PKを見送りゴールを許す…ドルトムントGKが現役引退のベンダー兄に粋な計らい

2021.05.24 18:50 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドルトムントのスイス代表GKロマン・ビュルキが粋な対応を見せた。

ドルトムントは22日にブンデスリーガ最終節でレバークーゼンとホームで対戦。ノルウェー代表FWアーリング・ハーランドの2ゴールもあり、3-0と試合を決めて終盤を迎えた。

レバークーゼンが89分にPKのチャンスを獲得すると、近年ケガに悩まされ、今季限りでの現役引退を発表している主将ラース・ベンダー(31)が、双子の弟スベンに代わって投入され、そのままキッカーを担う。

ベンダーがPKをゴール左に蹴ると、ビュルキはこれをセーブする素振りなく見送り、ベンダーは自身の引退試合でスコアシートに名前を載せた。その後、2人は笑顔でグータッチを交わし、試合はそのまま3-1で終了している。

2009年からレバークーゼンでプレーするベンダーは2月に右ヒザ半月板を損傷。1月23日のヴォルフスブルク戦以来、欠場が続いており、そのまま引退する可能性も示唆されていたが、最後の最後に最高の思い出を作れたのではないだろうか。

なお、弟のスベンも兄と一緒に今季限りで現役を引退することを発表している。



1 2

関連ニュース
thumb

ドルトムント、フル稼働のアカンジがヒザ手術…年内全休へ

ドルトムントのスイス代表DFマヌエル・アカンジが、ヒザの手術でしばらく離脱することになった。ドイツ『キッカー』が報じている。 ここまでブンデスリーガとチャンピオンズリーグの全試合に出場していたアカンジ。4日のバイエルン戦を含め、直近まで問題なくフル出場していた。 ところが、7日に行われたチャンピオンズリーグのベシクタシュ戦で突如ベンチから外れると、試合後にマルコ・ローゼ監督から手術を受けたことが知らされた。 そのため、年内の試合は全て欠場することが決定。年明け一発目となる1月8日のブンデスリーガ第18節のフランクフルト戦での復帰が見込まれている。 なお、ドイツ『Sport Bild』によると、ドルトムントはヘルタ・ベルリンのドイツ代表DFにクラス・シュタルク(26)と、フライブルクの同代表DFニコ・シュロッターベック(22)に関心を寄せているようだ。 2021.12.08 19:29 Wed
twitterfacebook
thumb

逸材FWアデイェミ、バルセロナのオファーを断ってドルトムントに加入か

レッドブル・ザルツブルクのドイツ代表FWカリム・アデイェミ(19)がドルトムント移籍に近づいているようだ。ドイツ『スカイ・スポーツ』が伝えた。 アデイェミはバイエルンやウンターハヒンクなどの下部組織で育ち、2018年夏にザルツブルクに加入。リザーブチームにあたるリーフェリングへで修行を積んだ後、2019年12月にトップチームに昇格し、ここまで公式戦通算76試合で25ゴール17アシストを挙げている。 この逸材FWには複数のビッグクラブが興味を示しており、先日には、来夏放出が有力視されるノルウェー代表FWアーリング・ハーランドの後釜を探すドルトムントが代理人に接触したと伝えられていた。 一方でバルセロナも関心を寄せており、スペイン『アス』は、財政難に陥っているにも関わらず同クラブが今冬の獲得に向けて4000万ユーロ(約51億円)のオファーを出したと報道。 しかし、ドイツ『スカイ・スポーツ』のマックス・ビーレフェルト氏によると、国外でのプレーは代表選考に不利になってしまう恐れがあることから、アデイェミはバルセロナのオファーを拒否する構えだという。母国での成長を続け、ユーロ2024でのメンバー入りを目指すはずだと、同氏は主張する。 加えてドイツ『スカイ・スポーツ』は、RBライプツィヒも獲得に乗り出しているものの、ドルトムントのオファーの方が好条件だと伝えた。ビーレフェルト氏はこれらを加味して、同選手のドルトムント入りは90~95%実現すると予測しているようだ。 2021.12.08 17:46 Wed
twitterfacebook
thumb

アヤックスが6戦全勝、ドルトは快勝で終戦《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)グループC最終節が7日に行われ、アヤックスはスポルティング・リスボンをホームに迎え、4-2で快勝した。 5戦全勝で首位通過の決まっているアヤックス(勝ち点15)が、2位通過の決まっているスポルティング・リスボン(勝ち点9)をホームに迎えた一戦。 アヤックスは7分、アラーがPKを獲得し、自ら決めて先制する。アラーは今季のCLで9点目をマーク。レヴァンドフスキを抜いてゴールランキングトップに躍り出た。 その後、22分に同点とされたアヤックスだったが、42分に勝ち越す。敵陣ボックス内でアントニーがボールをカットし、そのままゴールを陥れた。 2-1として迎えた後半、ネレス、ベルフハイスが加点したアヤックスが4-2で快勝としている。 また、グループCもう一試合では3位でヨーロッパリーグに回ることになったドルトムント(勝ち点6)が、5戦全敗のベシクタシュをホームに迎え、5-0で圧勝した。 ドルトムントは29分にマレンが先制ゴールを決めると、43分にウェリントンが退場となったベシクタシュに対し、前半追加タイムにロイスがPKを決めて2-0とし前半を終えた。 後半に入り、途中出場のハーランドが2ゴールを決めたドルトムントが5-0で圧勝。最終戦を圧勝で終えている。 2021.12.08 07:17 Wed
twitterfacebook
thumb

ブンデス公式が11月の月間新人賞候補を発表、シュツットガルト・伊藤洋輝もノミネートされる

ブンデスリーガ公式サイトは7日に11月度月間新人賞候補を発表、シュツットガルトのDF伊藤洋輝(22)がノミネートされた。 伊藤は11月に行われたブンデスリーガの3試合にフル出場。11月26日第13節のマインツ戦では、的確な攻め上がりから加入後初ゴールも記録した。 シュツットガルトは11月の成績が1勝2敗、3得点4失点と決して好調だった訳ではない。その中でも伊藤は対人守備で力を発揮し、デュエルの勝率は69%を記録。ファウル数はゼロという、クリーンなディフェンスを見せている。 また、1試合平均のボールタッチ数は96回で、得意としている左足のフィードから好機を演出した。パス成功率は87%を記録し、スプリントの最高速度は時速34.1kmをマーク。マインツ戦においては先述の通り、勝利につながる価値あるゴールも決めている。伊藤にとっても自身が出場したリーグ戦としては、初めての白星でもあった。 試合後には指揮官も新人レフティーを高く評価。「伊藤は非常によくやっている。彼は非常に安定していて、良いボールプレーをし、よく守っている。彼が今日得点したのは偶然ではない」と、手放しで賛辞を送っている。 なお、その他のノミネート選手は、フランクフルトの3連勝に貢献したデンマークの新星FWイェスパー・リンドストローム(21)。今季からドルトムントに加入し、シュツットガルト戦でのブンデスリーガ初ゴールを含む2得点を挙げたオランダ代表FWドニエル・マレン(22)となっている。 チーム成績などを踏まえた客観的な印象では、伊藤は他の2名によりは劣るかもしれない。だが、ブンデスの屈強な攻撃陣を相手に絶大なインパクトを残したのも事実。否が応でも受賞の期待は高まってしまうだろう。 <span class="paragraph-title">【動画】伊藤を含むブンデスリーガ11月新人賞候補紹介映像</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">Wer wird der <a href="https://twitter.com/hashtag/BLRookie?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BLRookie</a> des Monats November - <a href="https://twitter.com/jobbe2902?ref_src=twsrc%5Etfw">@jobbe2902</a>, Donyell <a href="https://twitter.com/hashtag/Malen?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Malen</a> oder Hiroki <a href="https://twitter.com/hashtag/Ito?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Ito</a>? <a href="https://twitter.com/Eintracht?ref_src=twsrc%5Etfw">@Eintracht</a> <a href="https://twitter.com/BVB?ref_src=twsrc%5Etfw">@BVB</a> <a href="https://twitter.com/VfB?ref_src=twsrc%5Etfw">@VfB</a> <br><br>Jetzt abstimmen! <a href="https://t.co/Gr6xcsROKR">https://t.co/Gr6xcsROKR</a> <a href="https://t.co/QH4PavHdEr">pic.twitter.com/QH4PavHdEr</a></p>&mdash; BUNDESLIGA (@Bundesliga_DE) <a href="https://twitter.com/Bundesliga_DE/status/1467871450694500358?ref_src=twsrc%5Etfw">December 6, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】伊藤洋輝が待望のブンデスリーガ初ゴール!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="f8gvLO1yySk";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.12.07 21:35 Tue
twitterfacebook
thumb

問題発言のベリンガム、スポーツ裁判所から罰金500万円…出場停止は回避

ドルトムントは7日、審判に対する発言をめぐって告訴されていたイングランド代表MFジュード・ベリンガムに判決が下ったことを報告した。 問題発言があったのは4日に行われたブンデスリーガ第14節のドルトムントvsバイエルンのデア・クラシカー。注目の首位攻防戦はアウェイのバイエルンの勝利という結果となったが、ベリンガムはバイエルン寄りの判定が多かったとして、試合後に不満を爆発させていた。 主審を務めたフェリックス・ツバイヤー氏がかつて八百長に関わっていた過去を掘り起こし、「昔八百長に手を出したことのあるレフェリーにドイツ最大のビッグマッチを担当させるなんて何が狙い何だい?」 と強く非難。 ツバイヤー氏は2005年、ブンデスリーガ2部でロバート・ホイザー主審から賄賂を受け取り、数試合の八百長に関与したとして、ドイツサッカー協会(DFB)から半年間の職務停止処分が科せられた過去を持つが、ベリンガムの発言は過激なものだったとして、DFBが調査を開始していた。 ドルトムントによると、スポーツ裁判所は「スポーツマンシップに反する行為」と評価し、ベリンガムに4万ユーロ(約510万円)の罰金を科した。出場停止処分の可能性もあった中、クラブは11日に控える第15節のボーフム戦に問題なく出場できることを強調している。 2021.12.07 21:28 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly