「これは痺れた!」鳥栖MF松岡の決定機“寸前”ブロックに脚光「決まったと思った」

2021.04.08 12:10 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J1リーグ第8節、川崎フロンターレvsサガン鳥栖が7日に等々力陸上競技場で行われた。パスを繋いで攻撃を組み立てる両チームだが、クオリティで上回る川崎Fがより多くゴール前に侵入していく展開となるが、28分に最大の先制チャンスを迎える。


敵陣左サイドでボールを奪い、FWレアンドロ・ダミアンがボックス右のFW小林悠へ。その折り返しをボックス中央に飛び込んできたMF田中碧が蹴り込むも、懸命に戻った鳥栖MF松岡大起に寸前のところでブロックに入られてしまった。

松岡は、田中がシュートを撃つ前からゴールに戻っており、右肩でシュートをブロック。自身はその勢いでゴールネットまで突っ込んでいたが、ボールはラインを割らせなかった。

危機察知能力の高さを見せた松岡のプレーには、「これは決まったと思った」「良く止めたな」「これは痺れた!」とファンから称賛の声が挙がった一方で、「川崎ゴール前での落ち着き半端ない」と、川崎F攻撃陣の冷静さを称える声もあった。

松岡の守備もあり前半をゴールレスで折り返したものの、鳥栖が後半に1人退場者を出すと、川崎FのFW遠野大弥が先制点をマーク。そのまま1-0で川崎Fが勝利している。

1 2
関連ニュース
thumb

名古屋がついに初黒星!9戦連続無失点の相手に2得点の鳥栖が暫定3位浮上【明治安田J1第10節】

明治安田生命J1リーグ第10節、名古屋グランパスvsサガン鳥栖が18日に豊田スタジアムで行われ、1-2で鳥栖が勝利した。 4日前に行われた第19節分のサンフレッチェ広島戦で、J1記録の連続無失点記録を9試合に伸ばした名古屋。失点は開幕戦のオウンゴールのみで、ここまでわずか1失点という脅威の堅守を誇っている。 対する鳥栖も守備が売りのチーム。失点数では名古屋に次ぐ3失点という少なさで、初失点を喫した第7節のセレッソ大阪戦まで開幕から無失点を続けていた。だが、4日前に行われた第18節分のガンバ大阪戦は0-1で敗れており、G大阪の今季初ゴールを許した試合でもあった。 そんな鉄壁を誇る両チームによる一戦は、意外にも開始早々に動いた。6分、左サイドで大畑のスルーパスに反応した酒井が深い位置からクロスを供給。これに対し、丸山の前に飛び込んだ林が頭で合わせると、シュートは右ポストに当たってゴールに吸い込まれた。 あっさりとクリーンシート記録が破られた名古屋。得意のウノゼロ勝利の可能性はこれでなくなったため、ボールを握って攻勢を仕掛けていく展開に。だが、ポゼッションでは勝るものの、やはり相手は守備が自慢の鳥栖。なかなかシュートまで運べない時間が続く。 その中で相手のFKを奪ってロングカウンターに出る場面もあったが、最後のマテウスのシュートは大きく枠を外れた。 ホームチームが攻めあぐねる中、アウェイチームは強かにゴールを狙う。45分、敵陣中央でFKを獲得した鳥栖は、樋口がゴール前に送ったボールは一度返されるも、頭で繫いで再びゴール前へ。すると、長澤のクリアミスを酒井がペナルティアークからダイレクトシュート。これがゴール右に決まり、わずか1失点だった名古屋から2点目を奪った。 後半から名古屋は阿部と長澤を下げて柿谷と米本を投入。対して、本田と仙頭を入れ替えた鳥栖が先にチャンスを迎える。52分、敵陣左サイドの深い位置でボールを奪った酒井からボックス中央の林へ。林は粘り強いキープから左足でゴールを狙ったが、惜しくも枠の右へ。決定的な3点目とはならなかった。 名古屋は54分にも2枚替え。宮原と前田に代わり、森下と相馬がピッチへ。今季加入の森下は、昨季にプロデビューした古巣の鳥栖で移籍後初出場となった。 柿谷の投入で攻撃に深さが加わった名古屋。68分には森下と柿谷の交代選手がチャンスを作るが、ここはGKに阻まれる。さらにそのCKでマテウスのクロスに合わせたのは米本。ここも外してしまったものの、投入された選手がゴールに迫っていく。 すると迎えた85分、終盤にかけて攻撃のギアを上げた名古屋は、相手のゴールキックを奪い、素早く速攻に転じた森下が右サイドからクロス。これは相手に跳ね返されるが、そのセカンドボールに稲垣がダイレクトボレーでシュートを放つと、ゴール前にDFに当たってゴールイン。稲垣の今季4点目で1点差に詰め寄った。 しかし、名古屋の反撃はここまで。6分と長めに取られた後半アディショナルタイムも鳥栖がきっちりと凌ぎ切り、1-2で勝利。名古屋に初黒星を付けると共に、暫定で3位に浮上した。 名古屋グランパス 1-2 サガン鳥栖 【名古屋】 稲垣祥(後40) 【鳥栖】 林大地(前6) 酒井宣福(前45) 2021.04.18 17:02 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第10節:名古屋vs鳥栖】堅い守備を持つ両者、そこに風穴を空けるのは?

【明治安田生命J1リーグ第10節】 2021年4月18日(日) 15:00キックオフ 名古屋グランパス(26pt/2位) vs サガン鳥栖(17pt/5位) [豊田スタジアム] ここまで無敗で2位につける名古屋と徐々に負けがこむも上位を争う鳥栖の一戦。堅守が売りの両者、こじ開けるのは。 ◆どこまで伸びる無失点記録【名古屋グランパス】 前節はホームにサンフレッチェ広島を迎えての一戦。この試合でも堅守が冴え渡り1-0で勝利。J1連続無失点記録を「9」に伸ばした。 ここまで無敗をキープしており、素晴らしい成績を残しているが、首位に立つことができていない。それを上回るのが王者の川崎F。直接対決で勝利し抜く以外の方法はない状況だ。 その川崎Fとはなんの巡り合わせか4月最後と5月最初の連戦という日程。そこまで負けることは許されないと考えているだろう。 無失点記録を伸ばしている以上は負けることはないが、大事なのは白星にすること。攻撃陣のパフォーマンスは決して良いとはいえず、チャンスを効率的に生かして得点を増やしていきたいところだ。 中3日でのゲームだが、ホーム連戦はプラス材料。開幕から6試合連続無失点の鳥栖を迎えるが、そのゴールを今の名古屋攻撃陣がこじ開けられるか。川崎Fの背中を追うには勝利が必要だ。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:ランゲラック DF:宮原和也、中谷進之介、丸山祐市、吉田豊 MF:稲垣祥、米本拓司 MF:マテウス、阿部浩之、齋藤学 FW:山﨑凌吾 監督:マッシモ・フィッカデンティ ◆こじ開ける力はあるのか【サガン鳥栖】 前節はホームに今季未勝利のガンバ大阪を迎えての一戦。堅い守備でG大阪に良い形をあまり作らせず。攻撃を受けてもしっかりと守っていたが、一方で仕留めることがなかなかできず、最終的には宇佐美貴史にゴールを許して0-1で敗戦。今季初勝利を献上してしまった。 開幕から6試合続いた無失点だが、C大阪に初失点を喫してから4試合で3失点。失点した試合は全て敗戦という状況だが、まだまだ上位争いに入っている状況だ。 一方で、その結果からも分かる通り、攻撃陣の奮起無くしては上位争いからは一気に脱落してしまう可能性もあるということ。失点をしなければ負けないが、失点しては勝てないという状況からは脱却したいところだ。 今節の相手は名古屋。鋭いカウンターを持っており、中途半端なプレーやビルドアップ時にミスが出ては一気にゴールを奪われる可能性はある。インテンシティの高さを見せつつ、しっかりと正確なプレーを攻守で見せられるか。わずかな精度の差が勝敗を分けかねない対決となるだろう。 ★予想スタメン[3-1-4-2] GK:朴一圭 DF:ファン・ソッコ、エドゥアルド、中野伸哉 MF:松岡大起 MF:飯野七聖、樋口雄太、仙頭啓矢、小屋松知哉 FW:山下敬大、林大地 監督:金明輝 <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】名古屋グラパスvsサンフレッチェ広島</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=5hokunwvy7oy1p60uhap3uxxd" async></script> 2021.04.18 10:30 Sun
twitterfacebook
thumb

これぞ宇佐美貴史!今季初ゴールを奪いG大阪が初白星、鳥栖はホーム初黒星【明治安田J1第18節】

14日、明治安田生命J1リーグ第18節のサガン鳥栖vsガンバ大阪が駅前不動産スタジアムで行われ、0-1でG大阪が勝利を収めた。 G大阪がAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場するため、前倒しで行われた試合。互いに中2日でのゲームとなる。 鳥栖は前節ホームで横浜FCに3-0で勝利。連敗を2でストップさせたが、この試合ではスタメンを3名変更。大畑歩夢、小屋松知哉、樋口雄太が外れ、中野伸哉、中野嘉大、本田風智が入った。 対するG大阪は前節アウェイで柏レイソルと対戦し、1-0で敗戦。今シーズンは無得点で未勝利が続いている状況だ。前節からはスタメンを5名変更。チアゴ・アウベス、チュ・セジョン、山本耕平、倉田秋、レアンドロ・ペレイラが外れ、小野瀬康介、井手口陽介、奥野耕平、福田湧矢、宇佐美貴史が入った。 序盤にペースを握ったのはホームの鳥栖。セットプレーからシュートチャンスを作るがゴールを奪えない。対するG大阪は、前線のパトリックをターゲットに攻撃を仕掛ける。しかし、攻め手を欠いて、決定機を作れない。 11分には宇佐美が決定機。バイタルエリアでDFと一対一になった宇佐美がボックス手前からシュート。しかし、これはGK朴一圭がわずかに触る。 飲水タイムを挟んで迎えた25分にG大阪チャンス。宇佐美からのスルーパスにパトリックが反応するが、GK朴一圭が前に出てクリアする。 31分に鳥栖は左サイドから仙頭がクロス。これをファーサイドで林がヘディングで合わせるが、力なくGK東口がセーブする。 直後の32分にはG大阪がチャンス。福田が左サイドからクロスをあげると、ボックス内で小野瀬がトラップ。そのままシュートを放つが、DFエドゥアルドがブロックする。 34分には鳥栖がカウンター。ハーフウェイライン付近で林がボールを奪うとそのままドリブルで持ち上がる。ボックス内に侵入したが、コントロールを誤りシュートは打てず。仙頭がカバーするも、これもボールを奪われてしまう。 ゴールレスで終わった後半。鳥栖は47分に山下、中野嘉、仙頭とつなぎ、最後は仙頭のスルーパスを中野嘉がボックス内で受けてシュート。しかし、GK東口が前に出てセーブする。 後半立ち上がりから積極的なプレーを見せる鳥栖は54分にチャンス。本田からのスルーパスに林が反応するが、並走した昌子が間一髪防ぐ。 58分にも鳥栖がチャンス。ボックス付近でパスをつなぐと、ボックス内右でパスを受けた林が角度がないところからシュート。しかし、これは枠を外れる。 63分にはG大阪がCKからチャンス。左CKからのクロスがクリアされるが、ボックス手前で福田が拾いミドルシュート。しかし、これは枠を外れる。 互いに攻め合う中、G大阪に待望の瞬間が訪れる。68分、こぼれ球を奥野が拾って左へ展開。福田が周りを見てクロスを上げると、ファーサイドに走り込んだ宇佐美がトラップからそのままシュート。これが決まり、G大阪が先制。2021シーズンの初ゴールとなった。 先制を許した鳥栖は71分にチャンス。右CKからエドゥアルドがヘッド。そのボールを小屋松がヘディングで合わせるが、これはGK東口がキャッチする。 G大阪は今シーズン初めてリードして試合を進める中、追いつきたい鳥栖が猛攻。しかし、G大阪はFWのパトリックも積極的に守るなど、集中した守備を見せてシュートチャンスをなかなか作らせない。 最後まで鳥栖が押し込む展開が続くが、G大阪が集中し続けてタイムアップ。0-1でG大阪が勝利し、シーズン初白星を記録。鳥栖はホームで初黒星となった。 サガン鳥栖 0-1 ガンバ大阪 【G大阪】 宇佐美貴史(後23) 2021.04.14 20:56 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第18節:鳥栖vsG大阪】ホームで連勝目指す鳥栖、G大阪は初ゴール&初白星を目指す

【明治安田生命J1リーグ第18節】 2021年4月14日(水) 19:00キックオフ サガン鳥栖(17pt/4位) vs ガンバ大阪(2pt/18位) [駅前不動産スタジアム] ウノゼロでの連敗を止めた鳥栖はホームで連勝を。対するG大阪はアウェイ連戦で、初ゴールを奪えるか。 ◆連敗ストップ、連勝へ【サガン鳥栖】 前節はホームで新体制となった横浜FCを相手に3-0で快勝。アウェイでの連敗を止め、再び無失点で勝利を収めた。 セレッソ大阪、川崎フロンターレと連続して1-0で敗れ、気落ちしかねない状況だったが、チームとしての可能性どの違いを遺憾なく発揮し3ゴールを奪い切ることに成功した。 中2日で行われる今節。ホームでの連戦となるため、移動の負担はない。金明輝監督がどのようなメンバーを並べるのかは注目。ホームでの連勝を飾理、上位争いを続けたいところだ。 ★予想スタメン[3-1-4-2] GK:朴一圭 DF:ファン・ソッコ、エドゥアルド、中野伸哉 MF:松岡大起 MF:飯野七聖、樋口雄太、仙頭啓矢、小屋松知哉 FW:山下敬大、本田風智 監督:金明輝 ◆今季初ゴールを奪い初勝利なるか【ガンバ大阪】 前節はアウェイで柏レイソルと対戦。ともに結果が出ていない中での対決となったが、柏が1-0で勝利し、またしても今期初勝利はお預けとなった。 チームとしてのパフォーマンスが極端に悪いわけではない。柏戦ではFWパトリック、FWチアゴ・アウベス、FWレアンドロ・ペレイラのブラジル人トリオを同時起用。ゴールへ迫るシーンはあったが、結局ネットは揺れなかった。 活動を再開して迎える4戦目。中2日でのアウェイ連戦となり、チームとしてもコンディション面が気になるところだ。 さらに4試合連続無得点というのも気になるところ。あと一歩まで迫っているものの、決め切れていないという事実は選手にも見えないプレッシャーとなっていることだろう。開幕から無失点を続けるなど堅い守備を見せている鳥栖相手に今季初ゴールを奪えるかにも注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:東口順昭 DF:高尾瑠、三浦弦太、昌子源、黒川圭介 MF:小野瀬康介、井手口陽介、チュ・セジョン、倉田秋 FW:宇佐美貴史、パトリック 監督:宮本恒靖 <span class="paragraph-title">【動画】鳥栖の山下が横浜FC相手に4試合ぶりゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1qb8judy9xo151mr2e8m5607p0" async></script> 2021.04.14 15:45 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第9節:鳥栖vs横浜FC】アウェイ連敗も前を向いてホームで仕切り直しへ、再出発図る横浜FCに鳥栖キラーあり

【明治安田生命J1リーグ第9節】 2021年4月11日(日) 15:00キックオフ サガン鳥栖(14pt/7位) vs 横浜FC(1pt/20位) [駅前不動産スタジアム] 開幕6戦無失点から一転連敗の鳥栖。対する横浜FCは今季J1で最初の監督交代、鳥栖キラーのFW渡邉千真は今季もゴールを奪うのか。 ◆ウノゼロ連敗、顔を上げられるか【サガン鳥栖】 開幕から6試合連続で無失点をキープしていた鳥栖だが、セレッソ大阪、川崎フロンターレと実力のあるチーム相手に1-0で敗戦。アウェイゲーム2連戦で連続失点に加えて連敗を喫してしまった。 このままズルズルと順位を下げることだけは避けたい鳥栖。連敗した2試合も決して内容が悪くて負けたわけではない。どちらかといえば、チームとしての戦いは十分に発揮したが、個の部分で差をつけられたイメージと言って良いだろう。 川崎F戦でもしっかりと相手を封じて前半を戦った中、後半にDF田代雅也がDOGSOによる一発退場で数的不利に。システムを変えて川崎Fに対抗したが、その後に失点し1-0で敗れた。 この連敗で気落ちしているようでは、ズルズルと転落する可能性もある。鳥栖がここまで積み上げてきたものは崩れていない状況なだけに、3試合ぶりのホームゲームでしっかりと前を向いて戦えるかが重要だ。 気になるポイントは2試合連続でCBが退場しているところ。今節はファン・ソッコが復帰するが、落ち着いて対応しなければ足元を掬われる可能性はある。 ★予想スタメン[3-1-4-2] GK:朴一圭 DF:ファン・ソッコ、エドゥアルド、中野伸哉 MF:松岡大起 MF:飯野七聖、樋口雄太、仙頭啓矢、小屋松知哉 FW:山下敬大、林大地 監督:金明輝 出場停止:田代雅也 ◆早い決断、リスタートなるか【横浜FC】 開幕から8戦未勝利。ポゼッションサッカーを継続しているものの、守備陣の不安定さと攻撃陣の不発が響き、光明が見えない中で下平隆宏監督が解任された。 今シーズンの明治安田J1で最初の監督交代となった横浜FC。J2時代からチームを率い、昇格を果たした上にチームに新たなサッカーを確立させた功労者がチームを去っていった。 そのチームの再建を託されたのは、現役時代も横浜FCでプレーし、引退後は育成年代で指導を続けていた早川知伸氏だ。「横浜FCへの想いは誰にも負けません」と就任時に語ったが、その思いを結果につなげてもらいたいところだろう。 新監督の下で再出発を図る横浜FCだが、中3日では大きく方針転換をすることは難しいだろう。とはいえ、上位相手にポゼッションサッカーは通用せず。個々の局面での稚拙さを突かれてしまう展開は目に見えている状況だ。 早川監督が何を見せるのかは不明だが、1つの可能性を探るのであれば、鳥栖キラーとして知られるFW渡邉千真の存在だ。鳥栖との対戦では16試合で13得点と圧倒的な得点力を誇り、昨シーズンもガンバ大阪の一員としてアウェイで2得点を記録している状況。活路を見出す可能性はあるだろう。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:南雄太 DF:岩武克弥、田代真一、韓浩康、袴田裕太郎 MF:瀬古樹、手塚康平 MF:ジャーメイン良、伊藤翔、松尾佑介 FW:渡邉千真 監督:早川知伸 <span class="paragraph-title">【動画】 鳥栖MF松岡大起が見せたゴールライン際でのブロック</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=14kvzwpq470z019icubeg19vrq" async></script> 2021.04.11 11:00 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly