ウディネーゼがゴッティ監督の来季続投を発表!

2021.06.12 05:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウディネーゼは11日、ルカ・ゴッティ監督(53)と2021-2022シーズンの契約を更新したことを発表した。

かつてロベルト・ドナドーニ氏やマウリツィオ・サッリ氏のアシスタントコーチを務めた経歴を持つゴッティ監督は、2019年11月にイゴール・トゥドール前監督の後任として、アシスタントコーチからウディネーゼの監督に就任。

チームは一時残留争いに巻き込まれかけたものの、就任1年目は最終的にはセリエA13位でシーズンを終えていた。
初めてフルシーズンを指揮した今季は昨季を下回る14位でシーズンを終えることになり、一部では今季限りでの退任の可能性が報じられていたが、来シーズンもフリウリの地でチームを指揮することになった。

関連ニュース
thumb

33歳シュナイデルラン、W・シドニーにローン移籍! 元ユナイテッドMFが豪州挑戦

Aリーグ・メンのウェスタン・シドニー・ワンダラーズは28日、ニースから元フランス代表MFモルガン・シュナイデルラン(33)の獲得を発表した。契約は今季いっぱいのローン。背番号「4」をつける。 守備的MFが主なプレーエリアのシュナイデルラン。ストラスブールでのプロ入りから、サウサンプトンでの活躍から、フランス代表としてブラジル・ワールドカップ(W杯)に出場。一時はマンチェスター・ユナイテッドでもプレーした。 だが、ユナイテッドでは地位を築けず、エバートンに放出され、2020年夏から現所属のニースに。昨季まで主力を担ったが、今季のここまで出場ゼロと苦しんでおり、一部メディアの報道通り、心機一転のオーストラリア挑戦が決まった。 新天地を通じて「ここに来られて本当に嬉しい。このクラブで自分の旅を始めるのが楽しみだ。ワンダラーズについて良いことをたくさん聞いている。スタートを切る準備はできているよ」とコメントしている。 ウェスタン・シドニー・ワンダラーズはAリーグ・メン13試合を消化して勝ち点20を稼ぎ、12チーム中の3位に位置している。 2023.01.28 09:35 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、元ウェールズ代表のサヴェージ息子がイングランド3部へ! 今季いっぱいのローン

EFLリーグ1(イングランド3部相当)のフォレストグリーン・ローバーズは27日、マンチェスター・ユナイテッドからU-21ウェールズ代表MFチャーリー・サヴェージ(19)の半年レンタルを発表した。 元ウェールズ代表MFのロビー・サベージを父に持つサヴェージ。父と同じくユナイテッドのアカデミー育ちで、2021年4月にプロ契約を結び、同年12月のチャンピオンズリーグ(CL)でトップチームデビューを果たした。 エリク・テン・ハグ新監督の今季を迎えるにあたり、プレシーズンツアーにも帯同したが、ここまでは出番なし。セカンドチームでのプレーが続くなか、この後半戦からイングランド3部で力を磨くことが決まった。 2023.01.28 08:55 Sat
twitterfacebook
thumb

躍進ニューカッスルの象徴トリッピアーが新契約にサイン! 「これ以上望む場所はない」

ニューカッスルは27日、イングランド代表DFキーラン・トリッピアー(32)との契約を2025年6月30日まで延長したことを発表した。 サウジアラビア政府系ファンドによる買収後最初の獲得選手であり、DFジャマール・ラッセルズに代わってゲームキャプテンとしてチームを牽引する32歳DFは、今回の契約延長に満足感を示している。 「契約を延長することができて、本当に嬉しく思っているよ。監督、オーナー、ファン、そしてチームメイトに感謝の気持ちでいっぱいだ」 「僕が初めてここに来たとき、彼らはとても歓迎してくれたし、僕はクラブが偉大なことを成し遂げるのを助けたいんだ。今はクラブにとっても僕らプレーヤーにとってもポジティブな瞬間を過ごしているし、僕にとってこれ以上望む場所はないよ」 マンチェスター・シティの下部組織出身のトリッピアーは、バーンリー時代にブレイク。2015年7月にトッテナムへと完全移籍すると、公式戦114試合に出場し2ゴール24アシストを記録。リーグ屈指の右サイドバックとの評価を確立すると共に、イングランド代表にも定着した。 その後、2019年にアトレティコ・マドリーへ移籍し、自身初の国外リーグを経験し、昨年1月にバーンリー時代に指導を受けた、エディ・ハウ監督の誘いを受けてニューカッスルに加入。ハーフシーズンのプレーとなった1年目はケガでほぼプレーできずに終わったが、今季は開幕からここまでの公式戦全26試合に出場し、1ゴール6アシストを記録。攻撃では高精度のクロスやプレースキックで多くのチャンスを演出し、守備では守護神ニック・ポープ、ファビアン・シェア、スヴェン・ボトマン、ダン・バーンとの鉄壁のユニットでリーグ最少(11失点)の堅守を構築している。 2023.01.28 07:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ボーンマスがガーナ代表FWセメンヨを獲得! カタールW杯では2試合に出場

ボーンマスは27日、ブリストル・シティからガーナ代表FWアントワーヌ・セメンヨ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2027年6月30日までの4年半となるが、クラブはさらに1年の延長オプションを保有している。 ガーナ人の両親の元、イングランドで生まれ育ったセメンヨは、185㎝のストライカー。ブリストルのアカデミーからトップチームに昇格すると、以降はニューポート・カウンティ、サンダーランドでの武者修行を経験した。 そして、2020-21シーズンからブリストルのトップチームに定着すると、ここまではチャンピオンシップ(イングランド2部)で通算111試合に出場し、15ゴール19アシストを記録。今季ここまでは22試合5ゴール2アシストの数字を残している。 また、今年に入って両親の母国ガーナでフル代表デビューを飾ると、カタール・ワールドカップでもメンバー入りし、ポルトガル代表戦、ウルグアイ代表戦に途中出場していた。 前述のスタッツが物語るようにフィニッシュの局面における判断、精度はかなり粗削りだが、爆発的な加速力や簡単に当たり負けしないダイナミックなプレーは大きな魅力で、カウンタースタイルのチェリーズとの相性は悪くないはずだ。 2023.01.28 06:45 Sat
twitterfacebook
thumb

レバークーゼン、伊東純也の同僚GKペンツを獲得! フラデツキーのバックアップに

レバークーゼンは27日、スタッド・ランスからオーストリア代表GKパトリック・ペンツ(26)を完全移籍で獲得した。契約期間は2025年6月30日までとなる。 レバークーゼンへの移籍が決まったペンツは、公式サイト以下のようにコメントしている。 「オーストリア人として、ブンデスリーガはもちろん魅力的ですし、多くの同胞がここでプレーしている。レバークーゼンでは世界トップレベルの環境で僕の能力を試すことができるんだ。これまでやってきたことを継続し、今シーズンの目標を達成できるよう、自分の役割を果たすとともに、努力し続けるつもりだ」 2013年にザルツブルクの下部組織からオーストリア・ウィーンの下部組織へ移籍したペンツは、2016年5月にプロデビュー。オーストリア・ウィーンでは3年目の2017-18シーズンから守護神に定着し、公式戦154試合に出場。 ここでの活躍が認められ、昨夏に3年契約でスタッド・ランスへ移籍。今季は開幕からスタメンで起用されたが、第7節までに14失点を喫すると、第8節以降はフランス人GKイェフヴァン・ディウフにポジションを奪われていた。 また、各年代のオーストリア代表に選出されてきたペンツは、2022年3月にフル代表デビュー。これまで4試合に出場している。 レバークーゼンでは、守護神ルーカス・フラデツキーの控えを務めるロシア代表GKアンドレイ・ルニョフが背中のケガで長期離脱となっており、新たな控えGKの確保に動いていた。 2023.01.28 06:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly