セインツ10戦ぶり白星も…主砲イングスが最低4週間アウトか

2021.03.07 08:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
長きにわたる白星なしのトンネルから抜け出したサウサンプトンだが、イングランド代表FWダニー・イングスが負傷してしまった。サウサンプトンは6日に敵地で行われたプレミアリーグ第27節でシェフィールド・ユナイテッドと対戦。ケガから復帰した日本代表MF南野拓実も先発した一戦を2-0の勝利で飾り、10試合ぶりの3ポイントを掴み取った。


しかし、昨年11月上旬の左足負傷や今年1月中旬の新型コロナウイルス感染で離脱したイングスが13分にピッチを後に。今季もここまでリーグ戦でチーム最多の8得点を挙げる主砲に再離脱の可能性が浮上している。

クラブ公式サイトによると、直近8敗1分けの9戦未勝利という泥沼から抜け出したラルフ・ハッセンヒュッテル監督は試合後、負傷交代のエースについて、離脱を示唆したという。

「筋肉系のトラブルだと思うが、正直に言って、良くない感じだ。いつ戻ってこられるのかわからない。筋肉系のケガになると、通常なら最低でも4週間ほどかかってくる。様子を見ることになるだろう」

「今季は非常に多くの問題を抱えており、ある選手が戻ってくると、すぐに他の選手がまたケガをしてしまう。オリ(オリオルロメウ)を失って、今度はイングスまでも離脱してしまった。ひどいことだ」

「我々にとって、彼らは非常に大事な選手だ。しかし、それ以上に大事なのはネイサン・テラのような選手が今日、素晴らしい仕事をしてくれたということ。彼は非常に強く、将来に希望を与えてくれる」
関連ニュース
thumb

覚醒イヘアナチョ、FA杯決勝進出に喜び露わ 「夢のよう」

レスター・シティのナイジェリア代表FWケレチ・イヘアナチョがFAカップ決勝進出に喜びを露わにした。 レスターは18日に行われた準決勝のサウサンプトン戦を1-0で勝利。チェルシーが待つファイナルの舞台にチームとして52年ぶりに駒を進めた。そんなレスターをタイトルマッチに導いたのが今季を通じて急激な成長が遂げ、55分に決勝弾をマークしたイヘアナチョだ。 今月初旬に2024年までの新契約にサインしたイヘアナチョは試合後、イギリス『BT Sport』で「夢のようだ」と感無量の思いとともに、決勝での活躍を誓った。 「最高だね。幸せだ。決勝まで辿り着いたのだから。FAカップは小さい頃から観てきたが、今やその決勝でプレーするチャンスがある。僕からしたら、大きな夢だ」 「チームとしてやり遂げたことを誇りに思う。本当に嬉しいね。少しだったが、ファンが来てくれたのも嬉しかった。色々な事情があって、簡単じゃないが、決勝はもっと多くのファンに来てほしい」 「僕は集中して、一生懸命にプレーするだけ。もちろん、ゴールを決められると素晴らしいが、一生懸命に頑張るだけしか考えていない」 2021.04.19 13:45 Mon
twitterfacebook
thumb

イヘアナチョ弾でセインツを下したレスターが52年ぶりの決勝進出!《FAカップ》

FAカップ準決勝のレスター・シティvsサウサンプトンが18日にウェンブリー・スタジアムで行われ、レスターが1-0で勝利した。サウサンプトンのMF南野拓実は、リバプール時代に同大会に出場しているため大会規定により起用できず、招集外となっている。 準々決勝でマンチェスター・ユナイテッドを下したレスターだが、その後のリーグ戦ではマンチェスター・シティ、ウェストハムとの上位対決で連敗。連敗からのバウンスバックを図る今回の一戦では、直近のウェストハム戦から先発を2人変更。プラートとアマルテイに代えてアジョセ・ペレスとソユンクを先発で起用した。 一方、準々決勝でチャンピオンシップ(イングランド2部)のボーンマスに完勝したセインツは、完敗を喫した直近のWBA戦の先発からウォルコットをジェネポに変更した以外は、同じ先発メンバーで試合に臨んだ。 中盤での激しいボールの奪い合いが繰り返された試合は、チャンスの生まれ辛い展開が続く。セインツにポゼッションを譲りつつカウンターを狙うと、レスターは33分にティーレマンスのロングスルーパスに反応したヴァーディがボックス左からシュートを放ったが、これはわずかに枠の上に外れた。 対するセインツは、36分にロングスローをボックス右のレドモンドが繋いだボールをイングスが頭でゴール前に折り返したが、これは飛び込んだジェネポの前でクリアされた。 ハーフタイムにかけてはレスターがやや攻勢を強めたが、ゴールネットを揺らすには至らず。前半はゴールレスで終了した。 互いに選手交代なしで迎えた後半は、早い時間にスコアが動く。レスターは55分、リカルド・ペレイラのスルーパスで左サイドを抜け出したヴァーディがボックス左深くまで切り込みクロスを供給。イヘアナチョのボレーシュートは相手DFに当たったが、こぼれ球を再び拾ったイヘアナチョがゴール右隅へシュートを流し込んだ。 先制を許したセインツは64分、ウォーカー=ピータースのロングシュートのこぼれ球をボックス右で拾ったアームストロングが中央に折り返すと、相手DFのクリアをペナルティアーク左のディアロがボレーシュート。しかし、これはゴール左に外れた。 その後は互いに選手交代を行っていく中で拮抗した展開が続いたが、レスターは77分にドリブルで仕掛けたイヘアナチョのラストパスからボックス左のマディソンがダイレクトシュート。さらにマディソンは79分にもボックス右手前からミドルシュートを放ったが、共にシュートは枠を外した。 結局、試合はそのまま1-0でタイムアップ。イヘアナチョの決勝点でセインツを下したレスターが、チェルシーの待つ決勝へ駒を進めた。 2021.04.19 04:42 Mon
twitterfacebook
thumb

FAカップ18年ぶり決勝を目指すサウサンプトン、指揮官はレスター戦に自信「ここに力を注いできた」

サウサンプトンのラルフ・ハッセンヒュッテル監督が、FAカップ準決勝のレスター・シティ戦への意欲を示している。クラブ公式サイトが伝えた。 18日にFAカップ準決勝でレスター・シティと対戦するサウサンプトン。18年ぶりの決勝進出、ひいては45年ぶり2度目の優勝に向けて大一番を迎える。 2018-19シーズン途中の就任も、公式戦105試合で40勝となかなか成果が出せず、今季もプレミアリーグでは現状14位に低迷しているハッセンヒュッテル監督だが、FAカップではアーセナルやウォルバーハンプトンを破り、3シーズンぶりに準決勝まで勝ち進んだ。 オーストリア人指揮官は、クラブがすでに大きな成果を挙げたと誇りつつ、クラブの歴史を塗り替えることは可能であると、自信を示した。 「チェルシーやマンチェスター・シティ、レスターといったクラブと共にこの大会でベスト4まで残っていられるなんて、我々にとっては大きなチャンスだ」 「この舞台を戦うことは、選手や我々コーチ陣、そしてクラブに携わるすべての人にとって大きなチャンスであり、大きな成果なのだ」 「個人としてももちろんそうだ。監督として私はこれまで準決勝を戦ったことがあまりないからね。重要な瞬間だ」 「我々はこのクラブ歴史を書き換えることが可能だ。何をすべきかわかっていて、そのために努力している。ここに来るまでにカップホルダーを打ち負かし、4つのラウンドを勝ち進んできた」 「あと2つ勝てばビッグトロフィーに辿り着く。間違いなくこれはシーズン後半で力を注いできたものだ。だからこそ、我々は自信を持って試合に臨むことができるのだ」 2021.04.18 22:15 Sun
twitterfacebook
thumb

カメラの位置でVARが機能せず…プレミアリーグでの判定に再び指摘「システムの問題を浮き彫りに」

プレミアリーグでVARによる判定が再び物議を醸している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 問題のシーンは12日に行われたプレミアリーグ第31節、サウサンプトンvs WBAの4分の場面だ。 試合開始早々にチャンスを作ったWBAは、ボックス左でパスを受けたMFマット・フィリップスがシュートを放つも、これはサウサンプトンのGKフレイザー・フォースターに弾かれる。 それでも、セカンドボールをMFマテウス・ペレイラがボレーシュート。これをゴール前のFWムバイエ・ディアニェが頭でコースを変えてゴールネットを揺らしたが、VARが入った末にオフサイドの判定となった。 だが、リプレイをみると、オフサイドポジションにいるのはディアニェではなく、DFカイル・バートリーであり、バートリーはプレーに関与していなかった。 『スカイ・スポーツ』によると、VARのマッチセンターからは、VAR後も判定が変わらなかったことについて、次の説明があったという。 「彼らは、(カメラアングルの問題で、手前の)バートリーが視界を遮り、ディアニェの体を隠していたと言っていた。そのため、明確なラインを引くことができず、OFR(オン・フィールド・レビュー)での決定に委ねる必要があった」 これには、『スカイ・スポーツ』の解説者を務める元イングランド代表DFのジェイミー・キャラガー氏もVARシステムの問題だと指摘している。 「これはVARによって作られている状況だ。ディアニェはオンサイドだ。間違いない。難しい判定だと思うが、彼の足元を見ればそうだ」 「VARはディアニェの肩の位置を見ることができないが、彼がオフサイドであるという証拠よりも彼がオンサイドであるという証拠が多い。与えられるはずのゴールが観たかった。これは審判のアシスタントではなく、システムの問題を浮き彫りにしている」 また、不利な判定がありながらも、その後3ゴールを奪い3-0の快勝を収めたWBAのサム・アラダイス監督は試合後、VARは失敗かという問いに答えている。 「間違いなく大きな失敗だ。問題は、ディアニェが失望したことで、別のゴールも奪えないことだ。彼はストライカーであり、得点することで満たされ、自信が高まる。だが、彼らはそうならない。VARは彼らに影響を与える可能性がある」 <span class="paragraph-title">【画像】オンサイドに見えるが、2人の位置が被ったことでVARは機能せず</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">West Brom&#39;s Mbaye Diagne had a goal disallowed against Southampton as VAR couldn&#39;t draw a &#39;definitive line&#39; to prove he was onside... <a href="https://twitter.com/hashtag/WBASOU?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#WBASOU</a> <a href="https://t.co/m9EBRubTdi">https://t.co/m9EBRubTdi</a> <a href="https://t.co/WrAW0NUKte">pic.twitter.com/WrAW0NUKte</a></p>&mdash; i sport (@iPaperSport) <a href="https://twitter.com/iPaperSport/status/1381666510603698182?ref_src=twsrc%5Etfw">April 12, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.13 12:25 Tue
twitterfacebook
thumb

降格圏に沈む相手に完敗…サウサンプトン指揮官はパフォーマンス不足認める「当然の敗北だった」

サウサンプトンのラルフ・ハッセンヒュッテル監督が、完敗したチームのパフォーマンスを嘆いている。クラブ公式サイトが伝えた。 日本代表MF南野拓実が所属するサウサンプトンは、12日に行われたプレミアリーグ第31節でWBAと対戦。降格圏に沈む相手との対戦となったが、試合は自分たちのミスにより前半だけで2失点。後半は攻勢に出るもさらなる失点を喫してしまい、そのまま3-0で敗れている。 この結果、サウサンプトンはリーグ14位にとどまっており、下位から抜け出すことはできず。試合後のインタビューに応じたハッセンヒュッテル監督も、勝ち点3を得るに値するパフォーマンスではなかったと語った。 「前半のチームは非常に悪かった。あのような形で2失点するなんて、本当にあり得ないことだ」 「私はそこからの反応が見たかった。ハーフタイムにいくつかの問題点を話して、後半はずっと良くなったと思う。しかし、そこから25分で3点目を許してしまった。これは致命的であり、ゲームを終わらせてしまった」 「我々にも何度か得点のチャンスはあったが、最終的に今日は当然の敗北だったと思う。良い相手との対戦ではあったが、我々は自己批判を行ったうえで、今後もっとうまくやらなければならない」 「後ろからのロングボールを少し怖がりすぎていたかもしれない。それがラインを早い段階で下がってしまった原因だ。だからこそ、今後はもっと柔軟に対応していかなければならないだろう」 また、ハッセンヒュッテル監督はチームの脆い守備についても言及。この試合を教訓に、別の姿を見せる必要があると強調している。 「今日の試合は教訓になるか? 確かに、我々は今とは異なる方法で守備をする必要がある。そうでなければ、今はあまりにも簡単に失点を許しているからね」 <span class="paragraph-title">【動画】南野拓実が欠場、サウサンプトンがWBAに惨敗</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=6e0m42zgrmvc1lbmzqarddorc" async></script> 2021.04.13 10:10 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly