相手への“プレゼントパス”で痛恨敗戦のマインツ守護神を監督は擁護「何度も私たちを救ってくれた」

2021.03.02 19:35 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブンデスリーガ降格圏内の17位に沈むマインツは2月28日に行われた第23節でアウグスブルクとホームで対戦。勝利すれば暫定15位へと浮上できるチャンスだったが、守護神のミスで敗れた。0-0で迎えた25分、自陣左サイドでボールを奪ったDFムサ・ニアカテがGKのロビン・ゼントナーへとバックパス。ゼントナーは利き足とは逆の左足で、クリアではなくDFシュテファン・ベルへパスを通そうとする。


しかし、弱々しくなってしまったパスは、プレッシャーにきていた相手FWフロリアン・ニーダーレヒナーへの“プレゼントパス”となってしまい、ニーダーレヒナーがゴール前のFWアンドレ・ハーンへパスを送り、そのまま先制ゴールを奪われてしまった。

自身のミスに、ゼントナーはピッチにヒザをつき頭を抱えて呆然。その姿を見たチームメイトはゼントナーのもとに駆け寄り、顔を上げるよう励ましていた。

結局、試合はこのゴールが決勝点となり、マインツは0-1で敗戦。痛すぎる勝ち点逸となってしまったが、ボ・スベンション監督は「ミスが起こったが、ロビンは何度も私たちを救ってくれた。私たちは皆彼を支える」と守護神を擁護している。

◆痛恨の“プレゼントパス”にGKがっくし…
関連ニュース
thumb

堂安&奥川先発のビーレフェルトvsマインツの下位対決は痛み分け…《ブンデスリーガ》

ビーレフェルトは3日、ブンデスリーガ第27節でマインツと対戦し1-1の引き分けに終わった。ビーレフェルトのMF堂安律はフル出場、奥川雅也は71分までプレーした。 17位に沈むビーレフェルト(勝ち点22)が、残留を争う15位マインツ(勝ち点24)のホームに乗り込んだ一戦。 堂安と奥川が3戦連続同時スタメンとなったビーレフェルトは、開始早々の3分にピンチを迎える。マインツはニアカテのロングスローをニアサイドのグラッツェルがフリックすると、ファーサイドに走り込んだバレイロにシュートを許したが、これはカバーに入ったルコキがライン手前でクリアし難を逃れた。 対するビーレフェルトは9分、右サイド深くでボールキープした奥川のバックパスからC・ブルナーがクロスを供給すると、ファーサイドのボグルサマーがヘディングシュートを放ったが、これは枠に上に外れた。 その後、マインツにやや押し込まれる展開が続いたビーレフェルトだったが、守護神オルテガの好守もあり失点を許さない。ハーフタイムにかけても互いに決定機はなく、前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半、ビーレフェルトは56分にミスから失点を許す。ボックス内でボールを受けたブルクハルトをファン・デル・ホーンが後方から押し倒してしまいPKを献上。このPKをブロシンスキにゴール左隅へ決められた。 先制を許したビーレフェルトは、68分にもブロシンスキの右クロスからバレイロに決定機を許したが、シュートは右サイドネットに外れた。 ピンチを凌いだビーレフェルトは、71分に奥川を下げてクロスを投入。すると76分、ボックス中央左手前でクロスが倒されFKを獲得。ボグルサマーの直接FKは壁を直撃したが、跳ね返りを再びボグルサマーがダイレクトシュートで狙うと、これがゴール右隅に吸い込まれた。 その後も互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、結局最後までスコアは動かず。残留を争う下位対決は痛み分けのドローに終わった。 2021.04.04 00:40 Sun
twitterfacebook
thumb

2部降格迫るシャルケ、残留争うライバルのマインツから主将ラツァを獲得

シャルケは17日、マインツのドイツ人MFダニー・ラツァ(31)の獲得を発表した。加入は新シーズンからで移籍金は発生せず、2023年6月までの2年契約を結んでいる。 シャルケの下部組織出身であるセントラルMFのラツァは、2009年2月にトップチームデビューを果たすも、トップチーム定着とはならずダルムシュタット、ボーフムへと移籍し、2015年夏からマインツでプレー。 マインツでは公式戦154試合に出場して7ゴール14アシストを記録。昨季より主将を務め、今季はブンデスリーガ21試合の出場で2アシストと主力としてプレーしている。 最下位シャルケは残留プレーオフに回れる16位ヘルタ・ベルリンとは11ポイント差あり2部降格が決定的。マインツも現在ヘルタと同勝ち点の降格圏に位置する17位と厳しい状況だが、ラツァは再建を図る古巣への帰還を選択した格好だ。 2021.03.17 23:00 Wed
twitterfacebook
thumb

裏天王山はドロー、シャルケの残留がさらに遠のく《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第24節、シャルケvsマインツが5日に行われ、0-0で引き分けた。 最下位シャルケ(勝ち点9)と17位マインツ(勝ち点17)による裏天王山。 今季未だに1勝のシャルケはグロス監督を解任し、今季4人目の指揮官となるクラモジス監督を招へい。 そのクラモジス監督はミランのハカン・チャルハノールの従弟であり、トップチームデビューとなるケリム・チャルハノールを左ウイングバックで抜擢。[3-5-2]を採用し、3バックの中央にムスタフィ、中盤アンカーにコラシナツを据えた。 試合はホームチームのシャルケがやや押し込む展開で推移していったものの、マインツを脅かすような攻撃を展開するには至らず。 すると37分にはバレイロが右クロスに合わせる決定機を生み出したマインツが迎えた後半は、ゴールに迫るシーンを多く作り出していく。 しかし、こちらも決定打は生まれず徐々に膠着状態へ。そんな中、終盤の81分、シャルケにチャンス。ボックス手前からのセルダーのコントロールシュートが枠を捉えたが、GKゼントナーの好守に阻まれた。 すると1分後にはマインツにも決定機。ブルクハルトがボックス中央から反転シュートを放ったがこちらもGKレノウが好守で凌ぎ、試合はゴールレスで決着。 シャルケはマインツとの8ポイント差を縮められず残留がさらに遠のく結果となった。 2021.03.06 06:26 Sat
twitterfacebook
thumb

元韓国代表FWチ・ドンウォン、マインツから独2部ブラウンシュヴァイクにレンタル

ブラウンシュヴァイクは29日、マインツに所属する元韓国代表FWチ・ドンウォン(29)のレンタル加入を発表した。期間は今季終了まで。背番号は「29」を着用する。 チ・ドンウォンは2010年に母国クラブの全南ドラゴンズでプロデビュー後、2011年6月のサンダーランド移籍を機に欧州挑戦。アウグスブルク、ドルトムント、ダルムシュタットを経て、2019年5月からマインツにフリー加入した。 しかし、加入初年度はケガの影響でブンデスリーガ4試合の出場にとどまり、無得点。今季もケガで出遅れ、ここまで公式戦7試合の出場で得点もなく、新天地で再起を期すこととなった。 チ・ドンウォンはクラブを通じて「ブラウンシュヴァイクの移籍がまとまり、すごく嬉しい。プレーする機会にすごく感謝している。自分の能力を生かして、シーズンの終わりにチームが目標が達成できるよう手助けしたい」と意気込んだ。 現在、ブンデスリーガ2部に属するブラウンシュヴァイクは18試合を消化した時点で4勝5分け9敗の15位に位置している。 2021.01.30 12:40 Sat
twitterfacebook
thumb

遠藤航フル出場のシュツットガルトが4試合ぶり白星、待望の今季ホーム戦初勝利《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは29日、ブンデスリーガ第19節でマインツをホームに迎え、2-0で快勝した。シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場している。 前節フライブルク戦では圧倒しながらも逆転負けとなり2連敗となった10位シュツットガルト(勝ち点22)は、遠藤が[3-5-2]のボランチで19試合連続スタメンとなった。 前節ライプツィヒに勝利した19位マインツ(勝ち点10)に対し、徐々にシュツットガルトが押し込む展開とすると、13分にはCKの流れからニコラス・ゴンサレスが際どいボレーシュートを放った。 その後も5バックのマインツ相手に左サイドのソサを起点に攻勢をかけたシュツットガルトだったが、主将のカストロが負傷し26分にフェルスターが投入される。 代わって遠藤が主将のアームバンドを巻いた中、ハーフタイムにかけては目立ったチャンスを作れずゴールレスで前半を終えた。 それでも迎えた後半、前半に攻撃の起点となっていたソサの好アシストからシュツットガルトが先制する。55分、左サイドからソサが上げた正確なクロスをカライジッチがヘッドで押し込んだ。 直後、ソサが負傷交代となった中、シュツットガルトは61分にピンチ。FKからオニシウォのヘディングシュートがバーに直撃した。 助かったシュツットガルトは72分、追加点を奪う。ロングカウンターからワマンギトゥカが単独で持ち上がり、ボックス中央に侵入してシュートを決めきった。 ワマンギトゥカの今季11ゴール目で勝負を決めたシュツットガルトがそのまま2-0で快勝。4試合ぶりの白星とし、待望の今季ホーム戦初勝利とした。 2021.01.30 06:22 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly