コレア&カラスコ弾で岡崎先発のウエスカを下したアトレティコが首位を堅守!《ラ・リーガ》

2021.04.23 04:01 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーは22日、ラ・リーガ第31節でウエスカと対戦し、2-0で勝利した。ウエスカのFW岡崎慎司は63分までプレーした。前節のエイバル戦で3試合ぶりの勝利を飾った首位アトレティコ(勝ち点70)は、その試合と同じスタメンを選出。この試合での戦列復帰が噂されたスアレスはベンチ外となった。

2トップの一角で岡崎が9試合ぶりの先発出場となった17位ウエスカ(勝ち点27)に対し、アトレティコは開始早々にピンチを迎える。3分、ボックス左横で与えたFKからセルヒオ・ゴメスがクロスを入れると、ゴール前の混戦からシオバスにシュートを許したが、これはGKオブラクの好セーブで難を逃れた。

開始早々のピンチを凌いだアトレティコは10分、ロングパスで右サイドを突破したM・ジョレンテがボックス右から折り返しを供給すると、ボックス左に流れたボールをカラスコがダイレクトシュート。さらに相手GKの弾いたボールにサウールが詰めたが、このシュートもGKアルバロ・フェルナンデスのブロックに阻まれた。

その後はペースを掴み始めたアトレティコが押し込む展開が続くと、39分に試合が動く。自陣からのロングフィードでボックス右横まで駆け上がったトリッピアーのパスをボックス右手前で受けたM・ジョレンテが縦につけると、ボックス右で受けたコレアが素早いターンからカットインで相手DFをかわしシュート。相手DFにディフレクトしたボールはそのままゴール右隅に吸い込まれた。

後半に入っても主導権を握るアトレティコは49分、左サイドライン際まで駆け上がったロージ折り返しをボックス左で受けたコレアのラストパスからコケが決定機を迎えたが、シュートは飛び出した相手GKのファインセーブに阻まれた。

1点を追うウエスカは、63分に岡崎とラファ・ミル、モスケラを下げてサンドロ・ラミレス、フェレイロ、ガランを投入する3枚替えを敢行。すると65分、バイタルエリア中央右でフェレイロが倒されて獲得したFKからセルヒオ・ゴメスが直接ゴールを狙ったが、これはゴール右に逸れた。

膠着状態が続く中、アトレティコは72分にコケのパスで抜け出したM・ジョレンテがボックス右深くから侵入。マイナスの折り返しを走り込んだサウールが左足で合わせたが、このシュートは相手GKのセーブに防がれた。

追加点を狙うアトレティコは、76分にエレーラを下げてデンベレ投入。すると80分、自陣からのロングパスで抜け出したデンベレがボックス右横から折り返しを供給。これは相手DFにカットされたが、すぐにプレスをかけたM・ジョレンテがボックス付近で奪い返すと、ボックス右からの折り返しをカラスコがゴールに流し込んだ。

結局、試合巧者ぶりを発揮したアトレティコが2-0で勝利し、首位キープに成功している。
関連ニュース
thumb

アトレティコ会長、シメオネ監督の更なる長期政権を希望

アトレティコ・マドリーのエンリケ・セレソ会長は、ディエゴ・シメオネ監督の永久続投を望んでいるようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 2011年冬にアトレティコの指揮官に就任したシメオネ監督。昨季の7シーズンぶりの優勝を含む2度のリーグ制覇やヨーロッパリーグ(EL)制覇など、輝かしい成績を残しており、8日には2024年まで契約を延長した。 セレソ会長はシメオネ監督に対し、リーベル・プレートで8シーズン目を迎えるマルセロ・ガジャルド監督を引き合いに出して、この先もクラブで指揮することを熱望。望む限り監督を続けられるとお墨付きを与えた。 「シメオネは退団したくなる時までクラブに居られるよ」 「我々は満足しており、何年も監督続けてくれることを願っている。これまで一緒に結果を出してきたからね」 「彼のアトレティコでのサイクルは、ガジャルドのそれと似ていると思う」 「その一方で、フットボールの世界ではそれぞれの人生が全く違うことも確かだ」 2021.07.31 17:49 Sat
twitterfacebook
thumb

アトレティコ新加入デ・パウルの背番号は「5」に決定

アトレティコ・マドリーは30日、アルゼンチン代表MFロドリゴ・デ・パウルの背番号が「5」に決定したことを発表した。 今月13日に移籍金3500万ユーロ(約45億8000万円)でウディネーゼから加入したデ・パウル。ウディネーゼ時代には5年間で公式戦184試合に出場して34ゴール36アシストを記録し、アルゼンチン代表の常連選手にまで成長した。 新シーズンに向けてスペイン代表MFサウール・ニゲスの退団が濃厚となっているアトレティコでは、中盤の補強が急務となっていた。その中でディエゴ・シメオネ監督がご執心と言われていたデ・パウルは攻撃的MFを主戦場に左右のサイドでもプレー可能なマルチロール。 移籍金からも大きな期待が窺えるが、背番号は5番に決まったようだ。アトレティコではガーナ代表MFトーマス・パルティ(現アーセナル)や元ポルトガル代表のチアゴ・メンデス氏が着けていた番号で、昨季はアーセナルからローンしていたウルグアイ代表MFルーカス・トレイラが着用した。 2021.07.31 14:08 Sat
twitterfacebook
thumb

アトレティコ新加入のマルコス・パウロが右太もも負傷で離脱、開幕は厳しいか

アトレティコ・マドリーは29日、元U-19ポルトガル代表FWマルコス・パウロの離脱を発表した。 28日のトレーニング中に右太ももに違和感を感じたマルコス・パウロは、そのまま練習を中断。翌日に行われたザルツブルクとのプレシーズンマッチに臨むチームにも帯同せず、検査を受けた。 マルコス・パウロは、右太ももの筋肉損傷で離脱。スペイン『マルカ』は離脱期間を少なくとも2~3週間と推定しており、8月16日に予定されているラ・リーガ開幕節のセルタ戦の出場は厳しいという見方のようだ。 今夏、フルミネンセを退団し、フリートランスファーで加わったマルコス・パウロは、高い身体能力やパスセンスを武器に、両サイドでプレーが可能な21歳の万能型アタッカー。ブラジル生まれでありながらもポルトガル国籍を持つことから、EU圏内の選手扱いとなる。 2021.07.30 18:08 Fri
twitterfacebook
thumb

大型補強完遂のユナイテッド、次のターゲットはやはりトリッピアー

マンチェスター・ユナイテッドは、やはりアトレティコ・マドリーのイングランド代表DFキーラン・トリッピアー(30)の獲得を諦めていないようだ。イギリス『マンチェスター・イブニング』が伝えている。 今夏の移籍市場で大型補強を敢行したユナイテッド。ドルトムントからイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(21)、レアル・マドリーからフランス代表DFラファエル・ヴァラン(28)を獲得し、今夏の市場で重要視していた補強計画が一段落した。 お目当の選手を獲得できたユナイテッドだが、残り1カ月ある移籍市場でさらなる動きを見せるようだ。予てから獲得候補に挙げていたトリッピアーを再びターゲットにしているとのことだ。 トリッピアーはアトレティコでの昨シーズンは公式戦35試合6アシストを記録。右サイドバックを主戦場としていたものの、ユーロ2020では左サイドバックとしてもプレーしていた。 現在、ユナイテッドで右サイドバック一強状態のDFアーロン・ワン=ビサカの攻撃力に満足していない首脳陣は、競争相手や左サイドバックのオプションとしてトリッピアーを獲得するとされている。 一方、アトレティコは10億ユーロ(約1300億円)の負債があるとされており、トリッピアーの移籍金を高く見積もりたいところだが、ユナイテッドはサンチョ、ヴァラン獲得時の値下げ交渉に成功しているため、難しい状況。またトリッピアーの契約も残り1年となっており、あまり多くの移籍金は設定できない状況だ。 また、マンチェスター生まれのトリッピアーはマンチェスター・シティのアカデミー出身。本人を含めた家族も移籍には前向きであり、実現すると故郷への凱旋となる。 2021.07.30 17:00 Fri
twitterfacebook
thumb

シメオネ3男のゴールは幻に…アトレティコ、昨季CLで対戦のザルツブルクとのPSMに敗戦…

アトレティコ・マドリーは28日、レッドブル・アレーナで行われたプレシーズンマッチでレッドブル・ザルツブルクと対戦し、0-1で敗戦した。 先日にヌマンシアとのプレシーズンマッチ初戦をPK戦の末に制したアトレティコは、プレシーズン2戦目で昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージで対戦したザルツブルクと再戦した。 ユーロ2020とコパ・アメリカ2021に主力選手を送り出していたチームは、GKヤン・オブラク、DFマリオ・エルモソ、MFサウール・ニゲスを除き多くのカンテラーノがスタメンで起用され、ディエゴ・シメオネ監督の3男のFWジュリアーノ・シメオネもヌマンシア戦に続き起用された。 試合はホームサポーターの後押しを受けて躍動するザルツブルクが優勢に試合を運び、アトレティコはGKオブラクの仕事が目立つ展開に。 すると、34分にはハーフウェイライン付近でのボールロストからロングカウンターを浴びると、ボックス左に抜け出したFWカリム・アデイェミに左足のシュートを右隅に流し込まれた。 前半を0-1で終えたアトレティコは後半に入って攻勢を強めると、ジュリアーノに大きな見せ場が訪れる。 56分、ボックス右で味方のパスを受けたジュリアーノは冷静にゴール左隅へ右足のシュートを突き刺す。フレンドリーマッチながらトップチーム初ゴールかに思われたが、VARのレビューの結果、直前のプレーでFWセルヒオ・カメージョのハンドがあったとして、ゴールは取り消しとなった。 息子のゴールが決まった直後に思わず咆哮を上げていたアルゼンチン人指揮官にとっては単なるゴール取り消し以上に残念な判定となった。 その後、試合は最後までザルツブルクペースで進んだものの、オブラクの意地のビッグセーブもあって0-1のままタイムアップを迎えた。 ザルツブルク 1-0 アトレティコ・マドリー 【ザルツブルク】 アデイェミ(34分) <span class="paragraph-title">【動画】3男ジュリアーノの幻ゴールに父シメオネも落胆…</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://t.co/uahngcsc7y">pic.twitter.com/uahngcsc7y</a></p>&mdash; Atléti Tube (@AtletiTube2) <a href="https://twitter.com/AtletiTube2/status/1420459050022572035?ref_src=twsrc%5Etfw">July 28, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.07.29 16:09 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly