「ただ泣くしかない」ドイツ代表撃破の北マケドニア、世紀の大金星に指揮官「幸せすぎて、言葉が出ない」

2021.04.01 12:10 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アウェイでドイツ代表を相手に大金星を挙げた北マケドニアのイゴール・アンジェロフスキ監督が、試合を振り返った。ボスニア・ヘルツェゴビナ『sportsport』が伝えた。

北マケドニアは、カタール・ワールドカップ欧州予選でグループJに入り、3月26日のルーマニア代表戦で3-2と敗戦。しかし、3月29日のリヒテンシュタイン代表戦で5-0と勝利し、ドイツ戦に臨んだ。

北マケドニアは、しっかりと守備を構築してドイツに対抗すると、前半アディショナルタイムにゴラン・パンデフがゴールを決めて先制に成功。後半にイルカイ・ギュンドアンにPKを決められ追いつかれるが、85分にエリフ・エルマスに勝ち越しゴールを決め、アウェイで1-2と大金星を挙げた。

この勝利にアンジェロフスキ監督は言葉を失うも、サポートしてくれた人々へ感謝を述べた。

「何を話せばいいのだろうか。幸せすぎて、言葉が出ない。我々は北マケドニアを誇りに思い、幸せにした。これはユーロで優勝するようなものだ」

「彼らが祝うことを約束し、私は彼らと一緒にここに来た。妻はCOVID-19の症状があり病院にいた。幸いにも彼女は今良くなっている。子供は私をサポートしてくれた」

「みんなに感謝したい。これ以上何を言えばいいのか…ただ泣くしかない」

また、この試合にキャプテンとして出場しゴールを決めたパンデフについても称賛した。

「パンデフは素晴らしい男であり、このチームのリーダーだ。自分たちの国の歴史を作るためにライオンのように戦ってくれた。彼らを誇りに思う」



1 2
関連ニュース
thumb

北マケドニアの英雄パンデフが代表引退を宣言「ふさわしい瞬間」

ジェノアのFWゴラン・パンデフが北マケドニア代表からの引退を宣言した。『AP通信』などが伝えている。 21日にユーロ2020・グループC最終節のオランダ代表戦が控える北マケドニア。すでにウクライナ代表戦、オーストリア代表戦を連敗し敗退が決定している中、オランダ戦前の会見で、37歳のキャプテンは今大会をもって代表から退くことを明かした。 「これが私にとって北マケドニア代表のユニフォームを着る最後の試合だ。代表に別れを告げるのにふさわしい瞬間だと思う」 「このような素晴らしい大会に最後に出られて嬉しかったよ。私だけでなく、監督や全ての選手の夢が現実になり、偉大な大会で我々の国、マケドニアを見ることができたのだから」 パンデフの代表デビューは、2001年6月のトルコ代表戦。初ゴールは2004年2月のボスニア・ヘルツェゴビナ代表との親善試合だった。 その後、ここまで歴代1位となる公式戦120試合に出場。37ゴールも歴代最多で、今大会初戦のオーストリア戦のゴールは、ユーロ2008で当時38歳の元オーストリア代表のイヴィツァ・ヴァスティッチ氏が樹立した記録に次ぐ、大会歴代2位の最年長ゴールとなった。 また、3月に行われたカタール・ワールドカップ欧州予選のドイツ代表戦では先制点を奪う活躍を披露し、1-2の勝利に貢献。これはドイツにとってW杯予選における20年ぶりの敗戦で、北マケドニアの歴史的大金星となった。 来月には38歳の誕生日を迎えるパンデフ。2020年5月には当シーズン終了後の現役引退を示唆していただけに、代表だけでなく、完全にスパイクを脱ぐ可能性もありそうだ。 2021.06.21 17:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ウクライナが北マケドニアに逃げ切り、今大会初勝利《ユーロ2020》

ユーロ2020グループC第2節、ウクライナ代表vs北マケドニア代表が17日にルーマニアで行われ、2-1でウクライナが勝利した。 4日前に行われたオランダ代表との初戦を2-3と競り負けたウクライナは、ヤルモレンコやジンチェンコ、マリノフスキーらが引き続きスタメンとなった。 一方、オーストリア代表に1-3と惜敗した北マケドニアはパンデフやエルマス、アリオスキらが引き続きスタメンとなった。 立ち上がりから攻勢に出たウクライナは8分、マリノフスキーのミドルシュートでGKを強襲。その後もウクライナが押し込む時間を増やすと、ヤレムチュクやヤルモレンコがゴールに迫っていった。 そして29分、左CKからニアサイドのカラヴァイエフが逸らすと、ファーサイドのヤルモレンコが押し込んでウクライナが先制点を奪いきった。 さらに34分、ウクライナが一気に突き放す。ヤルモレンコのダイレクトパスでボックス右に抜け出したヤレムチュクがGKとの一対一を制した。 ウクライナが2点をリードして迎えた後半、55分に北マケドニアがPKを獲得する。トライコフスキの強烈なミドルシュートがGKを強襲すると、ポストに直撃したルーズボールを拾ったボックス内のパンデフがカラヴァイエフに倒された。 このPKをアリオスキはGKブスチャンに止められるも、ルーズボールを蹴り込んで北マケドニアが1点差に詰め寄った。 流れの悪いウクライナは70分、ヤルモレンコとヤレムチュクをお役御免とする。すると80分、マリノフスキーのFKが壁に入っていたボックス内の選手のハンドを誘ってウクライナがPKを獲得。 このPKをマリノフスキーはGKディミトリエフスキに止められるも、ウクライナが2-1で逃げ切り。今大会初勝利を飾っている。 2021.06.18 00:04 Fri
twitterfacebook
thumb

ゴール後に侮辱発言疑惑の、アルナウトビッチが自身の行動を謝罪「人種差別主義者ではない」

オーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチが、自身のパフォーマンスについて謝罪した。 現在は中国スーパーリーグの上海海港でプレーするアルナウトビッチは、オーストリア代表の一員としてユーロ2020に出場している。 初戦となった13日のグループC第1節の北マケドニア代表戦では、58分から出場すると、89分に駄目押しの3点目を記録。しかし、この際のゴールパフォーマンスが問題となっていた。 アルナウトビッチは、ゴール後に大声で何かを叫んでいた中、キャプテンを務めるDFダビド・アラバが急いでやってきて、アルナウトビッチの口を掴み、怒っている様子が見られた。 イギリス『スカイ・スポーツ』など複数のメディアによると、DFエグゾン・ベイトゥライとMFエズジャン・アリオスキに対して行われたものだという。 アルナウトビッチはセルビアにルーツを持つが、ベイトゥライとアリオスキはアルバニアにルーツを持っており、コソボ紛争での両国の関係が発端とみられている。 アラバは、侮辱的な言葉を叫んでいたアルナウトビッチに対し、ピッチ上で怒りを示していたとのことだ。 また、北マケドニアサッカー連盟はこの件について、欧州サッカー連盟(UEFA)に対し「最も厳しいペナルティを要求する公式し文書を送付した」と声明を発表。差別を強く主張していた。 問題を起こしたアルナウトビッチは自身の振る舞いについてインスタグラムを通じて謝罪。差別の意図はなかったとした。 「昨日の試合では、試合中に激しい言葉が飛び交ったが、これについては特に北マケドニアとアルバニアの友人たちに謝罪したい」 「1つだけハッキリと言いたいことがあある。僕は人種差別主義者ではない。ほぼ全ての国に友人がいて、多様性を支持している。僕を知っている人なら、誰でもそれを知っている」 現時点でUEFAからの処分などは発表されていないが、アルバニアを巡っては2018年のロシア・ワールドカップで、アルバニアにルーツを持つスイス代表のMFグラニト・ジャカとコソボ出身のMFジェルダン・シャキリがアルバニアの国旗に描かれている“双頭の鷲”を表すゴールパフォーマンスを見せてセルビアを挑発。政治的な意味があるとし、国際サッカー連盟(FIFA)は罰金処分を下していた。 2021.06.15 11:05 Tue
twitterfacebook
thumb

采配的中のオーストリア、途中出場の2人で2ゴールを挙げユーロ初勝利を飾る!《ユーロ2020》

ユーロ2020グループC第1節のオーストリア代表vs北マケドニア代表が13日にルーマニアのアレーナ・ナツィオナーラ行われ、3-1でオーストリアが勝利した。 2大会連続3回目の出場となるオーストリアは、ザビッツァーやアラバ、ドラゴビッチら主力をスタメンで起用。最前線にカライジッチとバウムガルトリンガーを据えた[3-3-2-2]の布陣で試合に臨んだ。 一方、本大会初出場となる北マケドニアは、エースFWパンデフとトライコフスキを2トップに並べた[5-3-2]を採用。中盤はバルディ、アデミ、エルマスが並んだ。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、オーストリアが最初のチャンスで先制する。18分、左サイドをオーバーラップしたウルマーのバックパスを受けたザビッツァーが低弾道の速いクロスを供給。これをファーサイドに駆け上がったライナーがジャンピングボレーでゴールネットを揺らした。 先制したオーストリアだったが、連携ミスから北マケドニアに同点を許す。28分、左サイドのアリオスキが中央に送った早いパスをヒンテレッガーのクリアすると、これがザビッツァーに当たり自陣ゴール前へ。これに反応したトライコフスキがブロックに入ったアラバ、飛び出したGKバッハマンと交錯すると、こぼれ球を最後はパンデフが無人のゴールに流し込んだ。 追いつかれたオーストリアは、45分にボックス右でロングパスを受けたライマーの落としからボックス手前のライナーがクロスを供給。ゴール前にカライジッチが走り込むも、これはベルコフスキのクリアに阻まれた。 迎えた後半、オーストリアはドラゴビッチを下げてラインハルトを投入。さらに58分にカライジッチとバウムガルトリンガーを下げてアルナウトビッチとグレゴリッチュを投入。すると64分、アルナウトビッチの左クロスからグレゴリッチュが頭で合わせたが、このシュートはGKディミトリエフスキのファインセーブに防がれた。 膠着状態が続く中、オーストリアは78分に左サイドでパスを受けたアラバがGKとDFの間に絶妙なクロスを入れると、GKの前に上手く抜け出したグレゴリッチュが右足でゴールに流し込んだ。 さらにオーストリアは、試合終了間際の89分にも左サイドからのスローインをライマーがヒールで繋ぐと、DFの裏に抜け出したアルナウトビッチが飛び出したGKをかわし無人のゴールにシュートを流し込んだ。 結局、試合はそのまま3-1でタイムアップ。途中出場の2選手で2点を奪ったオーストリアが3回目の出場にしてユーロ初勝利を飾った。 2021.06.14 02:58 Mon
twitterfacebook
thumb

パンデフやエルマスら国際大会初出場の北マケドニア代表メンバーが発表《ユーロ2020》

北マケドニアサッカー連盟(FFM)は19日、ユーロ2020に臨む北マケドニア代表メンバーを発表した。 イゴール・アンジェロフスキ監督は、ユーロ2020本大会の登録メンバー26名を発表した。 今回のメンバーには、FWゴラン・パンデフ(ジェノア)やMFエリフ・エルマス(ナポリ)、MFダルコ・チュルリノフ(シュツットガルト)らが招集。FWイリヤ・ネストロフスキ(ウディネーゼ)は負傷のため招集外となった。 ユーロに初出場となる北マケドニアは、オランダ代表、ウクライナ代表、オーストリア代表とグループCで同居。6月13日にオーストリア、同17日にウクライナ、同21日にオランダと対戦する。 今回発表された北マケドニア代表メンバーは以下の通り。 ◆北マケドニア代表メンバー26名 GK ストール・ディミトリエフスキ(ラージョ・バジェカーノ/スペイン) ダムヤン・シシュコフスキ(ドクサ・カトコピアス/キプロス) リスト・ヤンコフ(ラボトニツキ) DF エグゾン・ベイトゥライ(シュケンディヤ) キレ・リステフスキ(ウーイペシュト/ハンガリー) ヴィサル・ムスリウ(フェヘールヴァール/ハンガリー) ダルコ・ベルコフスキ(リエカ/クロアチア) ステファン・リストフスキ(ディナモ・ザグレブ/クロアチア) ジョコ・ザイコフ(シャルルロワ/ベルギー) エズジャン・アリオスキ(リーズ・ユナイテッド/イングランド) MF マルヤン・ラジェスキ(アカデミヤ・パンデフ) フェラハン・ハサニ(パルチザン・ティラナ/アルバニア) ティホミル・コスタディノフ(ルゾンベロク/スロバキア) ステファン・スピロフスキ(AEKラルナカ/キプロス) アリエン・アデミ(ディナモ・ザグレブ/クロアチア) ダニエル・アヴラモヴスキ(カイセリスポル/トルコ) ダルコ・チュルリノフ(シュツットガルト/ドイツ) エニス・バルディ(レバンテ/スペイン) ボバン・ニコロフ(レッチェ/イタリア) エリフ・エルマス(ナポリ/イタリア) FW ゴラン・パンデフ(ジェノア/イタリア) アレクサンダル・トライコフスキ(マジョルカ/スペイン) ヴラトコ・ストヤノフスキ(シャンブリー/フランス) ミラン・リストフスキ(スパルタク・トルナヴァ/スロバキア) イバン・トリチェコフスキ(AEKラルナカ/キプロス) クルステ・ヴェルコスキ(FKサラエボ/ボスニア・ヘルツェゴビナ) 2021.05.20 23:15 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly