降格圏のG大阪が宮本恒靖監督を解任、改善できずに18位…当面は松波正信氏が指揮

2021.05.14 11:02 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ガンバ大阪は14日、宮本恒靖監督(44)の解任を発表した。なお、今後は強化アカデミー部長の松波正信氏(46)が兼務し、後任を探すという。

宮本監督は、現役時代は下部組織からG大阪に所属。引退後は2015年にG大阪のジュニアユースのコーチに就任。2016年にはユース監督になると、2017年からはJ3リーグに参戦するU-23チームで監督を務めた。

2018年7月にレヴィー・クルピ監督の解任に伴い、トップチームの監督に就任すると、そのシーズンは9位でフィニッシュ。2019年は7位、2020年は2位と毎年順位を上げていった。

しかし、今シーズンは開幕直後にチーム内で新型コロナウイルス(COVID-19)のクラスターが発生。1カ月の活動停止となったが、活動再開後もチーム状態は上がらず。今シーズンはここまで1勝4分け5敗で18位に低迷していた。

また、10試合で3得点と攻撃陣が機能せず、改善も見られない状態が続いており、12日にはサンフレッチェ広島相手に1-2で敗れていた。

代表取締役社長の小野忠史氏は監督解任についてコメントしている。

「今シーズン『TOGETHER as ONE』のスローガンのもと、すべてのステージで1位を目指すべくスタートを切りましたが、リーグ戦10試合を終え1勝4分5敗3得点 勝点7の暫定18位と降格圏内に低迷し、当初の目標と大きくかけ離れた現状に対して大変申し訳なく思っております」

「宮本監督には当時不調であったチームを立て直していただくべく、2018シーズン途中から監督に就任していただきました。そのシーズンで見事残留を果たしていただき、世代交代を図りながら翌2019シーズンにはJ1リーグ7位、さらに2020シーズンにはJ1リーグ2位、天皇杯準優勝という結果を残していただきました」

「私自身もこれからの更なるチームの成長と飛躍を信じておりましたが、当初の目標であるすべてのステージでの1位を目指す中、10試合を消化した段階でチーム状況が改善することは難しいという判断をし、監督交代の決断を下しました」

「連戦中のチーム状況も踏まえ、当面の間、チームをよく知り現状の課題を把握している松波強化アカデミー部長にトップチーム監督を兼務していただき、チームの立て直しを託すこととしました」

「現時点で皆様のご期待に沿えていないシーズンとなっておりますが、ファン・サポーターの皆様、スポンサーの皆様、ホームタウンの皆様、ガンバに関わる全ての皆様の力で必ずやこの苦しい状況を乗り越えられると信じております。新たな体制でリーグ戦の巻き返し、ACL、天皇杯、ルヴァンカップのタイトル獲得を目指して全員が心をひとつにチャレンジしてまいります。引き続きチームへのご声援のほどよろしくお願いいたします」

松波氏は現役時代にG大阪でプレー。引退後はユースでのコーチや監督を務めると、トップチームでもコーチを務め、2012年3月から2013年1月までは監督に就任。その後、ガイナーレ鳥取で監督を務め、セレッソ大阪U-18のコーチも務めていた。
5月14日 11:02



関連ニュース
thumb

G大阪FWレアンドロ・ペレイラが右ハムストリング肉離れの治療でブラジルへ帰国

ガンバ大阪は1日、ブラジル人FWレアンドロ・ペレイラが一時帰国することを発表した。 クラブの発表によると、レアンドロ・ペレイラは11月17日の練習中に負傷。右ハムストリング肉離れが再発したとのことだ。 レアンドロ・ペレイラは、シーズン終了前ではあるものの、ケガの治療のためブラジルへと一時帰国したとのことだ。 松本山雅FCから今季完全移籍で加入したレアンドロ・ペレイラは、明治安田生命J1リーグで24試合に出場し5得点を記録。8月28日の第27節、セレッソ大阪戦を最後にリーグ戦ではプレーしていなかった。 2021.12.01 20:52 Wed
twitterfacebook
thumb

契約延長のダミアンが2発で得点ランクトップタイに浮上! G大阪粘るも終わってみれば川崎Fが4発快勝【明治安田J1第37節】

27日、明治安田生命J1リーグ第37節の川崎フロンターレvsガンバ大阪が等々力陸上競技場で行われ、4-1で川崎Fが勝利した。 すでに優勝を決めている川崎Fと残留を決めているG大阪の一戦。川崎Fは前節のセレッソ大阪戦から同じ11人でスタート。得点ランキング2位のレアンドロ・ダミアンは契約延長を果たし、得点王を狙う。 対するG大阪は、前節の名古屋グランパス戦から4名を変更。髙尾瑠、三浦弦太、山本悠樹、倉田秋が外れ、柳澤亘、昌子源、福田湧矢、奥野耕平を起用した。 立ち上がりからペースを握ったのは川崎F。王者らしい余裕のあるスタートを見せると7分、川崎Fが攻め込み、パスを受けたマルシーニョがボックス手前から右サイドへ展開。フリーの山根がボックス内右でダイレクトクロス。グラウンダーのボールをレアンドロ・ダミアンが右足ヒールで合わせて川崎Fが先制する。 先制した川崎Fだが勢いは止まらない。9分、右サイドに展開すると、家長が左足でクロス。ファーサイドに走り込んだマルシーニョがヘディングで折り返すと、フリーの旗手が頭で押し込み、川崎Fがあっという間にリードを2点に広げる。 G大阪もしっかりと守りながら、ギャップを上手く突いてゴールに迫る川崎F。16分には右サイドを細かいパス交換で崩しスルーパス。これを抜け出したレアンドロ・ダミアンが持ち出しグラウンダーのクロス。最後はマルシーニョが合わせに行ったが、G大阪がなんとか守りシュートは打たせない。 ピンチを凌いだG大阪は17分、パトリックのパスを受けた宇佐美がドリブルを仕掛けると、相手3人に囲まれながらもドリブルで突破し、最後はGKチョン・ソンリョンの上を抜くループシュートで1点を返す。 点の取り合いとなった中、川崎Fは1点差に迫られても落ち着いてポゼッションし、時計の針を進める。しかし、徐々にG大阪が粘い強い守備を見せ、徐々にポゼッションを高めていく。 川崎Fは家長、マルシーニョとタイプの違う両ウイングを使って攻め立てるが追加点を奪えず、ハーフタイムを迎える。 両者交代なしで迎えた後半。G大阪は55分、ボックス手前左からの福田の鋭いクロスに宇佐美が飛び込んでヘディングで合わせるが、シュートはポストにヒットして嫌われる。 川崎Fは62分にマルシーニョを下げて大島僚太、G大阪は福田に代えて66分に小野裕二を投入する。 G大阪がボールを握る時間が後半は増え、川崎Fはなかなかポゼッションできない展開に。それでもしっかりと守備を構築し、G大阪にチャンスを作らせない。 すると川崎Fは70分にカウンター。右サイドで家長ボールを持つと、一旦キープ。緩急をつけてクロスを上げるとレアンドロ・ダミアンに合わないも、クリアボールを脇坂がシュート。しかし、これは枠を越えていく。 川崎Fは78分に家長と、旗手、脇坂を下げて、小林悠、宮城天、遠野大弥を投入する。対するG大阪は80分に柳澤と小野瀬を下げて、三浦弦太、ウェリントン・シウバを投入する。 すると85分、左サイドで時間を作ると、中へのパスを遠野が受け、右サイドへと展開。ボックス付近で小林がキープするとオーバーラップした山根へとパス。山根はそのままクロスを上げると、最後はレアンドロ・ダミアンが合わせ、この試合2点目を奪う。 さらに川崎Fは94分、右CKからのクロスをボックス中央で車屋紳太郎がヘッド。これが決まり今季J1初ゴール。その後に試合が終了し、川崎Fが4-1で勝利を収めた。 川崎フロンターレ 4-1 ガンバ大阪 【川崎F】 レアンドロ・ダミアン(前7、後40) 旗手怜央(前9) 車屋紳太郎(後49) 【G大阪】 宇佐美貴史(前17) 2021.11.27 16:06 Sat
twitterfacebook
thumb

G大阪がパナソニックとコラボ! エンブレム入りの完全ワイヤレスイヤホンを期間限定販売!

ガンバ大阪は24日、クラブ創設30周年で掲げたクラブコンセプトの一環として、ワイヤレスイヤホンを発売することを発表した。 この取り組みは、第1弾として発表された「BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS / ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ」とのコラボレーションの第2弾に当たるものだ。 今回はダイヤモンドパートナーである「パナソニック株式会社」とコラボレーションした完全ワイヤレスイヤホン「RZ-S50W」をクラウドファンディング型ECサイト「TAMATEBA」にて期間限定で発売することとなる。 今回の「RZ-S50W」は充電ケースのみならずイヤホン本体にも新たなエンブレムを特殊なレーザー加工で刻印。これにより日常においても着用できるファッション性、生活になじむデザインと機能性を備え、サッカーのリモート観戦だけでなく、普段の暮らしの中でも「ガンバ」をより感じることが出来るアイテムに仕上げられている。 色はホワイトで価格は2万4970円(税込)となる。なお、100台達成することで商品化。商品のお届けは2022年2月中旬ごろの予定となっている。 <span class="paragraph-title">【写真&詳細】G大阪の新ロゴが入ったワイヤレスイヤホン!</span> <span data-other-div="photo"></span> 【発売場所】 <a href="https://store.gamba-osaka.net/brand/" target="_blank">https://store.gamba-osaka.net/brand/</a> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/gamba20211124_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> ◇ワイヤレスイヤホン◇ 【アイテムの特徴】 1.デュアルハイブリッドノイズキャンセリングによる高性能ノイズキャンセリング搭載 2.新開発タッチセンサーアンテナにより安定したBluetooth(R)接続性と小型化の両立を実現 3.締まり感のある豊かな低温と明瞭なサウンドが楽しめる 【カラー】 ホワイト 【価格】 24,970円(税込/送料込) 【発売日】 2021年11月25日(木)12:00〜2022年1月10日(月・祝)23:59 今回、TAMATEBAでは目標達成型での販売となり、100台達成した場合、商品化となります。200台達成した場合、商品化に加えてガンバ大阪オリジナル・パッケージ、ならびにガンバ大阪オリジナル・選手直筆サイン入りステッカーを全員にプレゼント。 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/gamba20211124_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/gamba20211124_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/gamba20211124_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 写真提供:©GAMBA OSAKA 2021.11.24 20:15 Wed
twitterfacebook
thumb

名古屋が前半3発で逆転3位に望み繋ぐ! G大阪が後半巻き返すも【明治安田J1第36節】

明治安田生命J1リーグ第36節の1試合が20日にパナソニック スタジアム 吹田で行われ、アウェイの名古屋グランパスが3-1でガンバ大阪を下した。 今季2度目の3連勝で熾烈な残留争いを抜け出した13位のG大阪は負傷欠場続いた三浦が先発復帰。一方、ACL出場権の獲得を目指して3位争いを演じる5位の名古屋はシュヴィルツォク、前田、相馬、柿谷の前線でスタートした。 ひとつでも上の順位で終わることが目標となるG大阪が立ち上がりからボールを動かす展開になり、いくつか崩しの形も作ったが、勝ち続けるしか3位滑り込みの道がない名古屋がこの試合でも攻守のメリハリを効かせながらペースを握る。 その名古屋が先制。8分、柿谷とのワンツーで左サイドの背後を抜け出した相馬が後追いの三浦をスピードで振り切り、ボックス左からマイナス方向に折り返すと、中央のシュヴィルツォクが左足ダイレクト。これがゴール右が決まった。 速攻をしっかりとゴールに結びつけ、先取した名古屋はその後もG大阪にボールを持たせつつ、ひと刺しを狙うと、山本のパスをカットした流れから追加点。22分、ボックス右で前田から横パスを受けた柿谷が右足でニアをぶち抜いた。 G大阪にシュートまで持ち込ませず、鋭いカウンターで効率良くゴールを積み上げる名古屋は29分に3点目。1点目と同様、左サイドからボックス左に仕掛けた相馬がマイナスに折り返すと、中央のシュヴィルツォクが右足で合わせた。 名古屋の速攻にやられ続けたG大阪だが、後半から出場の奥野が53分に高い位置でのボール奪取からカウンター。稲垣の足に当たったボールを足で処理しようとするランゲラックにプレッシャーをかけたパトリックがボールを奪い、押し込んだ。 1点を返した勢いで59分にも山見と福田を送り込み、3バックにシステム変更も施して盛り返すG大阪は72分にゴール前の混戦からパトリックが再びネットを揺らすが、オフサイドの判定。前半と打って変わり、鋭い攻めを繰り出すが、2点目が遠い。 そんなG大阪は残る交代でウェリントン・シウバも送り込み、猛攻に出るが、名古屋が逃げ切りを完遂して、4戦負けなし。勝ち点を「65」まで伸ばして、ヴィッセル神戸のACL出場圏内となる3位以内フィニッシュを阻止した。 ガンバ大阪 1-3 名古屋グランパス 【G大阪】 パトリック(後8) 【名古屋】 シュヴィルツォク(前8、前29) 柿谷曜一朗(前22) 2021.11.20 16:10 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第36節:G大阪vs名古屋】3連勝で残留確定のG大阪、名古屋は3位へ勝つしかない

【明治安田生命J1リーグ第36節】 2021年11月20日(土) 14:00キックオフ ガンバ大阪(13位/43pt) vs 名古屋グランパス(5位/62pt) [パナソニック スタジアム 吹田] ◆残留確定で見せたいプライド【ガンバ大阪】 今シーズンは苦しみ続け、残留争いにどっぷり足を突っ込んでしまったG大阪。最下位に沈む時期もあったが、徐々に勝ち点を積み上げると、ここに来て4戦無敗、3連勝と結果を残し始めている。 遅すぎる巻き返しではあるが、チームとしても残留を確定させ、長く苦しんだプレッシャーから解放された部分もあるだろう。少しでも上の順位を目指して今後は戦うこととなる。 ケガ人もシーズンを通して相次いで出たことで、全てがうまく回らなかったが、ここにきて三浦弦太、昌子源が揃うことに。多くの選手を起用できるようになったこの状態で結果を出し続けたい。 とはいえ、今節は上位の名古屋が相手。前々節は優勝を争っていた横浜F・マリノスを下しているだけに、G大阪としてはしっかりと上位にも戦えるかを図る良い相手だ。 意地とプライドを懸けた戦いになるが、来シーズンの巻き返しを考えても、しっかりと結果を残しておきたい。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:東口順昭 DF:髙尾瑠、三浦弦太、昌子源、藤春廣輝 MF:倉田秋、井手口陽介、山本悠樹、福田湧矢 FW:宇佐美貴史、パトリック 監督:松波正信 ◆3位に向け3連勝を目指す【名古屋グランパス】 現在5位の名古屋。3位を争う戦いでリードしていたが、直近の試合では勝ち点を取りこぼしている状況が続いている。 気がつけば5位、3位との勝ち点差は「5」となり、シビアな戦いが強いられることに。しかし、2年連続でのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場を目指すことは諦めきれないはずだ。 アウェイ3連戦の初戦で仙台に引き分けたことが重くのしかかり、残り3節では3連勝が必須と言って良い状況。自力でのACL行きは掴めない状況だが、諦めずに戦う名古屋らしさを見せて朗報を待ちたいところだ。 まずはG大阪。3連勝と勢いに乗る相手をしっかりとゼロに抑えることができるのか。天皇杯、ACL、リーグ戦、ルヴァンカップと4つの戦いを並行していたシーズンも、今はリーグ戦のみ。残り3試合に全てをぶつけたい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:宮原和也、中谷進之介、キム・ミンテ、吉田豊 MF:稲垣祥、木本恭生 FW:マテウス、柿谷曜一朗、森下龍矢 FW:シュヴィルツォク 監督:マッシモ・フィッカデンティ 2021.11.20 11:07 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly