「ピッチ上で最高の男」、1G1Aの鎌田大地をヒュッター監督が絶賛「100%満足している」

2021.04.11 20:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランクフルトのアディ・ヒュッター監督が日本代表MF鎌田大地を絶賛した。クラブ公式サイトが伝えた。フランクフルトは10日、ブンデスリーガ第28節でヴォルフスブルクと対戦した。来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を争う両者の上位対決。フランクフルトとしては勝利を収めて勝ち点差を縮めたいところだった。

試合は開始6分でMFリドル・バクがゴールを決め、ヴォルフスブルクが先制。嫌な立ち上がりとなったが、8分に鎌田がゴールを奪いすぐさま同点とする。さらに27分にはルカ・ヨビッチにゴールが生まれ逆転に成功して前半を終えた。


後半も立ち上がりに失敗したフランクフルトは、46分にFWヴォウト・ヴェグホルストにゴールを許し同点とされる。しかし54分、鎌田のアシストからアンドレ・シウバがゴール奪い勝ち越しに成功。61分にはエリク・ドゥルムのゴールが決まり4-2とすると、オウンゴールで1点を返させるも4-3で上位対決を制した。

試合後、ヒュッター監督がパフォーマンスを高く評価。ここ11試合で3失点しかしていないヴォルフスブルクから4ゴールを奪ったことw評価した。


「絶対的なトップマッチであり、純粋にスペクタクルだった。両チームのパフォーマンスは素晴らしかった。両者とも、何もせずに今があるわけではない」

「合計7ゴールというのは、これまでヴォルフスブルクが11試合で3失点しかしていないことを考えると、想像できないものだった。でも、今回は5-5、5-3、5-6だったかもしれない」

「最後にホームで勝者としてピッチをさるのは素晴らしいことだ。この試合は完売に値するものだった。選手は多くのことを成し遂げたので、疲れ果てていると思う。自分の限界を超えて、あのような形で試合をしなければならなかった」

「特に、これまでヴォルフスブルクに4度も負けており、この試合で勝てたことは嬉しい。両チーム共コンディションが良く、多くのことが懸かった競った試合だった。しかし、良いゲームでもあった」

また、この試合の先制ゴールを決めたほか、アシストを記録した鎌田を絶賛。サポーターの後押しも力になったと語った。

「鎌田大地は、ゴールだけでなく、私にとってピッチ上で最高の男だった。彼はボールを奪い切り、3-2とした。ボールの有無にかかわらず、彼のパフォーマンスと走る意欲には100%満足している」

「ルカ・ヨビッチが久々にゴールを決めたことも嬉しい。彼はボールを手にすると、それを決めに行く。4-2にしたエリック・ドゥルムのゴールもとても重要で、勝利のカギとなった。彼は右サイドで多くの勢いをつけ、パフォーマンスが良かった」

「スタジアムの外にいるファンも無視できない。みんなマスクをしていると聞いたが、それが最も大事なことだ。応援してくれたことは私にとって最高の喜びであり、選手たちにとっても大きな力となった」

1 2
関連ニュース
thumb

鎌田&長谷部先発のフランクフルト、レバークーゼンに敗戦で5位ドルトムントとの勝ち点差は1に《ブンデスリーガ》

フランクフルトは24日、ブンデスリーガ第31節でレバークーゼンとのアウェイ戦に臨み、1-3で敗戦した。フランクフルトのMF鎌田大地は83分まで、MF長谷部誠は77分までプレーしている。 フランクフルト(勝ち点56)は前節、鎌田のアシストもあってアウグスブルクに快勝。5位ドルトムントとの4ポイント差を維持してチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位を堅守した。そのフランクフルトは鎌田と長谷部が揃って先発となった。 ヨーロッパリーグ出場権争いを展開している6位レバークーゼン(勝ち点47)に対し、鎌田が[3-6-1]の2シャドーの一角、長谷部がボランチでスタートした中、開始4分にピンチ。シックにGK強襲のシュートを打たれ、ルーズボールをベイリーに蹴り込まれたが、トラップが好守で凌いだ。さらに9分、ベララビのシュートでGKトラップを強襲された。 序盤のピンチを凌いだフランクフルトが徐々にポゼッションを高める中、33分に鎌田のパスを受けたボックス右のドゥルムがGK強襲のシュートを浴びせた。 ハーフタイムにかけてもフランクフルトがボールを握る時間が長かった中、前半はゴールレスで終えた。 迎えた後半開始2分、フランクフルトは鎌田に決定機。長谷部のパスを受けたアンドレ・シウバがボックス右に抜け出して折り返し、鎌田が合わせたがシュートはわずか枠の右に外れた。 すると53分にはピンチを迎えるも、左クロスにベララビが合わせたシュートは枠の右に外れて助かった。 互いに決定機があった後、主導権争いが続いていたが、70分にフランクフルトは先制される。途中出場のディアビが右サイドから入れたアーリークロスをファーサイドのベイリーにボレーで押し込まれた。 失点を受けて長谷部ら3選手に代えてヨビッチらを投入したフランクフルトだったが、80分に加点される。ロングカウンターを受けた流れから、ベイリーのスルーパスを受けた途中出場のアラリオにシュートを決められた。 終盤にかけてはレバークーゼンの前にチャンスを作れずにいたフランクフルトは試合終了間際にアンドレ・シウバがヘディングシュートで1点を返すも、反撃はここまで。 直後にデミルバイにゴールを許し、1-3で敗戦。5位ドルトムントとの勝ち点差が1に縮まっている。 2021.04.25 03:24 Sun
twitterfacebook
thumb

チームを牽引する日本代表MF鎌田大地が自宅で負傷、週末は欠場か?

フランクフルトの日本代表MF鎌田大地が自宅で負傷していたようだ。 フランクフルトは24日、ブンデスリーガ第31節でアウェイでレバークーゼンと対戦する。 来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を懸けて戦っている中、同じくヨーロッパの出場権を目指すレバークーゼンとの大事な一戦となる。 そんな中、チームを牽引している鎌田が負傷したとのこと。レバークーゼン戦に向けた公式会見でアディ・ヒュッター監督が明かした。 「大地は自宅で指を挟んだようだ。とても痛みを伴っている」 「彼はスプリント(添え木)をつけているが、試合の強度が高炒め、彼の指が激しく痛むのか、それとも別の解決策を探す必要があるのか、様子を見なければいけない」 今シーズンの鎌田は、ブンデスリーガで28試合に出場し5ゴール14アシストを記録。20日に行われたアウグスブルク戦でも1アシストを記録し、チームの勝利に貢献していた。 まだ起用できるかどうかを判断する段階とのことだが、代役として見込んでいたトルコ代表MFアミン・ユネスも内転筋に痛みを抱えている状況とのこと。ヒュッター監督はどのような決断を下すだろうか。 2021.04.23 10:15 Fri
twitterfacebook
thumb

暫定3位のフランクフルト、指揮官はトップ4確保に自信「歴史的なシーズンになるチャンスがある」

フランクフルトのアディ・ヒュッター監督は、チームが暫定3位に浮上したことを喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 日本代表MF長谷部誠とMF鎌田大地の所属するフランクフルトは、20日にブンデスリーガ第30節でアウグスブルクと対戦。前節の大敗を引きずりたくないチームは、前半で先制に成功すると後半にも鎌田のアシストにより追加点を奪い、2-0のスコアで勝利した。 この結果、フランクフルトはヴォルフスブルクをかわしてリーグ暫定3位に浮上。来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に向け、大きな1勝となっている。 試合後のインタビューに応じたヒュッター監督も、前節の敗北から素早い立ち直りを見せたチームを称賛した。 「最も重要なことは、(0-4で敗れた)ボルシアMG戦の後で必要な反応を示せたことだ。我々を苦しめたアウグスブルクには賛辞を送りたい。彼らはアグレッシブかつコンパクトであり、我々を非常に不愉快にさせた」 「後半はより良いサッカーができたが、ビッグチャンスを作れずにいた。だから、勝ち点3は我々にとって非常に良いことだ。最終的には、勝利を収められたからね。歴史的なシーズンとなるチャンスが残っていることを、クラブ全体で喜んでいる」 また、ヒュッター監督は新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により無観客試合が続いている現状にも言及。ファンのサポートに感謝しつつ、このままトップ4確保を達成したいと意気込んだ。 「ファンが感情を昂らせ、スタジアムにいたいという気持ちは伝わってくる。彼らにとっては辛いことだろう。それでも、彼らはチームにとってとても良いサポートをしてくれているよ」 「重要なのは、CL出場権を自分たちの手で勝ち取ることにある。4月は素晴らしい成績を収めており、我々が2021年に得た勝ち点はバイエルンをわずか2ポイント下回っているだけだ。これを続けていきたいし、勝利は傷口を癒すものだね」 2021.04.21 16:37 Wed
twitterfacebook
thumb

鎌田アシストのフランクフルト、前節の大敗を払拭し暫定3位浮上《ブンデスリーガ》

フランクフルトは20日、ブンデスリーガ第30節でアウグスブルクをホームに迎え、2-0で勝利した。フランクフルトのMF鎌田大地は83分までプレーし、MF長谷部誠は後半から出場している。 前節、ヒュッター監督の来季新天地となるボルシアMGに惨敗した4位フランクフルト(勝ち点53)は、鎌田が[3-5-2]のトップ下で先発となり、長谷部は引き続きベンチスタートとなった。 11位アウグスブルク(勝ち点33)に対し、フランクフルトが押し込む入りとなると5分、アンドレ・シウバのヘディングシュートが枠を捉えた。 その後、10分にリヒターにオンターゲットのシュートを記録されたフランクフルトは、1分後にはベネスの強烈なミドルシュートが枠を捉えたが、GKトラップが好守で凌いだ。 ひやりとしたフランクフルトだったが、引き続き押し込む流れが続くと、36分にコスティッチの左クロスからアンドレ・シウバのヘディングシュートが枠を捉えるも、GKのセーブに阻まれる。 それでも38分、CKの流れからフランクフルトが先制する。鎌田が右サイドからクロスを上げると、ヒンテレッガーが頭で押し込んだ。 迎えた後半、ヒンテレッガーに代えて長谷部をリベロに投入したフランクフルトは、58分に追加点を奪う。鎌田、ローデと繫ぎ、ローデのパスを受けたボックス左のコスティッチがクロスを上げ、アンドレ・シウバがヘディングシュートを決めた。 リードを広げたフランクフルトは72分、CKの流れでトゥタのハンドによりPKを献上するも、相手キッカーのフィンボガソンのシュートは枠の上に外れて助かり、2-0のまま勝利。 前節の惨敗を払拭する勝利を手にし、暫定3位としている。 2021.04.21 05:44 Wed
twitterfacebook
thumb

鎌田先発、長谷部途中出場のフランクフルト、ヒュッター監督来季就任のボルシアMGに完敗《ブンデスリーガ》

フランクフルトは17日、ブンデスリーガ第29節でボルシアMGとのアウェイ戦に臨み、0-4で完敗した。フランクフルトのMF鎌田大地は84分までプレーし、MF長谷部誠は65分から出場している。 前節ヴォルフスブルクとの上位対決を鎌田の1ゴール1アシストの活躍で制し、初のチャンピオンズリーグ出場が見えてきた4位フランクフルト(勝ち点53)は、ヒュッター監督が来季ボルシアMGの指揮官に就任することが発表された。その8位ボルシアMG(勝ち点40)といきなりの対戦となった中、鎌田が引き続き[3-5-2]のトップ下で先発となり、長谷部はベンチスタートとなった。 慎重な入りとなった中、フランクフルトは10分に先制される。右CKからニアサイドでフリーとなっていたギンターにヘディングシュートを決められた。 失点後、15分にヨビッチのヘディングシュートでゴールに迫ったフランクフルトは24分、鎌田の右CKからイルザンカーのヘディングシュートがバーに直撃した。 ハーフタイムにかけては互いにチャンスなく、フランクフルトは1点ビハインドで後半へ折り返した。 迎えた後半、フランクフルトが押し込む展開としていたが、60分に追加点を許す。CKの流れからボックス右のホフマンにボレーでGKトラップを破られた。 2点を追う展開となったフランクフルトは長谷部ら3選手を投入。長谷部は3バックの中央に入った。しかし2分後、致命的な3失点目を喫する。ホフマンの左CKからギンターのヘディングシュートはバーに直撃するも、ルーズボールをベンセバイニにヘッドで押し込まれた。 結局、試合終了間際にヴォルフにもゴールを許したフランクフルトは4失点惨敗。ヒュッター監督が来季就任するボルシアMGの前に成す術なく完敗となってしまった。 2021.04.18 00:29 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly