レッドブル・グループ内での玉突き人事、ザルツブルクは33歳のヤイスレ氏を新監督に招へい

2021.04.29 20:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ザルツブルクは29日、新指揮官にリーフェリングで指揮を執るマティアス・ヤイスレ監督(33)を招へいすることを発表した。契約期間は来シーズンから2023年夏までとなる。

ザルツブルクは、チームを率いるジェシー・マーシュ監督(47)が来シーズンからRBライプツィヒの監督に就任することが決定。そのため、後任監督が必要だった。

ヤイスレ氏はシュツットガルトのユース出身。順調に下部組織でキャリアを積むと、2007年1月に当時は地域リーグに所属していたホッフェンハイムへと完全移籍する。

すると、2年目の2007-08シーズンはブンデスリーガ2(ドイツ2部)でプレーすると、ラルフ・ラングニック監督に率いられたホッフェンハイムは2008年にブンデスリーガへ昇格。快進撃を見せていた2008-09シーズンはセンターバックとしてブンデスリーガで22試合に出場した。

しかし、2009年にヒザの十字じん帯を断裂。これがキャリアを大きく揺るがすと、翌年にはアキレス腱も断裂。度重なるケガにより、26歳で現役を引退することとなった。

選手としてのキャリアを早々に終えたヤイスレ監督だったが、すぐに指導者の道へ。RBライプツィヒに入りユースチームでアシスタントコーチを務めると、2016年7月からはU-17チームのアシスタントコーチに。2017年7月にはデンマークのブロンビーのアシスタントコーチに就任した。

2019年7月にはレッドブル・グループに戻り、レッドブルフットボールアカデミーのU-18チームで監督に就任。今年1月からはザルツブルクのリザーブチームとして活動しているリーフェリングの監督に就任していた。

関連ニュース
thumb

ライプツィヒ、指揮官に続きザルツブルクのエースFW獲得に動くか?

RBライプツィヒがレッドブル・ザルツブルクに所属するザンビア代表FWパトソン・ダカ(22)の獲得に動く模様だ。ドイツ『キッカー』が報じている。 バイエルンにユリアン・ナーゲルスマン監督を引き抜かれたライプツィヒは、その後任として過去にクラブでコーチの経験もあるジェシー・マーシュ監督をザルツブルクから招へいすることになった。 ただ、来シーズンに向けては指揮官だけではなく、ザルツブルクのエースストライカーまで引き抜くことを画策しているようだ。 ライプツィヒはナーゲルスマン監督を引き抜いたバイエルンから支払われる総額2500万ユーロ(約33億円)と言われる違約金を元手に、ストライカーの獲得を今夏の優先事項にしているという。 そして、そのナンバーワンターゲットが、マーシュ監督と師弟関係にあるダカだという。 2017年にザルツブルク入りを果たしたダカは、圧倒的な身体能力と積極的なプレーという以前からの武器に加え、近年は課題の決定力やフィニッシュの局面での精度に磨きをかけている。 今シーズンここまでは公式戦37試合に出場し、31ゴール10アシストと圧巻のスタッツを残しており、今夏のタイミングでのステップアップが見込まれる逸材だ。 以前にはトッテナムやリバプールといったプレミアリーグ勢からの関心も伝えられていたが、恩師を追う形でライプツィヒ行きを選択するのか…。 2021.04.30 00:34 Fri
twitterfacebook
thumb

南野やハーランドを指導したマーシュ監督が、来季からRBライプツィヒの監督に就任

RBライプツィヒは29日、来シーズンからの新指揮官にジェシー・マーシュ監督(47)を招へいすることを発表した。契約期間は2023年までの2年間となる。 ライプツィヒは、ユリアン・ナーゲルスマン監督が来シーズンからバイエルンの監督に就任することが決定。今シーズン限りでの退任が発表されていた。 マーシュ監督は、現役時代は母国のアメリカでプレー。プリンストン・タイガースやDCユナイテッド、シカゴ・ファイアー、チーバスUSAでプレーし、2010年2月に現役を引退した。 引退後は指導者の道に進み、引退直後にアメリカ代表のボブ・ブラッドリー監督の下でアシスタントコーチに就任。2011年8月にはメジャーリーグ・サッカー(MLS)のモントリオール・インパクト(現CFモントリオール)で初の監督に就任した。 2015年1月にはニューヨーク・レッドブルズの監督に就任し、レッドブル・グループに入る。2018年7月まで3年半指揮を執ると、RBライプツィヒでラルフ・ラングニック監督の下でアシスタントコーチに就任。2019年7月にはレッドブル・ザルツブルクの監督に就任していた。 日本代表FW南野拓実(現サウサンプトン)やノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(現ドルトムント)らを指導した実績もあり、2019-20シーズンもオーストリア・ブンデスリーガと国内カップ戦を制覇。今シーズンもリーグ戦で首位を走っている。 同じレッドブル・グループ、そして過去にコーチとしてチームを知っているマーシュ監督に率いられるライプツィヒがどのようなサッカーを見せるか。来シーズンのチャンピオンズリーグ出場もほぼ手中に収めており、注目が集まる。 2021.04.29 19:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒ、ナーゲルスマン監督の後継者はジェシー・マーシュ監督が濃厚に

ユリアン・ナーゲルスマン監督(33)の今季での退任と来季からのバイエルン就任が発表されたRBライプツィヒだが、早くもその後継者が決まったようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。 先日にバイエルンのハンジ・フリック現監督が退任の意向を公で明かしたことで、急転直下で決まった両クラブ間による監督移籍。『キッカー』によるバイエルンとナーゲルスマン監督の口頭合意が伝えられると、翌27日に来季からの5年契約締結が公表された。 そうなると気になるのはライプツィヒの次期監督だが、同メディアが予想していたように、同じレッドブル・グループのザルツブルクで指揮を執るアメリカ人のジェシー・マーシュ監督(47)が濃厚のようだ。 これまでモントリオール・インパクトやニューヨーク・レッドブルズで監督を務めた経験のあるマーシュ監督は、2018年から2019年にはライプツィヒでラルフ・ラングニック監督のアシスタントコーチとしても働いていた。 その後、2019年夏にザルツブルクの監督に就任し、FW南野拓実やMF奥川雅也を指導。また、今や世界的ストライカーとなったFWアーリング・ハーランドの飛躍にも一役買った人物で、若手の育成には定評がある。 アメリカ人指揮官には、フランクフルトやトッテナムも関心を示していたようだが、同じグループ会社の傘下であることを生かして、ライプツィヒが有利に交渉を進めている模様だ。 2021.04.28 19:24 Wed
twitterfacebook
thumb

堂安律所属のビーレフェルト、奥川雅也を買取OP付きレンタルで獲得! 指揮官も期待膨らませる

ビーレフェルトは31日、レッドブル・ザルツブルクに所属するMF奥川雅也(24)の加入を発表した。移籍形態は買い取りオプション付きの半年レンタルとなる。 奥川は京都サンガF.C.下部組織出身で、2015年からトップチームに昇格すると、同年夏にザルツブルクの実質的なリザーブチームにあたるリーフェリンクに加入。その後、マッテルスブルクやホルシュタイン・キールへのレンタルを経て、2019年夏にザルツブルク復帰を果たした。 2019-20シーズンは公式戦33試合に出場して11ゴールを記録。今季もここまで公式戦14試合に出場して3得点の数字を収めたが、徐々に出番が限定的となり、移籍の可能性も浮上している状況だった。 ウーベ・ノイハウス監督は「堂安律に似たタイプの選手で、クリエイティブかつ豊富なアイデアを持って前に道を探していける。フィニッシュだけでなく、組み立ても強み。我々の得点力は高まるはずだ」とPSVからレンタル加入中であるMF堂安律の名を挙げ、期待を口にした。 ビーレフェルトは今季、2006-07シーズン以来のブンデスリーガ復帰。18試合を消化した時点で5勝2分け11敗の15位に位置している。 2021.01.31 18:55 Sun
twitterfacebook
thumb

メンバー外続く奥川雅也、ザルツブルクSDが移籍の可能性を明かす

ザルツブルクに所属する日本代表MF奥川雅也(24)が移籍する可能性があるようだ。 2019-20シーズンの奥川は、オーストリア・ブンデスリーガで23試合に出場し9ゴール6アシストを記録。また、チャンピオンズリーグでも4試合に出場した。 シーズン途中にはエースとして活躍していたノルウェー代表FWアーリング・ハーランドがドルトムントへ、日本代表FW南野拓実がリバプールへと移籍。後半戦は主軸としてチームを支えていた。 今シーズンもシーズン序盤はリーグ戦やチャンピオンズリーグでも出場を重ね、11月には日本代表に初招集を受ける。しかし、チーム内で新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者が出たために見送りに。その頃からメンバー外になることが増えた奥川は、今年に入ってもメンバー外が継続。ここまでリーグ戦7試合に出場し1アシスト、チャンピオンズリーグでも3試合に出場し1ゴールを記録するに終わっていた。 スポーツ・ディレクター(SD)を務めるクリストフ・フロイント氏は、選手の去就についてコメント。オーストリア『スカイ・スカイスポーツ』で奥川についても言及した。 「彼は昨シーズンは本当によくプレーしたが、現在はあまりプレーできていない」 「彼はとても優れた選手だが、競争は激しい状況だ」 「何かが起こる可能性を否定するつもりはない」 奥川は2015年7月に京都サンガF.C.からザルツブルクのリザーブチームに当たるリーフェリングへと加入。マッテルスブルクへのレンタル移籍を経ると、2018年7月にザルツブルクに加入した。 2018年8月からはドイツのホルシュタイン・キールへとレンタル移籍。2019年6月にザルツブルクへと復帰し、公式戦通算47試合で14ゴール8アシストを記録している。 果たして奥川はどこに移籍することになるだろうか。 2021.01.29 13:15 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly