ヴェローナ、ディ・フランチェスコを新指揮官に招へい! 契約は2年

2021.06.08 14:10 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヴェローナは7日、エウゼビオ・ディ・フランチェスコ氏(51)の監督就任を発表した。契約は2年。2023年6月30日までの指揮となる。

かつてサッスオーロやローマなどを率いたディ・フランチェスコ氏。2020年8月から2年契約でカリアリの監督に就任したが、今年2月に成績不振で解任され、フリーだった。

一方、ヴェローナは2019年夏からイバン・ユリッチ監督が指揮。初年度からセリエAで9位、10位と安定した成績を残し続けたが、先月末にトリノ監督就任が決定した。

関連ニュース
thumb

トリノ、ヴェローナ退団のユリッチ監督を招へい

トリノは28日、同日にヴェローナを退団していたイバン・ユリッチ監督(45)を招へいしたことを発表した。契約期間は2024年6月までの3年間となっている。 今季、残留争いに巻き込まれたトリノはセリエAで17位フィニッシュ。最終節を前に何とか残留を決めていたが、クラブはダビデ・ニコラ前監督の退団を28日に発表していた。 ユリッチ監督はクロトーネやジェノアで結果を残した後、2019年からヴェローナの指揮官に就任。2019-20シーズンは9位フィニッシュ、そして今季は10位フィニッシュと安定した成績を残していた。 2021.05.28 23:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ホーム最終戦をドローで終えたナポリはCL出場権獲得ならず…《セリエA》

ナポリは23日、セリエA最終節でヴァローナと対戦し1-1の引き分けに終わった。 8試合負けなしと絶好調のナポリが、8試合勝利なしと不調の10位ヴェローナ(勝ち点44)をホームに迎えた一戦。チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を目指すナポリは、前節のスタメンからポリターノをロサーノに変更した以外は同じスタメンを起用した。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、ナポリは33分に最初のチャンスを迎える。ボックス右でボールを受けたロサーノの折り返しをボックス右手前で受けたインシーニェがカットインからコントロールショットを放ったが、これはわずかに左に逸れた。 ナポリは42分にも、ボックス右から仕掛けたロサーノがゴールに迫ったが、シュートはゴール右上に外れ、前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半も膠着状態が続いたが、ナポリがセットプレーから待望の瞬間を迎える。60分、ジエリンスキの右CKをラフマニが頭で合わせると、ゴール前のオシムヘンに当たったこぼれ球を再びラフマニが押し込んだ。 先制したナポリだったが69分、一瞬の隙からヴェローナに同点を許してしまう。自陣ペナルティーアークで獲得したFKからギュンターがロングフィードを供給すると、抜け出したファラオーニがボックス右からシュート。左ポストに当たったボールはゴールネットに吸い込まれた。 追いつかれたナポリは、72分にジリエンスキとヒサイを下げてメルテンスとマリオ・ルイを投入。すると75分、右CKの二次攻撃からボックス左でパスを受けたメルテンスがシュート。意表を突くニアへのシュートは左サイドネットに外れた。 その後も猛攻を仕掛けたナポリだが、最後まで追加点は生まれず。試合は1-1でタイムアップ。同日に行われた5位ユベントス(勝ち点75)が勝利したため、、5位へ後退したナポリは来季のCL出場権を逃した。 2021.05.24 05:57 Mon
twitterfacebook
thumb

冨安フル出場のボローニャ、ヴェローナとの中位対決は痛み分けドローで6戦勝ちなし《セリエA》

冨安健洋の所属するボローニャは17日、セリエA第37節でヴェローナと対戦し2-2の引き分けに終わった。冨安はフル出場している。 リーグ戦5試合勝利のない11位ボローニャ(勝ち点40)が、7試合勝利のない10位ヴェローナ(勝ち点43)のホームに乗り込んだ一戦。 冨安がセンターバックで4試合連続のスタメン出場となったボローニャは、開始早々にセットプレーの流れから失点する。2分、ディマルコの左CKをファーサイドのギュンターがダイレクトで折り返すと、ゴール前に走りこんだファラオーニが右足で流し込んだ。 先制を許したボローニャは、17分にもピンチを迎える。冨安との連係ミスからGKラヴァーリアがバックパスを手で処理してしまい、ヴェローナに間接FKを献上。しかし、ザッカーニのシュートは冨安のブロックで難を逃れた。 その後は一進一退の展開が続く中、ボローニャは32分に同点に追いつく。右サイドで獲得したFKからスコフ・オルセンが供給したクロスが流れると、ボックス左深くで拾ったソリアーノの折り返しを最後はデ・シルベストリがゴール右隅に押し込んだ。 同点に追いついたボローニャだったが、40分に再びピンチ。ザッカーニのパスで左サイド深くまで侵入したラゾビッチのクロスからカリニッチにヘディングシュートを許したが、これはクロスバーに救われた。 同点で迎えた後半、先にスコアを動かしたのはホームチームだった、53分、左サイドを持ち上がったザッカーニのラストパスからラゾビッチがクロスを供給すると、冨安の前に上手く抜け出したカリニッチがワンタッチでゴールに流し込んだ。 勝ち越しを許したボローニャは、62分にサンソーネを下げてバロウ、74分にダイクスを下げてオルソリーニを投入。すると82分、スコフ・オルセンの右クロスが相手に当たって、ファーサイドに流れると走りこんだパラシオががスライディングシュートで流し込んだ。 結局、試合はそのまま2-2でタイムアップ。中位同士の一戦は痛み分けに終わり、互いにリーグ戦の未勝利を伸ばす結果となった。 2021.05.18 05:45 Tue
twitterfacebook
thumb

伏兵ダルミアン弾でインテルがウノゼロ勝利、次節にもスクデットの可能性《セリエA》

インテルは25日、セリエA第33節でヴェローナをホームに迎え、1-0で勝利した。 あと8ポイントで11年ぶりのスクデットとなる首位インテル(勝ち点76)は、ここ2試合は引き分けで足踏みとなっている中、ベストメンバーで臨みルカクとラウタロが2トップを形成した。 3連敗中の10位ヴェローナ(勝ち点41)に対し、 インテルは開始3分に決定機。ルカクのバックヘッドに抜け出したラウタロがGKと一対一に。ループシュートを狙ったが、枠を外してしまった。さらに18分、ボックス右からハキミの放ったシュートが枠の左を捉えるも、GKの好守に阻まれる。 すると24分、ボックス左に侵入されたベッサにGKハンダノビッチ強襲されるシュートを打たれた。 前半半ば以降は自陣に引きながらカウンターを狙ったインテルだったが、ゴールレスでハーフタイムに入った。 迎えた後半も押し込まれる時間帯の多かったインテルだったが、64分に先制のチャンス。ロングカウンターに転じた流れからラウタロがボックス右に侵入してGK強襲のシュートを放った。 そのインテルはセンシとダルミアンを投入すると、69分にハキミの直接FKが右ポストに直撃。 そして76分、途中出場のダルミアンが大仕事を果たす。ハキミのパスをボックス左で受けたダルミアンがカットインからゴールへ蹴り込んだ。 終盤にかけてはインテルが強固な守備でヴェローナの反撃を許さず、ウノゼロで勝利。次節、後続の結果次第でインテルにスクデットの可能性が生まれる結果となっている。 2021.04.25 23:59 Sun
twitterfacebook
thumb

ラニエリのHT3枚替えで流れ変えたサンプが逆転で3戦ぶり白星! 勝利貢献の吉田は累積警告で次節欠場《セリエA》

セリエA第31節、サンプドリアvsヴェローナが17日にルイジ・フェラーリスで行われ、ホームのサンプドリアが3-1で逆転勝利した。なお、サンプドリアのDF吉田麻也は先発フル出場した。 10位のサンプドリア(勝ち点36)と9位のヴェローナ(勝ち点41)による中位対決。ミラン、ナポリという上位陣との連戦を1分け1敗で終え、3試合ぶりの白星を目指すサンプドリアでは吉田がセンターバックで2試合連続のスタメンを飾った。 立ち上がりから相手に押し込まれる守勢の入りとなったサンプドリアは我慢しきれずに早い時間帯にゴールを割られる。13分、自陣ペナルティアーク付近でヴェッレが与えたFKをキッカーのラゾビッチに見事な右足のシュートをゴール左隅に決められた。 失点直後にヴェッレのミドルシュートでGKにファインセーブを強いたホームチームだが、以降も相手の切り替えの速さ、球際の強さを前に劣勢を強いられ、吉田を中心とする最終ラインは後ろ向きの難しい対応が続く。その流れの中でザッカーニやサルセドに決定機を許すが、身体を張った守備でこれを凌ぎ切って辛くも最少得点差を保って試合を折り返した。 迎えた後半、ラ・グミナ、ダムスゴーア、ヴェッレを下げてケイタ、カンドレーバ、ガッビアディーニと主力3人を一気にハーフタイム明けに送り込んだサンプドリアは、この選手交代が電光石火の同点ゴールをもたらす。 後半キックオフ直後の46分、右サイド深くでボールを持ったカンドレーバからの正確なクロスをボックス中央のケイタが右足ボレーで合わす。これがDFに当たってファーに流れると、こぼれ球に詰めたヤンクトがニア上を射抜く見事な左足のシュートを突き刺した。 追いついて勢いづくホームチームは直後の50分にもロングフィードに抜け出したケイタがボックス右で粘って逆サイドには走り込むドフリーのヤンクトにプレゼントパスを供給。だが、ドッピエッタ達成かに思われたヤンクトのシュートはGKシルベストリの驚異的な反応に阻まれた。 その後はヴェローナが盛り返したことで試合は拮抗した展開に。それでも、やや優勢に試合を運んでいたホームチームが再び同点ゴールをお膳立てした2選手のホットラインでゴールをこじ開ける。72分、右サイドのカンドレーバからの斜めのパスに反応したケイタがボックス内でタメゼに後ろから押し倒されてPKを獲得。これをキッカーのガッビアディーニが冷静に左隅へ決め切った。 逆転に成功したサンプドリアは82分にも自陣からのFKの場面でアドリエン・シウバが大きく前線へ蹴り出したボールをボックス右でDFとGKに競り勝ったトールスビーが頭で流し込み、試合を決定づける3点目とした。 その後、殊勲のヤンクトを下げてトネッリを投入し、3バックへの変更で逃げ切りを図ったサンプドリアは、相手の猛攻を最終ラインとGKアウデーロの連続ビッグセーブなどで凌ぎ切り、3-1の逆転勝利を飾った。 なお、試合を通してソリッドなパフォーマンスを続けた吉田だが、試合終盤にイエローカードをもらったことで次節のクロトーネ戦は累積警告で欠場となる。 2021.04.18 00:02 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly