レンジャーズvsS・プラハの人種差別疑惑に進展! UEFAが当該2選手への調査を開始

2021.04.07 07:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
欧州サッカー連盟(UEFA)は6日、先月のレンジャーズ戦において人種差別発言疑惑がかけられているスラビア・プラハに所属するチェコ代表DFオンドレイ・クデラに対して、暫定的に1試合の出場停止処分を科すことを決定した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。今回の騒動は先月18日に行われたヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグのレンジャーズとスラビア・プラハの一戦で発生。


クデラはシエラレオネにルーツを持つレンジャーズのフィンランド代表MFグレン・カマラに対して、試合終盤に口元を隠しながら耳打ちすると、カマラが激昂。他の選手たちも同調し、一触即発状態となっていた。

その後、レンジャーズサイドの通報によってUEFAとスコットランドの地元警察が人種的虐待の疑いで調査を開始。

これに対して、スラビア・プラハとクデラは疑惑を完全に否定。さらに、クデラがカマラを含むレンジャーズの選手たちから暴力行為を受けたとして、スコットランドにあるチェコ大使館を通じて告発を行っている。

UEFAは両者の主張が真っ向からぶつかり合う今回の問題に関して、クデラの人種差別疑惑、カマラの暴力行為に対する調査の手続きを開始したことを報告。

そして、クデラに対しては今後聴聞会を実施する前に暫定的に1試合の出場停止処分を科している。一方、カマラに関しては最大で5試合の出場停止処分が科される可能性があるという。

なお、今回の処分によってクデラは8日に予定されるEL準々決勝1stレグのアーセナル戦を欠場することになるが、同選手はチェコ代表戦で負った鼻骨の打撲および風邪によって処分前時点で欠場が決まっていたようだ。
関連ニュース
thumb

UEFA、レンジャーズ戦で人種差別発言のスラビア・プラハDFクデラに10試合の出場停止処分

欧州サッカー連盟(UEFA)は14日、先月のレンジャーズ戦において人種差別発言を行ったスラビア・プラハに所属するチェコ代表DFオンドレイ・クデラに対して、10試合の出場停止処分を科した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 今回の騒動は先月18日に行われたヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグのレンジャーズとスラビア・プラハの一戦で発生。 クデラはシエラレオネにルーツを持つレンジャーズのフィンランド代表MFグレン・カマラに対して、試合終盤に口元を隠しながら耳打ちすると、カマラが激昂。他の選手たちも同調し、一触即発状態となっていた。 その後、レンジャーズサイドの通報によってUEFAとスコットランドの地元警察が人種的虐待の疑いで調査を開始していた。 これに対して、スラビア・プラハとクデラは疑惑を完全に否定。さらに、クデラがカマラを含むレンジャーズの選手たちから暴力行為を受けたとして、スコットランドにあるチェコ大使館を通じて告発を行っていた。 UEFAは今月6日に両者の主張が真っ向からぶつかり合う今回の問題に関して、クデラの人種差別疑惑、カマラの暴力行為に対する調査の手続きを開始したことを報告。クデラに対しては暫定的に1試合の出場停止処分を科し、同選手は8日のEL準々決勝1stレグのアーセナル戦を欠場していた。 そして、今回の調査の結果、UEFAはクデラのカマラに対する人種差別行為を確認し、UEFA主催試合における10試合の出場停止を科した。これにより、クデラは今季のEL残り試合に加え、チェコ代表として参戦予定だったユーロ2020本大会をサスペンションによって欠場することに。 一方、人種差別被害が認められたカマラだが、クデラに対する暴力行為によって3試合の出場停止を科されることに。 さらに、同試合で相手GKオンドレイ・コラージュに対して、危険なハイキックで顔面にケガを負わせて一発退場となったレンジャーズFWケマル・ルーフェには、「相手プレーヤーに危険な暴行を加えた」との判断から4試合の出場停止処分が科された。 また、乱闘騒ぎを起こしたレンジャーズに対しても9000ユーロ(約117万円)の罰金が科されている。 2021.04.14 23:57 Wed
twitterfacebook
thumb

レンジャーズ、10シーズンぶり優勝に導いた主将DFタヴェルニエと契約延長! 右SBながら今季17G15A

レンジャーズは6日、イングランド人DFジェームズ・タヴェルニエ(29)との契約を2024年6月30日まで延長したことを発表した。 ニューカッスルでプロキャリアをスタートしたタヴェルニエは、イングランド下部カテゴリーへの複数レンタル移籍、ウィガンを経て2015年にレンジャーズへ完全移籍で加入。 以降は右サイドバックながら卓越した右足のキック精度を武器に、プレーキッカーとして存在感を放ち、公式戦284試合で63ゴールを挙げる見事な活躍を披露している。 とりわけ、今シーズンは公式戦41試合で17ゴール15アシストと圧巻のスタッツを叩き出し、キャプテンとして10シーズンぶり55回目となるスコティッシュ・プレミアシップ制覇に大きく貢献した。 今回、レンジャーズとの契約を新たに2年間延長したタヴェルニエは、愛するクラブへの忠誠を改めて誓っている。 「この素晴らしいクラブとの契約を延長できることを嬉しく思うよ。6年前に到着してすぐに、このクラブがいかに大きなクラブであるかを実感したんだ」 「レンジャーズのキャプテンとして歴史的な55回目のタイトルを獲得したことは、僕にとって永遠の思い出になるよ。世界的に有名なロイヤルブルーを身につけることは特権であり、もちろん名誉なことだけど、キャプテンの腕章が加わることで、それはさらに特別なものになるんだ」 「クラブ創設150周年を迎えるにあたり、レンジャーズの価値観を維持するために、やるべきことがたくさんあることをみんなが心に留めているよ」 「プレーヤーとしてもキャプテンとしても、そして以前よりも高い水準を維持するために、これからも努力していきたい。“55”は旅の終わりではなく、始まりに過ぎないのだからね」 2021.04.07 00:45 Wed
twitterfacebook
thumb

レンジャーズがベテラン守護神マクレガーとの契約を1年延長!

レンジャーズは1日、元スコットランド代表GKアラン・マクレガー(39)との契約を1年間延長したこと発表した。 レンジャーズの下部組織出身のマクレガーは、2001年にトップチーム昇格すると、国内クラブへの武者修行を経て、2006-07シーズンから守護神に定着した。 しかし、クラブの破産によりに伴い2012年の夏にベシクタシュへ完全移籍すると、その後はハル・シティやカーディフでプレー。2018年の夏にレンジャーズに復帰すると、正守護神として3シーズンで公式戦138試合に出場していた。 契約延長したマクレガーは公式サイトにて以下のようにコメントしている。 「このクラブが好きになって、今では自分の家のように感じているよ。若いころからここにいたからだろうね。ここで働く人たちは全ての人を知っている。僕は他のクラブでのプレーしたけど、やっぱりここがホームだと思っているよ」 2021.04.02 01:15 Fri
twitterfacebook
thumb

30m低空弾丸シュート!“オールドファーム”の歴史に残る衝撃のゴール/2008-09【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は、元ポルトガル代表MFペドロ・メンデス氏がレンジャーズで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆衝撃の35ヤード低空弾丸ロングシュート<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJxNjRMYkZvUiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> </div> ポルトガルでデビューしたメンデス氏は、ジョゼ・モウリーニョ監督の下でチャンピオンズリーグ(CL)優勝を果たしたポルトの一員として活躍。イングランドでのプレーを経て、2008年夏にレンジャーズに加入している。 2010年1月までの1シーズン半を過ごしたレンジャーズでは、公式戦45試合に出場したメンデス氏だが、2008年8月31日に行われたスコティッシュ・プレミアリーグ第4節のセルティック戦では、衝撃のゴールを決めている。 0-1とレンジャーズビハインドの39分、左サイドでレンジャーズがコーナーキックを得ると、クロスを上げずにボックスの外でフリーのメンデスにパスが入る。充分な助走から低めに抑えられたシュートは、文字通り弾丸のような軌道で一直線にゴール左下に飛んでいき、ネットに突き刺さった。 大一番で衝撃的ゴールをマークしたメンデス。試合には2-4で敗れたものの、記憶に残るゴールとなった。 <span data-sg-movie-id="1012" data-sg-movie-title="【35ヤード低空弾丸シュート】“オールドファーム”の歴史に残る衝撃のゴール"></span> 2021.03.28 10:00 Sun
twitterfacebook
thumb

伝統の一戦で豪快オーバーヘッド!“オールド・ファーム”で生まれた超絶アクロバティックゴール/2006-07【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元イングランド代表DFウーゴ・エヒオグ氏がレンジャーズ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆伝統の一戦で生まれたアクロバティックゴール<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIxaEt0ckJQNiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> </div> WBAでキャリアをスタートさせたエヒオグ氏は、プレミアリーグのクラブを渡り歩いた後、2007年1月にレンジャーズに移籍。1年を過ごした後再びイングランドに戻り、2012年に現役を引退した。 レンジャーズでは、公式戦7試合の出場にとどまったが、2007年3月11日に行われたスコティッシュ・プレミアリーグ第30節のセルティックとの大一番では、レンジャーズでの唯一のゴールを決めている。 0-0のまま迎えた50分、右サイドのコーナーキックからクロスが入ると、両チームの選手によるヘディングでの競り合いで、ボールが地面につくことなく、何度も高く上がる。ボックス中央にいたエヒオグの前にボールが飛んでくると、ゴールに背を向けた状態から豪快なオーバーヘッドキック。完璧にミートされたシュートがゴール右上のコースに決まり、豪快な先制ゴールとなった。 アクロバティックなゴールで先制したレンジャーズ。これが決勝ゴールとなり、1-0で勝利している。 現役引退後はトッテナムのユースコーチに就任し、指導者としてのキャリアを歩み始めたエヒオグ氏だったが、2017年4月、トレーニング中に心臓発作を起こし、44歳で帰らぬ人となっている。 <span data-sg-movie-id="1000" data-sg-movie-title="【豪快オーバーヘッド】“オールド・ファーム”で生まれた超絶アクロバティックゴール"></span> 2021.03.24 12:00 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly