PSG、今季限りで退団の噂されたドラクスラーと2024年まで契約延長

2021.05.18 07:40 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)は17日、ドイツ代表MFユリアン・ドラクスラー(27)との契約延長を発表した。契約期間は2024年6月30日までとなる。

PSGとの契約が今季限りとなっていたドラクスラーには、今夏にレンタルバックするブラジル代表FWドグラス・コスタの後釜を探すバイエルンが関心を示していたが、パリでの生活に満足している同選手はクラブが新たな契約延長オファーに合意したようだ。

2017年1月にヴォルフスブルクから加入したドラクスラーだが、トーマス・トゥヘル前監督(現チェルシー監督)の下では、途中出場が多く、本職ではないセントラルMFでの起用など、便利屋としての扱われ方が目立ち、完全に脇役に甘んじていた。

しかし、今年1月に就任したマウリシオ・ポチェッティーノ監督の下では出場機会を増やしており、今季はここまで公式戦34試合の出場で4得点7アシストを記録。PSGでは通算で公式戦172試合に出場し、24ゴール39アシストの数字を残している。

関連ニュース
thumb

「頭の後ろに目が付いている」メッシ、ムバッペを見ずともラストパスを通す「どうやって?」

ジャーナリストもパリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシには舌を巻いたようだ。 リーグ・アンの開幕から2試合連続5得点と、攻撃陣が絶好調のPSG。連覇へ向けて好スタートを切っている。 アルゼンチン代表を中心に取材をしているロイ・テイカー氏は、19日に自身のツイッターでメッシのプレーを紹介。3人に囲まれながらも、背後を回ったFWキリアン・ムバッペへノールックパスでアシストした場面を「どうやってるの?」と、取り上げた。 同じように驚きと共感を得たファンは多かったようで、「史上最高のパサー」、「頭の後ろに目が付いている」、「どうやって?」、「このゴートには特別なことではなんだろう」、「彼の視野と意識はとんでもないね」などの声が寄せられている。 ボールコントロールの瞬間にヘッドダウンしてために間接視野に入っている可能性や、決められたムーブの可能性もあるとはいえ、一連の流れは圧巻だ。 余談だが、メッシのビブスを引っ張るDFセルヒオ・ラモスを指し、「タックルでつぶすつもりだったが、チームメイトであることを思い出した」などの冗談も上がっているようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】ムバッペへノールックアシストを決めるメッシ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="it" dir="ltr">Lionel Messi... HOW?<a href="https://t.co/MpMMBfwmt2">pic.twitter.com/MpMMBfwmt2</a></p>&mdash; Roy Nemer (@RoyNemer) <a href="https://twitter.com/RoyNemer/status/1560337361141223426?ref_src=twsrc%5Etfw">August 18, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.19 17:15 Fri
twitterfacebook
thumb

シュクリニアルのインテル残留が決定? クラブは今後いかなるオファーも拒否か

インテルのスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(27)は、クラブに残留する見通しとなったようだ。 シュクリニアルには今夏の移籍市場序盤からPSGが獲得に高い関心を示し、クラブ間で交渉が重ねられてきた。しかし、5000万ユーロ(約68億8000万円)+ボーナスのオファーを提出したPSGに対して、インテル側は8000万ユーロ(約109億1000万円)を要求。お互い妥協する姿勢を見せなかったことから、交渉は停滞していた。 また、その間にインテルがシュクリニアルの後釜と見込んでいたトリノのブラジル人DFグレイソン・ブレーメルがユベントスに移籍。これにより、クラブはシュクリニアルを残留させる方針に転換せざるを得なくなった。 フランス『レキップ』はそれでもPSGがシュクリニアル獲得を諦めず、最後のオファーを提出すると報じているが、イタリア『スカイ』によるとインテルは今から後釜を見つけるのは困難と判断。今後いかなるオファーがあっても、耳を傾ける気はない模様だ。 先週末の開幕戦で先発したシュクリニアル自身もインテル残留に満足していると伝えられ、今後はクラブとの間で契約延長に向けて交渉する見込みとなっている。 2022.08.19 16:48 Fri
twitterfacebook
thumb

イカルディ代理人のワンダ・ナラがトルコに、同国トップ2と交渉へ

パリ・サンジェルマン(PSG)の元アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(29)の妻で代理人のワンダ・ナラ氏が、交渉のためトルコへ向かったようだ。フランス『RMC Sport』が報じている。 今夏の放出候補筆頭として取り沙汰されているイカルディ。新監督に就任したクリストフ・ガルティエからも直々に「場所を変えれば、キャリアの軌道を戻せる」と移籍を勧められ、ここまではイタリア復帰を望んでいるという同選手にモンツァがアプローチ。しかし、サラリー面で折り合いがつかず、交渉は成立しなかった。 マンチェスター・ユナイテッドも非公式に問い合わせを行っていると言われる中、代理人を務めるナラ氏は現在、ガラタサライとフェネルバフチェと交渉するため、トルコへ赴いているという。ただ、イカルディの条件はヨーロッパの都市に本拠地を置くメジャークラブ。イスタンブールが29歳のお眼鏡に適うかどうかは不明だ。 2019年夏にインテルからPSGに加入したイカルディ。1年目は新型コロナウイルスの影響でリーグ戦は中止に追い込まれながらも、20試合で12ゴール3アシストと上々の成績を残した。だが、2年目以降はケガやリオネル・メッシ加入の影響で出番が減少。過去24カ月の前コンペティションにおいて18得点にとどまっている。 2022.08.19 14:52 Fri
twitterfacebook
thumb

PSGが獲得交渉中のファビアン・ルイス、ナポリは移籍金引き下げで放出目指す

ナポリがスペイン代表MFファビアン・ルイス(26)の移籍金を引き下げたようだ。 2018年夏に加入したナポリで4シーズンを過ごし、昨季もセリエAで32試合7ゴール4アシストを記録するなどチームに欠かせない戦力として活躍したファビアン・ルイスだが、来夏で満了を迎える契約を巡って財政難のクラブから減俸を求められ、延長交渉が決裂。ナポリは延長に応じるか、今夏に移籍を決断するかしない限り、試合で起用しない方針を固めたと報じられている。 退団は避けられない状況となったファビアン・ルイスに対しては多くのクラブが関心を寄せていたが、その中でパリ・サンジェルマン(PSG)が獲得に接近。クラブ間交渉が続けられてきたが、現時点で合意には至っていない。 イタリア『スカイ』によると、何としても今夏に選手を売却したいナポリは条件を下げる姿勢を明確にした模様だ。当初は移籍金2000万ユーロ(約27億4000万円)+ボーナス500万ユーロ(約6億8000万円)を要求していたが、ボーナスについては求めない構えにシフトしたという。 これを受けて、クラブ間交渉はさらに加速すると見られているが、果たして今夏中にファビアン・ルイスのPSG移籍は実現するだろうか。 2022.08.19 12:25 Fri
twitterfacebook
thumb

PSGのMFビツマザラがオイペンに完全移籍…2026年まで4年契約

オイペンは17日、パリ・サンジェルマン(PSG)のMFネイサン・ビツマザラ(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2026年6月30日までの4年間となる。 ビツマザラはPSGの下部組織出身。2021年7月にファーストチームに昇格していた。 これまでファーストチームでは1試合に出場。ボランチや右サイドバック、サイドハーフでプレーできるユーティリティ性がある。 世代別の代表歴などはなく、これからの成長が期待される若手として知られている。 2022.08.18 09:40 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly