コソボを下したスペイン、ルイス・エンリケ監督はベンチでのセルヒオ・ラモスを評価「ベンチにいても貢献する」

2021.04.01 13:35 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スペイン代表のルイス・エンリケ監督が、コソボ代表戦を振り返った。スペイン『アス』が伝えた。

スペイン代表は3月31日、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループB第3節でコソボ代表と対戦した。

選手を入れ替えて臨んだスペイン代表。予選初勝利を目指すコソボを相手に主導権を握ると、34分に前節値千金のゴールを決めたMFダニ・オルモのゴールで先制。さらに36分にはFWフェラン・トーレスも続き、リードを広げる。

そのスペインは70分にMFベサル・ハリミにゴールを許し1点を返されるが、75分にFWジェラール・モレノがゴールを決め、3-1で勝利した。

3月の予選3試合を2勝1分けで終えたスペイン代表。ルイス・エンリケ監督は、ピッチで示したものには満足感を示した。

「ピッチで示したものは満足している。システムを変更し、より相手は恐怖を感じただろう。良いゴール、多くのチャンスがあったが、内容は良くなかった。でも、我々は常に試合をコントロールしていた」

また、この試合の70分にはディフェンスラインの裏に出されたボールに反応したGKウナイ・シモンがボックスを飛び出して対応。ボールを奪うもタッチが大きくなり相手へパスする形に。ガラ空きのゴールに対して、ハリミが約40mのロングシュートを落ち着いて決めていた。

このシーンについてルイス・エンリケ監督はウナイ・シモンを擁護。ミスで評価はしないと語った。

「彼は飛び出なければならなかった。ウナイは全てのことをしなければならない。自信に満ち溢れ、個性を持った選手たちが集まっている」

「彼は空中戦を支配し、カバーリングをしなければならない。私は選手のミスでは判断しない」

また、この試合ではベンチスタートとなり86分から途中出場したDFセルヒオ・ラモスについても言及。ケガ明けといことも含めての判断だとしたが、ベンチにいてもリーダーシップを発揮していたと評価した。

「単純なことだ。彼の姿勢は称賛に値する。真のリーダーは彼らがプレーしていてもベンチにいても貢献する人間だ」

「私は、最も適すると思った選手を投入している。彼は大きなケガをした後だ。みんなに尋ねる唯一のことは、ラモスのように、不在の時にどうやってリーダーになるかを知るということだ」

「テクニカルな決定だ。それ以上の問題はない。誰がプレーするかを決定している」

「ラモスは問題ないが、彼はケガが癒えたばかり。他の人がプレーすることに決定した。」



1 2
関連ニュース
thumb

スペイン、ポーランド戦もドロー…L・エンリケ「我々は優勢だったが、勝てるほどじゃなかった」

スペイン代表のルイス・エンリケ監督が嘆いた。スペイン『マルカ』が報じている。 スペインは19日にユーロ2020グループE第2節でポーランド代表と対戦。FWアルバロ・モラタのゴールで先制したが、FWロベルト・レヴァンフドフスキの一発で追いつかれ、勝ち点1を得るにとどまった。 初戦のスウェーデン代表戦に続き、ドローに終わったルイス・エンリケ監督。試合後、「今は試合を振り返り、分析したいという気持ちが強い。最高の気分じゃないのは明らか」と感想を述べている。 「我々の方が優勢だったかもしれないが、勝てるほどじゃなかった。彼らは勇敢にプレッシャーもかけ、我々にあまりチャンスを作らせなかった。そのなかで、我々も巻き返そうとしたんだがね」 「私はもっと優位に立ち、より多くのチャンスを生み出していくのを期待している。だが、そうならなかった。結果がポジティブなものじゃない場合はより細かな分析が必要になってくるものだ」 初戦のスウェーデン戦で決定機を外してファンのブーイングを浴びながら、このポーランド戦でゴールをマークしたモラタについても触れ、働きを評価。しかし、結果に結びつかなかったことに落胆した。 「彼は今日に限らず、これまでの試合でもよくやってくれている。ただ、今回のゴールは副次的なものでしかない。今はもっとできなかったのかと残念に思う。今日は相手も結果を手にするに相応しかった」 なお、スペインはいまだ勝利なしの2分けで3位に位置。23日の最終節でここまで3ポイントを積み上げ、2位につけるスロバキア代表と突破をかけて対戦する。 2021.06.20 12:45 Sun
twitterfacebook
thumb

PK失敗スペイン、レヴァンドフスキ弾のポーランドと痛いドロー《ユーロ2020》

ユーロ2020グループE第2節、スペイン代表vsポーランド代表が19日にセビージャで行われ、1-1で引き分けた。 5日前に行われたスウェーデン代表戦をゴールレスドローで終えたスペインは、ジェラール・モレノが先発。モラタ、ダニ・オルモらと3トップを形成した。 一方、スロバキア代表に1-2と競り負けたポーランドは、連敗となれば敗退が決まる中、不発に終わったレヴァンドフスキが[5-3-2]の2トップの一角に入った。 立ち上がり、アグレッシブに入ったポーランドは6分、クリッヒのミドルシュートでゴールに迫った。 しかし、時間の経過とともにスペインが押し込む時間を増やしていくと、25分に先制する。右サイドからジェラール・モレノがカットインシュートを放つと、モラタが合わせてネットを揺らす。一度はオフサイド判定が下されたものの、VARの末にゴールが認められた。 追う展開となったポーランドは43分に同点のチャンス。スウィデルスキのミドルシュートが左ポストに直撃し、ルーズボールに詰めたレヴァンドフスキのシュートはGKウナイ・シモンのセーブに阻まれた。 スペインが1点をリードして迎えた後半、54分にポーランドが追いつく。ジョジアクの右クロスをラポルテに競り勝ったレヴァンドフスキがヘッドで押し込んだ。 レヴァンドフスキのユーロ3大会連続ゴールで試合を振り出しに戻したポーランドだったが直後の55分、VARの末にPKを献上する。モダーが自陣ボックス内でジェラール・モレノの足を踏んでしまった。 しかし、キッカーを務めたジェラール・モレノのシュートは左ポストに直撃。スペインは勝ち越しのチャンスを逃してしまう。 後半半ばにフェラン・トーレス、サラビア、ファビアン・ルイスを投入したスペインが攻勢をかける展開となったものの、終盤の84分に訪れたビッグチャンスではモラタのシュートをGKシュチェスニーのファインセーブに阻まれ、1-1のままタイムアップ。 2分けとなったスペインは最終節スロバキア戦を勝利しなければ敗退になる状況となった。一方、1分け1敗としたポーランドはスウェーデンに勝利すれば勝ち上がりを決められる状況となっている。 2021.06.20 05:57 Sun
twitterfacebook
thumb

スペイン代表に朗報!ブスケッツがコロナ陰性でポーランド戦出場へ

スペインサッカー連盟(REFE)は18日、MFセルヒオ・ブスケッツがPCR検査で陰性となったことを発表した。 ブスケッツはユーロ2020開幕直前の6日に新型コロナウイルスに感染。チームから隔離され個別調整を強いられると、14日に行われた初戦のスウェーデン代表戦を欠場し、0-0の結果に終わっていた。 だが、17日夜に行われたPCR検査で陰性を確認。19日に控えるポーランド代表戦へ、舞台となるセビージャに向かうチームに合流したようだ。 なお、スペイン代表ではブスケッツの直後にDFディエゴ・ジョレンテもコロナ陽性と診断されたものの、後日に偽陽性だったことがわかっている。 2021.06.18 19:38 Fri
twitterfacebook
thumb

ペドリ、スペイン史上最年少でユーロデビューも「悲しい結果」決定機逸のモラタにも言及

スペイン代表史上最年少でユーロデビューを果たしたバルセロナMFペドリが、引き分けに終わったスウェーデン戦を振り返った。 スペインは14日、ユーロ2020のグループE初戦でスウェーデンと対戦。優勝候補の一角と目される中、前半から決定機を生み出したものの、相手GKの度重なるファインセーブに苦しみ0-0の引き分けとなった。 ドロー発進となったスペインにおいて、先発フル出場で存在感を示したペドリ。この試合がユーロデビューとなり、18歳201日という同国史上最年少記録を樹立した。これまでの記録は、1980年大会でデビューしたミゲル・テンディージョ氏の19歳132日だったが、それを約10カ月更新する好記録が生まれることになった。 しかし、ペドリは残念な結果になったと振り返っている。 「素晴らしい大会でデビューできたことに満足しているよ。どんな子供にとっても夢だからね。でも、引き分けてしまったことは悲しいよ。何度もチャンスを作ったにもかかわらず、肝心のゴールを決めることができなかった。間違いを修正するために試合を見返そうと思うよ」 ペドリはまた、この試合の前半に決定機を逃していたFWアルバロ・モラタを労った。同選手は38分に、DFジョルディ・アルバのパスをゴール前で受けたが、GKと一対一の場面でシュートを右に外してしまっていた。 「誰にだってミスはある。彼は人間だ。おかしいことじゃない。アルバロ・モラタは常に多くの仕事をこなしているんだ。だからサポーターも僕たちを信頼してほしい。僕たちは素晴らしいチームであり、これからも前進していく」 2021.06.15 15:56 Tue
twitterfacebook
thumb

ユーロ初戦ドローのスペイン、セスクはチームの課題指摘 「チャンスをものにしなければならない」

モナコの元スペイン代表MFセスク・ファブレガスが、代表チームは改善が必要だと語った。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 スペインは14日に行われたユーロ2020グループE第1節でスウェーデン代表と対戦。立ち上がりからボールを握ったスペインだったが、相手GKロビン・オルセンの好セーブに阻まれ得点を奪えない展開に。FWアルバロ・モラタとFWジェラール・モレノがそれぞれ訪れた決定機を決めなかったこともあり、ゴールレスドローで試合を終えた。 1点も決められなかった代表チームに対してはホームスタジアムからブーイングが飛び、特にモラタに対しては試合後も強い批判が浴びせられている。 こうした状況を受け、スペイン代表で通算110試合出場15ゴール37アシストの成績を残しているセスクは、イギリス『BBC』のインタビューに応じた際、代表チームの課題を指摘。チームとしての形があまり見えていないことを嘆いている。 「この試合はどう始めるかではなく、どう終わらせるかという例の一つであり、チームの大きな問題点だと思う」 「フランスが(オリヴィエ・)ジルーを起用してワールドカップ(W杯)を制覇した例があるのは知っている。とはいえ、(ストライカーは)チャンスをものにしなければならない。僕たちは試合に勝つため、十分なチャンスを作ったのだから」 「ただ、チームに対する大きな疑問点は他にもある。どのようにして守備を終え、どのようにして攻撃を終えるか、今日はそれが示せていなかった」 チームに対する課題を指摘したセスクだが、一方でスペインはグループステージを突破できるはずだとコメント。同時に、改善も必要だと語っている。 「スペインは少なくとも、グループステージを突破できるだけのクオリティは持っていると思うよ」 「彼らの前半に目を向けて欲しい。チャンスをものにはできなかったが、良いプレーはしていた。スペインは負けたわけではなく、世界の終わりというわけではない。彼らは成長していくと信じているよ。もちろん、確実に改善は必要だ」 2021.06.15 12:23 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly