代表落選に不満のオグボンナ「ウェストハムでの成果を考慮しなかったんだろう」

2021.06.01 16:16 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウェストハムのイタリア代表DFアンジェロ・オグボンナが、ユーロ2020のメンバーに選出されなかったことに不満を示した。イタリア『コリエレ・デッラ・セーラ』が伝えている。

オグボンナは今シーズン、ウェストハムで公式戦30試合出場3ゴールを記録。負傷欠場した試合を除き守備の柱としてチームの6位フィニッシュに重要な役割を果たしており、来シーズンのヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得に貢献している。

一方で、今月開催されるユーロ2020に向けたイタリア代表メンバーからは落選。『コリエレ・デッラ・セーラ』のインタビューに応じたオグボンナは、ロベルト・マンチーニ監督に対する不満を露わにしている。

「30歳を過ぎるとディフェンダーは完全に成熟し、ゲームの読み方も変わってくるものだ。代表落選には非常に驚いているし、とても苦しいよ。ウェストハムのリーグ戦の成果を考慮していなかったのかもしれない。ジョルジーニョや(エメルソン・)パルミエリの所属するチェルシーと、CL出場権をかけて最後まで戦ったんだけどね」

「スポーツの世界では、プレーするリーグや統計、市場価値に基づきつつも、実力主義が優先されるべきだ。僕の考えでは、今回それが実現されなかったと思う」

また、オグボンナは今シーズンのCL決勝についてもコメント。グアルディオラ監督率いるマンチェスター・シティの優勝が見たかったと語りつつ、同胞のジョルジーニョがビッグイヤーを獲得したことを喜んでいる。

「僕はグアルディオラの優勝が見たかったね。そうすれば、シティの今季をさらに良くしていただろう」

「ジョルジーニョは体格のせいか、常に過小評価されてきた。いつも違いを生み出す選手なのにね。サッリと共に彼は進化を遂げ、チェルシーでも軸になっている。プレミアは多くの外国人監督のおかげで、より戦術的でより研究されたものになった。この中で、ジョルジーニョは多くのシナリオを変えてきたと思う。彼の個性、試合のタイミングを読む力、ペースを上げる力は、代表チームでも支えになるだろう」

関連ニュース
thumb

アキレス腱断裂のスピナッツォーラ、復帰までの目安語る「ピッチへの復帰は75日後になる」

ローマのイタリア代表MFレオナルド・スピナッツォーラが、回復の過程にあることを明かした。『フットボール・イタリア』が伝えている。 イタリア代表の優勝で幕を閉じたユーロ2020。しかし、スピナッツォーラは準々決勝のベルギー代表戦で前半からピッチを縦横無尽に駆け回り、ビルドアップのサポートや守備において多大な貢献をしていたが、左足アキレス腱断裂の重傷を負っていた。 負傷後すぐに手術を行ったスピナッツォーラは、1カ月後にはリハビリをスタート。当初は復帰の目途が立っていなかったものの、11月頃の復帰を目指しているとされている。 そのスピナッツォーラは、イタリアの『みんなを学校に』と題されたトークショー型のイベントに出演。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』に対し、復帰までの目安を語った。 「僕は元気だよ。松葉杖はもう必要ない。多くのトレーニングをこなしているから、順調だよ」 「今は回復までの半分を過ぎたところだ。あと2、3カ月はかかると思うけどね」 「このまま順調にいけば、ピッチへの復帰は75日後になると思うよ」 スピナッツォーラは、昨シーズンのセリエAで27試合に出場し2ゴール5アシストを記録。復帰後の活躍に期待がかかる。 2021.09.21 20:15 Tue
twitterfacebook
thumb

A代表初ゴールのラスパドーリが歓喜 「本当に素晴らしい瞬間で、まさに完璧だ」

サッスオーロに所属するイタリア代表FWジャコモ・ラスパドーリが代表での活躍を喜んだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ラスパドーリは8日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループC第6節のリトアニア代表戦で、FWチーロ・インモービレやFWロレンツォ・インシーニェらが代表を離脱した事情もあり、スタメンとして出場した。14分に決めたゴールは相手DFのオウンゴールという扱いになったが、24分にはルーズボールを押し込みA代表での初ゴールを記録。その後も精力的なプレーを披露し、チームの6-0の勝利に大きく貢献している。 負傷者や離脱者の発生により巡ってきたチャンスをしっかりと掴んだラスパドーリは試合後にイタリア『RAI Sport』のインタビューで、喜びを露わに。これまでの努力が報われたと歓喜している。 「今は僕に何が起こったのか、理解するのは難しいよ。本当に素晴らしい瞬間さ。特に、今日は僕が育ち、現在プレーしているクラブのホームスタジアムでの試合だった。スタンドには僕の家族もいたんだ。だから、まさに完璧だね」 「残念ながら、最初のゴールは僕のものにならなかった。でも、それはそれでいいんだ。前半はチームとしてもたくさんのゴールを決めることができた。本当に良いプレーが見せられたと思うよ」 「(ロベルト・マンチーニ監督からは)楽しんで、このチャンスをものにしろと言われたよ。僕は本当に幸せだ。(サッスオーロで)ロベルト・デ・ゼルビが教えてくれた多くのことのなかには、ゴール前での決定力や冷静さに関するものもあった。僕はそれに取り組み続けていて、これからますます良くなっていきたい」 「子供たちは自分の国の代表チームで、センターフォワードとしてプレーすることを夢見るものさ。そして本当に、将来何が起こるかはわからないね」 また、学問にも熱心に取り組むラスパドーリは、10月に行われる解剖学の試験についても言及。現在は試験勉強に励んでいると明かし、学問とスポーツの両立は可能だとも語っている。 「今は10月末に行われる解剖学の試験のため勉強している。僕はいつも、自分の研究がスポーツのキャリアと密接に関連していると考えているんだ。勉強とスポーツは両立できると思っているし、これを続けていきたいね」 2021.09.09 12:56 Thu
twitterfacebook
thumb

マンチーニ率いるイタリアが世界新! 37戦無敗の大記録

ロベルト・マンチーニ監督率いるイタリア代表が歴史的な大記録を樹立した。 先のユーロで53年ぶり2度目の王者となり、初めてのインターナショナルマッチウィークを迎えたイタリア。連続無敗記録カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループCの3試合を戦った。 2日のブルガリア代表に続いて、スイス代表戦も引き分け、2試合連続で白星を逃したが、8日に行われたリトアニア代表戦を5-0で勝利。首位の座をキープして今月の代表活動を締めくくった。 これで公式戦連続無敗を「37」に。1993〜1996年のブラジル代表が記録した36戦無敗を抜き、世界新記録を樹立した。データ集計会社『Opta』によると、勝敗内訳は28勝9分けだという。 なお、イタリアが最後に負けたのは2018年9月10日に行われたUEFAネーションズリーグのポルトガル代表戦だった。 2021.09.09 12:55 Thu
twitterfacebook
thumb

マンチーニ、世界新の連続不敗に導いた若い力を喜ぶ 「素晴らしい未来が待っている。彼ら次第だがね」

イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督が若い力を喜んだ。『UEFA.com』が報じた。 ユーロ王者として今月の代表ウィークに入り、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選を戦うイタリア。ここ2試合連続で引き分けどまりと得点力不足が叫ばれるが、8日にホームで行われたグループC第6節のリトアニア代表戦では5-0の勝利を収め、勝ち点14の首位をキープした。 FWチーロ・インモービレやFWロレンツォ・インシーニェ、FWフェデリコ・キエーザら多くの主力が不在だったが、FWモイゼ・ケアンが2ゴールを決めれば、FWジャコモ・ラスパドーリも1ゴールで続くなど、若き才能が躍動。公式戦連続無敗記録も世界新の「37」に更新した。 今月の代表ウィークを見事に勝利で締めくくったマンチーニ監督は試合後、「昨日と一昨日に多くの選手がいなくなったが、今夜のために呼ばれた選手たちがよく応えてくれた。5ゴールを決めるのは決して簡単なことじゃない」と若手たちの奮闘ぶりに賛辞を送った。 イタリア人指揮官はまた、ケアンとラスパドーリに触れ、能力に太鼓判。あとはそれぞれの努力次第で「素晴らしい未来が待っている」と語った。 「ラスパドーリはこのレベルでプレーする準備ができている。ユーロでも一緒にプレーしているし、クオリティもある。まだ若いし、経験を積むだけだ。ケアンにもポテンシャルがある。すべては彼らの頭と足にかかっている。真剣に取り組んでくれれば、素晴らしい未来が待っている。それは彼ら次第だがね」 2021.09.09 08:45 Thu
twitterfacebook
thumb

イタリア代表が37戦無敗の世界記録樹立! 控え主体もケアン&ラスパドーリ躍動で5発圧勝《カタールW杯欧州予選》

イタリア代表は9日、カタール・ワールドカップ欧州予選グループC第6節でリトアニア代表をホームに迎え、5-0で圧勝した。 3勝2分けで首位に立つイタリアは、インシーニェやキエーザが欠場。直近の2試合でベンチスタートだった控え組主体のスタメンで臨んだ。 4連敗で最下位のリトアニアに対し、3トップに右からベルナルデスキ、ラスパドーリ、ケアンと並べる[4-3-3]で臨んだイタリアは11分に先制する。相手のバックパスをボックス左でカットしたケアンがシュートを決めきった。 さらに3分後、ラスパドーリのミドルシュートが相手DFに当たってゴールに吸い込まれ加点したイタリアは、24分に3点目。ボックス右からのディ・ロレンツォのクロスのルーズボールをラスパドーリが押し込んだ。 そして29分、ベルナルデスキの浮き球パスをケアンがボレーで蹴り込んだイタリアが4-0として前半を終えた。 迎えた後半、GKドンナルンマに代えてシリグを投入する余裕を見せたイタリアが引き続き主導権を握ると、54分に5点目。ボックス右からディ・ロレンツォの見事なループシュートが決まった。 終盤にかけてもリトアニアに何もさせなかったイタリアが5-0で圧勝。3試合ぶりの勝利とし、首位をキープしている。 なお、この勝利で無敗記録を37戦試合(30勝7分け)に伸ばしたイタリアは、一部で伝えられたブラジルの36戦無敗の世界記録を抜き、正真正銘の世界新記録を樹立している。 2021.09.09 05:40 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly