オランダでフルタイム出場のDF板倉滉、ワールドクラスのロッベンは「めちゃくちゃ上手い」、練習で体感し成長

2021.03.23 23:25 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
U-24日本代表は23日、国際親善試合のU-24アルゼンチン代表戦に向けた合宿2日目を迎えた。

東京オリンピック世代として、本大会前に集まれる数少ない機会となったが、3月は南米予選で1位通過を果たしたアルゼンチンと対戦する。

合宿2日目、オランダのフローニンヘンでプレーするDF板倉滉がオンライン取材に応対。メディアの質問に応じた。

板倉は2019年1月に川崎フロンターレからマンチェスター・シティへと完全移籍。そのままフローニンヘンへレンタル移籍すると、2シーズンにわたってプレーしている。

2年目の今シーズンはここまでエールディビジで全27試合にフルタイム出場。センターバックとして主力を務め、試合中にはキャプテンマークを巻くこともある。

2シーズンプレーするオランダについては「オランダに行ってから2年ちょっと経っていますが、それこそ色々な相手、フンテラールなど色々な特徴を持った選手と対峙してきているので、その経験を積めているのはすごくポジティブなことです」とコメント。「海外に行ったのもそういった選手とやりあって勝ちたいと思って行ったので、アルゼンチンもイタリアでやっているFWもいるので楽しみですし、個人としてはそういった相手を抑えないといけないですし、オランダでやっている成果を見せたいと思います」と語り、ヨーロッパの1部リーグでレギュラーとしてプレーしている経験をぶつけたいとした。

その板倉が所属するフローニンヘンには、1年間のブランクがありながらも元オランダ代表FWアリエン・ロッベンが今シーズンから復帰した。

チームメイトとして世界でもトップクラスの選手と過ごす板倉だが「学んだことというよりもめちゃくちゃ上手いです」とコメント。「世界のトップの選手とトレーニングできていることは自分にとってプラスですし、間近でトップの選手を見れる事は大事です」とコメントした。

そのロッベンの凄いところについては「ボールを持ったときに何をしてくるかが予測つかないとか、取られないです。そこは凄いと思いました」と語り、ワールドクラスの選手と対峙することでも成長を実感できるという。

また、海外に行ったことで身体にも変化が。「行った時より体重で見ても増えていますし、意識したというよりは、行って自分に足りないと気付いたところです」と語り、体づくりにも力を入れているとのこと。「もっともっと伸ばせるところなので、成長できるところかなと思います」とまだまだ成長させるつもりがあるようだ。

さらに、レギュラーとしてプレーすることで自信もついていると言い、「もう一対一では戦えると自分では思っています」とコメント。しかし「ディフェンスの選手なので、9回守れていても1回の失敗でやられてしまってはそれで終わりなので、そこのできるところの基礎づくりはやっていますし、次のアルゼンチン戦、フローニンヘンでもどんな相手でも負けないつもりでやっています」と語り、どんな相手でも負けるつもりはないと意気込んだ。

今回のU-24日本代表では、MF三好康児(アントワープ)やMF三笘薫、MF田中碧(ともに川崎フロンターレ)と、川崎フロンターレの下部組織時代のチームメイトが揃うこととなった。

この点については「碧も薫も三好もそうですけど、小学校から一緒にやっています。久々に会って嬉しかったです」と再会を喜んだ。

また「Jリーグで活躍しているのを海外から見ていたので、負けられないという気持ちにさせられました」と刺激を受けていると言い、「今回は同じチームなので、薫の良さも碧の良さも全部知っているので、コミュニケーション含めてやりやすいかなと思います」と、ピッチ内でも問題ないことを強調した。

東京オリンピック世代としては、2019年11月に対戦したコロンビア代表戦で屈辱の敗戦を喫している。

板倉は当時の試合を振り返り「コロンビア戦であそこにいたみんなが、(東京オリンピック)優勝という目標を掲げている中での敗戦だったので、あそこで自分たちはまだまだだと気づけました」とコメント。「あれから1年ぐらい経っていますが、色々な選手が試合に出て活躍して、個人の力を伸ばしていると思うので、短い期間ですがコミュニケーションをとって、アルゼンチン戦で濃いものにして、前のコロンビア戦とは違うものが見せられると思います」と語り、しっかりと成長しているところを結果で見せたいと意気込んだ。

また、当時の反省点については「あの試合は試合の中で修正がきかなかったですし、試合がうまく進んでいない中で、各々こうした方が良い、ああした方が良いということが擦り合わせられていなかったかなと思います」とコミュニケーションがピッチ上で足りなかったとコメント。「あれを経験できたことはこのチームではポジティブだと思いますし、あの敗戦を踏まえてコミュニケーションをとってアルゼンチン戦に迎えればと思います」と、しっかりと反省を出したいとした。

今回はU-24日本代表の活動に参加している板倉。しかし、本人の目はその先のA代表に向いている。

「個人としてはA代表でスタメンを取ることを目標にしています」

「自分も24歳で若くないので、日本代表でもスタメンに割って入る存在になる必要があるという気持ちです」

それでも、「今回はオリンピックの方に来ているので、そっちにフォーカスしていますし、時間も少ない中で集まれているので、集中して良いチームを作れるように意識しています」と語った。

最後に、今回対戦するアルゼンチン代表は東京オリンピックで金メダルを獲る上では対戦する可能性がある相手だ。

板倉は「僕たちが目指しているのは金メダルです」と改めて語り、「アルゼンチンは良いチームで強いと思いますが、倒さなくてはいけないです」とコメント。「オリンピックで金メダルを取るためには、良い機会だと思っているので、この短い期間でチームメイトとコミュニケーションをとってアルゼンチンを倒せるようにしたいと思います」と試合への意気込みを語った。

関連ニュース
thumb

「五輪だろうが、選考がかかっていようが…」仕事を全うしたい上田綺世「1点取れたから良かったわけでは」と課題を口に

U-24日本代表のFW上田綺世(鹿島アントラーズ)が、ジャマイカ代表戦を振り返った。 U-24日本代表は12日、国際親善試合でジャマイカ代表と対戦。試合は4-0で日本が勝利した。 東京五輪のメンバー選考に向けた最後の試合となったこのゲーム。立ち上がりから積極的に攻め込む日本は、32分に酒井宏樹の素早いスローインのリスタートから久保建英が4人の股を抜くシュートを見せて先制する。 さらに42分には遠藤航がボックス付近からコースを狙ったミドルシュートを決めて追加点。前半を2-0で終える。 ハーフタイムで3名を交代させると、57分には三笘薫のスルーパスに反応した上田綺世がGKの位置をよく見たループシュートを決めて追加点。64分には久保のスルーパスに反応した相馬勇紀がボックス左から折り返し、最後は堂安律が蹴り込んで4-0。快勝を収めた。 この試合は後半から出場となった上田。試合に臨むにあたっては「相手がA代表ということもあり、フィジカル的にも強度が高いということで、前半からアグレッシブに行こうと前向きな姿勢で試合に入りました」と、立ち上がりからしっかりしようとチームとして入ったと語った。 ベンチで見ていた上田だが、自分として試合に入るイメージはしないとコメント。「サブで試合に出ることもそれなりにあるので、そういう質問をよくされるんですが、あまり自分が入ったらこうしようという考え方よりは、味方のコンディションだったり、相手のスタイルを見ているだけです」とし、「自分がこうしようと考えて入ってもできるものではないので、相手の特徴を理解したり、上手くいってない、引っかかっているなとかは試合ごとに違うので、その違う部分を見て、それを自分なりに感じて、動き出しとか変えたりしています」と、味方のプレーでいつもと違うところを確認して、ピッチに入るとした。 この試合では三笘の絶妙なスルーパスをループシュートで決めた上田。ゴールシーンについては「(三笘)薫くんとはある程度理解していて、ドリブルは理解できないことの方が多いんですけど、最後もう1枚剥がしてくることも分かっていたので、動き出しは独特というか、僕の中ではあまりしないんですが、薫くんだから出せたのかなと」と語り、三笘からのパスが良かったとコメント。「薫くんと縦に並んだ時に、縦にまっすぐ走って足元に出してもらう。パスの難易度も相当高いんですが、薫くんだからできる動き出しの1つかなと思います」と、三笘を信頼してのランニングだったと語った。 法政大学と筑波大学でプレーしていた両者。世代別代表やユニバーシアードなどでも一緒にプレーしていたが「大学の頃からやっていますし、薫くんがどういうパスを出してくれるか。基本的にあのシーンでゴールに直結する走り方をしたらそこに出してくると思っていました」と、昔からの信頼関係があるとし、「自分が繋がりやすくて点を取りやすい形を選べる選手だなと僕は思っています」と、コンビネーションも確立されていると語った。 シュートをループにした理由については「顔を上げた時にGKが出てきているのは分かっていたので、そこまで来ないと分かっていて逆を取ることができました」とGKを見たといい「逆に突っ込んできたら抜くか、ワンタッチ外にして打つイメージでしたが、中途半端なところで止まってくれたので、ループを選びました」と、しっかりと見えていたことを語った。 シュートのバリエーションが増えている上田だが「練習をしてきたというか、シュートの幅。ループがなければ、あのシーンはゴロで打つか、GKをかわすの2つに選択肢が絞られますが、ループがあるだけで守備も簡単にかいくぐれますし、川崎フロンターレ戦のゴールもそうですが、1つ違うシュートの形を作るだけでFWとしての余裕が全く違います」とし、色々な形でゴールを狙えるようになることを目指していると語った。 また「簡単なシュートは思った以上に少なくて、どのゴールも簡単に見えて難易度が高いので、だから1つの1つのゴールが重いと言っていますが、1つを取るためにより多くの選択肢があった方が良くて、それこそ伊藤翔くんとかエヴェラウドとか、同じチームでやった選手から色々なことを盗んでいますし、自分の中ではループという選択肢は今までなかったですが、選択肢をちょっとずつ増やせているのかなと思います」と周りにいるFWが持っているものを盗んで、自分が吸収していっていると語った。 オリンピック代表のメンバー選考前のラストゲームとなったが、上田はその考えはあまり持っていないという。 「僕らは選手なので、1つのチームに属して、そのチームの1ポジションを担って試合に出ていて、そのポジションを争うことはありますけど、試合に対する形は代表だろうが五輪だろうが、選考がかかっていようが、クラブだろうが、そこは変わらないです」 「そのためのプレーを僕は選んでいますし、今日であれば、あのタイミングで点を取れたのは良かったと思いますけど、もっともっとチャンスを作らないといけないですし、クロスからのシーンも決められたと思うし、当たり前の課題で、FWがゴールを目指し続けるのは当たり前なので、それができなかった」 「1点で止まったなら2点目が取れなかった。2点目を取ることが課題になるのは定石なので、そこは個人的な課題がありつつも、今日1点取れたから良かったわけでもないです」 どんな状況でも、ストライカーとしてやる仕事は1つであり、試合に出れば貪欲に得点を目指すと語った上田。五輪出場なるのか注目だ。 2021.06.12 21:45 Sat
twitterfacebook
thumb

「後悔してもしょうがない」SBで躍動の旗手怜央、フリーランの重要性は登里享平を手本に「意識してやっている」

U-24日本代表のDF旗手怜央(川崎フロンターレ)が、ジャマイカ代表戦を振り返った。 U-24日本代表は12日、国際親善試合でジャマイカ代表と対戦。試合は4-0で日本が勝利した。 東京五輪のメンバー選考に向けた最後の試合となったこのゲーム。立ち上がりから積極的に攻め込む日本は、32分に酒井宏樹の素早いスローインのリスタートから久保建英が4人の股を抜くシュートを見せて先制する。 さらに42分には遠藤航がボックス付近からコースを狙ったミドルシュートを決めて追加点。前半を2-0で終える。 ハーフタイムで3名を交代させると、57分には三笘薫のスルーパスに反応した上田綺世がGKの位置をよく見たループシュートを決めて追加点。64分には久保のスルーパスに反応した相馬勇紀がボックス左から折り返し、最後は堂安律が蹴り込んで4-0。快勝を収めた。 この試合への思いについては「まず自分のやるべきことをしっかりやるということと、ポジションもサイドバックだったので失点を絶対しないという意識を持っていました」とコメント。守備の意識を高く持ったとした。 自身のプレーについては「どのポジションでも僕は結果を求めていたので、ゴールやアシストができなかったので、そこに関してはすごく悔しい思いはあります」と語り、目に見える数字を残せなかったことを悔やんでいるとのこと。それでも「ただ試合を重ねていくにつれて、自分のやりたい攻撃に行きたい場所は、チームメイトにわかってもらえていたので、そこは凄く良くなった部分かなと思います」と、チームメイトとの連係を含めて、良くなっていっている手応えがあると語った。 この試合では久保に入れるパスから決定を迎えるなど、攻撃面でも貢献していたが「僕自身、ボールを持っている時は前の選手を生かさないといけないですし、CBやボランチの選手に僕を生かしてもらう動きをしないといけないので、そういったところでは、A代表と試合した時と比べると凄く良くなっていると思います」と、この合宿で、攻撃面も改善されているとのことだ。 オーバーエイジの3人とも一緒に試合をしたが「凄く楽しく今日の試合はできましたし、多少緊張はありましたけど、OAの選手やA代表に関わっている選手と一緒のピッチに立ってプレーできたのは、僕自身楽しくプレーできました。よかったなと思います」と語り、ピッチ上でもその違いを感じた様子だ。 ここから東京オリンピックの最終選考がスタートする。「この間の試合は中山選手がサイドバックをやっていて、どちらかというと守備が強いタイプだと思いますが、僕は攻撃で違いを見せないといけなかったので、攻撃参加や自分が持った時のパスをすごく意識していました」とコメント。「今日は最後の試合だったので、公式戦の中で自分の表現したいことができたのはよかったです」と語り、自分がやりたいことを示せたと語り「後悔してもしょうがないことなので、僕が今持っている力は出し切ったと思います」と、あとは待つのみだと語った。 攻撃面といえば、フリーランニングでのチャンスメイクを何度もしていた旗手。「サイドバックをやっていて、ボールを持っていない時の動きというのは、凄く重要になりますし、自チームだと登里選手がそういったプレーをしていて、僕はそれを見て自分の持ち味にしていくということを意識してやっている」とコメント。「今日は人に食いつくチームだったので、サイドハーフの選手が中に入った時に自分がオーバーラップするとか、そういったことを意識したのがよかったと思います」と、チームでサイドバックを務める登里享平から学んでいるところだと語った。 また食いつく相手に対しては「フリーランで自分がボールもらえればいいですし、味方の選手をフリーにさせる動きもできていたので、そういった部分はJリーグとは違って世界は個が強いと思うので、そういったときに自分のフリーラン一本でもらった選手がフリーでもらえたり前を向けるプレーができるのであれば、そういったプレーをどんどん出していかないといけないと思います」とコメント。チーム2点目の遠藤のゴールも旗手のフリーランによってコースが空いたが「その前に1つ久保選手が同じような位置でボールを持ったときにオーバーラップして、僕がボールをもらってシュートを打ったシーンもありましたが、大外で自分が走れば、ボールを持っている選手が選択肢が2つ、3つと1つ多く選択肢を持てるので、そういったところで僕自身がもらえればラッキーですし、遠藤選手がゴールを決めてくれたので、あれはあれで僕的には考え通りのプレーだったので、あのフリーラン1本でゴールが生まれたのはよかったと思います」と語り、自身のフリーランが生きたいシーンを喜んだ。 2021.06.12 21:25 Sat
twitterfacebook
thumb

「ループシュートしようかドリブルで行こうか…」途中出場で1アシストの相馬勇紀「チームが点を取ることが一番」

U-24日本代表のMF相馬勇紀(名古屋グランパス)が、ジャマイカ代表戦を振り返った。 U-24日本代表は12日、国際親善試合でジャマイカ代表と対戦。試合は4-0で日本が勝利した。 東京五輪のメンバー選考に向けた最後の試合となったこのゲーム。立ち上がりから積極的に攻め込む日本は、32分に酒井宏樹の素早いスローインのリスタートから久保建英が4人の股を抜くシュートを見せて先制する。 さらに42分には遠藤航がボックス付近からコースを狙ったミドルシュートを決めて追加点。前半を2-0で終える。 ハーフタイムで3名を交代させると、57分には三笘薫のスルーパスに反応した上田綺世がGKの位置をよく見たループシュートを決めて追加点。64分には久保のスルーパスに反応した相馬勇紀がボックス左から折り返し、最後は堂安律が蹴り込んで4-0。快勝を収めた。 この試合では3-0で日本がリードした60分からピッチに立った相馬。「気持ちというのは僕は常に持ちながら戦うタイプなので、気持ちは入っていましたが、3-0でリードした状況で試合に入ったので、追加点を狙いながらもしっかりゼロで終えるということを意識しました」と語り、ウイングバックの位置に入った。 ベンチから見ていた前半のイメージは「まずは相手がギリギリまで蹴らないで繋いでくる印象があったので、プレスをかけて取った時は結構カウンターのチャンスなのかなと思っていました」とコメント。「自分が入るタイミングからフォーメーションを変えて3バックにしたので、そこはそのままマッチングした感じではなかったですが、ボールを奪い切った所のカウンターというのはチャンスだったと思います」と語り、前からのプレスでチャンスを生み出せると考えていたようだ。 この日は[3-4-2-1]の左ウイングバックに入ったが「コミュニケーションだと思いますが、瀬古(歩夢)選手から首振ることもそうですが、行って良いという声掛かった時は、取りに行った時に取りきる自信はあるので、行こうと思っていました」と語り、後ろとの連係で強めに前からプレスに行くことができたと振り返った。 守備でも良いところを見せた相馬は64分に堂安のダメ押しゴールをアシスト。あのシーンについては「最初ループシュートしようかドリブルで行こうか迷って、ドリブルを選んだんですが、相手のGKまでギリギリまで来たので、一番の理想的には抜いてそのまま決めてという感じでした」と最初はゴールを狙ったと明かした。それでも「それができないとなって、そこで律がしっかり良いポジションを取って、なるべく早くパスをつけようとしました」と語り、しっかりと切り替えてアシストできたと語った。 強引にシュートに行きたくなるような場面だが「チームが点を取ることが一番なので、あそこで自分が打つ確率よりも、律に出してシュートを打ってもらう確率が高いと思ったので、出しました」と語り、チームプレーに徹したと明かした。 2021.06.12 21:05 Sat
twitterfacebook
thumb

「ごっつぁん」とゴールを振り返る堂安律、国内組との連係面は「少しずつ理解しながら」と課題を口に

U-24日本代表のMF堂安律(アルミニア・ビーレフェルト)が、ジャマイカ代表戦を振り返った。 U-24日本代表は12日、国際親善試合でジャマイカ代表と対戦。試合は4-0で日本が勝利した。 東京五輪のメンバー選考に向けた最後の試合となったこのゲーム。立ち上がりから積極的に攻め込む日本は、32分に酒井宏樹の素早いスローインのリスタートから久保建英が4人の股を抜くシュートを見せて先制する。 さらに42分には遠藤航がボックス付近からコースを狙ったミドルシュートを決めて追加点。前半を2-0で終える。 ハーフタイムで3名を交代させると、57分には三笘薫のスルーパスに反応した上田綺世がGKの位置をよく見たループシュートを決めて追加点。64分には久保のスルーパスに反応した相馬勇紀がボックス左から折り返し、最後は堂安律が蹴り込んで4-0。快勝を収めた。 堂安は2列目の右で先発出場を果たしたが、試合を振り返り「ガーナよりも強度が高かったですしA代表だったので強かったですけど、ちょっとキツかった時間帯に点が取れたのはよかったですし、後半は相手もバテて3点取れました」と効果的に得点を取れたことを評価。一方で、「ラスト20分、15分で少しプレスが弱くなりましたけど、それは仕方ないし、4-0で勝っている状況もあったので、もし自分がピッチが立っていればという目線でベンチから見ていて、もう1つ前線の選手を含めてギアを上げられたらなと思っていました」と、終盤にもギアを上げられたら良かったと振り返った。 その堂安はチームの4点目を記録。ゴールシーンについては「相馬くんから良いボールが来て、ごっつぁんと言えばごっつぁんです」と振り返り「選手にとってゴールは一番自信になるので、どういう形であれ、シーズン最後の試合なので少し休む前に点取れて終われたこと、ブンデスリーガから3試合連続でゴールを取れたのはフィーリング的には良い形でオフに入れると思います」とし、クラブでの試合から連続でゴールを奪えていることを喜んだ。 ごっつぁんゴールでもそのポジション取りが良くなっている点については「中に入ろうが右に入ろうがゴール前に入るのは変わらないので、ごっつぁんゴールがもう少し増えれば良いと思います」とコメント。良い位置に入り、ゴールを狙いたいと語った。 U-24ガーナ代表戦、ジャマイカ戦と攻撃陣は良さを見せたが「自分たちが上手く縦パスを入れられない時間帯が今日ももちろんありましたし、初心に戻りますけど、個で打開することは大事だと思っています」とコメント。「最後一対一になったシーンで抜き切るシーンだったり、受け手が剥がして味方の選手がいるというのは大きいので、そういったシーンは個々の能力でお互いできればと思います」と語り、本大会に向けては局面でのプレーが大事になると語った。 この試合でも縦パスを積極的に要求していたが「航くんとはA代表を含めて長い時間やってきていて、どうして欲しいということは多く喋らなくても理解し合っています」と遠藤航からは良いパスが出てくるとコメント。一方で田中碧に関しては「碧とは今回初めてだったので、特徴も少しずつ理解しながらです」と連係面を高めたいと語りながらも、「彼は足元に少し詰まっていても縦パスを入れられるので、相手が分かりづらくチームメイトが分からないといけないというシーンもあるので、そこはコミュニケーションを取らないといけないと思います」と、高く能力を評価し、もっとタイミングを理解したいと語った。 全体的な連係面では「正直なところ、オーバーエイジを含めてA代表でやってきている選手が多いので、そこまで大きな差があるということはないです」とコメントする一方で、「前半だと(前田)大然くんだったり、後半だと(上田)綺世が入った時というのは、まだまだ合っていないシーンが自分的にも、相手もあると思いますし、そこは合わせないといけないと思います」とトップに入る選手とのプレー機会が少ないことはまだ不安材料としてあるようだ。 2021.06.12 20:15 Sat
twitterfacebook
thumb

「助っ人外国人みたい」とOAの3人を語った久保建英、東京五輪へは「できることをやった」

U-24日本代表のMF久保建英(ヘタフェ)が、ジャマイカ代表戦を振り返った。 U-24日本代表は12日、国際親善試合でジャマイカ代表と対戦。試合は4-0で日本が勝利した。 東京五輪のメンバー選考に向けた最後の試合となったこのゲーム。立ち上がりから積極的に攻め込む日本は、32分に酒井宏樹の素早いスローインのリスタートから久保建英が4人の股を抜くシュートを見せて先制する。 さらに42分には遠藤航がボックス付近からコースを狙ったミドルシュートを決めて追加点。前半を2-0で終える。 ハーフタイムで3名を交代させると、57分には三笘薫のスルーパスに反応した上田綺世がGKの位置をよく見たループシュートを決めて追加点。64分には久保のスルーパスに反応した相馬勇紀がボックス左から折り返し、最後は堂安律が蹴り込んで4-0。快勝を収めた。 この試合2列目で先発出場した久保は先制ゴールを記録。「中に切れ込んだときに、前回はニアに打ってGKに当たったので、ちょっとファーめに打とうかなと思いました。(DFの)1枚目は狙いましたが、その後は単なる偶然です」とコメント。4人の股を抜いたのは偶然だったとしながらも、U-24ガーナ代表戦ではGKにセーブされていたことを修正したと語った。 飲水タイム直後のスローインからの流れだったが「ああいったところは狙っていければ楽だと思いますし、切り替えの部分はサッカーで当たり前で、自分たちが相手を上回ったのかなと思います」とコメント。酒井宏樹(浦和レッズ)からも狙うように言われていたと語り、見事にハマったシーンとなった。 ゴールパフォーマンスでは両手で「K」を表していたが「前の試合の時に友達にやると言っていて忘れていて、今回決めたらやろうと思っていて、しっかりやれて良かったです」とコメント。「K」については「友達のイニシャルです」と「KUBO」の「K」ではなかったようだ・ この試合では1トップにFW前田大然(横浜F・マリノス)が入ったが「前田選手が前線にいるということはプレスの面でも強気に、自分たちの意図もあって、センターバックに持たせてということもありましたが、自分的にはもうちょっと前田選手は前で1人で追えちゃう選手なので、圧力をかけれればよかったかなと思います」と守備面についてもう少しやれたとコメント。「ハーフタイムで前田選手が代わってしまったので実現しなかったですが、ハーフタイムには奪った時にあまり見ずに感覚で出してもチャンスを作れる選手だと思うので、そういったことをしようと話してはいました」と、生かすプランを考えていたと明かした。 右サイドの堂安と酒井との良い連携を見せた久保。「トップ下からスタートしているということは、右サイドは分かり合えて良い連係がありますけど、自分は左サイドとの連係も気をつけていました」と語り、三笘や旗手怜央との関係も考えていたとコメント。「左サイドにもトップ下が顔を出す時間が均等までとはいかなくとも、どっちにも顔を出さないと数的優位を作れないので、自分のところでいかに数的優位を作れるかをトップ下の時は意識しました」と語り、左右どちらでも仕掛けようと考えていたようだ。 前半には惜しくもシュートはポストに嫌われたが、旗手からパスを受けて決定機を迎えたシーンもあった。「試合前に旗手選手と話をして、三笘選手がが外に張りたいタイプなので、その時に相手のスペースが空くので、そこに入ってきてくれれば、フリーだったら出すし、無理そうだったら戻してくれたら展開するという話をしていました、そこは今日も狙えたと思います」と語り、試合前から狙っていた形の1つだったようだ。 これで全ての試合が終了。残すは東京オリンピックのメンバー選考を待つのみとなる。五輪への思いについては「一旦ここで解散して、後はメンバー発表を待つのみだと思いますけど、自分もできることをやったつもりですし、それはみんなも同じだと思います」とコメント。「あとはメンバー発表まで休むことも大事だと思うので、今年は長かったですし、しっかり休んでメンバー発表の後に、選ばれた選手は戦うわけですし、選ばれなかった選手もここがゴールではないと、さっき横内監督とキャプテンの吉田選手が言っていたので、僕もその通りだと思います」と、まずは体を休めて次に備えたいとコメント。「選ばれる選ばれない関係なく、前を向いていければと思います」と決定を待ち、その先を考えたいとした。 改めて、オーバーエイジ3人が入ったチームについては「大会の構造として3人までオーバーエイジが入れるという理由を自分なりに考えた時に、やっぱり経験だなと思いますし、オーバーエイジ3人が入ることで試合も面白くなるし、大人のサッカーにもなるし、余裕が生まれるということもあります」とコメント。「今回の3人のようにすごくレベルの高い3人が入ってくれたことで、自分たちの底上げにもなります。融合というよりは、助っ人外国人みたいな感覚です。そこは3人の選手もプレッシャーもあると思いますが、そのプレッシャーも気にならないぐらいの試合を普段からされていると思うので、心配もしていないですし、自分たちは力を借りて選ばれた選手が戦えればと思います」と、大きな力になっていると語り、しっかりとその上で東京オリンピックを戦いたいと語った。 2021.06.12 18:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly