「ただ泣くしかない」ドイツ代表撃破の北マケドニア、世紀の大金星に指揮官「幸せすぎて、言葉が出ない」

2021.04.01 12:10 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アウェイでドイツ代表を相手に大金星を挙げた北マケドニアのイゴール・アンジェロフスキ監督が、試合を振り返った。ボスニア・ヘルツェゴビナ『sportsport』が伝えた。北マケドニアは、カタール・ワールドカップ欧州予選でグループJに入り、3月26日のルーマニア代表戦で3-2と敗戦。しかし、3月29日のリヒテンシュタイン代表戦で5-0と勝利し、ドイツ戦に臨んだ。


北マケドニアは、しっかりと守備を構築してドイツに対抗すると、前半アディショナルタイムにゴラン・パンデフがゴールを決めて先制に成功。後半にイルカイ・ギュンドアンにPKを決められ追いつかれるが、85分にエリフ・エルマスに勝ち越しゴールを決め、アウェイで1-2と大金星を挙げた。

この勝利にアンジェロフスキ監督は言葉を失うも、サポートしてくれた人々へ感謝を述べた。

「何を話せばいいのだろうか。幸せすぎて、言葉が出ない。我々は北マケドニアを誇りに思い、幸せにした。これはユーロで優勝するようなものだ」

「彼らが祝うことを約束し、私は彼らと一緒にここに来た。妻はCOVID-19の症状があり病院にいた。幸いにも彼女は今良くなっている。子供は私をサポートしてくれた」

「みんなに感謝したい。これ以上何を言えばいいのか…ただ泣くしかない」

また、この試合にキャプテンとして出場しゴールを決めたパンデフについても称賛した。

「パンデフは素晴らしい男であり、このチームのリーダーだ。自分たちの国の歴史を作るためにライオンのように戦ってくれた。彼らを誇りに思う」

1 2
関連ニュース
thumb

北マケドニアの金星に大貢献したヴェルナー、名誉市民と揶揄されフェイクのパスポートも登場

3月にカタール・ワールドカップ(W杯)の予選がスタートしたヨーロッパ。多くのトピックがあり、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのゴールが認められずにキャプテンマークを投げ捨てたことは悪い意味で注目を集めた。 一方で、驚きを与えたのは北マケドニア代表がドイツ代表を敗ったことだろう。歴史的な勝利を挙げた北マケドニアは、「ただ泣くしかない」とイゴール・アンジェロフスキ監督が試合後に語った通り、とても大きな勝利となった。 コロナ禍ということもあり、ファン・サポーターとの喜びを共有することができなかったことが悔やまれる勝利だった。 逆に敗れたドイツ代表には批判が殺到。過密日程ということもある中でも、歴史的な敗戦は屈辱的なもの。さらに、戦犯として挙げられているのがチェルシーのFWティモ・ヴェルナーだ。 ヴェルナーは1-1で迎えた80分にビッグチャンスを逸していた。イルカイ・ギュンドアンがボックス左に抜け出すとフリーのヴェルナーへグラウンダーのパス。GKとの一対一で蹴り込むだけだったが、ヴェルナーはまさかの空振りに終わり、得点の可能性をゼロにしてしまったのだ。 2月15日のプレミアリーグ第24節のニューカッスル戦でゴールを決めたヴェルナーだが、それ以降の試合ではゴールを奪えず。完全に自信を失っている状況となっている。 そのヴェルナーに追い打ちをかけたのが北マケドニアの新聞『VecerMK』のジョークだ。 ドイツ『Sport1』によると、『VecerMK』は北マケドニアに勝利をプレゼントしてくれたとしてマケドニアの名誉市民に迎えるというジョークを掲載。それに追随して、マケドニアのメディアがヴェルナーのパスポートのフェイク画像を作成して掲載していた。 RBライプツィヒ時代に見せていたパフォーマンスを見せられず、チェルシーでも適応に苦しんでいる状況だが、マケドニア国民にとっての語り草となる屈辱のエピソードを作ることとなってしまった。 <span class="paragraph-title">【写真】手の込んだヴェルナーのフェイクパスポート</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"><a href="https://t.co/W5JQFcYjwC">https://t.co/W5JQFcYjwC</a></p>&mdash; Вечер (@VecerMk) <a href="https://twitter.com/VecerMk/status/1377700463865442307?ref_src=twsrc%5Etfw">April 1, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.02 19:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ドイツ撃破の北マケドニア代表パンデフが喜び「フットボールでは奇跡が起こる」

ジェノアに所属する北マケドニア代表FWゴラン・パンデフがドイツ代表相手のセットアップを喜んだ。 パンデフは3月31日に行われたカタール・ワールドカップ欧州予選グループJ第3節のドイツ代表戦に先発。前半アディショナルタイムには、強豪ドイツから先制点を奪う活躍を見せた。 チームは後半に入り、相手MFイルカイ・ギュンドアンに同点弾を決められるも、85分にはMFエリフ・エルマスが勝ち越しゴール。試合はそのまま終了し、北マケドニアが2-1で大金星を手にした。 先制点を決め、この試合の勝利に大きく貢献したパンデフは1日、自身のインスタグラム(goranpandev19)に集合写真とともに「フットボールの世界では時々、奇跡が起こるんだ。勇敢な人間は幸せを掴める」と喜びを綴っている。 また、「苦労して、汗をかいて、気持ちを込めて試合に臨んだこのチームは尊敬に値すると思う」ともコメント。歴史的な勝利を挙げた自らとチームメイトを誇った。 現在36歳のパンデフはセリエAを長らく主戦場にする北マケドニアサッカー界のレジェンド。インテル時代の2009-10シーズンにはトレブル(セリエA、コッパ・イタリア、チャンピオンズリーグ)に貢献して、セリエA通算465試合98ゴールを記録している。 2021.04.02 16:43 Fri
twitterfacebook
thumb

アラバ&ライナー弾で逃げ切ったオーストリアが2大会連続の本選出場を決める!《ユーロ2020予選》

ユーロ2020予選グループG第9節のオーストリア代表vs北マケドニア代表が16日に行われ、2-1でオーストリアが勝利した。 ポーランド代表がユーロ本選出場を決めたグループGの残り一枠を懸けた2位オーストリア(勝ち点16)と3位北マケドニア(勝ち点11)の直接対決。 試合は早い時間に動く。7分、中盤右サイドでボールを受けたライナーがゴール前にロングスルーパスを供給すると、これに反応したアラバが飛び出したGKを冷静にかわし、シュートをゴールに流し込んだ。 先制点で試合の主導権を握ったオーストリアは、1点のリード迎えた後半開始早々の48分に追加点を奪う。ラザロの左CKを飛び出したGKがパンチングすると、セカンドボールに反応したザビッツァーがボレーシュート。これは再び相手GKの好守に阻まれたが、こぼれ球をライナーが押し込んだ。 その後、試合終了間際の93分にバルディのFKからヴラトコ・ストヤノフスキがヘディングシュートを叩き込み、1点を返した北マケドニアだったが、反撃及ばず、試合終了。2-1で逃げ切ったオーストリアが、2大会連続3度目のユーロ本選出場を決めた。 ◆グループG順位表 [勝ち点/試合数/得失点] ◎1.ポーランド[22/9/12] ◎2.オーストリア[19/9/11] 3.スロベニア[14/9/6] 4.北マケドニア[11/9/-2] 5.イスラエル[11/9/-1] 6.ラトビア[0/9/-26] ※◎は本選出場決定 2019.11.17 07:03 Sun
twitterfacebook
thumb

エルマスが右足首の負傷で北マケドニア代表を離脱

ナポリに所属する北マケドニア代表MFエリフ・エルマスが、ケガのため北マケドニア代表を離脱したようだ。イタリア『フットボール・イタリア』が伝えている。 『フットボール・イタリア』によると、エルマスはトレーニング中にDFトミスラヴ・イリエフと接触し右足首を負傷。負傷箇所に腫れが見られたため、病院へ直行しレントゲン検査を受けたとのこと。なお、同選手は9日に行われるラトビア代表戦には参加しないようだ。 ナポリは代表ウィーク明け後の14日にセリエA第3節でサンプドリアと、17日にチャンピオンズリーグのグループステージ第1節でリバプールと対戦する。 2019.09.09 00:50 Mon
twitterfacebook
thumb

横浜FMのMFダビド・バブンスキーがマケドニア代表に選出! パンデフらも招集《ロシアW杯欧州予選》

▽マケドニアサッカー連盟(FFM)は21日、ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選に臨むマケドニア代表メンバー23名を発表した。 ▽今回のメンバーには、横浜F・マリノスのMFダビド・バブンスキーやジェノアのFWゴラン・パンデフらが招集されている。 ▽マケドニアはスペイン代表、イタリア代表、イスラエル代表、アルバニア代表、リヒテンシュタイン代表と同じグループGに属し、6試合を終えて1勝5敗の勝ち点3で5位に位置している。9月2日にイスラエル(4位/勝ち点9)、5日にアルバニア(3位/勝ち点9)と対戦する。 <span style="font-weight:700;">◆マケドニア代表メンバー23名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ストール・ディミトリエフスキ</span>(ヒムナスティック・タラゴナ/スペイン) <span style="font-weight:700;">デビッド・ミトフ・ニルソン</span>(ノーショーピング/スウェーデン) <span style="font-weight:700;">デヤン・イリエフ</span>(アーセナル/イングランド) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">ステファン・リストフスキ</span>(スポルティング・リスボン/ポルトガル) <span style="font-weight:700;">キレ・リステフスキ</span>(ヴァシャシュSC/ハンガリー) <span style="font-weight:700;">クリスティアン・トシェフスキ</span>(FKペリステル) <span style="font-weight:700;">ダルコ・ベルコフスキ</span>(FKバルダール) <span style="font-weight:700;">ヴィサル・ムスリウ</span>(FKバルダール) <span style="font-weight:700;">ジョコ・ザジコフ</span>(シャルルロワ/ベルギー) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">ステファン・スピロフスキ</span>(FKバルダール) <span style="font-weight:700;">フェラハン・ハサニ</span>(KFシュケンディヤ) <span style="font-weight:700;">エグゾン・アリオスキ</span>(リーズ/イングランド) <span style="font-weight:700;">エリフ・エルマス</span>(フェネルバフチェ/トルコ) <span style="font-weight:700;">ボバン・ニコロフ</span>(FKバルダール) <span style="font-weight:700;">エニス・バルディ</span>(レバンテ/スペイン) <span style="font-weight:700;">ダビド・バブンスキー</span>(横浜F・マリノス/日本) <span style="font-weight:700;">リュプコ・ドリエフ</span>(アカデミア・パンデフ) <span style="font-weight:700;">ニコラ・グジョルグジェフ</span>(トゥベンテ/オランダ) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">ゴラン・パンデフ</span>(ジェノア/イタリア) <span style="font-weight:700;">イリヤ・ネストロフスキ</span>(パレルモ/イタリア) <span style="font-weight:700;">イバン・トリチェコフスキ</span>(AEKラルナカ/キプロス) <span style="font-weight:700;">アレクサンダル・トライコフスキ</span>(パレルモ/イタリア) <span style="font-weight:700;">マリアン・ラデスキ</span>(KFシュケンディヤ) 2017.08.22 11:57 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly