コソボを下したスペイン、ルイス・エンリケ監督はベンチでのセルヒオ・ラモスを評価「ベンチにいても貢献する」

2021.04.01 13:35 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スペイン代表のルイス・エンリケ監督が、コソボ代表戦を振り返った。スペイン『アス』が伝えた。

スペイン代表は3月31日、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループB第3節でコソボ代表と対戦した。

選手を入れ替えて臨んだスペイン代表。予選初勝利を目指すコソボを相手に主導権を握ると、34分に前節値千金のゴールを決めたMFダニ・オルモのゴールで先制。さらに36分にはFWフェラン・トーレスも続き、リードを広げる。

そのスペインは70分にMFベサル・ハリミにゴールを許し1点を返されるが、75分にFWジェラール・モレノがゴールを決め、3-1で勝利した。

3月の予選3試合を2勝1分けで終えたスペイン代表。ルイス・エンリケ監督は、ピッチで示したものには満足感を示した。

「ピッチで示したものは満足している。システムを変更し、より相手は恐怖を感じただろう。良いゴール、多くのチャンスがあったが、内容は良くなかった。でも、我々は常に試合をコントロールしていた」

また、この試合の70分にはディフェンスラインの裏に出されたボールに反応したGKウナイ・シモンがボックスを飛び出して対応。ボールを奪うもタッチが大きくなり相手へパスする形に。ガラ空きのゴールに対して、ハリミが約40mのロングシュートを落ち着いて決めていた。

このシーンについてルイス・エンリケ監督はウナイ・シモンを擁護。ミスで評価はしないと語った。

「彼は飛び出なければならなかった。ウナイは全てのことをしなければならない。自信に満ち溢れ、個性を持った選手たちが集まっている」

「彼は空中戦を支配し、カバーリングをしなければならない。私は選手のミスでは判断しない」

また、この試合ではベンチスタートとなり86分から途中出場したDFセルヒオ・ラモスについても言及。ケガ明けといことも含めての判断だとしたが、ベンチにいてもリーダーシップを発揮していたと評価した。

「単純なことだ。彼の姿勢は称賛に値する。真のリーダーは彼らがプレーしていてもベンチにいても貢献する人間だ」

「私は、最も適すると思った選手を投入している。彼は大きなケガをした後だ。みんなに尋ねる唯一のことは、ラモスのように、不在の時にどうやってリーダーになるかを知るということだ」

「テクニカルな決定だ。それ以上の問題はない。誰がプレーするかを決定している」

「ラモスは問題ないが、彼はケガが癒えたばかり。他の人がプレーすることに決定した。」



1 2
関連ニュース
thumb

スペイン代表、ディエゴ・ジョレンテはコロナ偽陽性 12日にもチームに合流へ

スペインサッカー連盟(REFE)は10日、8日のPCR検査で陽性判定が出ていたDFディエゴ・ジョレンテが、9日に行った2度の検査で陰性だったことを報告した。 スペイン代表では、6日にMFセルヒオ・ブスケッツ、8日にディエゴ・ジョレンテが新型コロナウィルスに感染したことを報告。これを受けて、有事に備えた予備メンバーとしてFWロドリゴ・モレノやMFパブロ・フォルナルス、さらにはU-21から11名に招集をかけるなど、合計17選手をトレーニングメンバーとして合流させていた。 両者は代表離脱ではなく、個別調整を進めていくとのことだったが、ディエゴ・ジョレンテに関しては偽陽性だったとREFEは報告。10日と11日にPCR検査を重ね、陰性だった場合、11日の午後からチームトレーニングに参加する見通しだ。 2021.06.10 20:40 Thu
twitterfacebook
thumb

スペイン代表に朗報! ブスケッツ&D・ジョレンテ除きコロナ陰性が確認

スペインサッカー連盟(REFE)は9日、同日にスペイン代表選手とスタッフを対象に実施された最新のPCR検査の結果、全員の陰性が確認されたことを報告した。 ユーロ2020初戦のスウェーデン代表戦が14日に迫る中、スペイン代表ではキャプテンのMFセルヒオ・ブスケッツとDFディエゴ・ジョレンテが新型コロナウィルスの陽性反応を示した。 これを受けて、代表チームの大半の選手、スタッフが隔離措置を取り、8日のリトアニア代表戦は急遽、U-21スペイン代表選手を中心としたスカッドで戦っていた。 また、クラスター発生を考慮したルイス・エンリケ監督は、有事に備えた予備メンバーとしてFWロドリゴ・モレノ、MFパブロ・フォルナルス、MFカルロス・ソレール、MFブライス・メンデス、DFラウール・アルビオル、GKケパ・アリサバラガの6選手を緊急招集。 さらに、前述のリトアニア戦を戦ったU-21メンバーから11名をトレーニングメンバーとして招集していた。 しかし、今回の最新の検査によってブスケッツ、D・ジョレンテを除く選手全員の陰性が確認されたことにより、代表チームは時間帯をずらすなど、幾つかの制限はあるものの、ひとまず個人トレーニングを中心とした一部トレーニングを再開できることになった。 2021.06.10 06:30 Thu
twitterfacebook
thumb

スペイン代表、新たに11人のトレーニングメンバーを招集

スペインサッカー連盟(REFE)は8日、新たに11人のトレーニングメンバーを招集したことを発表した。 ユーロ2020初戦のスウェーデン代表戦が14日に迫る中、スペイン代表ではMFセルヒオ・ブスケッツ(バルセロナ)とDFディエゴ・ジョレンテ(リーズ・ユナイテッド)が新型コロナウィルスに感染。 クラスター発生を考慮したルイス・エンリケ監督は、6日のブスケッツのコロナ感染報告の翌日にトレーニングメンバーとしてFWロドリゴ・モレノ、MFパブロ・フォルナルス、MFカルロス・ソレール、MFブライス・メンデス、DFラウール・アルビオルの招集を発表していた。 その後、8日にもディエゴ・ジョレンテが感染したことを受けて、また新たに11選手を招集。今回のメンバーは、先日までU-21ユーロに臨んでいたU-21スペイン代表の面々で占められており、3日のポルトガルとの準決勝で敗退した同チームは、ブスケッツのコロナ感染で試合を辞退したA代表に代わって、8日のリトアニア代表との親善試合を戦った。 これでトレーニングメンバーは合計17名となったが、仮に代表チームから感染者が続出した場合、ここから追加招集すると見られている。 今回トレーニングメンバーとして招集された11名は以下の通り。 GKアルバロ・フェルナンデス(ウエスカ) DFアレハンドロ・ポゾ(ウエスカ) DFオスカル・ミンゲサ(バルセロナ) DFフアン・ミランダ(ベティス) MFマルク・ククレジャ(ヘタフェ) MFマルティン・スビメンディ(ソシエダ) MFジェレミ・ピノ(ビジャレアル) MFゴンサロ・ビジャール(ローマ) MFブラヒム・ディアス(ミラン) FWブライアン・ヒル(セビージャ) FWハビ・プアド(エスパニョール) 2021.06.09 19:02 Wed
twitterfacebook
thumb

スペイン代表、ディエゴ・ジョレンテもコロナ感染…ブスケッツに続く2人目

スペインサッカー連盟(REFE)は8日、DFディエゴ・ジョレンテ(リーズ・ユナイテッド)が新型コロナウィルスに感染したことを発表した。 スペイン代表では先日、MFセルヒオ・ブスケッツ(バルセロナ)のコロナ感染が判明。当時のPCR検査で陽性反応が示されたのは同選手のみとのことだったが、最新の検査で感染者は2人となった。 ディエゴ・ジョレンテもブスケッツ同様に、チームの合宿先を医療用車両で離れ、これから隔離状態で個別調整入るとのこと。現状で離脱や追加招集の可能性については触れられていない。 昨夏にソシエダからリーズへ完全移籍したディエゴ・ジョレンテ。しかし、10月の代表招集中にそ径部の問題を引き起こし長期離脱を強いられると、今年1月には今度はハムストリングのケガに見舞われ思うようにプレーできず。 それでもプレミアリーグ終盤戦は先発に名を連ね、第32節のリバプール戦では移籍後初ゴールを記録し、ドローに持ち込む活躍を披露していた。 2021.06.09 15:38 Wed
twitterfacebook
thumb

ユーロ落選のチェルシーGKケパ、トレーニングメンバーとしてスペイン代表招集

スペイン代表は7日、チェルシーのGKケパ・アリサバラガ(26)をトレーニングのメンバーに招集したことを発表した。 ケパは今シーズンのプレミアリーグで7試合、公式戦でも14試合に出場とセネガル代表GKエドゥアール・メンディ(29)にポジションを奪われた結果、ユーロ2020に臨むスペイン代表メンバーから外れていた。 そんな中、ロドリゴ・モレノ、パブロ・フォルナルス、カルロス・ソレール、ブライス・メンデス、ラウール・アルビオルと共に、バブル内で行われているスペイン代表のトレーニングセッションに参加することとなった。 これは、バルセロナのMFセルヒオ・ブスケッツが新型コロナウイルス(COVID-19)で陽性反応となったことを受け、トレーニングに招集されることとなった。 なお、明日のトレーニングから参加するとのことだ。 ケパはスペイン代表として2017年11月から招集を受けており、11試合に出場していた。 2021.06.08 17:41 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly