バーゼル、今季CLでブレイクした快足FWオベルリンをザルツブルクから買い取りOP行使で獲得2018.05.16 01:52 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バーゼルは15日、レッドブル・ザルツブルクからレンタル移籍で加入していたスイス代表FWディミトリ・オベルリン(20)の買い取りオプションを行使し、完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年となる。▽なお、フランス『レキップ』は今回の買い取りオプションの金額が400万ユーロ(約5億2000万円)前後と推定している。

▽母国チューリッヒのユース出身もオーストリアのザルツブルクに引き抜かれたオベルリンは、昨夏に1年間のレンタルでバーゼルに加入。今季はチャンピオンズリーグのグループステージで4ゴールを挙げるなど、公式戦37試合で10ゴール2アシストを記録した。

▽シュート精度など決定力に関して大いに課題を残すものの、圧倒的なスピードとテクニックを生かした突破力やカウンター時の迫力は絶大。FWモハメド・サラー、FWブレール・エンボロとバーゼル快足アタッカーの系譜を受け継ぐオベルリンは、今季ヤング・ボーイズにリーグ9連覇を阻まれたスイスの盟主にとって大きな補強になりそうだ。
コメント
関連ニュース
thumb

アウグスブルク、チェコ代表DFスヒーがフリーで加入!

アウグスブルクは8日、昨シーズン限りでバーゼルを退団したチェコ代表DFマレク・スヒー(31)の加入を発表した。契約期間は2021年6月30日までの2年となる。 母国のスラヴィア・プラハでプロキャリアをスタートしたスヒーは、スパルタク・モスクワを経て2014年1月に半年間のレンタル契約でバーゼルに加入。その翌シーズンに完全移籍に切り替わると、在籍6年間で公式戦224試合に出場し14ゴールを記録するなど、主力として4度のリーグ制覇に貢献した。昨シーズンはアキレス腱のケガから復帰した後半戦を中心に公式戦25試合に出場していた。 また、読みと守備センスに長けたベテランセンターバックは、2010年にデビューを飾ったチェコ代表で通算41試合に出場。クラブと同様に度々ゲームキャプテンを任されるリーダーシップにも定評がある。 2019.07.09 14:02 Tue
twitterfacebook
thumb

リュカ・ジダンにバーゼルが興味か

レアル・マドリーのフランス人GKリュカ・ジダン(20)に、スイスの強豪FCバーゼルが興味を示しているようだ。『Bernabeu Digital』が伝えている。 ジネディーヌ・ジダンの次男として知られるリュカ。子供の頃から父の古巣であるマドリーの下部組織で育ち、順調なキャリアを歩んできた。 トップチームデビューしたのは昨シーズンのこと。ラ・リーガ最終節のビジャレアル戦で父・ジダン監督の下で夢を実現させた。先日のウエスカ戦では、先月11日に再任したジダン監督は息子を起用。チームは3-2で勝利し、リュカ自身は2試合目にしてトップチーム初勝利を挙げた。 とはいえ、リュカはまだ20歳でGKとしての能力はまだまだ未熟。さらにチームにはベルギー代表GKティボー・クルトワやコスタリカ代表GKケイロル・ナバスといった世界レベルのGKが在籍しているうえ、マドリーがマンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘアに熱視線を送っていると伝えられていることから、リュカの出番は限りなく少ないと見られている。 今回噂が上がっているバーゼルでは、昨夏まで守護神として活躍していたトマシュ・バシリクがセビージャに移籍。代わりにやってきたスイス代表GKヨナス・オムリンはここまで見事に代役を務め上げているが、クルトワやナバスを相手にするよりもいささかチャンスはあるかもしれない。 2019.04.04 14:01 Thu
twitterfacebook
thumb

ジャカが抱く夢…「いつかバーゼルに戻りたい」

▽アーセナルに所属するスイス代表MFグラニト・ジャカ(26)が将来的なバーゼル復帰計画を明かした。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽ジャカは下部組織時代の2002年から2012年までバーゼルまでプレー。2012年のボルシアMG移籍を経て、2016年からアーセナルに所属している。 ▽アーセナルとの現行契約を2023年まで残すジャカは、将来的な古巣復帰の可能性を問われると、次のようにコメントした。 「(バーゼル復帰の可能性? )もちろん! 僕のキャリアはここ(バーゼル)で始まった。いつか戻りたい。それが僕の夢であり、目標だ」 「でも、28歳の時に戻ることはないだろう。それは確かだ。(2009年にドルトムントから復帰した)アレクサンダー・フライの戻り方がベストだね」 「彼は30代でバーゼルに帰ったけど、バリバリにプレーして、いくつかのタイトルに貢献した」 「戻った時は周囲の期待値が高まるだろうけど、バーゼル復帰は僕の明らかな夢だよ」 2018.11.18 10:15 Sun
twitterfacebook
thumb

バーゼル、コートジボワール代表MFディエと2020年まで契約延長

▽バーゼルは13日、コートジボワール代表MFセレイ・ディエ(33)との契約を2020年6月30日まで延長したことを発表した。 ▽2012年から2015年1月までバーゼルに在籍していたディエは、シュツットガルトで1年半プレーしていたが、クラブの2部降格に伴い、2016年の夏に古巣バーゼルに復帰した。 ▽復帰後は在籍2シーズンで公式戦54試合に出場。今季もリーグ戦で開幕スタメンを飾るなど、公式戦9試合に出場している。 ▽コートジボワール代表として41キャップを記録するディエは、2014年ブラジル・ワールドカップで日本代表戦を含めた全3試合にボランチとして出場していた。 2018.09.14 05:40 Fri
twitterfacebook
thumb

3大会ぶりにCL本戦出場を逃したバーゼル、新指揮官に元オーストリア代表監督のマルセル・コラー氏を招へい

▽バーゼルは3日、新監督にマルセル・コラー氏(59)を任命したことを発表した。契約期間は2020年までの2年間となる。 ▽現役時代は下部組織から25年間グラスホッパー一筋でプレーし、スイス代表としても56キャップを記録しているコラー氏。現役引退後は、スイス2部に所属していたFCヴィルで監督キャリアをスタートさせると、ザンクト・ガレンや古巣グラスホッパーを指揮。 ▽その後、ケルン、ボーフムとドイツで監督経験を積んだコラー氏は、2011年11月にオーストリア代表監督に就任。すると、2大会ぶりとなるユーロの出場権を獲得するなど、チームの躍進に尽力。しかし、5大会ぶりの本選出場を目指したロシア・ワールドカップ(W杯)の欧州予選では、グループDを4位で終了。本戦出場を逃したコラー氏は、予選終了後にオーストリア代表監督を退任し、フリーとなっていた。 ▽昨シーズン、リーグ9連覇を逃したバーゼルは7月にラファエル・ヴィキー前監督を解任。その後は、アレクサンダー・フライ氏が暫定監督として指揮を執っていたが、1日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)予選2回戦の2ndレグでは、PAOK(ギリシャ)に2戦合計スコア1-5で敗れ、3大会ぶりにCL本戦出場を逃していた。 2018.08.04 00:40 Sat
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース