ユベントス、アッレグリ復帰が規定路線か? ネドベド&パラティッチに退団の可能性…

2021.04.29 00:40 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスはマッシミリアーノ・アッレグリ氏(53)の再招へいを決断した模様だ。イタリア『SportMediaset』が報じている。

アンドレア・ピルロ監督(41)を新指揮官に指名したユベントスだが、今シーズンここまではポルト相手のチャンピオンズリーグ(CL)・ラウンド16敗退に加え、セリエA10連覇の可能性が絶望的となっている。

現時点でクラブサイドはトップ4争いでギリギリの4位に位置する中、来シーズンのCL出場権を獲得し、且つアタランタとのコッパ・イタリア決勝をモノにできれば、同監督の続投の可能性を示唆している。

その一方で、『SportMediaset』など複数国内メディアは、ピルロ監督が前述の目標を達成するか否かに関わらず、アンドレア・アニェッリ会長らがアッレグリ氏の2019年以来、2年ぶりの復帰をすでに決断したと主張している。

また、仮にアッレグリ氏の再招へいが決定した場合、同氏との確執が噂されるパベル・ネドベド副会長とスポーツ・ディレクターを務めるファビオ・パラティチ氏の幹部2人がクラブを追われる可能性が高いようだ。

ただ、アッレグリ氏と良好な関係を築き後ろ盾となるアニェッリ会長に関しては、今シーズンの成績不振と共に、プロジェクト発表から即消滅となったヨーロッパ・スーパーリーグ構想の失態によって立場が危ぶまれており、同会長失脚の場合はアッレグリ氏の招へいも吹き飛ぶ可能性も指摘されている。

関連ニュース
thumb

息子の誕生日会でモラタがコスプレ!超人ハルクに変身して周囲をざわつかせる!

ユベントスのスペイン代表MFアルバロ・モラタが子供の誕生日会を催した。 ユーロ2020では不振に終わり、脅迫被害にも遭っていたモラタ。家族にも心配が及ぶなか、モラタの双子の息子、アレッサンドロ君とレオナルド君が7月29日に3歳の誕生日を迎えた。 その2人を祝うため、モラタと妻のアリス・カンペロさんは印象的なパーティーを開催。ユベントスのチームメイト、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのパートナーであるジョージナ・ロドリゲスさんやその子供たちも参加した。 『スーパーヒーロー』をテーマにした非常に印象的なもので、『スパイダーマン』も登場するなど盛り上がりを見せるなか、モラタ自身も仮想に挑戦。筋骨隆々とした姿に緑色の肌、『超人ハルク』に変身してアリスさんや子供たちを驚かせた。 モラタはハルクのコスプレ姿を自身のインスタグラムに公開。同時に「父親が子供にためにできること」とメッセージを添えた。 チェルシー時代には背番号を9から双子の誕生日である29に変更するなど、子煩悩な一面を見せるモラタ。どんな困難が訪れようと、子供の前では立派なヒーローだった。 <span class="paragraph-title">【写真】息子の誕生日会で超人ハルクに変身したモラタ!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CR7AVbsB39y/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CR7AVbsB39y/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CR7AVbsB39y/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Álvaro Morata(@alvaromorata)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.07.30 19:50 Fri
twitterfacebook
thumb

キエッリーニがユーベ残留を明言! 「まだトロフィーを掲げたい」

イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ(36)がユベントスとの再契約を明言した。『フットボール・イタリア』が伝えている。 2005年夏にフィオレンティーナから加入したキエッリーニは、そこから16年間ユベントス一筋。ここまで公式戦535試合に出場し、36ゴール24アシストを記録している。 また、先日のユーロ2020ではキャプテンとして5試合に出場。決勝でも先発出場を飾っており、母国を53年ぶりの優勝に導いた。 そんなキエッリーニは、6月でクラブとの契約は満了を迎えて現在はフリーとなっている。しかし、ユーロ優勝のセレモニーに参加した際に新契約について言及。来季もユベントスでプレーすることを明らかにした。 「先月の出来事から回復するためにあと数日の休息が必要だ。でも月曜日にはトリノに着いて、また再スタートを切れることを嬉しく思うよ」 「代表チームのキャプテンとしてトロフィーを持ち上げることなんて、夢にも思わなかった。自分の街でサッカーができるだけで十分幸せなのに、その最高の夢さえも超えてしまったね」 「まだトロフィーを掲げたい。あの優勝のせいでまたハングリーになってしまった。それに、胸にスクデットのマークがないユベントスのユニフォームを着ることで、さらにモチベーションを高めることができるからね」 2021.07.30 15:27 Fri
twitterfacebook
thumb

ユベントスFWピアツァ、トリノへ買い取り義務付きレンタル移籍

トリノは28日、ユベントスの元クロアチア代表FWマルコ・ピアツァ(26)を買い取り義務付きのレンタルで獲得したことを発表した。 『フットボール・イタリア』によれば一定の試合に出場した際に買い取り義務が発生するとのことで、移籍金は500万(約6億5000万円)から700万ユーロ(約9億1000万円)とのことだ。 2016年にディナモ・ザグレブからユベントスに加入したピアツァ。しかし、前十字靭帯を断裂するなど大きなケガにも見舞われ、ユベントスでは主力に定着できず、シャルケやフィオレンティーナ、アンデルレヒトにジェノアとレンタル移籍を繰り返していた。 ただ、ジェノアに在籍した昨季は大きなケガもなく、セリエA35試合に出場して3ゴール2アシストを記録していた。 2021.07.29 07:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ロカテッリのユベントス移籍が明日にも実現か

サッスオーロのイタリア代表MFマヌエル・ロカテッリ(23)のユベントス移籍が明日にも実現する可能性があるようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。 同メディアによれば、ユベントスはロカテッリ獲得のため、買い取り義務付きの2年レンタルのオファーを提示。移籍金は3500万ユーロ(約45億4000万円)に加え、ボーナスが含まれるとのことだ。 2018年夏にミランからサッスオーロに加入したロカテッリは、サッスオーロで主力として活躍。昨季はセリエA34試合で4ゴール3アシストを記録していた。そして先のユーロ2020でも決勝のイングランド代表戦を含む5試合に出場し、スイス代表戦では2ゴールをマーク。53年ぶり2度目となるイタリア代表の優勝に貢献していた。 2021.07.28 23:45 Wed
twitterfacebook
thumb

キエーザを絶賛するイタリア代表コーチ「彼がギアを上げれば誰もついていけなくなる」

イタリア代表のアシスタントコーチを務めるアルベリコ・エバーニ氏が、ユベントスのイタリア代表FWフェデリコ・キエーザを称賛した。イタリア『Tuttomercatoweb』が伝えている。 キエーザは昨夏にフィオレンティーナからユベントスに移籍。すぐさま主軸としてポジションを掴むと、公式戦46試合出場15ゴール11アシストの成績を残した。コッパ・イタリア決勝では決勝点を決める働きを見せており、チームにタイトルをもたらしている。 こうした活躍を受け、キエーザは6月に開幕したユーロ2020のイタリア代表メンバーに選出。大会当初はベンチスタートが続いたが、ラウンド16のオーストリア代表戦で貴重な先制点を記録すると、準々決勝からはスタメンに定着。準決勝スペイン代表戦でも得点をマークしており、チームの53年ぶりのユーロ優勝に多大な貢献を果たした。 印象的なパフォーマンスを続けるキエーザだが、『Tuttomercatoweb』のインタビューに応じたエバーニ氏は、これからさらに成長するはずだとコメント。同時に、選手の特徴についても説明している。 「キエーザはこれから時間とともにさらに強くなっていくだろう。彼は相手にとって致命的となるくらいペースを変えられる選手だ。ゲームに変化を加えるという意味では、ヨーロッパでも他に類を見ないほどだね。彼がギアを上げて加速すると、誰もついていけなくなる」 「彼は両足でしっかりとしたシュートを打てる選手だ。そしてスピードに乗った状態であっても、テクニックを維持することができる」 2021.07.28 13:03 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly