ウナルのドブレーテでヘタフェが8戦ぶり白星! 岡崎は途中出場も久保出番なしで日本人対決は実現せず《ラ・リーガ》

2021.04.25 22:51 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第32節、ウエスカvsヘタフェが25日にエスタディオ・エル・アルコラスで行われ、アウェイのヘタフェが0-2で勝利した。なお、ウエスカのFW岡崎慎司は77分から途中出場。一方、ヘタフェのMF久保建英はベンチ入りも出場機会なしに終わった。18位のウエスカ(勝ち点27)と、15位のヘタフェ(勝ち点31)による残留争い直接対決。前節、共に久々のスタメン出場を飾るも、アトレティコ・マドリー、バルセロナという強豪相手に見せ場を作れずに敗戦した岡崎と久保はこの試合ではベンチスタートとなった。

互いに慎重な入りを見せた中、中盤での潰し合いが目立つクローズな展開が続く。それでも、時間の経過と共に球際の勝負で優位に立ったアウェイチームが先にゴールをこじ開ける。20分、右サイドでダミアン・スアレスが入れた正確なクロスをハイメ・マタがヘディングシュート。ニア下を捉えたシュートはGKの好守に遭うも、こぼれ球に反応したウナルが冷静に押し込んだ。

堅守速攻スタイルの相手に与えたくない先制点を献上したウエスカは失点以降、リスクを冒して前に出る。右サイドのフェレイロらを起点としたピッチの幅を使った攻めからチャンスを窺うと、ボックス内で最終ラインと駆け引きをするラファ・ミルを狙った際どいクロスから幾度かヘディングシュートでゴールに迫るが、相手の寄せもあってシュートを枠に飛ばすことができず、前半を1点ビハインドで終えることになった。

迎えた後半、1点ビハインドのウエスカはヴァヴロ、セオアネに変えてシオバスとエスクリチェをハーフタイム明けに投入した。

一方、後半も同じメンバーで臨んだヘタフェは前半同様にファーストチャンスを生かして追加点を奪う。52分、ボックス手前左からカットインしたウナルが豪快に右足を振り抜くと、DFの足の下を抜けたシュートがゴール右下隅の完璧なコースに決まり、ドブレーテを達成した。

以降もヘタフェペースで試合が進み苦境が続くウエスカは後半半ばを過ぎて積極的に交代カードを切り、77分にはサンドロ・ラミレスに代わって岡崎が投入される。そして、2トップに入った岡崎はラファ・ミルの周囲を精力的に動き回り、攻撃を活性化させようと腐心する。

その後、試合終盤を迎えた完全に逃げ切り態勢に入ったヘタフェは3回の交代機会に4枚の交代カードを切っていったが、殊勲のウナルに代えてセンターバックのチェマ・ロドリゲスを投入するなど守備固めの采配をみせ、久保は出番なしとなった。

結局、試合はこのままヘタフェの2-0でタイムアップを迎え、ウナルのドブレーテの活躍と持ち味の堅守光ったヘタフェが8戦ぶりの勝利を挙げて残留に向けて大きな勝ち点3を手にした。一方、3連敗のウエスカは19位に転落している。
関連ニュース
thumb

サンドロ・ラミレス、ヘタフェにレンタル移籍

ヘタフェは2日、ウエスカのスペイン人FWサンドロ・ラミレス(26)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 バルセロナでプロデビューを飾ったストライカー兼ウインガーのサンドロ・ラミレスは、マラガでの活躍を経て2017年7月にエバートンへ完全移籍。しかし、エバートンでは結果を残せず2018年1月にセビージャ、そして同8月にレアル・ソシエダへそれぞれレンタルに出されていた。 その後、バジャドリーへのレンタルを経て2020年夏にウエスカへ完全移籍。昨季はラ・リーガ20試合の出場で5ゴールを挙げたが、クラブは1年で2部へ降格していた。 2021.08.03 08:00 Tue
twitterfacebook
thumb

左SB探すローマ、新たに2人の若手が獲得候補に

ローマが左サイドバックの新たな獲得候補として2選手をリストアップしているようだ。 ジョゼ・モウリーニョ監督の下で新シーズンに臨むローマだが、左サイドバックの主力として計算していたイタリア代表MFレオナルド・スピナッツォーラがユーロ2020で左足のアキレス腱を断裂する重傷を負い、長期離脱を余儀なくされている。 これを受け、クラブは新たな左サイドバックの獲得に動いており、ここまではボルシアMGのアルジェリア代表DFラミ・ベンセバイニ(26)、マンチェスター・ユナイテッドのブラジル代表DFアレックス・テレス(28)といった名前が挙がっている。 さらに、イギリス『アスレティック』が報じるところによれば、ローマはヘタフェのU-24スペイン代表MFマルク・ククレジャ(22)の獲得にも動いているようだ。 『アスレティック』によると、先日にアトレティコ・マドリーからの関心が伝えられたククレジャに対して、ローマとブライトンが獲得に向けた動きを見せているという。ただ、同選手の契約解除金は1800万ユーロ(約23億4000万円)となっており、ローマとしては余剰人員の売却によって資金を確保する必要があるとのことだ。 また、イタリア『スポルト・イタリア』はローマがパウメイラスに所属するウルグアイ代表DFマティアス・ビニャ(23)の獲得に動いていると報じている。 母国のナシオナルから2020年1月にパウメイラスに加入した23歳は、ここまで公式戦68試合に出場するなど主力サイドバックとして活躍。また、先日まで行われたコパ・アメリカ2021でもウルグアイの左サイドバックの主力として起用されていた。 なお、ローマはそのビニャに対して1000万ユーロ(約13億円)のファーストオファーをすでに掲示したようだ。 2021.07.17 16:23 Sat
twitterfacebook
thumb

2部降格のエイバル、ヘタフェを退団したベテランDFエチェイタを獲得

ラ・リーガ2部に降格したエイバルは15日、ヘタフェを退団した元スペイン代表DFシャビエル・エチェイタ(33)の獲得を発表した。契約期間は1年間となる。 ビルバオやエルチェ、ウエスカ、ヘタフェなどでプレーした経験を持つエチェイタは、これまでラ・リーガで通算148試合に出場したベテランDF。2019年に加入したヘタフェでは、準主力として2シーズンで公式戦34試合に出場していた。 昨季のラ・リーガを最下位で終え、2部に降格したエイバルでは、守備ラインを担っていたDFパウロ・オリベイラ(29)やDFホセ・アンヘル(31)、DFペドロ・ビガス(30)が退団しており、守備陣の補強が急務となっていた。 2021.07.16 08:02 Fri
twitterfacebook
thumb

カルレス・アレーニャがヘタフェへ完全移籍! バルセロナは買戻しOP保有

ヘタフェは10日、スペイン人MFカルレス・アレーニャ(23)をバルセロナから完全移籍獲得したことを発表した。契約は2026年6月までの5年となる。 また、バルセロナによると、同クラブは将来的な売却額の50%を受け取る権利と優先的な買い戻しオプションを保有するようだ。 バルセロナのカンテラーノであるアレーニャは2018年12月にトップチームに昇格。2020年1月からはレアル・ベティスへレンタル加入すると、今冬にはレアル・マドリーの日本代表MF久保建英と同時期にヘタフェへと貸し出されていた。 トップカテゴリーでなかなか出場機会に恵まれないアレーニャだったが、ヘタフェでは半年で公式戦22試合に出場し、2ゴール2アシストと定位置を奪取。ミチェル監督の厚い要望もあり、この度完全移籍する運びとなった。スペイン『マルカ』によれば、移籍金は500万ユーロ(約6億5000万円)とのことだ。 なお、ヘタフェの補強は着々と進んでおり、アトレティコ・マドリーの元スペイン代表MFビトロ(31)や、メキシコ代表FWホセ・ファン・マシアス(21)をレンタルで、さらにはセルビア代表DFステファン・ミトロビッチ(31)をストラスブールから完全移籍で獲得している。 2021.07.10 17:13 Sat
twitterfacebook
thumb

ヘタフェがアレーニャを完全移籍で獲得へ! 今冬にバルサからレンタル

ヘタフェはバルセロナに所属するスペイン人MFカルレス・アレーニャ(23)を完全移籍で獲得するようだ。 バルセロナのカンテラ出身であるアレーニャは2018年12月にトップチームに昇格。2020年1月からはレアル・ベティスへレンタル加入すると、今冬にはレアル・マドリーの日本代表MF久保建英と同時期にヘタフェへと貸し出されていた。 トップカテゴリーでなかなか出場機会に恵まれないアレーニャだったが、ヘタフェでは半年で公式戦22試合に出場し、2ゴール2アシストと定位置を奪取。ミチェル監督の厚い要望により、完全移籍での獲得を目指すこととなったようだ。 スペイン『マルカ』によれば、両クラブはすでに合意に達しており、移籍金は500万ユーロ(約6億5000万円)になるとのこと。契約期間は2026年6月30日までの5年となる見込みだ。 また、バルセロナは当初、2022年までの契約を持つアレーニャの売却に800万ユーロ(約10億円)の移籍金を要求したが、最終的にはヘタフェの要望に譲歩した模様。同選手が将来的に移籍する際、移籍金の一部をバルセロナが受け取れるという条項を付属させ、落としどころとしたようだ。 2021.07.09 17:07 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly