「彼と一緒だと頭が混乱した」かつての同僚バロテッリをリバプールOBが批判

2021.05.07 16:31 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
かつてリバプールでプレーした元イングランド代表FWリッキー・ランバート氏が、元同僚のFWマリオ・バロテッリを批判した。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。ランバート氏とバロテッリは、共に2014年夏にリバプールに加入。バルセロナに移籍した大エースのFWルイス・スアレスの穴を埋める存在として期待がかけられていたが、ランバート氏は公式戦36試合3ゴール、バロテッリは公式戦28試合4ゴールと活躍することはできなかった。

ランバート氏は1年でリバプールを退団後、WBAやカーディフでプレー。2017年に現役引退を発表している。ポッドキャスト『Straight From the Off』に出演した同氏は、リバプールでバロテッリと過ごした当時を振り返り、辛辣なコメントを残した。

「彼は良い奴で、子供っぽいけど人に好かれるやつだった。しかし、練習場に足を踏み入れた途端、別人のようになっていたね。正直なところ、あんな選手は見たことがない」

「最初は、彼もプレーにすべてを捧げていた。しかし、トレーニングではすべてを出し切っていなかったね。彼が私より優先されていても、最初は気にならなかったよ。『いつか自分の出番がやってくる』と思っていた。でも、トレーニングでの彼の様子や、プレーしている姿を見て、少し影響を受けたのは事実だ」

「トレーニング中に彼と一緒だと頭が混乱して、ブレンダン(・ロジャーズ)に『2度と彼のチームに入れないでくれ』と言う必要があった。恐らくスティービー(スティーブン・ジェラード)も同じことを言っていたと思うよ」

また、ランバート氏は残念な結果に終わったリバプールでの挑戦についても言及。プレシーズンでの判断を誤ったと悔やんでいる。

「最初のプレシーズンが私にとって過ちだった。ブレンダンは僕やスティービー、イングランド代表の選手たちに5週間の休暇を与えたんだ。でも、僕は妻や子供たちと一緒に休暇を取った後、リバプールのため最高の状態でプレーしたいからとすぐ戻った」

「文字通り、最低限の2週間の休暇をとった後でリバプールに復帰した。それが大きな間違いだったよ。かなり早い段階で『地獄だ』と思ったね。脚の感覚で、もっと休息が必要だったと分かったんだ。愚かなミスだった」

「32歳になっていた。前シーズンから、わずかな違いは感じ始めていたと思う。自分のペースが少しずつ変わってきているとね。リバプールではもう脚が弱っていて、エネルギーがなくなっていた」

「それでも、私の心はやる気満々で、シーズンが始まるのが待ち遠しかった。スタートダッシュを決めて得点を取り、いつも通りのプレーをして成功しようと思っていたんだけどね」
関連ニュース
thumb

左SBを探すナポリ、リバプールのツィミカスにも注目か

ナポリが、リバプールのギリシャ代表DFコスタス・ツィミカス(25)に注目しているようだ。イタリア『コリエレ・デロ・スポルト』が伝えている。 新たにルチアーノ・スパレッティ監督を招へいし、新生ナポリとして新シーズンを迎えるナポリ。先日行われたバイエルンとのプレシーズンマッチで3-0で快勝するなど、幸先のいいスタートを切っている。 だが、着手しなければならない課題が左サイドバックの補強だ。同ポジションでは、DFマリオ・ルイのガラタサライ移籍が迫っていることに加え、3月に左ヒザ前十字靭帯断裂の大ケガを負ったDFファウジ・グラムの復帰の目処が立っていない。 その最優先と言われているのがチェルシーのイタリア代表DFエメルソン・パルミエリだが、同時にツィミカスにも接触を図った模様だ。同選手は昨年8月にオリンピアコスから推定1300万ユーロの移籍金でリバプールに加入したばかりで、伝えられるところによるとナポリの最初のオファーは却下された模様。 ただ、昨季はDFアンドリュー・ロバートソンの影に隠れ、公式戦7試合の出場のみとなったギリシャ代表DFが出場機会を求めて移籍を検討するのではないかと言われており、その点に関してナポリのクリスティアーノ・ジュントーリSDは期待を持っているようだ。 いずれにせよ、左サイドバックの補強はマストとなっている今夏のナポリ。ここまで補強はゼロだが、3週間後のセリエA開幕までにどこまで戦力を整理できるだろうか。 2021.08.01 18:26 Sun
twitterfacebook
thumb

サウール代理人がイングランドへ! 移籍先はユナイテッドorリバプール?

アトレティコ・マドリーからの移籍が囁かれるスペイン代表MFサウール・ニゲス(26)の代理人が選手の将来を早々に決着させようと、イングランドに飛ぶようだ。イギリス『ミラー』が報じた。 下部組織時代から過ごすアトレティコで公式戦300試合以上を誇るサウール。2017年7月に2026年までの9年という異例の超長期契約を結び、クラブに絶対なる忠誠を誓った中盤のプレーヤーだが、昨季に絶対的主力の地位が薄れ、今夏の退団が囁かれ始めている。 アトレティコにウディネーゼからアルゼンチン代表MFロドリゴ・デ・パウルが加入したことで、クラブの売却候補に挙がるサウールを巡っては当初こそバルセロナ行きが取り沙汰されたが、次第に沈静化。それに反して、イングランド行きの可能性が熱を帯びる。 そうしたなか、サウールの代理人を務めるジョナサン・バーネット氏はアトレティコから他クラブとの移籍交渉の許可を経て、2日にもイングランド入りへ。移籍先として現時点でマンチェスター・ユナイテッドが有力だが、リバプールも熱望しているとみられる。 そんなバーネット代理人はプレミアリーグとラ・リーガが開幕する8月中旬までの決着を希望。当初こそ1億2500万ポンドの売り値を設定したアトレティコだが、現在の市場価値も考慮して、3500万〜4000万ポンド(約53億3000万〜61億円)程で移籍を認めるという。 2021.08.01 13:20 Sun
twitterfacebook
thumb

リバプール、守護神アリソンとも延長交渉! アレクサンダー=アーノルドに続くか

リバプールがブラジル代表GKアリソン・ベッカー(28)とも契約延長に向けた交渉に入っているようだ。 新シーズンに向けた調整に励むなかで、30日に右サイドバックとして不動の地位を築くイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドとの契約延長を発表したリバプール。だが、2024年6月末まで契約が残る絶対的守護神とも協議中だという。 この先もリバプールでのプレーを望むアリソンは2018年のローマから加入して以降、絶対的守護神に君臨。チャンピオンズリーグ(CL)やプレミアリーグのタイトルに大きく寄与するなか、公式戦通算130試合の出場で104失点、59回の無失点を記録している。 なお、リバプールは先月14日、バックアッパーを務めるスペイン人GKアドリアンやアイルランド代表GKクィービーン・ケレハーとの契約延長を発表。アリソンも契約延長となれば、それに続く格好だ。 2021.07.31 10:30 Sat
twitterfacebook
thumb

リバプール、イングランド代表DFアーノルドとの新契約締結を発表!

リバプールは30日、イングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルド(22)との契約を延長したことを発表した。契約期間は長期とだけ明かしているが、イギリス『BBC』は2025年6月30日までと伝えている。 6歳の時にリバプールの下部組織に加わったアーノルドは、2016年夏にトップチーム昇格を果たし、同年10月にデビュー。これまで5シーズンで公式戦179試合に出場し10ゴール44アシストを記録。昨季はプレミアリーグ36試合に出場していた。 契約延長に至ったアーノルドは、クラブの公式サイトで次のように語っている。 「このような機会を与えられて光栄に思うし、クラブから契約延長という信頼を示してもらって、僕は何も迷わなかったよ。リバプールは僕の知っている唯一のクラブなので、この時間を長く延長することは、僕と僕の家族にとって素晴らしいことなんだ」 「ここで新しい契約を結ぶことは僕にとって誇らしいことだし、クラブやスタッフから信頼を得るのは素晴らしい気持ちだよ」 2021.07.31 06:00 Sat
twitterfacebook
thumb

“9番”のポジションでの目標を語るオックスレイド=チェンバレン「ゴールで貢献することが一番だ」

リバプールのイングランド代表MFアレックス・オックスレイド=チェンバレンが、新たな役割でチームに貢献することを誓った。クラブ公式サイトが伝えている。 オックスレイド=チェンバレンは昨シーズン、開幕前の負傷の影響もありプレミアリーグでの先発出場はわずか2試合のみと不本意なシーズンに。中盤の序列争いで後れを取る厳しい状況だったが、新シーズンには新たに“9番”としてのポジションが与えられる可能性がある。 実際、5月に行われた昨シーズンのプレミアリーグ第37節バーンリー戦では9番の位置でプレーしており、シーズン初ゴールをマークした。新シーズンに向けた親善試合でも9番の位置で起用されており、29日に行われた親善試合のヘルタ・ベルリン戦でも1ゴールを記録している。 ヘルタ戦後のインタビューに応じたオックスレイド=チェンバレンは、まず3-4のスコアで敗れたヘルタ戦の課題に言及。そのうえで、新たなポジションでのプレーについては手応えを得ており、チームのFWロベルト・フィルミノのようにプレーしつつ貪欲にゴールを狙いたいと語った。 「ヘルタ戦は良かった点と悪かった点があったね。ゲームをうまくコントロールして素晴らしいフットボールをしたとは思うけど、大事なときにミスをしてしまい十分な力を発揮できなかった。相手は良いチームで、僕たちを苦しめたね。もっと安定したプレーが必要であり、シーズンに向け回復力も高めないといけない」 「(9番でのプレーは)新しい役割であり、とても楽しんでいる。それはより良質な中盤がプレーするのと似たようなものだね。ボビー(ロベルト・フィルミノ)はフットボール界の誰よりも上手に守備をこなしていると思うから、僕もこの役割に慣れるよう努力したい。彼がやっていることについていくのは、簡単ではないけどね」 「ポゼッションの面を見ると、今は良いポジションでボールを持てるから楽しいよ。もし、このポジションでプレーする機会が増えたら、ゴールで貢献することが一番の目標になる。僕もチームもまだ成長途中であり、まだまだやるべきことはある。それはこれからも増えていくだろうから、改善し続けていきたいね」 2021.07.30 12:23 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly