「これは痺れた!」鳥栖MF松岡の決定機“寸前”ブロックに脚光「決まったと思った」

2021.04.08 12:10 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J1リーグ第8節、川崎フロンターレvsサガン鳥栖が7日に等々力陸上競技場で行われた。パスを繋いで攻撃を組み立てる両チームだが、クオリティで上回る川崎Fがより多くゴール前に侵入していく展開となるが、28分に最大の先制チャンスを迎える。

敵陣左サイドでボールを奪い、FWレアンドロ・ダミアンがボックス右のFW小林悠へ。その折り返しをボックス中央に飛び込んできたMF田中碧が蹴り込むも、懸命に戻った鳥栖MF松岡大起に寸前のところでブロックに入られてしまった。

松岡は、田中がシュートを撃つ前からゴールに戻っており、右肩でシュートをブロック。自身はその勢いでゴールネットまで突っ込んでいたが、ボールはラインを割らせなかった。

危機察知能力の高さを見せた松岡のプレーには、「これは決まったと思った」「良く止めたな」「これは痺れた!」とファンから称賛の声が挙がった一方で、「川崎ゴール前での落ち着き半端ない」と、川崎F攻撃陣の冷静さを称える声もあった。

松岡の守備もあり前半をゴールレスで折り返したものの、鳥栖が後半に1人退場者を出すと、川崎FのFW遠野大弥が先制点をマーク。そのまま1-0で川崎Fが勝利している。

1 2
関連ニュース
thumb

開始8分で2点先取の鳥栖、終盤にPK献上でC大阪と痛恨ドロー【明治安田J1第22節】

明治安田生命J1リーグ第22節、サガン鳥栖vsセレッソ大阪が24日に駅前不動産スタジアムで行われ、3-3のドローに終わった。 現在4位に位置している鳥栖は、直近の名古屋グランパス戦で勝利し、5試合ぶりの白星を挙げた。3位のヴィッセル神戸との勝ち点差は1試合少ない状態で4ポイントとなっており、上位に食らいつく為にも重要な一戦となる。前節からスタメンの変更はなく、オリンピックで林を欠く中、小屋松と酒井の2トップで試合に臨む。 一方のセレッソ大阪は、前節のFC東京戦では2点ビハインドから一時は逆転したものの3-3のドロー。なかなか勝ち切ることができずリーグ戦8試合未勝利となっている。こちらも前節からスタメンの変更はせず、大久保と加藤による大ベテランと若手の2トップを組んだ。 鳥栖のキックオフで開始された試合は、1分足らずでいきなりネットが揺れる展開となる。センターバックのエドゥアルドがバックラインから右前線へロングフィード。これを受けた小屋松がドリブルで中央へ持ち込み、駆け上がってきた酒井へスルーパスを送ると、酒井はトラップから倒れ込みながらもゴール右下にシュートを決めた。 開始45秒のゴールで先制した鳥栖は、8分にもC大阪のゴールに襲い掛かる。サイドを広く使ったパスワークから、左の高い位置でボールを受けた中野がグラウンダーのクロスを送る。これはC大阪ディフェンスにクリアされたものの、大畑がボックス左手前でこのボールを拾い再度グラウンダー性のクロス。これをファーでフリーとなっていた小屋松がゴールへ流し込み追加点を奪った。 ここまで鳥栖にチャンスを確実に決められていたC大阪は、18分に反撃の狼煙を上げる。右サイドの高い位置で鳥栖のディフェンスにプレスをかけ、クリアボールを身体に当てた坂本。このこぼれ球をボックス右で加藤が拾うと、DFを1人はがしてシュートを放つ。グラウンダー性でゴールへ向かっていたボールは、DFに当たり跳ね上がってゴールイン。C大阪が1点を返し、打ち合いの様相を呈してきた。 試合開始早々から2点を奪って以降は、C大阪にゴールを封じられていた鳥栖。このまま試合を折り返すかに思われた前半アディショナルタイム、背番号10が相手を突き放す。ミドルサードでボールを奪ったエドゥアルドからパスを受けた樋口は、ハーフラインからドリブルを開始。フリーでバイタルエリア右までボールを運びシュートを選ぶと、グラウンダー性の強烈なミドルシュートが対角のゴール左下に突き刺さり、再び2点差とした。 後半になっても鳥栖の勢いは衰えず、56分にもC大阪ゴールへ迫る。仙頭の左CKにエドゥアルドが反応し、相手ディフェンダーを抑えながら胸トラップ。やや大きくなったものの、身体を捻りながら振り向きざまにシュートを放つと、これが相手DFに当たりゴールへ吸い込まれた。 しかい、ここで主審がオンフィールドレビューに入る。VARチェックの結果、エドゥアルドのトラップ時にハンドがあったとみなされ、ノーゴールの判定となった。 ここまで鳥栖のペースに飲まれ続けていたC大阪だが、68分に敵陣中央からの原川のFKがクロスバーを直撃すると、ここから怒涛の波状攻撃を見せる。セカンドボールを拾った高木のシュートはゴールライン上で相手DFにクリアされるも、今度は左サイドから清武が右足クロス。これは鳥栖GK朴にキャッチされるも、着地と同時にファンブルしたところを坂本が粘り強く繫ぎ、最後は加藤がボックス中央から豪快にシュートを突き刺した。 これで同点まであと1点と迫ったC大阪。根気強く攻撃を仕掛けていると、86分にビッグチャンスが訪れる。鳥栖陣内中央でボールを受けた坂本が、相手を抑えながらボックス内までドリブルで前進。ここで仙頭に腕を引っ張られる形で転倒し、PKを獲得する。 一度はオンフィールドレビューが入ったものの、PKの判定は変わらず、キッカーの坂本が冷静にゴール中央へグラウンダーで流し込み、アウェイチームがついに同点に追いつく。 試合開始早々から2点を挙げた鳥栖だったが、終わってみればドロー。C大阪は前節に続けて3-3のドローで9戦未勝利となっており、ACLのグループステージ突破とは裏腹に厳しいリーグ戦を強いられている。 サガン鳥栖 3-3 セレッソ大阪 【鳥栖】 酒井宣福(前1) 小屋松知哉(前8) 樋口雄太(前46) 【C大阪】 加藤陸次樹(前18) 加藤陸次樹(後24) 坂元達裕(後42)【PK】 2021.07.24 21:45 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第22節:鳥栖vsC大阪】アグレッシブな鳥栖を見せられるか? C大阪は飲まれないことがカギ

【明治安田生命J1リーグ第22節】 2021年7月24日(土) 19:00キックオフ サガン鳥栖(4位/37pt) vs セレッソ大阪(12位/24pt) [駅前不動産スタジアム] ◆今節もアグレッシブに戦えるか【サガン鳥栖】 1週間前の前節はホームに名古屋グランパスを迎え、3-1で快勝。上位対決を制し4位に浮上した。 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)から戻ってきた名古屋を相手に勝利。相手は天皇杯をこなすなど過密日程が続いている中、万全の体制でしっかりと打ち破った。 特に好材料はアグレッシブなプレスをかけ、攻守共に連動して結果を残したことだ。試合の主導権を握り、攻守の切り替えも早く、鳥栖らしさをしっかりと出せた試合となった。 厳しい暑さの中での試合になることが予想されるが、鳥栖の真骨頂を忘れてはいけない。しっかりと選手たちが体現することが重要だ。 金明輝監督はトレーニング中の不適切な指導により指揮権剥奪中。片渕浩一郎ヘッドコーチの下、連勝をしっかりと収めたい。 ★予想スタメン[3-1-4-2] GK:朴一圭 DF:島川俊郎、エドゥアルド、中野伸哉 MF:松岡大起 MF:飯野七聖、樋口雄太、仙頭啓矢、中野嘉大 FW:小屋松知哉、酒井宣福 ヘッドコーチ:片渕浩一郎 東京五輪出場選手:林大地 ◆8戦未勝利も得点に光?【セレッソ大阪】 前節はホームにFC東京を迎えての一戦。好調の相手に前半は成す術なく、敗色濃厚とみられるなか、一時は逆転するなど粘りを見せ、ドローに終わった。 リニューアルしたヨドコウ桜スタジアムでは連続ドローに終わったC大阪。チームとしてリーグ戦8試合未勝利と苦しい状況が続いている。 前節は中盤の守備強度が高くなく、FC東京のブラジル人トリデンテに圧倒されていたが、後半サイドからのアーリークロスを武器に2点。さらにCKから1点とクロスを上手く使って3点を奪った。 過酷な日程をこなしている中で、トップに入る選手の役割は非常に大きなウェイトを占める。大久保嘉人がトップに入ったが、なかなかスイッチを入れる守備ができず、良くない攻撃から悪い時間のスパイラルに入っていた。 今節が終われば長かった連戦も一旦終了。改めて前節3得点を奪えた形をしっかりと振り返りながら、よりアグレッシブに来る鳥栖にどう立ち向かうか。良い形で中断期間に入れるか注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、チアゴ、西尾隆矢、丸橋祐介 MF:坂元達裕、奥埜博亮、原川力、清武弘嗣 FW:大久保嘉人、加藤陸次樹 監督:レヴィー・クルピ 東京五輪出場選手:瀬古歩夢 7月24日 16:44 2021.07.24 16:48 Sat
twitterfacebook
thumb

鳥栖が後半3発の逆転勝利!名古屋は4試合白星なし【明治安田J1第20節】

17日、明治安田生命J1リーグ第20節のサガン鳥栖vs名古屋グランパスが駅前不動産スタジアムで行われ、3-1で鳥栖が勝利を収めた。 鳥栖は7日の天皇杯でアビスパ福岡を下したが、リーグ戦は直近4試合で勝利から遠ざかっている。さらに6月26日には金明輝監督がトレーニングで行き過ぎた指導を行って3試合の指揮資格停止となり、チームの雰囲気はよりネガティブな方向に。しかし、今日の試合で白星を挙げると勝ち点で名古屋に並ぶため、何としても勝利を目指したいところ。 一方の名古屋も、先日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)では5勝1分けでグループGを首位通過したものの、J1ではここ3試合勝利がない。また、スポーツ庁との取り決めによって名古屋市から鳥栖市までのおよそ800kmを公共交通機関で移動できなかったため、万全のコンディションとは言い難い。無失点継続期間のリーグ記録更新中の第10節に2-1で敗北を喫した相手にリベンジを果たせるかどうか。 立ち上がりから鳥栖がボールを持って押し込む時間帯が続く。小屋松が上手く名古屋の1列目と2列目の間に入ってボールを受けて再三チャンスを作り、ゴールを脅かしていく。 しかし7分、名古屋はエドゥアルドのコントロールミスを見逃さずにボールを奪った山﨑がハーフラインから一人で独走。GK朴一圭と1対1になってかわそうとするが、惜しくも体に当てられてしまい得点とはならなかった。 危険なシーンをなんとか逃れた鳥栖はその後もボールを握って試合を支配する。左センターバック大畑が高い位置を取って名古屋のサイドハーフは前田を最終ラインまで下げさせ、空いたスペースから松岡や仙頭が効果的な縦パスを通していく。 鳥栖のペースで試合が進んでいたが、先制したのは名古屋。39分に鳥栖の右サイドを突破した前田がペナルティエリアにグラウンダーのクロスを入れると、戻りながら対応したエドゥアルドがクリアを誤りオウンゴールしてしまう。ラッキーな形で名古屋がリードを得て前半が終了した。 後半が始まってわずか3分、鳥栖が同点に追いつく。左サイドでボールを受けた中野嘉大がカットインしてミドルシュートを打つと木本に当たり、GKランゲラックが予測した方向と逆のコースに軌道が変わってゴールに吸い込まれた。 勢いに乗る鳥栖は51分に2点目を決める。樋口の浮き球に反応し、名古屋の最終ライン裏に抜け出した酒井がダイレクトでボレーシュート。ボールはファーサイドに突き刺さり、あっという間に逆転に成功した。 リードを奪い返された名古屋は柿谷、マテウス、途中投入のシャビエルらのパスワークで鳥栖ゴールに迫っていく。64分にはマテウスがペナルティアークの右から左足で強烈なシュートを放つも、GK朴一圭の好セーブに阻まれた。 名古屋が攻める時間が続いたが、80分に鳥栖がリードを広げる得点を決める。中野嘉大、樋口、小屋松がペナルティエリア内でダイレクトパスを繋いでいき、最後は樋口のマイナスのクロスに小屋松が落ち着いて合わせてゴール。GKランゲラックも反応できない右隅のコースに決めて名古屋を突き放した。 その後は危険なシーンもあったがGK朴一圭がしっかり防ぎ、DFラインの選手たちも集中した守りを見せてそのまま試合終了。ホームの鳥栖が5試合ぶりの勝利を収め、暫定順位を4位に上げている。 サガン鳥栖 3-1 名古屋グランパス 【サガン鳥栖】 中野嘉大(後3) 酒井宣福(後6) 小屋松知哉(後35) 【名古屋グランパス】 OG(前39) 2021.07.17 22:02 Sat
twitterfacebook
thumb

金明輝監督が指揮資格停止の鳥栖、片渕浩一郎ヘッドコーチの暫定体制で今後3試合へ

サガン鳥栖がトップチームの指揮体制を発表した。 鳥栖は9日、6月26日のトレーニング中に金明輝監督がラフプレーをした選手を手で押さえながら足払いをして転倒させるといった行き過ぎた指導を確認した旨を公表。3試合の指揮資格停止と当面の練習参加停止を発表した。 そして、クラブは16日、チームの暫定的な指揮をヘッドコーチの片渕浩一郎氏に託すことを発表。片渕氏は17日に本拠地で行われる明治安田生命J1リーグ第20節の名古屋グランパス戦から3試合の指揮を執る。 なお、鳥栖はここまで9勝7分け4敗の6位に位置。ここ4試合未勝利という状況が続いている。 2021.07.16 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

練習中に選手に足払いし転倒…鳥栖の金明輝監督に3試合の指揮資格停止処分

サガン鳥栖は9日、金明輝監督の不適切な言動についての報告を行った。 クラブの発表によると、問題が起きたのは6月26日(土)のトレーニングとのこと。選手1名に対し、金明輝監督による指導の適正範囲を超えた行為、具体的には選手を手で押さえながら足払いをして転倒させた行為があったとの報告がされたという。 6月30日にスタッフからGMに報告がなされ、GMが同日に強化部へと確認し事件が発覚。翌7月1日と2日にGMが練習映像等を確認。5日に社長へと報告されると、6日に当該選手と面談。7日に監督と面談を行い、8日に選手とスタッフ約40名から聞き取りを個別に実施したという。 同日には、監督、当該選手、GMが話合いを行い、監督から当該選手への謝罪と当該選手から監督への前向きな発言が交わされ、Jリーグへ今回の事案について報告をしたという。また、9日には取締役会にて監督への対応を協議決定。Jリーグにも再び報告を行った。 金明輝監督には3試合の指揮資格停止(7/17 vs名古屋グランパス、7/24 vsセレッソ大阪、8/9 vsFC東京)と、当分の間、練習参加の停止の処分が下されることとなった。なお、今後については監督の処分と再発防止策についてクラブ内で協議のうえ決定されるという。 福岡淳二郎 代表取締役社長がクラブを通じてコメントしている。 「この度は、サガン鳥栖のファン・サポーターならびにご協賛いただいているスポンサーの皆様方そして、いつも温かい応援をしていただいている関係各位の皆様方には、多大なるご迷惑、ご心配をおかけしたことを、心よりお詫び申し上げます」 「サガン鳥栖は、地域の皆様方に愛され、地域の誇りとなるべく存在として活動を続けてきたなかで、今回の事案については決して看過できない行為だと認識しています」 「今後、発生した原因、背景などを踏まえてしっかりと襟を正し、クラブ理念である「人づくり、まちづくり、夢づくり」を実現するためにも、二度と繰り返さないという強い覚悟をもって再発防止に向けて取り組んでいくことをお約束いたします。引き続き、皆様からの叱咤激励をいただきながらクラブとして成長していく所存ですので、変わらぬ応援、ご声援をよろしくお願い申し上げます」 2021.07.09 21:13 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly