ドルトムントの面々が悔しさあらわ…CL初ゴールのベリンガムは「家族に見ていて欲しかった」

2021.04.15 13:50 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)敗退を受けて、ドルトムントの選手たちが悔しさを口にしている。14日、CL準々決勝ドルトムントvsマンチェスター・シティの2ndレグが行われた。アウェイでの1stレグを2-1で落としていたドルトムントは、15分にMFジュード・ベルンガムのゴールで先制に成功。この時点でアウェイゴールを奪っているドルトムントが優位な状況となる。

だが、試合を折り返した55分にMFエムレ・ジャンが自陣のゴール前でハンドを犯してしまいPK献上。これを決められて、一転不利な状況に。さらに、75分にはMFフィル・フォーデンに鋭いミドルシュートを決められ万事休す。結局、合計スコア2-4でドルトムントの敗退が決まった。


試合後、メディアの取材に応じたドルトムントの選手たちが悔しさをあらわに。その各コメントをUEFAが伝えている。

◆エムレ・ジャン
「全体的にはまずまずのプレーだったけど、最終的にはそれではどうにもならなかった。でも、自分たちを誇りに思うことはできる。世界最高のチームを相手についていくことができたんだからね。進出できるチャンスがあっただけに、ここで敗退するのはやっぱり辛いよ」

マルコ・ロイス
「僕らは落ち着いていて、PKまでとても上手くいっていた。シティはセンセーショナルなポゼッションサッカーを展開し、相手にひたすら走らせる試合をするんだ。なかなかボールを奪うのに苦労したよ。今日のシティはより優れていて、よりスマートにプレーしていた。うらやむことなく、それを認めなければならない」

ジュード・ベリンガム
「マンチェスター・シティは間違いなく優れたチームだった。おめでとう、彼らは素晴らしかった。でも、自分たちのパフォーマンスや、この試合に捧げたものを誇りに思うよ」

「チャンピオンズリーグでの初ゴールを決められたことは素晴らしい気分だよ。チームメイトと一緒にお祝いするつもりだけど、母や父、兄弟にも来て欲しかった。個人的には素晴らしい瞬間だけど、勝利こそが重要で、今夜はそれができなかった」
関連ニュース
thumb

ライプツィヒとの前哨戦を制して公式戦5連勝! ドルト指揮官「トロフィーに触れることを約束」

ドルトムントのエディン・テルジッチ監督が来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に望みを繋ぐ勝利を喜び、来るDFBポカール決勝戦に向けて意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 8日に行われたブンデスリーガ第32節で2位RBライプツィヒをホームに迎えた5位ドルトムント。チャンピオンズリーグ(CL)出場のために是が非でも勝ち点3が欲しいホームチームは2点のリードを追い付かれる難しいゲーム展開のなか、87分に記録したMFジェイドン・サンチョのこの試合2発目となるゴールでライプツィヒを振り切った。 バイエルンの優勝を阻止しようと勢いをもって挑んできたライプツィヒを相手に苦しみながらも公式戦5連勝を飾ったテルジッチ監督はその試合後、振り返った。 「非常にうまく試合に入り、前半は非常に良いプレーをした。相手に何度もプレッシャーをかけ、カウンタープレスで多くのボール奪うことができた。後半は少し失われてしまったがね」 また、「この数カ月で非常に良い方向に発展していっている」とチームスピリットを称えると、欠場したノルウェー代表FWアーリング・ハーランドについてコメントした。 「(ハーランドのケガは)我々にとっても驚くべきこと。彼はヴォルフスブルク戦で打撲して、水が溜まり、痛みを抱えている。週明けからチームトレーニングに戻り、カップ決勝のオプションになるのを願っている。彼なしの過去2試合で8ゴールを挙げているが、彼の名前がスコアボードに戻ってきても構わない」 そして、13日に行われるライプツィヒとのDFBポカール決勝について「我々はできる限りのことをし、勝者になりたいと思う。トロフィーを見るだけでなく、それに触れることを約束する。そのための準備はできている」と語った。 2021.05.09 12:41 Sun
twitterfacebook
thumb

ライプツィヒがドルトムントに競り負けバイエルンの9連覇が決定《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第32節、ドルトムントvsライプツィヒが8日に行われ、3-2でドルトムントが競り勝った。 DFBポカール決勝で対戦する両チームの激突。 前節シュツットガルト戦を快勝とした2位ライプツィヒ(勝ち点64)は、敗れるとバイエルンの9連覇が決まる中、DFBポカール準決勝ブレーメン戦でゴールを挙げたファン・ヒチャンが最前線で起用された。 一方、前節ヴォルフスブルクとの上位争いを制して4連勝とし、一時は絶望的と思われたチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得が見えてきた5位ドルトムント(勝ち点55)は、4位フランクフルトに1ポイント差とした中、ハーランドがDFBポカール準決勝のキール戦に続き負傷欠場となり、T・アザールを最前線で起用した。 オープンな展開で立ち上がった中、7分にドルトムントが先制する。T・アザールのダイレクトパスでボックス右に抜け出したロイスが左足でゴールへねじ込んだ。 失点を受けて前がかるライプツィヒに対し、自陣に引いてカウンターを狙うドルトムントは32分、ショートカウンターからT・アザールが決定的なシュートを浴びせれば、36分にもロングカウンターの流れからボックス右まで持ち上がったサンチョが決定的なシュートに持ち込み、主導権を渡さずに前半を終えた。 迎えた後半、負傷したGKヒッツに代えてGKビュルキを投入したドルトムントは、51分に加点する。ボックス左でラファエウ・ゲレイロのパスを受けたサンチョがカットインからコントロールシュートを流し込んだ。 このまま敗れるとバイエルンの9連覇が決まってしまうライプツィヒは63分、フォルスベリの右CKからクロステルマンのヘディングシュートが決まって1点を返す。 さらに77分、勢いに乗ったライプツィヒが追いつく。スルーパスでボックス左に抜け出したファン・ヒチャンがマイナスに折り返し、これを受けたダニ・オルモが蹴り込んだ。 それでも87分、ドルトムントが勝ち越す。サンチョのヒールパスでボックス左深くまでえぐったラファエウ・ゲレイロがマイナスに折り返し、リターンパスを受けたサンチョが蹴り込んだ。 これが決勝点となってドルトムントが勝利。この結果、バイエルンの9連覇が決まっている。 2021.05.09 00:33 Sun
twitterfacebook
thumb

ドルトムントがパスラックと2023年まで契約延長!

ドルトムントは6日、U-21ドイツ代表DFフェリックス・パスラック(22)との契約を2023年まで延長したことを発表した。 2012年にドルトムントの下部組織に入団したパスラックは、2016年にトッブチームに昇格。しかし、トップチームでは出場機会に恵まれず、これまでホッフェンハイムやノリッジ、フォルトゥナ・シッタートへの武者修行を繰り返していた。 昨夏に復帰したドルトムントでは、開幕スタメンに名を連ねるなどシーズン序盤は出場機会を得ていたが、昨年12月以降は完全なカップ戦要員となっており、ここまで公式戦15試合の出場にとどまっていた。 ドルトムントでスポーツ・ディレクター(SD)を務めるミヒャエル・ツォルク氏は、パスラックとの契約延長について「我々は以前から交渉を続けてきました。なので、新契約という結論を出すことができて嬉しく思っている。フェリックスはこの地域の子であり、BVBと密接な関係を持っているんだ」と、コメントしている。 2021.05.07 07:30 Fri
twitterfacebook
thumb

DFBポカール決勝に臨むドルトムント&ライプツィヒの過密日程を考慮しブンデスリーガ第33節の日程が変更に

ドイツサッカーリーグ機構(DFL)は3日、DFBポカール決勝の開催日決定に伴い、勝ち進んだドルトムントとRBライプツィヒのブンデスリーガ第33節の試合日程の変更することを発表した。 今回の日程変更は、今月13日に開催されるDFBポカール決勝戦に出場する2クラブの過密日程を考慮したもの。 DFLの発表によれば、マインツvsドルトムントは15日22時半キックオフから16日25時キックオフに、ライプツィヒvsヴォルフスブルクは15日22時半キックオフから16日27時半キックオフに変更となった。 2021.05.04 01:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ハーランドとともに注目のサンチョ、ドルトとの紳士協定が明らかに

ドルトムントのイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(21)にクラブとの紳士協定が存在しているようだ。 2017年夏からドルトムントに加わり、今季も主力として公式戦34試合の出場で12得点18アシストの数字を残すサンチョ。昨夏にマンチェスター・ユナイテッド行きが根強く取り沙汰されたが、最終的にドルトムントの高額要求がネックとなり、移籍が実現しなかった。 飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍を続けるノルウェー代表FWアーリング・ハーランドとともに、そのサンチョの今夏動向にも視線が注がれるなか、スポーツディレクター(SD)のミヒャエル・ツォルク氏がドイツ『ARD』で言及した。 今季のブンデスリーガ残り3試合で5位と来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場圏外に甘んじていることもあり、今夏の退団も囁かれるハーランドとサンチョについて、ツォルクSDが前者との間にこそないものの、後者との取り決めを明らかにした。 「ジェイドンとは昨年の段階で紳士協定を結び、ある一定の条件で移籍できることになっている。彼は数年前から我々とともにいる。しかし、アーリングにそうした合意はない」 なお、サンチョは昨年8月、水面下で2023年までの新契約を結び直していたことが発覚。ドルトムントは昨夏、サンチョの移籍金として1億2000万ユーロ(現レートで約157億5000万円)を頑なに求めたといわれ、ユナイテッド行きも消滅していた。 2021.05.02 14:45 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly