原口&室屋が所属するハノーファー、コチャク監督が今季限りで退任

2021.04.29 10:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表MF原口元気とDF室屋成が所属するハノーファーが、ケナン・コチャク監督(40)が今シーズン限りで退任することを発表した。クラブ公式サイトが伝えた。2019年11月にミルコ・スロムカ監督の後任としてハノーファーの指揮官に就任したコチャク監督。就任1年目の昨シーズンは降格圏に沈むチームを立て直し、最終的に6位でブンデスリーガ2(ドイツ2部)を終えると、今シーズンは昇格が期待されていた。

しかし、今シーズンは昨シーズン以上に苦しむ展開となっており、残り4試合の段階で18チーム中13位。降格圏と勝ち点差「9」となっており、まだ残留も決まっていない状況となった。


コチャク監督はチームと2023年夏まで契約を残しているものの、今シーズン終了で退任することに。契約の早期終了で合意に達したとのことだ。

今回の決定に対して、コチャク監督がクラブを通じてコメント。最後まで全力を尽くすとした。

「しばらく前に、(マルティン・)キント会長と話し合い、共通の解決策を見つけようとしていた」

「我々は良い話し合いに成功した。現在は残り4試合に完全にフォーカスしている」

「私は、ハノーファーに心を込め、最後まで全てを捧げる。そしてハノーファーに別れを告げたいと思う」
関連ニュース
thumb

ハノーファー室屋成が足首負傷…10日キール戦欠場

ハノーファーの日本代表DF室屋成がケガを負ってしまったようだ。クラブが発表した。 昨夏にFC東京からハノーファー入りした室屋は今季のここまで公式戦32試合の出場で4アシストを記録。昨年12月15日に行われたブンデスリーガ2部第12節のボーフム戦以降はリーグ戦で先発出場が続き、レギュラーの座を射止めている。 だが、10日に行われた第26節のホルシュタイン・キール戦ではスタメンに名前はなく、ベンチにも姿なし。日本代表MF原口元気はその試合にフル出場したが、チームも0-1で敗れ、3連敗を喫している。 ハノーファーは試合直前、クラブ公式ツイッターでDFマルセル・フランケ、MFドミニク・カイザー、DFニクラス・フルト、DFバルシュ・バシュダシュとともに、室屋の欠場を明らかに。室屋の欠場理由として足首の負傷を報告した。 なお、ハノーファーは現在、11勝6分け15敗の13位に位置。残り2節でザンクト・パウリ、ニュルンベルクと対戦する。 2021.05.11 22:55 Tue
twitterfacebook
thumb

原口&室屋が所属するハノーファー、来季からの新指揮官にヤン・ツィンマーマン氏を招へい

日本代表MF原口元気とDF室屋成が所属するハノーファーは10日、ヤン・ツィマーマン氏(41)を招へいしたことを発表した。契約期間は2023年6月30日までとなる。 現役時代はドイツ国内の下部クラブでプレーしていたツィマーマン氏は、2011年の夏に加入した1.FCゲルマニア・エゲストルフ/ラングレーダーで選手兼監督としてプレー。 2014年に現役を引退すると、そのまま1.FCゲルマニア・エゲストルフ/ラングレーダーの監督に正式就任し、解任される2018年10月まで指揮を執っていた。その後、2018年12月にTSVハフェルゼの新監督に就任すると、約2年半で公式戦50試合を指揮し26勝8分け16敗の成績を残していた。 なお、ハノーファー出身のツィマーマン氏は、2019年にハノーファーで指揮官を務めたミルコ・スロムカ監督のもとでコーチとなるためのインターンシップに参加していた。 昨シーズン途中にスロムカ監督の後任として就任し降格圏に沈むチームを立て直したケナン・コチャク監督体制で今シーズンを迎えたハノーファー。しかし、今シーズンは昨シーズン以上に苦しむ展開となっており、残り4試合の段階で18チーム中13位。降格圏と勝ち点差「9」となっており、まだ残留も決まっていない状況となった。 ハノーファーとコチャク監督の契約は2023年夏まで残っていたが、クラブは4月末に同監督との契約を早期終了することを発表していた。 2021.05.10 23:10 Mon
twitterfacebook
thumb

ハノーファーMF原口元気の陽性判定は「誤り」、PCR検査でミスが見つかる

ハノーファーは19日、日本代表MF原口元気の新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応が誤りであったことを発表した。 13日、ハノーファーでは新型コロナウイルスのPCR検査を実施。原口元気が陽性判定を示したことで、ブンデスリーガ2部のヴュルツブルク戦が急遽中止となっていた。 その後クラブは全体が隔離状態となり、20日に開催予定だったホルシュタイン・キール戦も中止になっていたが、チームは20日から活動を再開することとなった。 ハノーファーによると、「保健当局による徹底的な調査の結果、先週のコロナ検査の原口元気に対する陽性判定が不正確であり、隔離の理由がなくなった」とのこと。「全ての選手、コーチングスタッフのPCR検査は全て陰性だった」としている。 思わぬ形で被害を受けることとなってしまったハノーファー。原口も踏んだり蹴ったりだろうが、ハノーファーは「このような欠陥がある検査は非常にまれですが、起こる可能性はあります」としている。 なお、チームは20日の13時からトレーニングを再開される。 2021.03.20 18:50 Sat
twitterfacebook
thumb

室屋成が巻き込まれた「寿司の国」発言のコメンテーター、『スカイ』が事態を重く見て即時解雇を発表

「寿司の国」という発言でドイツで物議を醸していたヨルグ・ダールマン氏だが、『スカイ・スポーツ』が解雇したことを発表した。 事件は6日に行われたブンデスリーガ2部第24節のエルツゲビルゲ・アウエとハノーファーの試合で起こった。 この試合も右サイドバックでフル出場を果たしていた日本代表DF室屋成。試合は1-1の引き分けに終わったが、試合中に決定機を逸していた。 ダールマン氏は室屋の決定機逸に対し、「それはハノーファーでの初ゴールになっていただろう。彼は最後のゴールを寿司の国で挙げていた」とコメントしていた。 日本を指すために「寿司の国」と発言していたのは、長年コメンテーターとして活躍していたダールマン氏。しかし、この発言が差別ではないかということが大きな問題となり、ドイツで騒動になった。 さらに、ダールマン氏はSNS上の反応に対して自身のインスタグラムで「日本を寿司の国と呼んだら、それは本当に人種差別なのだろうか?真面目に捉えていないよな?」と投稿。これが火に油をそそぐことになると、『スカイ』はシーズン終了をもって契約を切ることを発表していた。 ドイツ『キッカー』によると、「スカイはヨルグ・ダールマン氏と長年に渡って、良好な関係を築いてまいりました。しかしながら、彼の発言の中で幾度となく、無神経で不適切なものが見受けられており、スカイはメディア企業としての責任から、彼との契約を即時に解消する決断を下しました」と声明を発表。即時解雇となった。 なお、ダールマン氏はこの決定についても自身のインスタグラムで反応。「残念だが解雇通告を受け入れる」としながらも、今回の「寿司の国」発言による騒動については「一部の人間が人種差別というレッテルを貼った。ヘイトスピーチに屈することは、私にとってあまりにも悲しい」と綴っている。 2021.03.14 22:30 Sun
twitterfacebook
thumb

原口元気がハノーファー退団か? 今季で契約満了「優れた選手を留まらせるのは難しい」と監督が語る

ハノーファーに所属する日本代表MF原口元気(29)だが、チームからの退団が近づいているようだ。ドイツ『キッカー』が報じた。 浦和レッズから2014年7月にヘルタ・ベルリンへと完全移籍した原口は、デュッセルドルフへのレンタル移籍を経験。2018年7月にハノーファーへと完全移籍した。 加入1年目はブンデスリーガで戦っていたハノーファー。原口もブンデスリーガで28試合に出場し4アシストを記録。しかし、チームは2部に降格していた。 ハノーファーに残った原口は、2019-20シーズンのドイツ2部で32試合に出場し6ゴール5アシストを記録。しかし、チームは昇格を逃すと、今シーズンも2部で戦いここまで24試合に出場し5ゴール6アシストを記録し、チームを牽引している。 ハノーファーとの契約は今シーズン限りで切れる原口だが、チームを指揮するケナン・コカック監督が契約について言及。交渉をしているとしながらも、1部でプレーしたいと考えている原口を留めるのは難しいと考えているようだ。 「マネージャーであるジェリー・ズーバーがゲンキと交渉中だ。しかし、このような優れた選手をチームに留まらせることが難しいことは誰もが知っている」 「我々はできることを行い、ベストを尽くしているが、選手側の事情もある。待つしかない」 今シーズンはFC東京から日本代表DF室屋成も加わり、ともにレギュラーとしてチームを牽引しているが、現在は8位に位置。自動昇格圏の2位とは11ポイント離れており、今季の昇格もなかなか難しい状況となっている。 2021.03.12 21:20 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly