張るだけでなく内側のポジションで組み立てや崩しにも絡めるモダンなサイドプレーヤー。今季ここまでは公式戦26試合3ゴール11アシストと圧巻の数字を残していた。 2023.02.01 08:03 Wed
twitterfacebook
thumb

スポルティングがベジェリンを獲得! 今季終了までの契約に

スポルティングCPは31日、バルセロナから元スペイン代表DFエクトル・ベジェリン(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。 スポルティングでは、右ウイングバックの主力を務めていたスペイン代表DFペドロ・ポロ(23)のトッテナム行きが決定的に。これを受け、クラブは後釜の確保に動いていた。 当初はブライトンのガーナ代表DFタリク・ランプティ(22)が有力な候補に挙がっていたが、ここにきて残留が濃厚となっている。 そして、新たな代役候補の中からリスボンの名門は、バルセロナで思うように出場機会を得られずにいた元スペイン代表DFの獲得に成功した。 長らくアーセナルの右サイドを支えてきたベジェリンは昨夏、近年の出場機会減に伴い、右サイドバックの補強が必要となった古巣バルセロナに、大幅な減俸を呑む形で11年ぶりの帰還を果たした。 ただ、今季ここまでは負傷者や一部主力の登録の問題でライバル不在だった序盤こそ出場機会を得たものの、以降は思うように出番を得ることができず。ここまで公式戦7試合の出場にとどまっている。とりわけ、昨年10月半ば以降はリーグ戦で一度も出場機会がなかった。 2023.02.01 07:47 Wed
twitterfacebook
thumb

マルセイユ、ポルトガル期待のFWヴィティーニャを獲得!

マルセイユは31日、ブラガからU-21ポルトガル代表FWヴィティーニャ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「9」に決定。契約期間は2027年6月30日までの4年半となる。 フランス『レキップ』によると、マルセイユは逸材FW獲得に3000万ユーロ(約42億3000万円)の移籍金を支払うことになったようだ。 3強に次ぐポルトガルの強豪生え抜きのヴィティーニャは、同国の世代別代表でも活躍する183cmのストライカー。昨シーズンに主力に定着すると、今シーズンここまでは公式戦27試合13ゴール5アシストの数字を残している。 センターフォワードとしては決してサイズに恵まれていないが、身体能力が非常に高く、前を向いてもDFを背負っても相手守備に脅威を与えられるパワフルなプレースタイル。また、足元の技術や周囲を生かす術も備えており、守備面の貢献度の高さを含めて非常にタフなストライカーだ。 2023.02.01 07:36 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly