ルカクがセリエAのシーズンMVPに輝く! インテルを11年ぶりのスクデットに導く

2021.06.01 06:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レガ・セリエAは5月31日、インテルに所属するベルギー代表FWロメル・ルカク(28)を2020-21シーズンのセリエA最優秀選手賞に選出した。

ルカクは2019年の夏にマンチェスター・ユナイテッドからインテルに加入。今季は公式戦44試合に出場し30ゴール11アシストを記録。36試合に出場したセリエAでは得点ランキング2位の24ゴールを挙げ、インテルを11年ぶりの優勝に導いた。

そのほか、最優秀若手選手賞にフィオレンティーナのセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(21)、最優秀GKにミランのイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ(22)、最優秀DFにアタランタのアルゼンチン代表DFクリスティアン・ロメロ(23)、最優秀MFにインテルのイタリア代表MFニコロ・バレッラ(24)、最優秀FWにユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノロナウド(36)が選ばれた。

関連ニュース
thumb

バルサ移籍の可能性も?L・マルティネスの去就について代理人は「あらゆるオファーに耳を傾けたい」

インテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス(23)の代理人を務めるアレハンドロ・カマノ氏が、選手の去就について語った。イタリア『スカイ』が伝えている。 L・マルティネスは2018年7月にインテルに加入。欧州初挑戦でありながら主軸に定着すると、これまで公式戦132試合出場49ゴール20アシストの成績を残している。今季もFWロメル・ルカクとのダブルエースという形で公式戦48試合出場19ゴール11アシストを記録。チームのスクデット獲得に多大な貢献を果たした。 一方で、インテルは財政難の影響から緊縮財政を進めており、主軸の去就は不透明な状況となっている。L・マルティネスの去就についてインタビューに応じたカマノ氏も、現時点では2023年6月までとなっている契約を更新するつもりはないと語った。同時に、バルセロナ移籍の噂についても触れている。 「インテルは現行契約の更新を提案してきたよ。ただ、今のところ我々は現状の契約のままでいいという結論に達している」 「昨年、ラウタロとバルセロナの間に何があったのかは知らない。彼は元代理人からバルサの話を聞いたと言っていたが、すべてが混乱していたようだ。今の我々の仕事は、インテルのプロジェクトをできる限り理解したうえで、あらゆるオファーにも耳を傾けることだね」 「バルセロナでプレーしたいと思わない人はいないだろう。世界でも有数のビッグクラブだからね。とはいえ、ブラウグラナ(バルセロナの愛称)とは今のところ何もないし、何かを考えているわけでもない」 また、カマノ氏はインテルがL・マルティネスの移籍金として、最低でも9000万ユーロ(約119億円)を要求するという報道に言及。価格が高すぎると苦言を呈している。 「9000万ユーロは大げさな数字だと思う。インテルが彼を売るつもりがないのだとしても、適正な値段はあるものだ。確かなのは、ラウタロがどんな挑戦にも耐えることができるということだろう。彼はどんな責任にも耐えられる選手だよ」 2021.06.10 17:26 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシーがハキミ獲得に動く!PSGとの争奪戦に

チェルシーがインテルに所属するモロッコ代表DFアクラフ・ハキミ(22)の獲得に乗り出したようだ。イタリア『スカイ』が報じている。 先日、パリ・サンジェルマン(PSG)が獲得交渉を始めたというハキミ。レアル・マドリーからドルトムントにローン移籍した過去2シーズンに評価を高め、昨夏に推定4000万ユーロ(約53億円)でインテル入りしたモロッコ代表DFに6000万ユーロ(約80億円)のオファーを提示したと伝えられた中、チェルシーもその金額に匹敵する小切手を用意しているようだ。 インテルでは財政難の影響から緊縮財政を進めており、それに伴う補強方針の食い違いから、11年ぶりのスクデットをもたらしたアントニオ・コンテ監督が退任。ハキミも現金化の筆頭に挙げられているが、同クラブは8000万ユーロ(約100億円)の移籍金を求めているようだ。 PSGもチェルシーもかなりの差があるが、『スカイ』は、インテルがチェルシーに所属するイタリア代表DFエメルソン・パルミエリ(26)とデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセン(25)に関心を持っていることから、チェルシーが有利に交渉を進めることができることを示唆している。ただ、エメルソンに関してはレンタルを希望しているインテルに対し、チェルシーは売却の意思が固い模様。クリステンセンについても、後釜を確保できるかに掛かってくるため、単純な交渉とはならないようだ。 ハキミは今季のインテルで絶対的な右ウィングバックとしてセリエA37試合に出場。7ゴール10アシストの成績を残して11年ぶりのスクデット獲得に貢献した。 2021.06.10 15:14 Thu
twitterfacebook
thumb

インテル会長語るコンテ退任劇 「異なるビジョンを持っていた」

インテルのスティーブン・チャン会長がアントニオ・コンテ前監督の退任理由を明かした。 先月26日、インテルはアントニオ・コンテ前監督との契約を双方合意の下、解除したことを発表。2年目となる今シーズン、クラブに11年ぶりとなるスクデットをもたらした指揮官の退任はチーム内外に激震を与えた。 チャン会長はイタリア『スカイ』のインタビューでこの解任劇について説明。既報の通り、経営規模縮小に乗り出したいフロントと補強を必要不可欠と考えるコンテ前監督とのズレが原因のようだ。 「私の考えでは、監督との戦略は常に長期的なものだ。しかし、Covidによるパンデミックはサッカー界のシステム全体に困難をもたらしており、これはクラブとして心に留めておかなければならないことだ」 「このような状況下では、Covidに関わらず、コストを削減し、財政を健全化することが目標の一つとなる。当然このような状況に直面している他のクラブも同じだろう」 「しかし、当然のことながらコーチ陣は別のビジョンを持っていた。特にコンテは、常に勝利への意欲を持っている人間だ。彼は、我々とは異なる市場へのアプローチを試みており、長期的にクラブと関わるなかで、我々とは異なるビジョンを持っていた。だからこそ、袂を分かった」 また、新指揮官として就任したシモーネ・インザーギ監督についても言及。手腕を絶賛し、大きな期待を寄せた。 「クラブと足並みを揃えることができ、それと同時に経験豊富な監督だ。イタリアとヨーロッパの両方で戦うことのできる指揮官であり、若く、大きな可能性を秘めている。彼は我々のチーム編成によく合っていると思う」 「彼は我々に必要な条件をたくさん持っていると思うし、それと同時に今後、チームや経営陣と共に能力を最大限に発揮してくれると確信している」 2021.06.07 18:30 Mon
twitterfacebook
thumb

インテルの新監督は既報通りシモーネ・インザーギ氏に決定!! 2年契約を締結

インテルは3日、シモーネ・インザーギ氏(45)の新監督就任を発表した。契約期間は2023年6月までの2年となっている。 今季はユベントスの10連覇を阻止し、11年ぶり19度目となるスクデットを獲得したインテル。2年目のアントニオ・コンテ監督のもと、28勝7分3敗で勝ち点91という独走態勢を築き、来季への期待も大きかった。 だが、財政難で緊縮財政に乗り出そうとするクラブの方針に憤ったコンテ監督は5月26日、双方合意の下で契約解除。チーム内外に激震を与えた。 チャンピオンチームの新たな指揮官に注目が集まるなか、就任が決まったのはラツィオで指揮を執っていたS・インザーギ氏だ。 ピアチェンツァでプロキャリアをスタートさせたS・インザーギ氏は、期限付き移籍で武者修行を繰り返したのちに1999年にラツィオに加入。1999-20シーズンのリーグ優勝に貢献するなど一時代を築き、以降はサンプドリア、アタランタへの期限付き移籍を経て、2010年5月にスパイクを脱いだ。 引退後はそのままラツィオの下部組織へ指導者として着任しセカンドキャリアを歩み始めると、2016年4月に前監督の解任によってトップチームへと昇格。2018-19シーズンはチームにコッパ・イタリア優勝をもたらし、翌シーズンには5季ぶりにチャンピオンズリーグ(CL)出場へと導くなど、5年間にわたってラツィオでタクトを振っていた。 今季は6位に終わったものの、コッパ・イタリアでセリエA4位のユベントスが優勝したため、繰り下げでヨーロッパリーグ出場権を獲得した。現地メディアでは新たに3年契約を結ぶものとみられていたが、先月27日に突如退任が決定。既報通り、インテル入りとなった。 2021.06.03 21:50 Thu
twitterfacebook
thumb

【2020-21セリエAベストイレブン】優勝インテルから最多6選手を選出

2020-21シーズンのセリエAが5月23日に終了しました。本稿では今季のセリエAベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。 ◆ベストイレブン GK:ドンナルンマ DF:ダニーロ、シュクリニアル、デ・フライ、バストーニ MF:ハキミ、バレッラ、ケシエ、テオ・エルナンデス FW:ルカク、C・ロナウド GKジャンルイジ・ドンナルンマ(22歳/ミラン) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210530_4_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:37(先発回数:37)/失点数:38/出場時間:3330分 コロナによる欠場1試合と最高のシーズンを送った。パフォーマンスに関しても高いレベルを保ち、ファインセーブが目立った。ミランの2位フィニッシュは彼の貢献なくしてありえなかった。今後もミランの守護神として活躍して欲しいところだが、契約延長交渉がまとまらず退団が確実と見られている。 DFダニーロ(29歳/ユベントス) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210530_4_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数: 34(先発回数:32)/得点数:1/出場時間:2916分 レアル・マドリー、マンチェスター・シティで鳴かず飛ばずだったダニーロだが、ピルロ監督が採用した可変システムにおいて輝きを見せた。加入2年目の今季、右サイドバックのポジションを主に務めたダニーロは守備を重点にチームを支え、逆サイドのサイドバックを押し上げる役割を担った。センターバックもこなせるフィジカルと、左サイドバックもこなせる器用さを武器にピルロ監督の戦術に対して臨機応変に応えて見せた。 DFミラン・シュクリニアル(26歳/インテル) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210530_4_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:32(先発回数:31)/得点数:3/出場時間:2779分 コンテ監督の戦術が浸透した中、持ち前の対人能力が遺憾なく発揮されたシーズンとなった。対人面でやられることはほぼなく、一列前のハキミが大胆に攻撃に専念できたのは彼の存在が大きかったように思う。縁の下の力持ち的存在として、インテルの優勝には欠かせない存在だった。 DFステファン・デ・フライ(29歳/インテル) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210530_4_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:32(先発回数:30)/得点数:1/出場時間:2732分 インテルの3バックを統率したディフェンスリーダー。強固な守備を構築したキーマンで、インテルの優勝に大きく貢献した。対人に強く、ミスも少ない穴のないDFとしてまた一段と評価を高めるシーズンとなった。 DFアレッサンドロ・バストーニ(22歳/インテル) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210530_4_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:33(先発回数:33)/得点数:0/出場時間:2926分 昨季終盤、DFゴディンとのポジション争いを制してインテルの主力に定着したバストーニ。11月にはイタリア代表デビューを飾るなど成長著しいセンターバックは、今季はレギュラーとして試合に出続けた。左足から繰り出される正確なフィードも武器の一つで、攻守両面でインテルに欠かせない戦力となった。 DFアクラフ・ハキミ(22歳/インテル) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210530_4_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:37(先発回数:29)/得点数:7/出場時間:2668分 ドルトムントから加入した今季、圧巻のスピードでセリエAを席巻した。カウンター主体のコンテサッカーにおいて欠かすことのできないキーマンだった。爆発的なスピードから繰り出されるロングカウンターは、インテルのストロングポイントとなった。7ゴール10アシストを記録し、攻撃面で大きな違いを生み出した。 MFニコロ・バレッラ(24歳/インテル) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210530_4_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:36(先発回数:32)/得点数:3/出場時間:2901分 インテルの中盤に欠かせない存在だった。攻守にハードワークするコンテサッカーを体現。そんな中で3ゴール9アシストとゴールにもよく絡み、違いを生み出した。ケガなくシーズンを戦い抜いた点も高く評価。 MFフランク・ケシエ(24歳/ミラン) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210530_4_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:37(先発回数:36)/得点数:13/出場時間:3230分 移籍4年目の今季、躍動していたアタランタ時代の姿を取り戻した。ダイナミックに攻撃参加を図ったかと思えば、ピンチの局面では守備に回り、攻守両面で大きく貢献した。また、得意のPKでゴールを量産し、貴重な得点もマーク。CL出場の懸かった最終節では2つPKを沈め、ミランにCL出場権をもたらした。 DFテオ・エルナンデス(23歳/ミラン) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210530_4_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:33(先発回数:33)/得点数:7/出場時間:2935分 守備の軽さを補って余りある攻撃力を今季も見せ付けた。左サイドバックながらオーバーラップした際の攻撃性能は圧巻で、何らかのアクセントを付けて仕事をやり切って見せる。彼の仕掛けから生まれたゴールは数知れず、停滞した試合を打破する火付け役となっていた。 FWロメル・ルカク(28歳/インテル) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210530_4_tw10.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数:36(先発回数:32)/得点数:24/出場時間:2888分 文句なしでの今季のリーグMVP。質の高いプレーを続け、インテルに11年ぶりスクデットをもたらした。 FWクリスティアーノ・ロナウド(36歳/ユベントス) <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20210530_4_tw11.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 出場試合数: 33(先発回数:31)/得点数:29/出場時間: 2803分 ユベントスでの3季目を迎えたC・ロナウド。今季は29ゴールをマークしてプレミアリーグ、ラ・リーガに続きセリエAでは初の得点王に輝いたが、ビッグマッチでさほど存在感を示せなかったのも事実。シーズン終盤に関してはチーム共々低調なプレーを続け、不調の象徴的存在となってしまった。 2021.06.03 19:01 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly