遠藤航同僚DFソサ、ドイツ代表入りを希望も不可能? FIFA規約に抵触の可能性

2021.05.10 20:35 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
新たに国籍を取得し、代表チームの選択が注目されていたシュツットガルトに所属するDFボルナ・ソサ(23)だが、思わぬ壁にぶち当たることとなってしまったようだ。

ソサはクロアチア出身のDF。世代別の代表チームはクロアチアでプレーしていたが、7日にドイツの国籍を取得。これにより、ドイツ代表が選択できるようになった。

そのソサは、7日に行われたアウグスブルク戦後に「僕はオリバー・ビアホフと連絡を取った」とコメント。ドイツ代表入りを希望することを明かしていた。

ソサには、予てからドイツサッカー連盟(DFB)が働きかけを行っていることは知られており、クロアチア国籍のソサとしては国籍取得が重要だった。

一方で、クロアチアサッカー連盟(HNS)はソサを招集せず。U-21クロアチア代表には招集されていたが、A代表のズラトコ・ダリッチ監督はソサを招集していなかった。

ソサはロシア・ワールドカップ(W杯)の予備登録メンバーにはなったものの、本大会では選ばれず。しかし、その後も招集歴はないため、ドイツ代表を選択することは可能。DFB側の働きかけもあり、本人もドイツ代表選択を望むこととなった。

しかし、ドイツ『キッカー』によれば、ソサは乗り越えることができない壁にぶち当たったとのこと。FIFAが2020年9月から適用している規則により、クロアチア代表以外を選択できないという状況になってしまったのだ。

ソサが抵触したのはFIFA規約の第9条。その規約の中に、」変更したい代表チームの国籍を持っていない場合、いかなるカテゴリーであっても、最後に出場した公式戦が21歳未満であれば変更が可能」というものがある。

しかし、ソサはU-21クロアチア代表として最後にプレーしたのは2020年11月12日のU-21欧州選手権予選のU-21スコットランド代表戦。当時、22歳9カ月22日での出場を果たしており、この規約に抵触。つまり、ドイツ代表を選択することは不可能ということになってしまうのだ。

もちろん、DFB側がこの辺りのことを全く把握していなかっとは思えず、何らかの算段がある可能性はある。ソサの母はベルリン出身、祖父もベルリンで建設業を営んでいたこともある。

左サイドバックとしてシュツットガルトで主軸を担っているソサ。中盤の左サイドでもプレーし、今季はブンデスリーガで24試合に出場し10アシストを記録。ドイツ代表としても欲しい存在だろうが、果たしてどのような結末を迎えるだろうか。

関連ニュース
thumb

フランクフルト移籍のゲッツェ、レーブ氏は5年ぶりの代表復帰に期待「すべてのクオリティが備わっている」

元ドイツ代表監督のヨアヒム・レーブ氏が、フランクフルト移籍を果たしたMFマリオ・ゲッツェ(30)の代表復帰を期待した。ドイツ『スカイ』が伝えている。 17歳でブンデスリーガデビューを飾ったゲッツェは、その卓越したスキルから「天才」と称えられ、2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)決勝では母国を24年ぶりの優勝に導く決勝弾を記録した。しかし、その後はバイエルン、ドルトムントで満足な結果を残せず、2020年夏にドルトムントを退団。2カ月間フリーの期間を経て、PSVに加入した。 そのままキャリアは下降線をたどる一方に思われたゲッツェだが、オランダの地で復活。2年間在籍したチームで公式戦通算76試合に出場して18ゴール18アシストを記録し、今季はKNVBベーカー優勝にも貢献した。 復活をアピールしたゲッツェに対しては、今季ヨーロッパリーグ(EL)優勝を果たしたフランクフルトが移籍金400万ユーロ(約5億6000万円)を提示するなど獲得に動き、21日に加入を正式発表している。 母国復帰を果たし、来季はチャンピオンズリーグ(CL)でもプレーすることになるゲッツェに対して、長く代表チームで指導してきたレーブ氏は、2017年を最後に遠ざかっている代表復帰にも期待。クオリティを考えれば、十分実現は可能なはずだと太鼓判を押した。 「マリオには代表復帰や、W杯出場を実現するためのすべてのクオリティが備わっている。彼は新シーズン、再びCLでプレーできるだろう。そして、ここブンデスリーガでも注目されることで、W杯に向けて自身を推薦しようと思っているはずだ」 「もちろん、私はこのタイミングでマリオがドイツに戻るとは思っていなかった。でも、マリオとフランクフルトのことを考えると、私はとても幸せだよ。マリオは例外的な選手であり、非常にプロフェッショナルな人物だ。その優れたゲームインテリジェンスがあれば、フランクフルトにもしっかりフィットするだろう」 2022.06.23 17:01 Thu
twitterfacebook
thumb

INAC京川が海外初挑戦! ドイツ・ポツダムへ完全移籍「覚悟を持って、少しでも恩返しができるように」

INAC神戸レオネッサは22日、元なでしこジャパンのFW京川舞(28)が、女子ブンデスリーガの1.FFCトゥルビネ・ポツダムへ完全移籍することを発表した。契約期間などは明らかにされていない。 移籍先のポツダムも同日に京川の加入を発表している。ポツダムでは過去に永里優季や永里亜紗乃がプレーをし、今季のリーグ戦は4位で終えていた。女子ブンデスリーガでは現在、バイエルンでDF熊谷紗希が、ケルンでDF平野優花がプレーをしている。 常盤木学園高校で2度の全日本高等学校女子サッカー選手権大会優勝を成し遂げ、世代別の日本代表でも常連だった京川。持ち味のスピードを生かした突破力を武器に、2011年のAFC U-19女子選手権では得点王と最優秀選手に輝く活躍で日本を優勝に導き、鳴り物入りで2012年に田中陽子や仲田歩夢らとともにINACへ加入した。 すぐさまなでしこジャパンにも選出されるなど将来を嘱望されたが、同年に左ヒザ前十字靱帯断裂などの重傷を負うことに。復活後はなでしこリーグでコンスタントに出場を続けていたが、2021年4月にバセドウ病と診断されて再びの長期離脱を強いられた。 再復活を遂げたのは2022年4月16日に行われた「2021-22 Yogibo WEリーグ」第17節のAC長野パルセイロ・レディース戦。先発に名を連ね、71分間プレー。以降は3試合に途中出場を果たしている。 WEリーグでは通算4試合に出場。なでしこリーグ1部で117試合45得点、2部で23試合出場31得点を記録し、なでしこジャパンとしても5試合に出場している。 移籍に際し、京川は両クラブを通じて以下のコメントを発信している。 ◆INAC神戸レオネッサ 「このたびドイツ・女子ブンデスリーガ1部、1.FFCトゥルビネ・ポツダムに移籍することになりました」 「INAC神戸での10年間は、本当に山あり谷ありで、振り返ってみたらデコボコだらけの道のりで、自分でもとても驚いています。デコボコ道を前に進めるように整えてくれたチームや迷子になりそうな私を軌道修正してくれたチームメイト、先輩方、踏ん張り所で背中を押してくれたファン・サポーターの方々のおかげで今の私があります。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。どんな状況の中でも進み続けることができたのは、INAC神戸だからです」 「この10年間でみなさんからいただいた恩は返し切れないほど大きくなっていますが、サッカーは世界に広く繋がっているので、違う環境でのチャレンジになりますが、覚悟を持って夢に挑み、みなさんに少しでも恩返しができるようにしたいと思います。良いニュースを届けられるように頑張りますので楽しみに待ってて下さい」 「10年間、本当にありがとうございました」 ◆1.FFCトゥルビネ・ポツダム 「こんにちはポツダムの皆さん!日本から来た京川舞です。自分にとって初めての海外チャレンジにとても興奮しています!このチームで女子ブンデスリーガでチャンピオンになって、ポツダムでUEFA女子チャンピオンズリーグの出場権を獲得したいと考えています。すぐにみんなに会えることを願っています!」 2022.06.22 19:52 Wed
twitterfacebook
thumb

W杯で日本と対戦するドイツ代表の呼称「ディー・マンシャフト」が廃止に…7月末に結論

カタール・ワールドカップ(W杯)では、日本代表とも対戦するドイツ代表だが、その“愛称”について議論がなされている。 2014年のブラジルW杯では優勝を果たしているドイツ代表。チームの愛称として「Die Mannschaft(ディー・マンシャフト)」が採用されている。 これはW杯制覇後の2015年にドイツ代表のマネージャーを務めるオリバー・ビアホフ氏が呼称として導入したもの。意味は「これがチームだ」というものだが、廃止の方向で話が進んでいる。 ドイツサッカー連盟(DFB)のベルント・ノイエンドルフ会長は、この呼称について終わる可能性があることを20日にコメント。7月末に結論を出すという。 「終わりが来る。7月末に責任機関の会合が開かれ、決定が確実に下される。終わりのない話には興味がない」 「今回の定性調査では、我々のイメージを固め、意見をまとめることができるはずだ。ただ、調査に依存することはない」 この言葉の生みの親とも言われるビアホフ氏は「我慢すれば良い」と会長の決定を受け入れることを示唆。日本と対戦するときにはもう使われない愛称となっていそうだ。 2022.06.21 14:30 Tue
twitterfacebook
thumb

昨季引退のベンダー兄弟がドイツ代表のアンダーカテゴリーでコーチに就任

ドイツサッカー協会(DFB)は17日、元ドイツ代表のラース・ベンダー氏とスベン・ベンダー氏が、それぞれU-15およびU-16ドイツ代表のアシスタントコーチに就任したことを発表した。 2020-21シーズンを最後に、共にレバークーゼンで現役を退いたベンダー兄弟。ラースはレバークーゼンに12年間在籍し、クラブ歴代9番目となる通算337試合に出場。スベンはドルトムントで元日本代表MF香川真司らと共に2010-11、11-12シーズンのブンデスリーガ連覇を果たすなど、互いに輝かしいキャリアを築いた。 デビューも引退も同時だった双子は、第二のキャリアもまた2人で始めることに。DFBを通じてコーチ就任に至った経緯を語っている。 「サッカーは我々に多くのものを与え、これまでの人生を形作ってきた」 「我々はキャリアを終えた後、しばらく休養する時間が必要だった。だけど今度は何かを還元したいと思うようになった」 「ちょうどいいタイミングでDFBから声がかかり、話を聞いているうちに、仕事の進め方やテーマが私たちの伝えたいことと重なることに気づいた」 「我々は現役時代から多くの疑問を持ち、責任を負うことを楽しんできた。今はそれを新しい役割で担う時だ」 「我々の経験を持ってすれば、若い才能ある人たちに、プロフェッショナルへの道を歩むための多くのものを与えることができると信じている」 2022.06.18 14:58 Sat
twitterfacebook
thumb

W杯で日本の前に立ちはだかるドイツ代表GKノイアー、UNL・イタリア戦の衝撃セーブに下田・水沼ペアも感嘆

ドイツ代表のGKマヌエル・ノイアー(バイエルン)の好セーブには、放送席も驚きを隠せなかったようだ。 14日、UEFAネーションズリーグ(UNL)2022-23リーグA・グループ3の第4節、ドイツ代表vsイタリア代表がボルシア・パルクで行われ、5-2でドイツが大勝を収めた。 会場に5度の「Kernkraft 400/(Zombie Nation)」を鳴らした攻撃陣は言うまでもないが、守護神のパフォーマンスには実況の下田恒幸さん、解説の水沼貴史さんも舌を巻いた。 8分、クロスに対してDFニクラス・ジューレとDFルーカス・クロステルマンの間に入り込んだFWジャコモ・ラスパドーリにフリーでボレーを打たれるも、倒れ込みながら右手で弾き、FWウィルフレッド・ニョントのプッシュもリカバーした。 33分には鋭い縦パスで攻撃の起点となれば、55分には再び圧巻のプレーを披露する。ノイアーはFWジャンルカ・カプラーリのシュートをゴール前のMFニコロ・バレッラがタッチ。左へ反応し、逆を取られる格好となったノイアーだったが、飛びきらずに足を残したことですぐさま対応。軸足を起点に即座のターンから、がら空きと思われたゴールをカバーし、バレッラの最後のプッシュをかき出した。 オフサイド判定となったため、ゴールラインを完全に割ったかどうかは確認不要となったが、凄まじい反応、そしてカバーを披露した守護神。ノイアーのプレーには放送席の2人も「でも凄い…」、「凄いですね…凄いです」と、ただただ感嘆するしかなかった。 カタール・ワールドカップ(W杯)本大会ではグループEで日本代表と同居するドイツ。世界屈指のGKの守護神を打ち破る術は、SAMURAI BLUEにあるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】下田・水沼ペアも唸る、ノイアー圧巻のセーブ(4:16~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="T7hOJ9_cdRE";var video_start = 256;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.06.16 18:40 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly