逆転残留決めてピッチサイドで頭からビールぶっかけられたケルン指揮官が安堵「ここでの7週間は楽しかった」

2021.05.30 16:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ケルンのフリートヘルム・フンケル監督が、クラブの1部残留を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。

ケルンは、今シーズンのブンデスリーガを16位で終え、昇格・降格プレーオフに回ることに。ブンデスリーガ2(ドイツ2部)のホルシュタイン・キールとの対戦となった。

ホームでの1stレグを0-1で落としていたケルン。2部降格のピンチが迫る中、チームは2ndレグの立ち上がりからパワーを発揮。3分にヨナス・ヘクターのゴールで先制するが、4分にイ・ジェソンのゴールで追いつかれ、2戦合計2-1とされてしまう。

しかし、6分にセバスティアン・アンデションが勝ち越しゴールを決めると、13分にもアンデションがゴール。これで2戦合計でも勝ち越すと、その後も2点を追加。1-5で2ndレグを制し、2戦合計2-5で1部残留をつかんだ。

なんとかチームを残留に導いたフンケル監督は、2ndレグを振り返りコメント。プレッシャーはなかったとしながらも、チームの立ち上がりからのパフォーマンスを評価した。

「プレッシャーは感じなかったが、もちろん緊張した。しかし、我々はみんな準備万端だった」

「チャンスがあることを知っていた。ただし、アウェイでの試合に勝たなければいけなかった。でも、チームはブンデスリーガで何度もこれを示してきた」

「チームがとても印象的なパフォーマンスを見せ、すぐに1-1としたことに感銘を受けた」

「いつもとは違う行動を見せたかったので、最初から攻撃を仕掛け、素早くリードしたかった。チームのプレーは素晴らしかったし、大きな成果だ」

また、シーズン途中で解任されたマルクス・ギズドル監督についても語り、主力がケガをしていなければこの事態は迎えなかっただろうと語った。

「また、マルクス・ギズドル前監督を称賛しなければいけない。チームをキープすることを助けていた。もし彼が、セバスティアン・アンデションやヨナス・ヘクターのような選手をもっと起用できれば、私は今日ここに監督としていないかもしれない。彼にとっては不幸なことだった」

「ここでの7週間は楽しかった。たとえそれが、私の体力を奪うものであってもだ。疲れているが、幸せだ。コーチングチーム、スタッフ、ケルン全体、ファン、ケルンの街に住む人にとっても嬉しいことだ」



1 2
関連ニュース
thumb

敵地で5発圧勝のケルンが逆転で1部残留! キールは初昇格ならず…《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ昇格・降格プレーオフ2ndレグ、ホルシュタイン・キールvsケルンが29日に行われ、アウェイのケルンが1-5で勝利した。この結果、2戦合計5-2としたケルンの1部残留が決定した。   クラブ史上初の1部昇格を目指すブンデスリーガ2部3位のキールと、2シーズン連続の1部残留を目指す今季ブンデスリーガ16位のケルンによる、運命のプレーオフ第2戦。 26日に行われたケルンホームの1stレグではキールが1-0の先勝を収め、悲願の1部昇格に王手をかけていた。 無観客の1stレグと異なり、今回の2ndレグは有観客でスタート。すると、クローズな試合展開となった初戦とは打って変わって試合は打ち合いの入りとなった。 まずは開始3分、左サイド深くからドゥダが上げたクロスをゴール前で競り勝ったケルン主将のヘクターが頭で合わせ、アウェイチームが早々に先制点を奪取する。しかし、その先制点からわずか数十秒後には鋭い縦への仕掛けから相手を引っくり返したキールがボックス中央で味方のシュートのこぼれ球に反応したイ・ジェソンのヘディングシュートで瞬く間に試合を振り出しに戻した。 先制点の喜びから一転、再び2戦合計スコアでビハインドを背負ったケルンだが、ここから主砲アンデションが存在感を放つ。まずは6分、左サイドのカインツからの正確なクロスをアンデションが頭で合わせて勝ち越しゴールを挙げると、13分には左CKの流れから再びカインツのクロスを頭で合わせ、ドッペルパックを達成した。 この連続ゴールによって大きなアドバンテージを手にしたケルンは以降も主導権を掌握。リスクを冒して攻める相手の背後を突くシンプルな攻めで追加点に迫る。そして、39分にはFKの流れからゴール前のヘクターが頭でマイナスに落としたボールをチホスが豪快な左足のシュートで流し込み、前半を4-1のスコアで終えた。 迎えた後半、互いにハーフタイム明けに2枚ずつ交代カードを切った中、前半同様に球際でバチバチとやり合う白熱の攻防を見せる。 その後は大量リードによって冷静に試合は運ぶケルンがカウンターから幾度もゴールに迫るが、アンデションらの決定機が相手GKの再三の好守に阻まれる。 それでも、相手にほとんど決定機を与えずに時計を進めていくアウェイチームは84分、スクヒリが見事なミドルシュートを突き刺して試合を決定づける5点目とした。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、2戦合計5-2としたケルンが敵地で逆転残留を果たした。 ホルシュタイン・キール 1-5(AGG:2-5) ケルン 【ホルシュタイン・キール】 イ・ジェソン(4分) 【ケルン】 ヘクター3分) アンデション(6分) アンデション(13分) チホス(39分) スクヒリ(84分) 2021.05.30 03:12 Sun
twitterfacebook
thumb

入れ替え戦初戦は黒星…もどかしさを滲ませるケルン指揮官「難しい試合になるのはわかっていた」

ケルンのフリートヘルム・フンケル監督が昇格・降格プレーオフ1stレグを振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ケルンは26日、昇格・降格プレーオフ1stレグでホルシュタイン・キールをホームに迎えた。DFヨナス・ヘクターを最前線に配置する奇策が奏功し、ゲームを優位に進めたケルン。だが、ゴールレスで迎えた58分にセットプレーから失点を喫すると、以降は攻め続けながらも得点を奪えずに0-1で初戦を落とした。 リーグ16位の34得点と決定力不足にあえいだ今季のケルンだったが、この日も主導権を握りながら無得点に終わり、シーズンを象徴するような結果になってしまった。 2シーズン連続の1部残留に黄色信号がともった指揮官は、試合後の会見でまずはキールの検討をたたえつつ、相手の守備を褒めざるを得なかったようだ。 「キールにはおめでとうと言いたい。イメージとは異なっていたが、難しい試合になるのはわかっていた。シャルケ戦ほど明確なチャンスはなく、キールの守備は本当にうまくいっていたと思う。2、3、4つほど本当に決定機があった。ヨナス・ヘクターのゴールは認められなかったが、我々はそれを受け入れなければならない」 もちろんこれで屈するつもりなどは毛頭なく、まだ半分が終了したに過ぎないことを強調し、2ndレグに向けての巻き返しを誓った。 「我々は土曜日(29日)にもっと良い仕事をしなければならないだろう。ハーフタイムは0-1だ。来シーズンの1部でどちらがプレーするかは、土曜日にわかる」 2021.05.27 15:30 Thu
twitterfacebook
thumb

初昇格目指すキールが敵地でケルンに先勝! 33歳青年指揮官の采配が貴重なAGもたらす《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ昇格・降格プレーオフ1stレグ、ケルンvsホルシュタイン・キールが26日に行われ、アウェイのキールが0-1で先勝した。   2シーズン連続の1部残留を目指す今季ブンデスリーガ16位のケルンと、クラブ史上初の1部昇格を目指すブンデスリーガ2部3位のキールによる、運命のプレーオフ初戦。   最終節でシャルケを破り、逆転での自動降格回避となったケルンは、セントラルMFやサイドを主戦場とするヘクターを最前線に置きドゥダをトップ下に配した想定外の布陣でスタート。   立ち上がりから主導権争いが続く中、キャプテンのヘクターが豊富な運動量を武器に流動的なプレーでカウンターアタックをけん引。なかなか良い形でフィニッシュまで持ち込めずにいたが、30分にはヘクターが高い位置でのボール奪取からボックス右まで持ち込んで左足のシュートを放つが、これは相手DFのブロックに遭う。   以降も優勢に試合を運ぶホームチームは前半終了間際のアディショナルタイムにボックス中央のドゥダにシュートチャンスも、右足の鋭いグラウンダーのシュートは枠の左に外れた。   0-0で折り返した試合は後半も睨み合いの状況が続く。相手を押し込むものの、ストライカー不在の影響か最後の局面でパンチ不足のホームチームが幾つかの決定機をフイにする中、キールの交代策が貴重な先制点をもたらすことになった。   58分、セットプレーを得たタイミングでイグニョフスキに代えてロレンツを投入したキールは、左CKの場面でファーのイ・ジェソンが頭で中央へ折り返すと、ロレンツがファーストタッチとなったヘディングシュートを見事にゴールネットに流し込んだ。   一瞬の隙を突かれて先制を許したケルンはコンディションに問題を抱えるストライカーのアンデション、ティールマンを68分に投入して反撃に打って出る。人数をかけた攻めからスクヒリ、ドゥダに決定的な場面が訪れるが、相手守備陣の身体を張った守備に撥ね返される。   一方、33歳の青年指揮官ヴェルナー監督の見事な采配によってアウェイゴールを手にしたキールは、78分にレーゼの正確な左クロスからゴール前に飛び込んだセラに絶好機も、このヘディングシュートは惜しくもクロスバーを叩いた。   その後、試合終盤にかけては何とか同点に追いつきたいケルンが終始押し込む形を作ったが、84分のドゥダの直接FKはDFノイマンのゴールカバーに阻止される。さらに、こぼれ球をアンデションが押し込みにかかるが、これもノイマンのブロックに阻まれた。   そして、試合はこのままアウェイチームが1-0で逃げ切りに成功し、初昇格を目指すキールが敵地で先勝に成功した。なお、運命の2ndレグは29日に行われる。   ケルン 0-1 ホルシュタイン・キール 【ホルシュタイン・キール】 ロレンツ(59分) 2021.05.27 03:38 Thu
twitterfacebook
thumb

2年連続の1部残留に向けてケルン指揮官「我々は成し遂げられると確信している」

ケルンのフリートヘルム・フンケル監督が、昇格・降格プレーオフに向けての意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えた。 ブンデスリーガ第33節を終了した時点では自動降格の17位に位置していたケルン。しかし、最終節でシャルケを下し、一方で16位ブレーメンが敗れたため、土壇場で自動降格を回避し、2部3位ホルシュタイン・キールとの入れ替え戦に回ることになった。 2年連続での1部残留に向け、26日に行われるホームでの第1戦では先手を取りたいケルン。指揮官は「キールの状況は理解できるが、しっかり準備をする必要がある」と警戒しつつ、ハードワークを生かして試合の主導権を握りたいと考えているようだ。 「重要なのは2つのゲームにどのようにアプローチするかだが、過去の試合の良かった部分をピッチに取り入れたいと思う。それがポイントだ。それができれば、ブンデスリーガに残留するチャンスがある。まずは最初のゲームに勝ちたい」 「速いテンポを維持して点を取り、ゲームを決めたいと思っている。水曜日(26日)と土曜日(29日)に持っているものをすべて出し切りたい。我々は成し遂げられると確信している」 2021.05.26 15:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ケルンがボルナウの値千金今季初弾で自動降格回避! 入れ替え戦での残留目指す《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ最終節、ケルンvsシャルケが22日にライン・エネルギエ・シュタディオンで行われ、ホームのケルンが1-0で勝利した。 直近2戦未勝利で16位のブレーメン(勝ち点30)と1ポイント差の17位で最終節を迎えたケルン(勝ち点30)は、逆転での残留を懸けてすでに降格が決定している最下位のシャルケ(勝ち点16)との一戦に臨んだ。 立ち上がりからホームのケルンが押し込む入りを見せるが、最後の局面で精度を欠きフィニッシュまで持ち込めない状況が続く。 それでも、20分を過ぎて良い形を作り始めると、23分にはボックス右に抜け出したシュミッツがGKフェールマンに好守を強いる最初の決定機を創出。さらに、畳みかけるケルンは26分にも波状攻撃からボックス内のカインツが鋭いシュートを枠に飛ばすが、これも相手GKのセーブに遭う。 すると、良い流れの中でゴールをこじ開けられなかったホームチームは徐々にシャルケに押し返される場面が増え、最低限の0-0で試合を折り返した。 ハーフタイムにブレーメンの1点ビハインドの情報を聞いたか、よりアグレッシブな入りを見せたケルンは開始直後にビッグチャンス。47分、ボックス右でボールを受けたヘクターがDFムスタフィの股間を抜く鋭いシュートをニア下に飛ばしたが、ここはGKフェールマンのビッグセーブに遭う。 その後も優勢に試合を運びながらもゴールが遠いケルンは積極的に攻撃的なカードを切っていく。71分にはセットプレーの流れからアンデションがゴールネットを揺らすが、これはオンフィールドレビューの結果、オフサイドの判定が下されて先制のチャンスを逸した。 それでも、諦めずに攻勢を続けるホームチームは伏兵が値千金のゴールを奪う。86分、ヘクターの粘りから波状攻撃に持ち込むと、ボックス右でキープしたティールマンが正確な浮き球のクロスをファーへ供給。これをパワープレー要員として攻め残っていた190cmの長身DFのボルナウが頭で合わせ、今シーズンの初ゴールとした。 土壇場でようやくゴールをこじ開けたケルンはすぐさま守備的なカードを切って逃げ切り態勢に入ると、このまま1-0のスコアで試合をクローズ。この結果、同時刻開催の試合でブレーメンが敗れたことで、逆転での自動降格回避となった。 そして、今月26日と29日に予定されるブンデスリーガ2部3位チームとの昇格・降格プレーオフで2シーズン連続の1部残留を目指すことになった。 2021.05.23 00:59 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly