VARとの戦いが見たかった“駆け引き”に生きた生粋のゴールハンター、フィリッポ・インザーギ

2021.05.01 16:40 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ストライカーにとって最も大切なものは、やはりゴールを奪う能力と言えるだろう。チームの最前線に立ち、現代サッカーでは多くの役割を求められるポジションでもあるが、それでもやはりゴールの数が求められるポジションだ。パワー、スピード、テクニック、ポジショニングとそれぞれのストライカーには特徴があり、それぞれが自身の武器で相手のDFと勝負をする。その先に目指すものは、やはりゴールだろう。

ゴールの多さで言えば、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシやユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが圧倒的な数字を残している一方で、パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペやドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドなど、新世代のストライカーも出てきている。

そんな中、1つのポイントにこだわりを持ち、常にゴールを貪欲に狙い続けた愛されたストライカーがいる。それが、フィリッポ・インザーギだ。

関連ニュース
thumb

アッレグリ「ロナウドにはより大きな責任がある」

ユベントスの指揮官に復帰したマッシミリアーノ・アッレグリ監督が27日、就任会見に臨み、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドについて言及した。 パリ・サンジェルマンへの移籍の噂があるC・ロナウド。だが、前日にチームに合流したC・ロナウドとコミュニケーションを取ったアッレグリ監督は、ポルトガル代表FWに大きな期待を寄せているようだ。 「ロナウドは偉大で頭の良い選手だ。昨日、他の選手と同じように話をしたよ。3年前は経験豊富な選手がチームには揃っていたが、今は若い選手が多い。彼にはより大きな責任がある。責任感という点で多くを期待している」 また、C・ロナウドと同じく契約があと1年となっているアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラについても言及した。 「パウロはFKを蹴ることができ、違いを生める。ユーベでの経験値を考えれば副キャプテンを任せて良いと考えている。彼にも多くを期待しているよ。彼とも昨日話をしたが、熱意を感じた。これは最も重要なことだよ」 2021.07.27 23:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントス、ラムジー売却かレンタルの条件でピャニッチを2年レンタルか

ユベントスがバルセロナのボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチ(31)を2年レンタルで獲得する可能性があるようだ。スペイン『スポルト』が報じている。 ピャニッチは昨夏、ブラジル代表MFアルトゥールとのトレードでユベントスからバルセロナに移籍。しかし出場機会に恵まれず、ユベントスへの復帰を望んでいると報じられている。 ただ、『スポルト』によればピャニッチ復帰の条件は、高額年俸を受け取っているウェールズ代表MFアーロン・ラムジーを売却、もしくはレンタル移籍が実現した場合に限るとのことだ。 そのラムジーの移籍先には関してはウォルバーハンプトンなどプレミアリーグ勢が候補に挙がっているようだが、現時点ではオファーは届いていないとのことだ。 2021.07.27 06:00 Tue
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド、ユベントスのプレシーズンに合流

ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが26日、ユベントスの練習場であるコンティナッサに姿を現した。イタリア『トゥットメルカート』が伝えている。 先日、パベル・ネドベド副会長がC・ロナウドの残留宣言をしていた中、ユーロ2020を戦い終えたC・ロナウドは、フランス代表MFアドリアン・ラビオ、オランダ代表DFマタイス・デ・リフト、ウェールズ代表MFアーロン・ラムジーらと共にプレシーズン前のメディカルチェックに臨んだとのことだ。 2022年6月までユベントスとの契約を残すものの、パリ・サンジェルマンへの移籍の噂があるC・ロナウドは同日、マッシミリアーノ・アッレグリ監督と今後について話し合いを行うと『トゥットメルカート』は報じている。 2021.07.26 23:45 Mon
twitterfacebook
thumb

キエーザを過小評価していたと明かすブッフォン「それほど良い選手と思わなかった」

パルマの元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンは、ユベントスに所属する同胞のFWフェデリコ・キエーザの実力を低く見積もっていたと告白した。 フィオレンティーナのエースとして活躍した後、昨夏ユベントスにステップアップしたキエーザ。昨シーズンは公式戦46試合で15ゴール11アシストと立派な成績を残した。 その活躍もあり、イタリア代表としてユーロ2020にも出場。全7試合に出場し、ラウンド16のオーストリア代表戦では決勝ゴール、準決勝のスペイン代表戦では先制点を記録するなど、母国の53年ぶりの優勝に貢献していた。 ユベントスで1年間共に戦ったブッフォンは、加入した当初はキエーザのことを過小評価していたとコメント。しかし、昨季のクラブと代表での活躍によってその実力を見直したようだ。 「正直に言うと、彼がユベントスに来たとき、それほど良い選手とは思わなかった」 「ユーロでは相手をかなり手こずらせていたね。先発出場したイングランドとの決勝戦では、相手は彼を抑えることができなかった」 「クラブでの1年間で彼のプレーには驚かされたけど、あのような状況で高いパフォーマンスを発揮することは尋常ではないよ」 「高いレベルの中で結果を残すことは、本当に特別な存在であることを意味するんだ」 2021.07.26 15:54 Mon
twitterfacebook
thumb

ドルトムントがデミラル獲得レースに参戦! 今夏CB補強は優先事項

ドルトムントがユベントスに所属するトルコ代表DFメリフ・デミラル(23)の獲得に乗り出しているようだ。移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。 2019年にサッスオーロからユベントスに加入したデミラルは、クラブOBである元ウルグアイ代表DFパオロ・モンテーロを彷彿とするファイタータイプのセンターバックとして大きな期待を集めていた。しかし、昨年1月に左ヒザ前十字じん帯損傷の重傷を負った影響もあり、ポジション争いで苦戦。昨シーズンは公式戦24試合に出場したものの、イタリア代表の重鎮コンビ、オランダ代表DFマタイス・デ・リフトの後塵を拝している。 そういった状況もあり、余剰人員の整理を進めるユベントス、出場機会を求める選手本人の双方は今夏のタイミングでの移籍を画策している。 これまではエバートンやレスター・シティといったプレミアリーグ勢、国内のアタランタが関心を示していると言われる。 そして、今回新たに獲得レースに参戦してきたのが、ドルトムントだ。 ドルトムントは今夏の移籍市場でセンターバックの獲得を目指しており、これまではフィオレンティーナのセルビア代表DFニコラ・ミレンコビッチ、ヴォルフスブルクのフランス人DFマクサンス・ラクロワらが候補に挙がっている。 そういった中、前述の2選手とはややタイプが異なるものの、ブンデスリーガのプレー強度に問題なく対応可能な若きトルコ代表への関心を強めているようだ。 なお、ユベントスはデミラルの評価額を3500万ユーロ(約45億5000万円)程度に見積もっているが、マンチェスター・ユナイテッドに売却したイングランド代表MFジェイドン・サンチョの売却資金を充てれば、十分に手が届く金額と言えるはずだ。 2021.07.26 13:29 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly