「対戦しているのはアンチフットボール」7発快勝のオランダ代表、デ・ブール監督は難しい戦いに不満

2021.03.31 10:25 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
オランダ代表のフランク・デ・ブール監督がジブラルタル代表戦を振り返った。オランダサッカー協会が伝えた。

カタール・ワールドカップ欧州予選 グループGに入っているオランダ。しかし、予選初戦のトルコ代表戦では4-2で敗戦スタート。嫌な空気も漂ったが、2戦目のラトビア代表戦は2-0で勝利し、このジブラルタル戦に臨んだ。

格下との対戦は立ち上がりからオランダが押し込む展開に。しかし、なかなかゴールが奪えないと、17分にはメンフィス・デパイがゴール至近距離でシュートを放つが、ここは相手GKデイル・コレイングの顔面セーブに遭う。

なかなかゴールが奪えず嫌な雰囲気になるなか、42分に待望の先制点。ステーフェン・ベルフハイスがゴールを奪うと、後半はゴールラッシュ。55分にルーク・デ・ヨングが追加点を奪うと、その後に5ゴールを重ねて0-7で快勝した。

試合後デ・ブール監督は試合を振り返り「7ゴールを挙げたことには非常に満足している。しかし、対戦しているのはアンチフットボールだ」とコメント。「少し飽きて来ていた。この試合が終わってよかった」と語り、引いて守りサッカーをしてこない相手に嫌気が指していたとコメントした。

それでも前半なかなかゴールが奪えなかったことについては「チャンスを重ねても得点に結びつかなかった。そして、GKがボールを頬でストップするのを見た。それはイライラした」とコメント。決め切れない展開に業を煮やしていたようだ。

オランダはハーフタイムでデンゼル・ダンフリースを下げてライアン・グラフェンベルフを投入。これが奏功していたが「ライアン・グラフェンベルフの交代はうまくいった。我々はフィールドに10番を3人置き、ライン間でより多くのプレーをするようにした」とコメント。より攻撃に比重を置き、ゲームメイクを強めたことで得点を重ねられたと語った。

初戦のトルコ戦で敗れているオランダだが、この第3節ではそのトルコがラトビア相手に3-3のドローとなり、勝ち点を落としていた。

この先のグループの展望については「我々は全てを自分の手の中にある。グループでの戦いに勝たなければならない。それは簡単なことではない。トルコとノルウェーは良い相手だ。そしてモンテネグロも見逃せない」とコメント。まだまだ自力で勝ち抜けると意気込んだ。

関連ニュース
thumb

34歳になった元オランダ代表デ・グズマン、12年ぶりのオランダ復帰! 斉藤光毅所属のスパルタ加入

エールディビジのスパルタ・ロッテルダムは22日、クレタから元オランダ代表MFジョナサン・デ・グズマン(34)を獲得したと発表。契約期間は1年間で、1年の延長オプションも付帯している。 デ・グズマンはオランダ代表の一員として、2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)で3位に輝いたミッドフィールダー。同国代表で通算14試合に出場したほか、2008年には北京オリンピックでU-23日本代表とも対戦経験がある。 クラブレベルではフェイエノールトやマジョルカ、スウォンジー、ビジャレアル、ナポリ、フランクフルトなど、数多のクラブを渡り歩き、2020-21シーズンから2年間はギリシャ1部のクレタに在籍していた。 今回のスパルタ加入がフェイエノールト時代以来、実に12年ぶりのオランダ復帰となるデ・グズマン。テクニカル・ディレクター(TD)を務めるジェラルド・ネイカンプ氏は、経験豊富な34歳の加入に喜びを顕にしている。 「ジョナサンを連れてきたことで、すぐにチームに多くの経験がもたらされることは明らかだよ。 私たちは皆、彼が持つ高いサッカー脳と、中盤でゲームをコントロールする素質を知っている。大きな驚きを提供できることだろう」 スパルタ・ロッテルダムには、今シーズンからU-21日本代表MF斉藤光毅が、ロンメルからレンタル移籍で加入している。 2022.07.22 22:10 Fri
twitterfacebook
thumb

デ・リフトはバイエルン行き熱望? 減俸も受け入れ前向きも、移籍金は30億近くの開き

バイエルンが獲得に動いているとされるユベントスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(22)だが、移籍に向けて減俸を受け入れる気があるようだ。ドイツ『ビルト』が報じた。 アヤックスの下部組織で育ったデ・リフトは、2019年7月にユベントスへと完全移籍。3シーズンで完全にレギュラーとしてのポジションを確立したとは言えない状況で、公式戦117試合で8ゴール3アシストを記録するに留まっている。 そのデ・リフトに対し、バイエルンが獲得に興味を示しており、スポーツ・ディレクター(SD)のハサン・サリハミジッチ氏とテクニカル・ディレクター(TD)のマルコ・ネッペ氏がトリノへと出向き、ユベントスと交渉をしたとされている。 バイエルンのオファーは6000万ユーロ(約83億円)にボーナスを与えるというものだったが、残り2年の契約を残すユベントスは8000万ユーロ(約110億8000万円)を求めていると見られている。ユベントスは、アヤックスに8550万ユーロ(約118億4000万円)を支払っており、回収したい考えがあるようだ。 バイエルンはこの金額を払える状況ではないものの、デ・リフト本人とは合意した様子。ユベントスでは1000万ユーロ(約13億8500万円)の年俸をもらっているデ・リフトだが、税制の違いもありバイエルンは支払えない状況。ただ、本人は減俸を受け入れるという。 あとはクラブ間の合意だけとなっている状況だが、交渉は上手くいくのか注目が集まる。 2022.07.14 13:18 Thu
twitterfacebook
thumb

昨日の敵は今日の友?ファン・ダイクとデ・ブライネがイビサ島のナイトクラブで大はしゃぎ!

マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネとリバプールのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが親交を深めた。 プレミアリーグで優勝争いを繰り広げるシティの司令塔とリバプールのDFリーダー。レギュラーシーズン中はしのぎを削り合う2人だが、休暇で訪れたイビサ島で仲の良い姿を見せた。 クラブで合流した2人は、酒を片手に肩を組み合い大はしゃぎ。DJを務めたカルヴィン・ハリスとの記念撮影までしていた。 実は、2人の子供は同じ学校に通っており、互いの子供の面倒を見合う仲。以前から仲良しだと公言している。 <span class="paragraph-title">【動画】ナイトクラブでノリノリのデ・ブライネとファン・ダイク</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="nl" dir="ltr">Kevin De Bruyne x Virgil van Dijk <a href="https://t.co/Juc19TUjol">pic.twitter.com/Juc19TUjol</a></p>&mdash; Anfield Watch (@AnfieldWatch) <a href="https://twitter.com/AnfieldWatch/status/1543244616564199426?ref_src=twsrc%5Etfw">July 2, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【写真】カルヴィン・ハリスも交えて3ショット!(5枚目)</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CfgkeM5ooVg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CfgkeM5ooVg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CfgkeM5ooVg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Calvin Harris(@calvinharris)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.07.04 21:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ダンフリースは移籍濃厚から一転インテル残留へ? 現在までに正式オファーはなしか

インテル退団が囁かれてきたオランダ代表DFデンゼル・ダンフリース(26)は、徐々に残留の線が濃くなっているようだ。 ダンフリースは昨夏に母国のPSVからインテルへと加入し、公式戦45試合5得点7アシストを記録。序盤戦こそやや苦戦も、チームにフィットし始めた秋以降は右ウィングバックの主力としてプレーし、スーペル・コッパ、コッパ・イタリアの制覇にも大きく貢献した。 しかし、インテルの財政難は依然として深刻であり、何人かの主力選手の売却を検討。ダンフリースもバイエルンやマンチェスター・ユナイテッドなどへの売却を進めていると伝えられてきたが、移籍濃厚とみられてきた風向きは徐々に変化しているようだ。 イタリア『カルチョ・メルカート』によると、ダンフリースに対する複数クラブからの関心は確かに存在するものの、インテルは未だ正式オファーの提示を受けていないとのことだ。 クラブとしては、ダンフリースを売りに出しているものの、選手本人は引き続きインテルでのプレーを希望しており、シモーネ・インザーギ監督も残留させたい意向とのこと。インテル残留の可能性が高まったと考えられている。 インテルはカリアリから右サイドバックを主戦場とするU-21イタリア代表DFラウル・ベッラノーバ(22)の獲得が近づいており、5日にもメディカルチェックを受ける予定。当初、ベッラノーバはダンフリースの後釜として加入するのではないかとみられていたが、ダンフリースの状況が変化していることから、現在では両選手による定位置争いも視野に入れた補強と目されているようだ。 2022.07.04 18:05 Mon
twitterfacebook
thumb

「著名なサッカー関係者によりレイプされた」アイルランド女子代表監督が35年間守った秘密を告白「他の2人の男性にも2度…」

アイルランド女子代表の指揮を執るヴェラ・パウ監督は、過去の性的暴行について語った。イギリス『BBC』が伝えた。 現在59歳のパウ監督は、オランダ人指揮官で、かつては選手だった時期も。ディフェンダーとして活躍し、オランダ女子代表としても1983年から1998年までプレー。89試合に出場し2ゴールを記録していた。 1988年にはイタリアのモデナと契約。国外でプロとしてプレーする最初のオランダ人女子選手となった。 引退後は、スコットランド女子代表の監督や、オランダ女子代表、ロシア女子代表、南アフリカ女子代表の監督を歴任。現在はアイルランド女子代表を指揮している。 そのパウ監督だが、自身のツイッターで過去の出来事について声明を発表。若い頃に性的暴行を受けていたことを告白した。 「35年間、私は世間、家族、チームメイト、選手、同僚、そして今では受け入れているが、自分自身に対して秘密を守ってきた」 「私が若い頃、著名なサッカー関係者によりレイプされたことについて、最も私に近い人でも知らなかった。また、その後に他の2人の男性に2度の性的暴行を受けていた」 「これらの事件が起きた時、3人の男性全員がオランダのサッカー界で働いていた。私が信頼できる人だけが、これまで組織的な性的虐待、権力の乱用、いじめ、脅迫、孤立、フレーミングが選手やオランダの女子代表監督としてさらされてきたことを知っていた」 「この35年間、私はその虐待を秘密にしてきた。その記憶が私の人生を支配し、日々の苦痛と苦悩で私を満たし、私の内なる感情を支配することを許してきた」 これまで自信が被害に遭ったことをひた隠しにしてきた一方で、オランダサッカー協会(KNVB)には何度も報告書を提出したが、回答は芳しくなかったという。 「過去数年間、私は自分の事件をオランダサッカー協会に攻勢な方法で伝えようとしたが、上手くいかなかった。この話を世界に公表することで私が必要するサポートを提供するよりも、レイプや性的暴行をそっとしておきたいと思う人もいる。ただ、私はもはや黙ってはいられない」 「KNVBに5回目の報告を行ったあと、調査の要請に対し満足のいく回答が得られなかった。そのため、私は最近、レイプと性的暴行に関してオランダ警察に報告した」 これに対し、KNVBはパウ監督の協力のもと、過去に独立した調査を行い、誤りを犯していたことを認めた。 「我々は、報告書で指摘された誤りを認め、彼女のみに起こってはらないことだと思っている。ヴェラが当時、安全な労働環境になかったことは容認できない」 「KNVBは、ヴェラ・パウが昨年の話の中で語った、過去の体験に非常にショックを受けている」 なお、現在パウ監督が所属しているアイルランドサッカー協会(FAI)も声明を発表。全面的にサポートするとした。 「FAIは個人的なレベルであっても、プロフェッショナルなレベルであっても、彼女が必要とする全てのサポートを提供する」 「この告白が、ヴェラの幸福に与える影響をFAIは完全に認識しており、FAI理事会と協会の全ての同僚が、継続的に全面的にサポートすることを保証する」 なお、KNVBは今回の告発を受け、対策を講じていくとしている。 2022.07.02 22:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly